2021年1月12日 (火)

チャーハンを食べた

去年の夏ごろから、坊っちゃんは某チェーンのラーメン屋さんでバイトしている。月の収入は、私の1か月のお小遣いをはるかに上回る。

今までの坊っちゃんのお小遣いよりももちろん多い収入である。

楽しいよなあ。今が一番楽しいよなあ。大学はほぼリモートだし。

雑用、フロア、レジと経て、調理もすぐに担当になった。

このあいだ、バイト帰りに「お持ち帰りチャーハン」を持って帰ったので、少し分けてもらった。

普通においしいチャーハンだった。

五「これ、もしかして…」

坊「うん、ぼくが作ったやつ」

なんだろう、この複雑な心持ち(嫌な気持ちではない。むしろうれしい気持ち)。

おいしいチャーハンでした。

ただ、なんとなくいろんな外食チェーンがお出ししているラーメンやチャーハンに対する信頼がゆらぐ(笑)。

| | | コメント (0)

2021年1月 3日 (日)

形を少しずつ出していきたい

あけましておめでとうございます。
昨年の夏以降、すっかりきめつの漫画しか読んでないように見えるブログの記事群ですが、一応お勉強にも励んでおりました。
 
あの試験のちょうど翌週、もう2~3日しか経ってないタイミングで、なじみの銀行員さんが
「乱暴に言うと営業の点数稼ぎみたいなものなので、話しを聞いてもらうだけでいいんです」
と連れてきた会計管理システムのコンサルの人の経歴を見てみると、社労士や行政書士の試験対策講師もやっておられる人でした。もう、その会計管理システムの話しも上の空に、アフタートークの際、
五郎「すみません、経歴を拝見してて、社労士の試験対策みたいなこともされてると書かれてたんですが、実は私、先週日曜日、受けてきたんですよ。結果は散々だったんですが」
とそこからぶっちゃけトークに花が咲き、勉強法の虎の巻みたいなものも、いただきました。
(それを読んだからといって合格できるような甘い世の中ではないのですが)
いわく、【△】の問題を洗い出しましょう
とのことです。
いまさら何回やっても正解【○】の問題なんか、2~3ヶ月に1回、サッと流しておいて、それに時間使うの辞めましょう。
正解率の低い問題【×】はサクサクやらずに、じっくりテキストを読み込みながら解いていきましょう。
 
一番重要なのは【△】の問題です。
・よく原理は分からないが、とりあえず丸暗記でいつも正解できる問題は【○】ではなく【△】
・本来、多段階の回答があるがそのうちの一つしか聞いてない設問でその一つしか覚えてない問題は全部覚えていない限り【△】
・実はAの法律ではOKなのに、Bの法律ではOKじゃないもの(国民年金と厚生年金に多い)は両方を覚えない限り【△】
 
などなど。
これらは、周辺の暗記も含めて確実になるまで、何回も解きなおしましょう。
 
とのこと。
確かに過去問のまま出題されれば正解できるものでも少しひねるとあやしくなる問題群といえます。
 
というわけで、9月10月で12年分の過去問4,550問を上記の見方で選別していきました。
【△】と【×】をあわせて909問が私の中で「少しあいまいな理解の問題」ということになります。5分の1くらいですか。
これをここんところ、ずっと繰り返しやってました。何事も、愚直に取り組みたいですね。
 
↓きめつ原作者さんの教え。印刷して壁に貼っておきたいレベル。
Zm210103


| | | コメント (2)

2020年12月30日 (水)

仮組完了

岸辺露伴2夜目ガチで面白い。

トワイライトゾーンとかの当たり回にまんまと当たった感じ。
どんな名作であれ、毎週やるとダレるんで、年に1回3夜ずつくらい、シリーズ化してくれませんかねえ。

さて、久しぶりタイラントです。とりあえずシーゴラスの頭をシンナーに2ヶ月ほど漬けてたんですが、2ミリほどしか縮まりませんでした。

小顔化はあきらめて怒涛の仮組。
Zm201229_01

どうしよう。ここから盛ったり削ったりしようかと思ったのに、このままでもまあまあ悪くない。
Zm201229_02
耳(イカルス星人)がつくと、だいぶ違いますね。
Zm201229_03
背中のトゲ(ハンザギラン)は中々強いんですが、上が重めで少しハンチバック気味になっちゃいます。それがまあ好みでもあるんですが。
Zm201229_04
本家(左)と並べても負けてないですよ。ていうかこっち(右)のほうが本家の寄せ集めなんですが。
このままつなぎの部分を調整していったら完成してしまいそうな勢い。
 
 
おまけ【失われた者同士が補い合うシリーズ】
ベムルス星人。またの名をイカルスター星人。
Zm201229_05
ソフビ1体から耳しか使わないという高級料亭の常連にしか出さないような希少部位料理。

| | | コメント (4)

2020年12月29日 (火)

漫画作品の安易な実写化に警鐘を鳴らしたい紳士淑女を黙らせる出来

民放じゃないところでやってた実写・岸辺露伴を見ました。

Zm201228

メッチャ面白かった!

