カテゴリー「造形班-図画工作」の142件の投稿

2次元3次元造形

2020年10月15日 (木)

少しずつ離れていっている気もしないでもない

さてタイラント背中ですよ。
P1020829
ハンザギランの背中もなかなかデカイんですよね。
ただ座りは非情に良いので、少しの調整でケレン味のある背中にはなりそう。

問題は、シッポなんです。
タイラントは、シッポをキングクラブから取ってきたという設定になってますが、
P1020831
これですよ。超地味なシッポ。

キングクラブって顔とか腕とかキャッチーなパーツの宝庫なのに、なぜその地味なシッポを持ってきたのか。
P1020830
しかもタイラントのシッポとしては多少盛ってるし。

そのことはあまり考えず、とりあえずレッドキングの下半身がシッポも含め、もの凄く肥大ボディなので、丸ごとキングクラブと取り替えを検討します。
で、足だけレッドキングの足を長靴のように履かせる。
P1020838
だいぶまとまり感が出てきました。
P1020837
P1020836

あ、頭のシーゴラスはシンナー漬け状態なので、代理頭が付いてます。
P1020839


おまけ【失われた者同士が補い合うシリーズ】

キングキング。またの名をレッドクラブ(赤毛組合)。
P1020840

そろそろイカルス星人さんにもご登場願いたい。

| | コメント (3)

2020年10月 6日 (火)

たいらのMIX盛り

同一規格でウルトラ怪獣ソフビが大量に売られているわけですが、あのコーナーに行くたびに、商品化されている「ウルトラマンタロウ」に出てくる「暴君怪獣タイラント」を差し置いて、本家のパーツを集めて真・タイラントを作れるかどうか夢想するのが、ささやかな楽しみのひとつでした。

いろいろな怪獣の部位で合成されたキメラ的怪獣。
構成要員
竜巻怪獣 シーゴラス(顔)
異次元宇宙人 イカルス星人(耳)
宇宙大怪獣 ベムスター(ボディ)
液汁超獣 ハンザギラン(背中)
殺し屋超獣 バラバ(両腕)
どくろ怪獣 レッドキング(足)
大蟹超獣 キングクラブ(尻尾)

少し前ですがリサイクルショップめぐりをしててタイラントを手に入れたわけです。
Zm201005_01
たしか110円だったはず。それ以外にもタイラントの各パーツを構成する怪獣たちを、驚くほどの捨て値で入手。
これは真・タイラントを作るしかないなと。そこから半年くらいかけて、足りない怪獣を入手したわけですが、
Zm201005_04
そのさなか、古い方のタイラントを入手したわけです。
Zm201005_02

最初に手に入れたタイラントに感じていた違和感は、それが元祖じゃなかったからだと、そのとき気づきました。あれは平成になって着ぐるみがリメイクされ、そのスタイリングをもとにソフビ化されてるヤツなんですな?
ウルトラマンタロウ・リアルタイム視聴者の私の中のタイラント像は古い方のソフビタイラントですよ。新しい方は言ってはなんですが、カッコよすぎ。狂気感が足りない。
Zm201005_03

この古い方をゲージにして、リアル合成タイラントを造りましょうというのが今回のテーマです。

原則は「なるべく素材のままで勝負する」です。盛大にパテを盛りはじめたら、本末転倒ですし。毎年受験生の私にそんな潤沢な時間があるわけではないですしね。

てことで検証。

まず一番問題となるボディ。
Zm201005_05
横からのベムスターってうすっぺらいんですよ。正面から見て5角形なのが、彼のアイデンティティですが、さすがにこのままでは他から持ってくる手も足も顔もおさまりが悪い。
少しビール腹(いわるゆる怪獣体型)にはしましょう。


続いて顔。
Zm201005_06
シーゴラスって、まあイケメンなわけです。あと旧世代の流れを汲んでるというか。ウルトラマン、ウルトラセブンに出てきて違和感の無い怪獣なわけです。
ウルトラマンエース後半くらいからウルトラ怪獣は狂気味を増してきていて、タイラントはその真っ只中の怪獣なので、全然顔が違います。
でもこの逝っちゃってる目がタイラントなんですよねえ。
そこに目をつぶるにしても、本家シーゴラスの顔はデカイんです。右の大きいソフビサイズのタイラントの顔より左の小さいソフビサイズのシーゴラスの顔の方がまだ大きい。シンナーに漬けたら小さくなるんだろうか。そのへんは研究の余地あり。

