2020年10月18日 (日)

力の限りの名作でした

ちなみに今日の記事、事前に何の情報もなかったあの隠れキャラについては何も書かないことにします。

土曜日、鬼滅の刃の劇場版を家族4人で見てきました。

お話しは十二鬼月(鬼版ゴールドセイントのようなもの)の下弦の壱(つまり上から7番目)の鬼・魘夢(えんむ)との列車内バトル。
Zm201018_01

お嬢はまんべんなく泣いてて、最後はやはり号泣でした。

妻も「泣いた泣いた。暗闇なんで誰も見てないしいいかって、気にせず泣いた」とのこと。

私も控えめに言って4回泣くところがありました。

1)魘夢が炭治郎に見せた幸せだったころの夢
Zm201018_02

Zm201018_05
これは泣きますわ。映画開始30分と経ってないのにですよ。

2)炭治郎の夢の奥底に侵入して精神の核を壊そうとして膝から崩れ落ちる、結核の青年
Zm201018_03

結核の青年(ほぼモブなのに豪華声優)、つい悪のさそいにのりましたが、気を取り直して強く生きて欲しい。

3)お話しラスト、伊之助の泣きながらのセリフ
Zm201018_04

いや泣きますよ。声優さんウマイなあ。

4)全部終ってから流れる主題歌「炎(ほむら)」。

これアニメの2期やらなかったらウソでしょ。

 

| | コメント (2)

2020年10月15日 (木)

少しずつ離れていっている気もしないでもない

さてタイラント背中ですよ。
P1020829
ハンザギランの背中もなかなかデカイんですよね。
ただ座りは非情に良いので、少しの調整でケレン味のある背中にはなりそう。

問題は、シッポなんです。
タイラントは、シッポをキングクラブから取ってきたという設定になってますが、
P1020831
これですよ。超地味なシッポ。

キングクラブって顔とか腕とかキャッチーなパーツの宝庫なのに、なぜその地味なシッポを持ってきたのか。
P1020830
しかもタイラントのシッポとしては多少盛ってるし。

そのことはあまり考えず、とりあえずレッドキングの下半身がシッポも含め、もの凄く肥大ボディなので、丸ごとキングクラブと取り替えを検討します。
で、足だけレッドキングの足を長靴のように履かせる。
P1020838
だいぶまとまり感が出てきました。
P1020837
P1020836

あ、頭のシーゴラスはシンナー漬け状態なので、代理頭が付いてます。
P1020839


おまけ【失われた者同士が補い合うシリーズ】

キングキング。またの名をレッドクラブ(赤毛組合)。
P1020840

そろそろイカルス星人さんにもご登場願いたい。

| | コメント (3)

2020年10月 6日 (火)

たいらのMIX盛り

同一規格でウルトラ怪獣ソフビが大量に売られているわけですが、あのコーナーに行くたびに、商品化されている「ウルトラマンタロウ」に出てくる「暴君怪獣タイラント」を差し置いて、本家のパーツを集めて真・タイラントを作れるかどうか夢想するのが、ささやかな楽しみのひとつでした。

いろいろな怪獣の部位で合成されたキメラ的怪獣。
構成要員
竜巻怪獣 シーゴラス(顔)
異次元宇宙人 イカルス星人(耳)
宇宙大怪獣 ベムスター(ボディ)
液汁超獣 ハンザギラン(背中)
殺し屋超獣 バラバ(両腕)
どくろ怪獣 レッドキング(足)
大蟹超獣 キングクラブ(尻尾)

少し前ですがリサイクルショップめぐりをしててタイラントを手に入れたわけです。
Zm201005_01
たしか110円だったはず。それ以外にもタイラントの各パーツを構成する怪獣たちを、驚くほどの捨て値で入手。
これは真・タイラントを作るしかないなと。そこから半年くらいかけて、足りない怪獣を入手したわけですが、
Zm201005_04
そのさなか、古い方のタイラントを入手したわけです。
Zm201005_02

最初に手に入れたタイラントに感じていた違和感は、それが元祖じゃなかったからだと、そのとき気づきました。あれは平成になって着ぐるみがリメイクされ、そのスタイリングをもとにソフビ化されてるヤツなんですな?
ウルトラマンタロウ・リアルタイム視聴者の私の中のタイラント像は古い方のソフビタイラントですよ。新しい方は言ってはなんですが、カッコよすぎ。狂気感が足りない。
Zm201005_03

この古い方をゲージにして、リアル合成タイラントを造りましょうというのが今回のテーマです。

原則は「なるべく素材のままで勝負する」です。盛大にパテを盛りはじめたら、本末転倒ですし。毎年受験生の私にそんな潤沢な時間があるわけではないですしね。

てことで検証。

まず一番問題となるボディ。
Zm201005_05
横からのベムスターってうすっぺらいんですよ。正面から見て5角形なのが、彼のアイデンティティですが、さすがにこのままでは他から持ってくる手も足も顔もおさまりが悪い。
少しビール腹(いわるゆる怪獣体型)にはしましょう。


