« 賭け掛け算 | トップページ | サン社員マグナム »

2009年4月21日 (火)

FE日記 第8章【勇者誕生】

(原題:プリンセス・ミネルバ)

最近このFE日記のマップを描くのが楽しくなってきた自分がいます。
昔からスプライトより、BGの方が好きなんです。
ほんとは記号レベルでいいんですけどね。そのうち民家のドット絵とか描きはじめそうで怖いです。

8章のオープニングのナレーションを要約すると、こんな感じです。
***
マケドニアのミシェイル王子の妹、ミネルバ将軍は、3兄妹の末妹マリアを救い出してくれればマルス軍に投降するという。
マルス軍の中には、これはミネルバ将軍の罠だという者もいた。

(マチスあたりがブーブー言ってそう、多分)
しかしマルスはあのミネルバの悲しそうな姿にドルーアに囚われ、未だ行方知れずの我が姉「エリス」の姿を重ねていた。
***

1国の王子がそんなことではイカンですぞ。マルス王子。
結果オーライだから良いのですけどね。

**マップ**
Zm090421_00map
さて、この章の攻略は、非常にイージーです。宝を持って逃げる盗賊に、こちらのチームの俊足が追いつきさえすれば、あとは囚われの姫を助け出し、城門を制圧するのみ。
さっさと行きます。
図中左上の城門はスタート地点から非常に近いように見えますが、高台の上にあり、中央の小城がジャマをするため、ぐるっと回り込まねばなりません。

【出撃メンバー】
ロード:マルス LV7
マムクート:バヌトゥ LV3
アーマナイト:ドーガ LV4
アーチャー:ゴードン LV7
ハンター:カシム LV3
ソシアルナイト:カイン LV3
ソシアルナイト:アベル LV3
魔道士:マリク LV2
盗賊:ジュリアン LV3
シスター:レナ LV20
司祭:ウェンデル LV20
傭兵:ナバール LV3
傭兵:シーザ LV20

前章とはガラッとメンバー変わりましたね。
経験値不要のシスターレナをオーダーに加えたのは、万が一ワープの杖を使う機会があった時の保険。
マリア姫(ユニットとしてはシスター)をはやめに助け出して、回復担当を交代してもらいましょう。
同じく経験値不要のシーザを出したのは、このマップに唯一いる、敵勇者対策。
傭兵シーザよ、今回の出撃メンバーの中では、お前が最強だ。

まずはマリアが囚われている中央の小城まで、騎兵カインとアベル疾走!傭兵ナバール、シーザが後を追う。
数ターンもすればスタート時マルス達が立っていたあたりから敵ドラゴンナイト部隊とペガサスナイト部隊が合計5機追いすがってくるので、後詰は「変身じいさんバヌトゥ」「母親の薬代を稼ぐため暗黒竜を倒す男カシム」「童顔弓兵ゴードン」です。
あと、保険のために「足の綺麗さに定評のあるマリク」も残しておきましょう。

開始から8ターンで、ドラゴン、ペガサスナイト混成部隊を討伐し、逃げる盗賊も刀の露。
さらに増援で現れたドラゴンペガサス部隊はバヌトゥのじいさんが
「デストロン軍団、ファイアーーー!!」
(加藤清三さんの声でお読みください)
Zm090421_01
とばかりに焼き尽くしました。グルニア軍は今週も阿鼻叫喚。
さ、マリアを助けに行きましょう。

牢獄の前にはアーチャーふたり、スナイパーひとりという狙撃部隊が陣取っていますが、ひとりずつおびき出しては全員で囲んでフクロ叩きです。
前章で神経使っただけあって、この章はなんだか終始、のんびりムードですねえ。

牢獄の扉を盗賊ジュリアンがピッキングで開け(ほとんどそのためだけに、今回出場)、マルスが囚われの姫、マリアに話しかける。
マリア「あ、あなたがマルス様ね(へーステキな人なんだ※カッコ内も原文ママ)助けてくれてありがとうございます。これからはわたしもマルス様の力になります。おそばにおいてくださいね!」
Zm090421_02
※蠱惑的な感じがします。
小城の外をドラゴンナイトのミネルバ姉さんがヤキモキしながらうろついているというのにマリアさん、けっこうのん気です。
そのミネルバも、マリアが助けられたことを確認するやいなや、マルスのもとまで一直線に飛んできました。

