2021年10月20日 (水)

粉っぽさ増量

ちょっとずつフィニッシュに近づくタイラント君。
どうでもいいですが、固有名詞のタイラントにクン付けしてはいるものの、タイラントに暴君という意味があるので、直訳すると「暴君君」になるんですよね。あと暴君怪獣という冠がついてるので、「暴君怪獣タイラント君」を直訳すると「暴君怪獣暴君君」になってどんだけクンクンいいたいのかと。
ほんとにどうでもいい話なんですが。
Zm211020_01
顔は目をひくポイントなので一度コントラスト強めに塗っておいて、あとで中間色でぼかしていきましょう。
白茶けた感じにしたいですね。昭和の土感というか。そんなノスタルジーも込めつつ。

| | | コメント (0)

2021年10月16日 (土)

オリジナルカラーの誘惑

タイラント君、塗ってます。
Zm211015_01
やはりアクリルガッシュって色の乗り方が特殊ですね。
思った以上に乾燥が速いので、ドライブラシ重ね塗りにはもってこいです。
いったん乾燥したら塗膜が強いのも魅力。
塗膜が強い、つまり重ね塗りしたとき下地が泣かない(溶け出さない)んですよね。
これは強い。思い切って重ね塗りできる。
Zm211015_02
塗り始めるとき、本当のタイラントの色にしようか、各怪獣の色を忠実に再現しようか悩んだんですが、やはり本家タイラントの色味を踏襲することにしました。まとまり感は大事ですからね。
Zm211015_03
(キングクラブのしっぽはさすがに赤味を残しましたが)
各怪獣の色を再現すると、ブルーグレーのシーゴラスの顔に明るい空色のイカルス星人の耳になり、それはそれでも面白い気がしたんですが、成立させるには塗装テクニックがいる気がします。
塗装作業が楽しすぎて終わりが見えてこないです。もう少しコントラストは出したい所存です。
Zm211015_04
昭和・平成に挟まれた令和のタイラント。

うちの子が一番かわいいですな。

| | | コメント (0)

2021年10月11日 (月)

とにかくソバ・ウドン屋の声優を豪華にするという強い意思を感じました

気合入ってますねキメツのアニオリ話。
冒頭のソバを作るシーン、そんなにクオリティいりますかね?
料理系アニメでもあそこまで湯ギリシーンに力入れないですよ。

ソバ屋の声優さんが豪華なんですよね。
Zm211010_01

そういえば五代君の実家はソバ屋だったかと一瞬思ったがあそこは定食屋だった。
Zm211010_02
ここで使っちゃうくらいなんで、二又さんがヨリイチの線は消えたかあ。もったいない・・・
(まあヨリイチは山ちゃんなんだろうなァという我が家の共通見解ではありますが)
今回のソバ屋は、なんか出番多かったんでいいんですが、浅草のうどん屋ヒドかったですからね。
Zm211010_03
ほぼ「クソモブ」と言っていいほどのド・チョイ役に、AKIRAの金田の声の人をもってくるのはかなりレジェンドの無駄遣いがすぎるわけですよ。
Zm211010_04
スタッフ「AKIRAの主役、いい芝居するなあ、よっしゃ!うどん屋やってもらお
とは、どう考えてもならないわけですよ。

これからの遊郭編でも、レジェンド声優の使い捨て、期待してます(間違った楽しみ方)。

第1話の三郎おじさん(村人Aに毛がはえたレベル)の声にシャドームーンを持ってくるのもたいがいなんですが。。。
Zm211010_05


| | | コメント (0)

2021年9月27日 (月)

よもやよもやの10月からアニオリ

キメツの映画を都合4度ほど視聴いたしました。
映画2回。レンタルDVDで1回、TV初放送で1回。
何度見てもいいですね。

で、見てて常に疑問に…というか、どうすんだろうと夢想しているところがあります。
物語中で、下弦の壱・エンムが「俺はこのスキに列車と一体になったんだァ~」と驚愕の事実を伝えるシーンがあります。
もうあの無限列車全体がエンムってことですよね。機関室の屋根あたりに立ってるエンムはチョウチンアンコウの提灯部分みたいな感じですよね。あれオトリにして鬼殺隊を引き付けるみたいな。
とか言いながらも順当に倒されちゃうわけですけど、あそこで奇跡がおきてエンムが、れんごく以下鬼殺隊一行をミナゴロシにして、乗客200名も残さずペロリしていたら、それはキブツジからかなりの厚遇が期待できると思います。
上弦と入れ替わり戦を経て、上弦の肆くらいにあがれる可能性も出てくる。

そうなってくると遊郭編後の上弦会議でキブツジに上弦が全員呼び出されたときの絵ヅラがえげつないことになるなあと。

上弦弐「みんな久しぶりだねえ」
上弦参「上弦の壱は来てるのか?」
上弦壱「私は…ここにいる…」
鳴女「エンム殿がまだです…」

遠くから轟音
ボォーー! ドッドッドッドッドッ )
壁をぶち抜いて機関車の到着。
エンム「おまたせぇ~。ごめんなさいねえ、途中踏切事故があって混んじゃってて…」
ベベン…
鳴女「キブツジ様がお見えです…」

Zm210926_01
そうだったらいいなあという妄想。

| | | コメント (0)

2021年9月18日 (土)

塗装班の出撃が早いとき

それはドライブラシメインのとき。

タイラント、黒で全塗してみました。
Zm210918_01
写真だとなんだかわかりませんね。
何かとあとがつかえがちなので、塗装サクサク行きたいです。

黒立ち上げってことはドライブラシしか勝たん状態なわけですよ。
今回は、前から気になってた「アクリルガッシュ」を使うことにしました。
水彩絵の具なんで、色乗りとかまったく信じてなかったですが、これソフビでも全然乗りますね。
あとガッシュなんでマット感がすごい。