続いて顔。
Zm201005_06
シーゴラスって、まあイケメンなわけです。あと旧世代の流れを汲んでるというか。ウルトラマン、ウルトラセブンに出てきて違和感の無い怪獣なわけです。
ウルトラマンエース後半くらいからウルトラ怪獣は狂気味を増してきていて、タイラントはその真っ只中の怪獣なので、全然顔が違います。
でもこの逝っちゃってる目がタイラントなんですよねえ。
そこに目をつぶるにしても、本家シーゴラスの顔はデカイんです。右の大きいソフビサイズのタイラントの顔より左の小さいソフビサイズのシーゴラスの顔の方がまだ大きい。シンナーに漬けたら小さくなるんだろうか。そのへんは研究の余地あり。

あとは背中。
Zm201005_07
タイラントはなだらかな背中なんですが、本家のハンザギランは思い切りダンゴムシカーブなんですよ。これもあわせ辛いだろうなあ。

とりあえずいきなりミックス。
Zm201005_08
いや5角形ボディがほんとにキツイ。フリンジの激しいポンチョを着た肩幅おじさんでしかありません。ムーチョスグラシアス。

Zm201005_09
手を広げたらかなりポンチョおじ感は薄れますが、これはさすがに肩幅を詰めるしかない。

あとベムスターの横腹のビラビラがタイラントにはキレイに無いんですが、これはベムスターの特徴のひとつでもあるのではずせない。
(正直これを取ればポンチョおじっぽさは無くなるはずなんですが、着けたままにしときます)
Zm201005_10

で、シーゴラスの顔をかぶせる。
Zm201005_11
うん、顔デカイっすわ。

ボディをあちらこちら幅詰め・腹出し作業して、顔の着く角度を変えて仮組みしてみます。
Zm201005_12
これで顔がもう少し小さくなれば、タイラント味が増してくるはず。

タイラントと比べて足が短いのはそもそもレッドキングが足が短いんだからこれでよし。
あと両腕が本家バラバの方がショボイんですが、これも本家がそうなんだからそのままで行きます。鉄球をもう少し大きくしたいとか、腕のビラビラを増やしたいとかはガマンガマン。
Zm201005_13

背中としっぽはそんなに苦労しないはず(多分)。

引き続き頑張ります(というか楽しみます)。


おまけ【失われた者同士が補い合うシリーズ】

シースター。またの名をベムゴラス。
Zm201005_14

バラキング。またの名をレッドバ。
Zm201005_15

どちらもまとまり感がありますね。弱そうですが。

| | コメント (2)

2020年9月24日 (木)

「ねずこ」と言われるとネスコンドル1号(ゲルショッカー)かドブネズコン(ネオショッカー)しか思い浮かばなかった私ですが

今や竈門禰豆子ちゃん一択ですよ。

広島県にお住まいの50代サラリーマン1名にたずねました
「三大ねずこと言えば?」

1位:竈門禰豆子
Zm200924_01
 
2位:ネスコンドル1号
Zm200924_02
 
3位:ドブネズコン
Zm200924_03
 
次点:ネスコンドル2号
Zm200924_04


面白いですな、鬼滅の刃。21巻まで全部そろえてしまいました。

私、全21巻と勘違いしてたんですが、既巻が21巻で、どうやらまだ22巻と23巻が残っているようです。
というのを20巻読んだあたりで気づきました。

そもそもアニメで「VS下弦の伍・那田蜘蛛山編」を見て一気にハマってコミックス集め始めたんですが、その次の「VS下弦の壱・無限列車編」(今度の劇場版でもある)がもう「VS下弦の伍」を超えてくる名勝負で、うわ、スゲーと思ってたら、次の「VS上弦の陸・吉原遊郭編」が突き抜けて面白く、面白いのインフレが止まりません。

吉原遊郭編は少なくとも4回は読みました。

で、16巻が神なんですよねえ。16巻だけで5回は読んだ。
風柱さんと、霞柱君、カッコエエなあ・・・

23巻で終わってしまうのが寂しくて仕方ないんですが、ツラいとき、遊郭編と16巻を常に読み直したいと思います。

20巻もいいんですけどね。
言い出したらキリないんですけどね。

来月の22巻が楽しみです。

| | コメント (0)

2020年9月 9日 (水)

4人の中では猪が一番好き

面白いですね、鬼滅の刃。
最初に2巻買って読んだらまあ面白い。
いっきに11巻まで買ってしまいました。

今更ストーリーをここで詳述することは無いですが、鬼退治物語です。
ストーリー展開が王道で、全21巻で終わってしまう潔さもあり。人気が出てきたんで引き延ばそう的な考えはみじんもなく、人気が出ようが出まいがキャラクターに向けられた目線は驚くほど冷静です。最初の設計図がしっかりしてんのかな。


お嬢による洗脳で最初アニメから入った私ですが、アニメと漫画は若干アプローチが違いますね。アニメはスピードに緩急のついたソリッドな作風。原作漫画はもっと牧歌的でほんわりしたところも多い。むしろ戦闘以外は終始ほんわかしてる感じ。

