« SUMI-TSUBO | トップページ | 2010年7月14日 »

2010年7月14日 (水)

車輪オブフォーチュン

↑やった!第3部k(ry

墨壷の型を作った時点で、車輪受け部のシリコン型は強度が持ちませんでしたので、車輪の複製についてはあきらめておりましたが、父が意外に乗ってきて、車輪受け部を切り込んでくれそうなので、車輪も複製することにしました。
車輪シャリンと言ってますが、構造的には糸車です。もっとわかりやすいたとえで言えば、ヨーヨーのよーなものでして。

真横(もしくは真上)からみると"H"みたいになってます。

それ自体、一発で複製型は作れませんね。溝のところがどうしても抜けませんよね。
なので、片面("┣"こういうの)だけ作って同じもの2個複製して貼り合わせて作ることにします。
まず原型をもとに、複製用の原型を作らねばなりません。

とりあえず表面のモールドが欲しかったので、ネンドに原型を押し付けたあと、原型は取り除いて、凹型になったネンドに直接レジンを垂らします。
Zm100714_01

で、あとはサークルカッターでプラ板を何枚か切り抜いて車輪の片面を作るのみ。
もうできちゃった。
Zm100714_04

あとはこれを埋めて型をつくるのみ。
Zm100714_02

墨壷をご存知ない人をずいぶん置いてけぼりにしてますが、そのうち構造について説明をするかもしれません。しないかもしれません。

Zm100714_03
近くに寄ってみると木目まできっちりトレスしてるんですが、これはパーティングラインを消すときに、いっしょに消えちゃうんで、ちとモッタイナイ。

| |

« SUMI-TSUBO | トップページ | 2010年7月14日 »

造形班-インクポット・ライナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 車輪オブフォーチュン:

« SUMI-TSUBO | トップページ | 2010年7月14日 »