Zm210918_02
青で全体にブラッシングして、あとは各色、こすりつけていきたいと思います。
Zm210918_03

Zm210918_04

マット感すごすぎて、つや消しトップコート噴いたとき逆にツヤが出るくらい、ガッシュはつや消しになります。






| | | コメント (2)

2021年9月11日 (土)

きめつの波がやってくる

11日12日と、フジテレビはきめつ再放送ラッシュで、思わず見入ってしまうわけですよ。
ちょっとだけ・・・と思ってたらエンディングまで。
Zm210910_00
もう充分知ってる内容ですが面白いですわ。
オープニングの新撮部分がうろこ滝さんのモノローグでそれはいいんですが、
うろこ滝「今回の放送にあたり新規アイキャッチや新規エンドロール・・・」
Zm210910_01
お嬢「うろこ滝さんの口からアイキャッチは草生える」

うろこ滝「9月25日には土曜プレミアムにて・・・」

五郎「囲炉裏の炎を見ながら土曜プレミアムて!」

開始早々、濃い味付けでした。
にしてもこの兄妹編の時点で、
お堂の鬼
Zm210910_02

うろこ滝
Zm210910_03

さびと
Zm210910_04

手鬼
Zm210910_05

と声優さんの無駄使いが過ぎる。
次の沼の鬼でついにナルニア国物語の英雄王ピーター(の声の人)。
Zm210910_06

とにかく声優さんは豪華のひとことです。
明日も見ちゃうな~。

タイラント君。
Zm210911_01
パテ埋めもそこそこでいいかな。
Zm210911_02
昭和2期ウルトラ怪獣なんで、あえてのツギハギ感も逆にリアルかなと。





| | | コメント (0)

2021年9月 5日 (日)

サフ噴けど踊らず

変わり映えしませんがタイラント君、おおまかな工程は終わったことにします。
Zm20210904_01


あとは各キャラのつなぎ部分をパテで埋めつつ、均していきましょうか。
このままじゃスキマ部分がわかりにくいんで、サフを噴きます。もとの色を生かしたかったんですが、あとでパテ部分を着色するとき同じ色を調色する自信もないし、思い切って全身サフに。

ムフフいいかんじ。
Zm20210905_02



横から見ると毛皮のガウン着た人みたいですね(昭和感)。
Zm20210905_03



| | | コメント (2)

2021年8月26日 (木)

夜な夜な自室で晩酌する男

坊っちゃんがとうとう二十歳になってしまった。
基本、生真面目な坊っちゃんは二十歳の誕生日の翌日からお酒を買ってくるようになった。
初日は軽そうな缶チューハイ。
それを自室でグビグビと飲む。
坊「うわーなんかフワフワするねえ(^_^;)」
五「まあ、お好きにどうぞ(笑)」

これを数日経験して楽しくなった坊っちゃんは今度は結構高そうな缶ビールを買ってきた。ツマミにカニカマも添えて。

お嬢「なんか通りすがりにアイツにメッチャ自慢されたんだけど『今日はカニカマでビール飲みます』とか、アタシに報告いらんのだけど」
五郎「まあまあ、そういうお年頃だよ大2病というか」
お嬢「フーン、まあいいけど」

で、夜アイツの部屋の前を通ると
坊「ゲホッ…ウエホッ…グハッ」

どうやらノドにガツンとくる良いビールらしく、苦戦してる模様。
ちょっとして、
坊「ごめん、これは無理だわ、半分以上残ってるから父さんたち飲んで」
と降参の様子。
アイツ小さいころからコーラとかサイダーとか飲まずにお茶のペットボトルばかり飲んでたからなあ、ノドがお子様のままなんだよなあ。炭酸慣れしてないというか。

まあしばらく軽めのチューハイを楽しんだらいいんではなかろうか。
もう昭和でも平成でもない令和なんで、大学の先輩とか会社の上司とかで
「俺の酒が飲めんのか」
みたいな人もいないですしね。いたら問題でしょうし。

常に平和な坊っちゃんなのであった。

| | | コメント (0)

2021年8月23日 (月)

ワクチン2回目も特に副反応なし

今日2回目のワクチン接種でした。

当日なので急に何か起きるわけでもないでしょうけど、まあ「打ったの?」というくらい体に目立った変化はナシ。何かあるとしたら明日以降なのかな。

2回目は苦しむぞおじさん「2回目は苦しむぞ」

という巷のうわさはナンだったのか。個人差が大きいですよねコロナワクチン。

何年かあとにこの記事を何気なく読み返して、あーそんなことあったなあという世の中になっててほしいなあ。

すべて従前のようにとはいかないのかもしれませんが。

| | | コメント (2)

2021年8月22日 (日)

今年の夏も終った

本日、試験でした。

先ほど回答速報を見てみましたが、午前が3点足りず、午後が9点足りない感じです。

さんざんだった去年よりはましかなというレベル。

負け惜しみじゃないですが、今年は体力があった気がします。去年はコロナ禍1回目、マスクしての受験で途中酸欠になったんですが、今年は歩いてることもあり、マスクもスペーサーかましてそれなりに対策しましたので酸欠になることはありませんでした。

去年は午後が時間切れ感がありましたが今年は見直す時間もありましたし。スタミナはついたんだと思う。

正答率を見ても、全体的な底上げは成った気がします(労働一般だけ相変わらず鬼門ですが)。

また1年頑張りたいですが、まずは8月いっぱい遊びたい。

そんな2021年の夏でした。

| | | コメント (0)

«受験票が来た