メッチャ面白かった!!

メッチャ面白かった!!!

あの数年前の映画化4部はあんなにも○○い出来だったのに。何が違うのか。

見た目を似せるんじゃなく、スピリッツをていねいになぞるという造り方だからなんだろうか。

高橋さんはガチガチの露伴コスプレというわけではないし、声の感じも(最初)思ってるのと違うかなと思ったのに、グイグイ引き込まれました。

ゴゴゴとか音もしなかったし、書き文字が画面に出たりもしないのに、ビリビリと来る空気感はすばらしかった。

坊っちゃん「期待してたより軽く3倍面白かった!」

お嬢「ウソでしょってくらい面白すぎる!」

さすが民放じゃない放送局。造り方が丁寧すぎる。

たった3夜しか見れないのが残念すぎる。

| | | コメント (2)

2020年12月20日 (日)

しかし我が家はマンザイの方を見る

(ただ両番組ともガチ録画ですが)
20日のマンザイの番組に、フジはキメツ(22話から26話・柱合会議から最終回)持ってきましたね。フジのキメツに寄せる信頼の度合いがうかがえます。
未見の人もコレ見て劇場に行きましょうということっすか。ただあの時点で柱の人たち、ろくでもないですからね。それだけ鬼に対して憎しみが深いからとはいえ。
でも冷静に考えると、主人公兄妹以外の登場人物はみんな初登場時点で良い印象は無いんだった。
・任務にあたり子供に心配されるほど怯えの度合いがひどいネガティブ剣士。
・会話がまったく成立しない乱暴な野人。
・主人公の命を奪えと連呼する柱の人たち。

あの柱合会議で見る者に一番不快感を与えるのはしなず川さんで、現時点ではどうにも擁護のしようがない。
Zm201220_01
それがね。後にあの人、もの凄いひっくり返すんですよ評価を
Zm201220_02
 
しなず川さんといえば、弟もなかなかの嫌われキャラです。
最終選別で主人公と共に選ばれた同期5人なのに。
Zm201220_03
この時点でお嬢にも私にも嫌われてましたからね。
お嬢「なんじゃコイツ。二度と出てくんな」
五郎「小さい女の子を殴るな!」

しかし刀鍛冶の里で久しぶりに出てくるや、タンジロ君の強引なコミュ力に徐々に飲み込まれていき、
Zm201220_04
 
共に戦闘に参加するや、
Zm201220_05
 
一気に陥落。
Zm201220_06
今にして思えばブラコンなんでしょう、この人。長男に弱い。

後半ではもう育ちの良い大型犬のようになってしまうしなず川弟。
お嬢と私の評価、爆上がり。
Zm201220_07
完全にギャグ時空の人です。
Zm201220_08
 
その落差があって~・・・の上弦戦は見ものですよ。

刀鍛冶編はサクッとアニメにしてほしいところです。

| | | コメント (0)

2020年12月11日 (金)

でもあのアニメとコラボしてるのはくら寿司なんですよ

はま寿司のCMのナレーションが、悟空だったりフリーザ様だったり、シティーハンターでケンシロウでキン肉マンの神谷さんだったりと、ジャンプ黄金期メンバーで声をアテられていて、一人喜んでいたんですが、今年の夏前くらいからなんだかよく聞き覚えのない若い人になってました。
その当時、声優ソムリエのお嬢に聞くと
お嬢「これぁねえ、ハナエナツキさんだよ」
五郎「あーー、トウキョウグールのカネキ君ね!」
(トウキョウグールもカネキ君も知らないが、フィギュアのはにゅう君とハナエさんのほっこりエピソードで『カネキ役のハナエさん』だけは知っていた五郎)
お嬢「今だとキメツのタンジロウかな」
五郎「あー、なるほどね(ぜんいつ以外まったくわからん)」
この、今年夏前の時点くらいでタンジロウが何者かも知りませんでした。

そうです。ニワカです。

ていうか、文字ヅラだけ見てたころは「すみ治郎」だと思ってました。

そうです。ニワカです。

で、今CMの声を聞いたらタンジロ君の声にしか聞こえないわけで、一度脳が認識してからの人間の耳って面白いなあと。

今となっては先の黄金ジャンプメンバーに比肩する黄金の人ですよ。そりゃはま寿司さんもウカツに新しい人に変えられないでしょうよ。


あとあいば君の動物園のナレーションは声優ソムリエのお嬢に教えてもらうまでイノシシ君だと気づきませんでした。
確かにあの人、「さわやか青年」「変質者」「乱暴者」「かわいらしい少年」と幅広いんですが、それでもまだ全然脳が認識してくれない。
いつかあの番組でイノシシ特集してほしい。

| | | コメント (2)

2020年12月 6日 (日)

