カテゴリー「ゲーム班-(FE日記)」の25件の投稿

ファイアーエムブレム日記

2009年9月17日 (木)

FE日記 第1部ファイナル【そして、時はながれ・・・】

何か忘れてるような・・・と思いつつ日々造形趣味の毎日だったのですが、先日デストロンマークの資料を集める際、
「デストロンマークって実際、なんていう名前で検索すればいいんだろう?
 オーナメント?
 シンボル?
 エンブレム?
 おいエンブレムじゃなくてエムブレムな!…
……………
……………
……………
…あ!ファイアーエムブレムのエンディングをまとめるの忘れてた!」

すっかり燃え尽き症候群でした^^;
というわけで、1度だけ帰ってきたFE日記です。

最終章にて暗黒竜メディウスを倒したあと、おごそかにナレーションが入ります。
ご存知の方は、あの勇壮なオープニングBGMを、ゆっくりとフェードインさせながら、以下お読みください。

《エンディング開始ナレーション要約》
暗黒竜メディウスの消滅とともに、ドルーア帝国は再び闇の中へ消え去った。
5年の長きにわたったアカネイアの戦乱もここにようやく終焉をむかえ
暗黒に覆われていたアカネイアの地にも再び光が戻ってきた。
そしてマルスの長い旅もようやく終わりをむかえようとしている・・・

*****

で、マルスとシーダの、見ているこっちが照れるようなやりとりがあって、マルスからシーダへプロポーズ。
そして、映画のエンディングのような長い長いエンドロールがはじまります。
エンドロールはプレイヤーの個人的な記録なので、人によって違う内容になります。ここのシーンは何度体験しても鳥肌モノ。
ただ、今回は各章すごいターン数(255ターンでカウンターストップ)かけていたり、物凄く経験値を強引に稼いでいたりしますので、標記がバグッているところがあったりして、新たな発見でした。
あと、気付いたんですが、リセットしても電源切っても死んだ回数だけは内部的に覚えているようです。

*****

こうして、後に暗黒戦争とよばれた壮絶な戦いは、ドルーア帝国の滅亡と共に終結した。
これは、その戦いの記録である

シナリオ終了ターン
※ついでに各記事へのリンクも張っておきました。

第1章 マルスの旅立ち 102ターン

第2章 ガルダの海賊  49ターン

第3章 デビルマウンテン 255ターン

第4章 オレルアンの戦士達 206ターン

第5章 ファイアーエムブレム 105ターン

第6章 レフカンディの罠 217ターン

第7章 港町ワーレン 255ターン

第8章 プリンセス・ミネルバ 100ターン

第9章 ノルダの奴隷市場 255ターン

第10章 アカネイア・パレス 115ターン

第11章 悲しみの大地・グラ 113ターン

第12章 魔道の国カダイン  60ターン

第13章 アリティアの戦い 255ターン

第14章 スターロード・マルス  83ターン

第15章 マムクート・プリンセス  58ターン

第16章 ブラックナイツ・カミユ 255ターン

第17章 天空を駆ける騎士 255ターン

第18章 悪の司祭ガーネフ 158ターン

第19章 マムクートの王国 255ターン

第20章 選ばれし者達  46ターン

第1部 総ターン数 3197ターン

個人戦跡
※以下エンドロールは基本、丸コピですが、※印は私の感想です

アリティアの王子マルス Lv20 57勝0敗 2000EXP
戦乱に荒れ果てたアリティアに戻り、祖国の復興に力を注ぐ。近々王位継承の予定

タリスの王シーダ Lv20 48勝3敗 3800EXP
タリスへ帰国後ふたたびアリティアへ。マルス王子との熱い仲がささやかれる

マルスの守役ジェイガン Lv20 35勝1敗 1900EXP
現役を退き、マルス王子の良き相談相手となる

アリティアの騎士カイン Lv20 62勝2敗 4000EXP
アリティア騎士団に残り、後輩の指導に努める
※第2部では泣かせてください!

アリティアの騎士アベル Lv20 66勝2敗 3800EXP
軍を退いて小さな店をはじめた。近々結婚の噂も・・・

アリティアの騎士ドーガ Lv20 54勝12敗 4000EXP
軍に残って辺境の守備に就く。体重も10キロは増えた

アリティアの弓兵ゴードン Lv20 66勝0敗 3900EXP
弓の腕を磨くため、アカネイアの弓騎士に弟子入り。後に弟とともにアリティア軍に復帰

タリスの傭兵オグマ Lv20 53勝2敗 3700EXP
タリス島に戻って、人々のために働いている。想う人がいるのか、結婚の噂は無い

タリスの義勇兵サジ Lv20 25勝1敗 1700EXP
タリス王国できこりとして平和に暮らす

タリスの義勇マジ Lv20 34勝2敗 1700EXP
タリス王国できこりとして平和に暮らす
※エンディングのメッセージすら手抜き

タリスの義勇バーツ Lv20 28勝0敗 1500EXP
アカネイア軍に参加するが後、軍を脱走。海賊になったとの噂も・・・
※お前のためだけに斧の調達て面倒だからナイトになれとか言われたのかも