ここまで自分に浸透してきたうえで、あらためてこの間自分が書いた善逸君を見ると、ちょっと大人っぽいかもしれない。ほんとはもっと幼い感じですね。


いつかまた書き直してみたい。といいつつ鬼舞辻を書いてしまう私。
Zm200907

| | コメント (2)

2020年8月23日 (日)

また1年がんばります

いやー今年はデキが悪かった。

今日、社労士試験だったんですけどね。

ここ数年で一番デキの悪い日でした。

新型ナントカのせいで、むしろ準備時間が多目に取れたはずなんですよ。

GWに家族旅行とか、お盆休みに家族旅行とか、ぜんぜんできなかったんで。

実際金曜(おととい)に有休もらって土曜(昨日)も1日ずっと過去問を回してました。

お盆休み中は1日500問とか、おととい700問、昨日800問とか、ぜんぜん仕上がってるつもりだったですけどね。

本試験にて、午後の3時間20分で350問はあらためて体力の無さを感じました。若さとか勢いがないとあれは突破できないなあ。

また1年、がんばるだけです。この状況下で試験を実施してくれたことには感謝ですし、自分も罹患することなく試験に臨めたのはほんとに色んな人に感謝です。

 

というわけで帰りに鬼滅の刃のコミックス1、2巻を買って帰りました♪

結果は出せなかったですが、ご褒美ということで。

| | コメント (4)

2020年8月 4日 (火)

寝テール

↑ブログ更新が寝てるという自虐ではありませんw

今年も無事、受験票が来ました。

Zm200803_01

がんばるしかない。画像は寝ツインテール。だいぶできてきましたが、例によって塗装がメンドイ。

なお兵隊さんも、いちおうチマチマと。服装のディテールとか、固定モデルではメンドイので、腕を着脱式のプラ棒回転できるようにしました。

Zm200803_02

雑兵とマジョリティも8月3日にて15年目に突入です。

いや長いなあー。

4歳だった坊っちゃんももう大学生ですよ。

2歳だったお嬢もJKですよ。

これからもよろしくお願い致します。

| | コメント (4)

2020年7月14日 (火)

ツインテールと制服の女の子の画像を貼るよ

Zm200714_01

タイトルに偽りなし!

坊っちゃんの大学が前期完全リモートになり、合格以来、一度も大学に行ってないのですが、そのリモート対応のため、家電量販店で坊っちゃん用のパソコンを購入したわけです。どのみち情報系なので、パソコンの購入は既定路線だったわけですが。
周辺機器を買う際、あと数百円でクーポンが使えるというタイミングがあったので、ソフビツインテールをつい、購入してしまいました。
※「帰ってきたウルトラマンに登場する怪獣」

ソフビ怪獣って、普通に自力で体格をキープできるものなんですが、ツインテールはシンプルに説明すると楕円の円柱で、しかも前に向けて反ってますので、何て言うんですか? 張力に負けて体積が薄っペラくなるんですよ。しかもそのせいで前反りに拍車がかかる。

Zm200714_02

こんな感じ。左が無加工。

で、ボディの空洞に適当に詰め物(この例でいうとティッシュを丸めてギュウギュウと詰めてます)をすると、楕円の円柱具合が多少円形に近づき、体もまっすぐに立ち、反りが修正されます。

Zm200714_03

横から見るとわかりやすいかな? 左:修正前、右:修正後。

反ってるのも味なんですが、多分このまま放置してるとズンズン前に反ってくる気がします。右のように、中にだれか入ってる感が欲しい場合、お試しください。

比較にもう1体買ったわけですが、そのままでは芸がないので、

Zm200714_04

寝そべりバージョンを作ってみることにしました。

キモカワイイw

| | コメント (2)

2020年6月10日 (水)

放置が長いんですが

私は元気です。

ちょっと色いろあったんですが、私自身は調子良いかぎりです。1日200問がジャスティス。

新型のアイツのせいで、なかなかハラが座らないんですが、とりあえず連合会試験センターにもデカデカと試験日が出てますんで、それを信じて頑張るだけッス。

Img_20200610_20200610184201

しかし試験日前日どころか、試験日当日の試験会場の自分の席に座るまでは油断できませんな。

| | コメント (0)

2020年4月27日 (月)

マックイーンの吹き替えは宮部昭夫さんですよ

モトコンポ乗りの兵隊さんは両肘から一回カットして、しんちゅう線でつなぎなおし、ハンドルを握るように調整しました。

Zm200427_01

いいですな。

Zm200427_02
たまたまですけどブレーキを浅握りしてる感じタマラナイ。

どの角度から見てもいいですな。

Zm200427_03
ヨコから見るとやはり胸板がうすいですよね。これはまあ背中側にパテ盛ってイイカンジにしたい。

Zm200427_04

バイクの立ち乗りが、なぜこんなに心を掴まれるのか考えていたんですが、マックイーンの大脱走を思い浮かべるからですわ。
Zm200427_05

あー、また大脱走見たくなった(←年1とは言わないが定期的に見る男)。

| | コメント (2)

«2台目のバイク