Zm090421_03
※似てないですorz
ミネルバ「はじめましてマルス王子・・・マリアを助けて頂き、ありがとうございます。
色んな事情があったとはいえ貴方がたに敵対してきてもうしわけありません。
マケドニアを率いる兄のミシェイルはわたしにとって父のかたき・・・兄はわたしの手で倒したいと思っています。
マケドニアをふみにじった憎いドルーア帝国・・・わたしも、王子と共に戦わせてください。」

マルス軍に、ついにドラゴンライダーが加入。この女将軍はツヨイよ~。私は使わないけど。
※ドラゴンナイト:経験をつんだペガサスナイトが飛竜にのりかえる。弓以外の武器に対しては圧倒的な強さを誇る。

シスター:マリア LV1
ドラゴンナイト:ミネルバ LV1
Zm090421_04

これにてこの章のミッションはほぼ終了。あとは、小城の裏手で待ち伏せする勇者を倒し、制圧と行きましょう。
ジュリアンが裏口の扉をサムターン回しで開け(本日2度目の活躍)、シーザとナバールで敵勇者の前に躍り出ます。まずシーザであらかたのHPを削り、ナバールでとどめ。
勇者が持っていた、転職アイテム「勇者証」をゲット。

港町ワーレンから、

巻き込まれる形で参加した

自警団あがりのシーザよ、

ワーレンを守ってその日のメシ代くらい稼いでおけばいいやと思っていた自堕落な傭兵シーザよ、

ひざまずけ。「証し」を受けよ、

お前こそが真の勇者だ。

マルス軍、最初の勇者が誕生しました。

勇者:シーザ LV1

※勇者:一撃必殺の剣の名手。優秀な傭兵が、名声をえて勇者となることもある。
ミネルバ、シーザ共に上級職です、次章にも闘技場がありますので、そこでレベル20まで育てて殿堂入りしてもらうとして、それまではおとなしくしておいてもらいましょう。
することも無く、手持ち無沙汰なメンバーは付近の村で聞き込み調査。
村人「この世界には偉大なる三人の司祭がいる

『大司教 ミロア』

『闇の魔王 ガーネフ』

そしてチョコレイトっぽい名前の大賢者 ガトー』

しかしミロア亡き今ガーネフを倒せる者はおらぬ。」

・・・村人評価では、大賢者ガトーショコラではガーネフを倒せないようです。

もう、この章に用は無いや。この章のボス(誰だっけ、名前メモってなかった・・・)を倒して制圧しましょう。
グルニア軍は基本的にカタイ人達ばかりなので、守備力無視でダメージを与えられる、魔導士マリク君にすべてまかせましょう。
マリクもかなり粘って、レベル6まで上がりましたが、この人「力」の値が上昇しないなあ・・・。

制圧後、ニーナ王女から補足情報が。
ニーナ「ミロア司祭はガーネフに殺されてしまいました。でも、司祭の娘リンダがどこかに逃げ延びているはずです。彼女を保護しなければ!」

と、次の章で味方になるリンダさんのことを教えてくれます。
そそくさと次章に行きましょう。

次回第9章【ダブル・ドラゴン】お楽しみに。もちろん飛竜と火竜です!

9章目にして、やっとニーナ王女の祖国、「千年王国アカネイア」に到着!

