« 白鳥も軍艦も水面下で・・・ | トップページ | ネムネム »

2008年3月25日 (火)

ニセ金田一登場!!

読むのをやめてたわけではないんですが、記事にするほど骨のある作品を読んでいたわけでもないのです。
※今日の記事はそんなにネタバレしてないと思いますが、若干、主観だらけの乱暴な書き方なので、広い心で読んでください。

タイトルもわかりやすいズバリ、「金田一耕助の冒険」という短編集を読みました。
本当はこの前に「白と黒」という大長編を読んだのですが、これを記事にするのはもう少し時間を置くことにします。

さて金田一耕助の冒険という時点で、シャーロックホームズの冒険のパロディくさいですが、気にしてはいけません。
また金田一耕助の冒険という名の大林宣彦監督作品もありますが、この短編集とはまったく関係ありませんし、あの映画は見てはいけません。
「ベルリン忠臣蔵」も見たし、「ランボー者」も「コマンドー者」も見た、もう少し歯ごたえのあるトンデモ映画を見たいなあ・・・という人でないかぎり、あの映画を見てはいけません。

話がそれるところでした。
短編集ですが、すべて40ページ前後で内容は最新型携帯よりも薄ウスなので、期待できません。あらすじ3行もいりません。1行でいきましょう。

霧の中の女
黒蘭蝶+花園の悪魔

洞の中の女
日時計の中の女をカスタマイズ

鏡の中の女
条件さえそろえばなんでもいいのか(怒)。

傘の中の女
AとみせかけてBだと思わせるがやっぱりA

鞄の中の女
あれ、内容思い出せないよ。あーあれか・・・くらいの作品。

夢の中の女
ニセ金田一登場!惜しい!名作一歩手前。

泥の中の女
悪くないけど、とりたてて良くも無い。

柩の中の女
これもどこかで読んだような・・・

瞳の中の女
ミステリファンは絶対読んではいけない作品

檻の中の女
だいたい犯人の検討はつきます。

赤の中の女
平成の科学捜査の前では通用シナイ。

なんだか作業のように読んでしまった。
そろそろ歯ごたえのある長編が読みたい・・・

続きを読む以降は残る未読作品一覧!

「悪魔が来りて・・」は自分の中でココ一番!のためのキープ・・・

-

-

-

悪魔が来りて笛を吹く
吸血蛾
幽霊男
三つ首塔
悪魔の百唇譜
夜の黒豹
病院坂の首縊りの家 上・下巻
死仮面
迷路の花嫁
廃園の鬼
毒の矢
黒い翼
魔女の暦
暗闇の中の猫
華やかな野獣
鏡が浦の殺人
壺中美人
スペードの女王
扉の影の女
火の十字架

あと、20作品!?
オオ、残り少なくなったもんだ・・・

| |

« 白鳥も軍艦も水面下で・・・ | トップページ | ネムネム »

読書班-金田一耕助を読む」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニセ金田一登場!!:

« 白鳥も軍艦も水面下で・・・ | トップページ | ネムネム »