総力戦という言葉を煮詰めた感じ

きめつの最終巻、読みました。
もうね、シンドイっすよ。そこかしこでグッと魂をゆさぶられました。

最終決戦は本当に総力戦でしたね。柱も一般隊士もかくしの人たちも、何の上下もなく団結して事に当たってました。

何の力も持たされてないのに、主人公を助けるために走り出すかくしの人たち。
Zm201205_01
そういう、名も無きヒーローに弱いんです。
 
で、一番心を掴まれたのは、やっぱり猪です。
ズルイよあの人は。ほんとにズルイ。

あとはヒメジマさんの心が救われたのは泣けたなあ・・・
Zm201205_04



誰が生き残って誰が命を落としたとか、そんなネタバレをするつもりは無いですが、鬼を滅するということにかかわったすべての人の心が救われた、そんなラストでした。

MVPはゆしろうさんだと思います。
Zm201205_02
人間のためにあんなに頑張ってくれるとは思いませんでした。


ギユーさんは例によって平常運転でこんな感じなんですが、隣のウロコだきさんも中々ですよ。
Zm201205_03



良い作品でした。

お願いですから、最終回までアニメ完走してください。16巻もそうですが、23巻の柱の技ラッシュは早く映像で見たい。

| | | コメント (2)

2020年11月22日 (日)

ギユーさんは16巻くらいまでリミッターがかかってて

↑↓それが解除された16巻以降がホントのギユーさんですな。
Zm201122_04

連休を利用して、あの映画を再び観に行こうと思ってたんですが、思いがけず全国的に例のアイツが猛威をふるい始めたので、少し密状態は避けようかなと思っております。
(映画館の中って基本静かなんですけどね)

寒くなってくるとやはりウィルスって元気になるんでしょうか。あと乾燥もマズイのか。
自衛できるところは自衛していきたいものです。

というわけで当面はコミックスで我慢我慢。12月には最終巻も出るし。

以下2時間もある映画で「そうか」3文字しかセリフがなかったギユーさんコレクション。

レベル1ギユー
Zm201122_01



レベル99ギユー
Zm201122_02




ギユーアンリミテッド
002


| | | コメント (0)

2020年11月 7日 (土)

驚くほどアッサリと公式がネタバレしてきましたね

それどころか朝の情報番組でも無限列車編の本当の敵の正体を流してましたねえ。
早く見に行っておいてヨカッタ。

そう、アカザのことなんですけどね。
Zm201106_01
いきなり劇場版を見た人たちの感想は、純粋に「憎い敵」ということになるんですが、原作の後ろあたりを知った上で見ると、やっぱり出てきた瞬間悲しいわけですよ。
うちの妻はアカザの足元にあの模様が出てきた時点で泣いたそうです。
Zm201106_02

本人に人間だったころの記憶が無いのがほんまに輪をかけて悲しい。記憶が無いのにその模様は出るんだ・・・と。
弱者が嫌いとか、人間は老いる体がもろい、だからお前も鬼になれとか、行動原理がすべて人間だったころの生い立ちから来てるのがせつない。
あと顔と体に入ってる3本線の意味は?とか。


アニメになるとしても当分先なんですが、アカザ戦は早く見たい。我が家は全員、泣く準備はできてます
まーその前に無限列車編のあとの遊郭編なんですけどね。
アニメ2期、はやく始まってほしい。
 
遊郭に潜入する主人公たち。
Zm201106_03

こんな画像しかないんですが、ヒリヒリする命の取り合いなんですよね。
Zm201106_04
遊郭編の上弦の陸はホントにやばい。

ちょっとぼやかして書きますが、あのキャラの声は野沢さんにやって欲しいと思ってます。ドスの効いた、ヒネて世をすねた感じで。

ちなみにうちの会社の女子(元からのガチファン)が劇場版を見にいくにあたり友人から「ビッショビショになるから替えのマスクを持っていけ」と助言を受け、実際のところ見終わったあと泣きすぎてビッショビショになったマスクを新しいものに替えて、よし大丈夫と映画館を出ると、自分の服がビッショビショだったそうです。
「着替えまで持ってきてネーヨ!」
とのこと。
ガチ勢でこれから見にいこうかなとお考えの方は前掛けをお持ちになると良いかと思います。

| | | コメント (4)

2020年10月27日 (火)

ツインテールハラバイ

↑なんとなくハイスクールララバイ的な。

さてやりかけのものは片づけていきましょうシリーズで、ツイン寝ールさんです。
Zm201026_01
クレオスの基本カラーのブラウンとグリーンなんですが、思った以上にそのまま塗ってセーフでした。

Zm201026_02
ツヤ消しいくら吹いてもソフビのツヤ消し感は出ないですねえ。研究の余地あり。

Zm201026_03

後にソフビタイラントを塗装する際のお試しといった趣。

ソフビ改造、面白いですねえ。時間が許せばいつか「開いたタッコング」とか作ってみたい。

それかすでに製品があるのに

ゴモラ改造ザラガス

とか、

ザラガス改造ゴモラ

とか、まったく意味ないですけどね。

| | | コメント (4)

«力の限りの名作でした