続きを読む以降は現ユニット状況です。
_
_
_

付録:現在の全ユニット

01_ロード:マルス
02_ソシアルナイト:カイン
03_ソシアルナイト:アベル
04_パラディン:ジェイガン LV20殿堂入り
05_アーチャー:ゴードン
06_アーマナイト:ドーガ
07_ペガサスナイト:シーダ
08_傭兵:オグマ LV20転職待ち
09_戦士:サジ LV20殿堂入り
10_戦士:マジ LV20殿堂入り

11_戦士:バーツ LV20殿堂入り
12_ハンター:カシム
13_シスター:レナ LV20転職待ち
14_盗賊:ジュリアン
15_傭兵:ナバール
16_ソシアルナイト:ハーディン
17_ソシアルナイト:ロシェ
18_ソシアルナイト:ビラク LV20転職待ち
19_ホースメン:ウルフ LV20殿堂入り
20_ホースメン:ザガロ LV20殿堂入り

21_ソシアルナイト:マチス LV20転職待ち
22_魔道士:マリク
23_盗賊:リカード LV20殿堂入り
24_司祭:ウェンデル LV20殿堂入り

25_マムクート:バヌトゥ
26_勇者:シーザ
27_傭兵:ラディ LV20転職待ち
28_シスター:マリア
29_ドラゴンナイト:ミネルバ
30_???
31_???
32_???
33_???
34_???
35_???
36_???
37_???
38_???
39_???
40_???
41_???
42_???
43_???
44_???
45_???

|

« 賭け掛け算 | トップページ | サン社員マグナム »

ゲーム班-(FE日記)」カテゴリの記事

コメント

シーザの儀式、とくと味わいました(笑)
漫画(箱田)版では同盟軍を事なかれ主義で追い出そうとしてジェイガンに痛烈な皮肉をもらっていた彼ですが、こうしてクラスチェンジすると込み上げるものがあります。

バヌトゥに燃やされている方々は・・・ひょっとして最近4作目が出た某大人気格闘ゲーム2作目のヨ○フレ○ムを食らった格闘家でしょうか?
昔はハマッたものです。

第一部・二部共にかなり人騒がせな姉妹がついに加入ですね。
マチスがブーブー言っている姿を想像してニヤニヤです。
で、似顔絵が(笑)
妹は特徴を掴んでますけど、姉はかなり微妙ですねぇ^^;

ちなみに、本章のボス・ジューコフさんは、先述の漫画版ではリカードに真っ赤なパンツを履いていることをゴードンと読者に向けて暴露されたおヒゲのジェネラルという印象がございます。


次章はいよいよいろいろな意味で見とれたくなるリンダの登場ですね(笑)
余談ですが、ダブルドラゴンというと、昔テク○スジャ○ンから出ていたアクションゲームを思い出します。

投稿: そのきち | 2009年4月21日 (火) 22時27分

そのきちさん、ありがとうございます!
全員レベル20の旅なので、いずれオグナバラディも勇者になってしまうのですが、それでもマルス軍最初の勇者はシーザで行きたかったんですよ。2部のウォレンとかもそうなんですが、あまり大望を持ってない人、誰もクローズアップしなさそうな人に光を当てていきたい!そう思ったりしてます。
そうそう、箱田版FE漫画、私も持ってました。途中で終わっちゃうんですよねえ。
バヌトゥがオトボケキャラだったり、リカードがやけにクローズアップされていたりと、結構好きだった漫画です。
アベルの行く末が気になる・・・

さて、バヌトゥに燃やされているのはグルニア軍の一兵卒ですが名前は「○イル」だったり「サ○ット」だったりするのかもしれません(汗)。
このアイディア、サンダーの魔法を食らってる描写にも使えそうですね・・・あと投石器で岩を食らって頭にヒヨコが飛んでるとか・・・イカンイカンww

今回の似顔絵は苦戦しました。マリアもかなり試行錯誤してやっとこの程度です。ミネルバに関しましては・・・似顔絵メーカーさん、女性の髪形のバリエーションが少ないですねえ。
そのような理由で、多分チェイニーやエリスも苦労するんじゃないかと思います^^;

次章、スナイパージョルジュの「うっかり言っちゃった危険な会話vol.2」がヤバイです。
ハーディン「ポッと出のハニカミ王子めぇ~」
ロシェ「ハーディン様、今夜は飲みましょうよ!」

ご期待ください(笑)。

投稿: 早瀬五郎 | 2009年4月22日 (水) 00時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FE日記 第8章【勇者誕生】:

« 賭け掛け算 | トップページ | サン社員マグナム »