馬の装飾品の模様は、彫刻刀で掘り出すには、あまりにも複雑なので、100円ショップで真ちゅう線を購入、模様の形に曲げては接着を繰り返しています。
作業は徐々に素手では不可能なサイズに突入。両手にピンセットを握りしめながらの作業です。