タリスの猟カシム Lv20 73勝1敗 3600EXP
タリスに戻って母親と暮らしている。しかし生活は苦しい
※実は猟師ではなく○○師だということが発覚するのは第2部

辺境の聖レナ Lv20 4勝0敗 3600EXP
マケドニアの修道院で、孤児達の世話をしている

ナンパな盗ジュリアン Lv20 44勝1敗 1700EXP
盗賊から足をあらい、マケドニアで働いている

謎の剣ナバール Lv20 76勝0敗 3700EXP
人々の期待をよそに、彼は風のように去っていった
※そして風のように戻って来ます。「女!俺について来い」などとナンパしながら。

アリティアの魔道マリク Lv20 45勝0敗 4000EXP
エリス王女への想いを胸に秘めて、再びカダインへ戻っていった

オレルアンの王ハーディン Lv20 98勝0敗 3900EXP
ニーナ王女に迎えられて、アカネイア王国第24代国王となる
※思い切ってニーナがトムスあたりと結婚してれば問題は起きなかったのか?

オレルアンの戦士ウルフ Lv20 52勝0敗 1700EXP
オレルアン騎士団に残り、国の復興に力を尽くしている

オレルアンの戦ザガロ Lv20 54勝0敗 2000EXP
オレルアン騎士団に残り、国の復興に力を尽くしている
※エンディングメッセージが手抜きの人達は2部では活躍しませんね

オレルアンの戦士ロシェ Lv20 53勝3敗 4000EXP
一度は軍を退くが後に復帰、オレルアンの聖騎士となった

オレルアンの戦ビラク Lv20 103勝3敗 8994EXP
オレルアン騎士団に残り、国の復興に力を尽くしている
※あきらかに表示おかしいww103回も戦う機会が無いし、そんなに経験値入んないしww 

マケドニアの貴マチス Lv20 60勝3敗 3700EXP
軍を退き、マケドニアで相変わらずいいかげんな日々をすごしている

カダインの高司ウェンデル Lv20 2勝0敗 1900EXP
カダインの最高司祭となる。その後、諸国放浪の旅をはじめた

ジュリアンの弟分リカード Lv20 48勝2敗 1900EXP
再び盗賊稼業に戻ったらしい
※まさか第2部に出てくるとは思わなかった・・・

火竜族の末バヌトゥ Lv20 44勝1敗 1900EXP
竜石を封印して、何処かへ去っていった

ワーレンの傭シーザ Lv20 86勝0敗 9508EXP
彼は戦いの後、姿を消した
※理論上こんなに経験値稼げないはず。

シーザの相ラディ Lv20 88勝1敗 3800EXP
戦火の中で恋をして、剣を捨てたという・・・

ミネルバの妹マリア Lv20 0勝2敗 3600EXP
カダイン留学後、マケドニアに戻りシスターとして人々のためにはたらく

マケドニアの王女ミネルバ Lv20 51勝0敗 2500EXP
マケドニアの復興に全力を挙げる。王位継承の噂も…本人は否定。

大司祭ミロアの娘リンダ Lv20 58勝0敗 3900EXP
ニーナ王女に保護され、パレスの宮廷女官になったという

大陸一の弓騎士ジョルジュ Lv20 47勝0敗 2400EXP
アカネイア弓騎士団の隊長となる
※第2部で、別な意味で泣かされる人

アカネイアの騎ミディア Lv20 53勝0敗 1900EXP
ニーナ王女に請われて軍にとどまり、アカネイア騎士団の隊長となる

アカネイアの司祭ボア Lv20 2勝0敗 1900EXP
アカネイア王国の宮廷司祭として、国の復興に力を尽くす
※スーファミ当時思いもしなかったけど、今ボアって聞くとダンサブルな女性。

アカネイアの騎士トムス Lv20 89勝2敗 3600EXP
一度は将軍になるが、その後軍を退く

アカネイアの騎士ミシェラン Lv20 66勝0敗 3600EXP
戦いの後、何があったのか、トムスとともに軍を退いた

アカネイアの弓トーマス Lv20 59勝1敗 3100EXP
戦いの後、彼は姿を消した

アカネイアの傭アストリア Lv20 45勝1敗 2000EXP
アカネイア傭兵隊の隊長として、祖国のために力を尽くす。近々結婚の噂も…
※第2部で、別な意味で泣かされる人その2