あとは背中。
Zm201005_07
タイラントはなだらかな背中なんですが、本家のハンザギランは思い切りダンゴムシカーブなんですよ。これもあわせ辛いだろうなあ。

とりあえずいきなりミックス。
Zm201005_08
いや5角形ボディがほんとにキツイ。フリンジの激しいポンチョを着た肩幅おじさんでしかありません。ムーチョスグラシアス。

Zm201005_09
手を広げたらかなりポンチョおじ感は薄れますが、これはさすがに肩幅を詰めるしかない。

あとベムスターの横腹のビラビラがタイラントにはキレイに無いんですが、これはベムスターの特徴のひとつでもあるのではずせない。
(正直これを取ればポンチョおじっぽさは無くなるはずなんですが、着けたままにしときます)
Zm201005_10

で、シーゴラスの顔をかぶせる。
Zm201005_11
うん、顔デカイっすわ。

ボディをあちらこちら幅詰め・腹出し作業して、顔の着く角度を変えて仮組みしてみます。
Zm201005_12
これで顔がもう少し小さくなれば、タイラント味が増してくるはず。

タイラントと比べて足が短いのはそもそもレッドキングが足が短いんだからこれでよし。
あと両腕が本家バラバの方がショボイんですが、これも本家がそうなんだからそのままで行きます。鉄球をもう少し大きくしたいとか、腕のビラビラを増やしたいとかはガマンガマン。
Zm201005_13

背中としっぽはそんなに苦労しないはず(多分)。

引き続き頑張ります(というか楽しみます)。


おまけ【失われた者同士が補い合うシリーズ】

シースター。またの名をベムゴラス。
Zm201005_14

バラキング。またの名をレッドバ。
Zm201005_15

どちらもまとまり感がありますね。弱そうですが。

| | コメント (2)

2020年8月 4日 (火)

寝テール

↑ブログ更新が寝てるという自虐ではありませんw

今年も無事、受験票が来ました。

Zm200803_01

がんばるしかない。画像は寝ツインテール。だいぶできてきましたが、例によって塗装がメンドイ。

なお兵隊さんも、いちおうチマチマと。服装のディテールとか、固定モデルではメンドイので、腕を着脱式のプラ棒回転できるようにしました。

Zm200803_02

雑兵とマジョリティも8月3日にて15年目に突入です。

いや長いなあー。

4歳だった坊っちゃんももう大学生ですよ。

2歳だったお嬢もJKですよ。

これからもよろしくお願い致します。

| | コメント (4)

2020年7月14日 (火)

ツインテールと制服の女の子の画像を貼るよ

Zm200714_01

タイトルに偽りなし!

坊っちゃんの大学が前期完全リモートになり、合格以来、一度も大学に行ってないのですが、そのリモート対応のため、家電量販店で坊っちゃん用のパソコンを購入したわけです。どのみち情報系なので、パソコンの購入は既定路線だったわけですが。
周辺機器を買う際、あと数百円でクーポンが使えるというタイミングがあったので、ソフビツインテールをつい、購入してしまいました。
※「帰ってきたウルトラマンに登場する怪獣」

ソフビ怪獣って、普通に自力で体格をキープできるものなんですが、ツインテールはシンプルに説明すると楕円の円柱で、しかも前に向けて反ってますので、何て言うんですか? 張力に負けて体積が薄っペラくなるんですよ。しかもそのせいで前反りに拍車がかかる。

Zm200714_02

こんな感じ。左が無加工。

で、ボディの空洞に適当に詰め物(この例でいうとティッシュを丸めてギュウギュウと詰めてます)をすると、楕円の円柱具合が多少円形に近づき、体もまっすぐに立ち、反りが修正されます。

Zm200714_03

横から見るとわかりやすいかな? 左:修正前、右:修正後。

反ってるのも味なんですが、多分このまま放置してるとズンズン前に反ってくる気がします。右のように、中にだれか入ってる感が欲しい場合、お試しください。

比較にもう1体買ったわけですが、そのままでは芸がないので、

Zm200714_04

寝そべりバージョンを作ってみることにしました。

キモカワイイw

| | コメント (2)

2020年4月27日 (月)

マックイーンの吹き替えは宮部昭夫さんですよ

モトコンポ乗りの兵隊さんは両肘から一回カットして、しんちゅう線でつなぎなおし、ハンドルを握るように調整しました。

Zm200427_01

いいですな。

Zm200427_02
たまたまですけどブレーキを浅握りしてる感じタマラナイ。

どの角度から見てもいいですな。

Zm200427_03
ヨコから見るとやはり胸板がうすいですよね。これはまあ背中側にパテ盛ってイイカンジにしたい。

Zm200427_04

バイクの立ち乗りが、なぜこんなに心を掴まれるのか考えていたんですが、マックイーンの大脱走を思い浮かべるからですわ。
Zm200427_05

あー、また大脱走見たくなった(←年1とは言わないが定期的に見る男)。

| | コメント (2)

