塗装です。TVの映像ではグレー一色という感じなのですが、小サイズの物でそれをやると、スケール感が出ません。
コントラストを強めにして、チェスのコマというか、テーブルゲームのメタルフィギュアのような風合いを狙います。
下準備としてまず、ラッカーパテをうすめ液で溶いて全体に叩くように塗りつけ、表面をザラザラにします。
次に黒8:銀2くらいの「メタルブラック」を全塗。

メタルブラックが乾いた時点で、コシのある布地で表面を摩擦熱が出るくらいコスり続けます。
コスり続ける事により、凹凸モールドの凹部は梨時のまま、凸部だけテカテカしてきます。この時、コスり過ぎて、肩の角1本折ってます(号泣)。
ちなみにこの時私が使った布地は、捨てようと思っていたネクタイです。
で、2段階目として、いよいよ普通に銀をドライブラシしていきます。銀塗料を含ませた生乾きの筆を全体にふんわりとこすりつけ、凸部は執拗にこすりつけていきます。
3段階目でコントラスト強調のため、もう一度へこんでいる箇所に黒をうっすら流していき、一番出っ張っている箇所に銀6:白4くらいの「ホワイトシルバー」を置くように塗布。
そしてまた、凸部だけテカテカするまで布地でコスリ続けます。

長々説明しましたが、デジカメ画像では、まったく伝わりませんね。