2020年4月20日 (月)

2台目のバイク

ガチャで1/24スケールのモトコンポをゲット。

Zm200419_01

さすがに1/24のモトコンポはデカかった(笑)。

Zm200419_02

いいかんじに乗せられるフィギュアがないんですよ。

というわけで兵隊さんをもってきたいところですが、「ドイツ歩兵自転車行軍セット」にはもうライディングスタイルの兵隊さんがいないわけで。
Zm200419_03


まあ、この押し駆けの兵隊さんを改造するしかないですわな。

Zm200419_04

サクッと関節調整でいいかんじに乗れた(立ち乗りがポイント♪)んですが、

やっぱりモトコンポ、デケエ!

| | コメント (4)

2020年2月 5日 (水)

使うパテが驚くほど少ない

↑もうチネリ米レベルです。

吉岡さんのダイオラマパーフェクションを読んでいると、

「昔のフィギュアは量感が薄い」

的なことが書いてあります。そういわれるとそんな気がしてくる不思議。

そんなわけで(腕の取り付け位置調整のこともあったんで)背中を足してみました。あと腕も少しタップリ目に。

Zm200204_01

ああ、そういうもんなんですかね。胸板の薄さはだいぶ軽減されました。にしても部位ごとの消費パテが米粒大ほどで、こりゃウェーブの軽量タイプだと減りもどうもしやしない。

ヘイ彼女!

Zm200204_02

スクーター二人乗りは法令違反ですな。予想はしてましたがやはりフチ子さんの方が大きかったかァ。

 

| | コメント (0)

2020年1月30日 (木)

急ピー5分だか10分だかクッキング

↑いやモデリング。

夜な夜なちょっとずつ。

ステップに足が届いてなかったので、ブーツのところでカットしてプラ板を少しはさむ。いいぞ、ステップにぴったり沿うようになった。
Zm200129_01


 

あと、手首でカットして、しんちゅう線を入れたあとハンドルを握るように微調整。
Zm200129_02


この工程だけで、いままでスクーターにそっと乗せてるだけだったのに、フィット感があがってうれしい。

あと頭部を削ってヘルメットもかぶせました。安全第一。

| | コメント (4)

2020年1月27日 (月)

ちょっとずつご褒美

モチベーションをあげるためには、ちょっとずつご褒美を自分に与えるのがいいらしいですな。

ガチャで1/32サイズのスクーターをゲットしました。

Zm200126_01

さっそくタミヤの1/35兵隊さんを乗せてみる。

Zm200126_02

いい感じ。腰とヒザ関節を少しいじっただけでこのフィット感。ただ1/32の原チャリに1/35の兵隊さんなんで、ちょっと小柄な兵隊さんになりますな。

兵隊さんは元は自転車乗りだったのでノーヘルです。これはいけない。ヘルメットをかぶせてあげたい。

勉強の合間の息抜きに、ちょっとずつやっていく予定。

| | コメント (0)

2017年4月28日 (金)

俺、この戦い(夏の受験)が終ったら、メナゾールさくっと完成させて、また変形ロボ作るんだ・・・

↑死亡フラグ

 
去年くらいから、広島市内のB●●K ●FFが模様替えしてて、ガンプラジャンクとか、TFジャンクとか大量においてあるんですよ。
でまあ、私もアホなもんで、何も考えずにダブルゼータ(欠品上等)とか、キュベレイ(ランナー毟り取り造形)とかを300円で買ったりするわけです。特に何にというわけでもないのに。
 
そんなジャンクの中でも汎用性の高そうなパーツをゴソゴソして遊ぶ。
Zm170427_01
 
Zm170427_02
ジェットから人型ロボって、たぶんどうやってもバランス取れると思います。
 
しかしロボから別ロボって時点で、かなりハードルあがりますね。
Zm170427_03
 
Zm170427_04
ただ、人型ロボから拳銃型というのも、そんなに苦労しないような。。。
なるべく差し替えしないという縛りが、自分の首を締めてる気が。。。
 
4段変形・・・
ジェット機⇒ロボ⇒ロボ⇒拳銃・・・
 
あのロボのバージョン2ですな。
 
図面引かないズボラ造形なので、こういう現物あわせから必要パーツを割り出していく(それはまたそれで)難儀な方法で構想を練ってます。
 
上記ジャンクを整えてってわけではなく、上記ジャンクをゲージにプラ板などで新規に起こしていきたいと思います。
 
ていうのは、夏以降なんですけどね。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