マケドニアの騎カチュア 52勝0敗 3900EXP
マケドニアの復興に力をつくす

マケドニアの騎パオラ Lv20 90勝0敗 3100EXP
複雑な思いを胸に秘めて、祖国復興のためにはたらいている

正体不明の変なチェイニー Lv20 124勝0敗 神536EXP
戦いの後、彼は何も告げずに去って行った
※表示おかしいってww神536ってwwコワイわw 

気むずかしい勇サムソン Lv20 48勝0敗 2300EXP
戦いのあと、ふたたび傭兵稼業に戻ったという

神竜族の王女チキ Lv20 30勝12敗 1500EXP
バヌトゥのもとでおだやかに暮らしている

気ままな天馬騎士エスト Lv20 49勝0敗 3400EXP
戦いの中でアリティアの騎士に恋をして、彼のそばをはなれようとしない
※個人的感想で恐縮ですがウザイ 

不運の名ロレンス Lv20 35勝0敗 1500EXP
グルニアの王子を立てて、自治を任されるが、後にアカネイアと対立、追放される

アリティアの王女エリス Lv20 0勝0敗 2600EXP
マルス王子を見守って、おだやかに暮らしている

そして、時はながれ・・・

以降、そのまま第2部へとなだれ込み、現在第2部もプレイ中ではありますが(今日の記事冒頭では忘れてたジャン)まだ序盤中の序盤ですので、FE日記第2部が始まるのは、この調子だと、1年~2年後くらいかもしれません。

気長にお待ちください。

第2部 英雄戦争編 紋章の謎に続く・・・いつか・・・多分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月25日 (火)

FE日記 第20章【45人の選ばれし者達】

(原題:選ばれし者達)

FE日記、第1部ファイナルステージです。やっとここまでたどり着いたという感じですね。
ある意味やりきった感バリバリ(死語)です。
どのような終わり方なのか?そして第2部はあるのか(エエ?)



《オープニングナレーション要約》

激しい戦いの末、マルス軍はメディウスの城を包囲し、開け放たれた4つの門から突入をはかった。だがそれはマルス軍の分断をねらった、メディウスの罠だった・・・
生死をかけた、最後の戦いが、今はじまる。

【出撃メンバー】
ロード:マルス LV20
パラディン:カイン LV14
マムクート:チキ LV13
司祭:レナ LV20

フフフ・・・この人数でやってみましょう。てか、他のキャラ出したらカインとチキにまわす経験値がもったいないです。
遠隔回復のレナがいれば、まあそれほど苦労は無いでしょう。
苦戦するようなら、リセットして回復役にマリアもつけましょう。

冒頭にも記述しましたとおり、メンバーは全員4箇所に分断され、ひとりで中央へ向けて進んでこなければなりません。
Zm090825_01
といいながら、まず経験値が欲しいチキ以外はその場待機です。
右上から始まるレナも向こうから積極的にやってくる敵は倒さざるをえませんね。何体か倒しました。もったいない。
一番敵が集中する左下のカインはメリクルでガシガシ倒しております。火竜の炎なんかもサラリとよけてたりして、危なげがありません。

5ターン目にして、カインもレベル20に到達
そして6ターン目で大量の敵増援が!

イイゾ!

とりあえず、増援から各自逃げながら左の小部屋で合流。部屋の入り口をチキでフタして高みの見物です。
敵増援の大半は魔竜なんですが、こちらのチキは神竜です。魔竜のブレスなどものともしない。
じっくり時間かけて、18ターン目で、チキもレベル20到達

今この瞬間、

ようやくマルス軍全45ユニットが

レベル20MAX値に到達しました。

宿願は果たされた。
ファイアーエムブレムをプレイされた方なら誰もが周知の事実ではありますが、神剣ファルシオンを装備したマルス王子が、そこそこのレベルになっていれば暗黒竜メディウスは、そんなに強い敵ではありません。第1部クリアは約束されたも同然です。

それはそうなんですが・・・

全員レベル20になりました。暗黒竜もマルス王子が倒しました。めでたしめでたしでは面白くないわけです。

ここでこの4人での攻略がどうなったかのお話は、いったんおあずけ。別な、写しを取っておいた記録の物語をカットインします。
マルス軍がどれだけ暗黒竜によって苦汁をなめさせられたか。
敵国だったグルニアもマケドニアも、ある意味被害者です。現にロレンスやミネルバは各々の国の「かなめ」といえる傑物だったにも関わらず、暗黒竜に対抗するため、国を裏切ってマルスについた。
ここにあつまった45人は、皆暗黒竜に一の太刀を浴びせる資格があるはずです。

これが、私が最初からずーっとやりたかったことです。
いまこそ45人一丸となって、メディウスに思いのたけを食らわせてやりましょう。
Zm090825_02
とはいえ、1度に出場できるのはせいぜい15人です。
総勢45名が3班に分かれ、最終班のカイン・チキ組とあわせて最短4回のプレイやりなおしで全員メディウスに一太刀あびせられる計算になります。
基本的に皆「神剣メリクル」「神弓パルティア」を使いまわして攻撃。
(「魔槍グラディウス」は前回ロシェがブチ折ってしまいましたので、ナシです)
武器レベルが届かないキャラはなるべく装備できる最良の武器で。
ちなみにメディウスにはスターライトの魔法が効かないということがわかりました。なので、司祭さん達はおのおの専用武器以外はボルガノンの書なんかで攻撃しております。

泣いても笑っても!これが最後の戦いです(表現古いな)。
マルス軍45人VS暗黒竜メディウスの全記録を以下に。一の太刀に込めた、各人の思いを汲み取ってやってください。

シーダ、2回攻撃で合計10ダメージ。
ミネルバ、2回攻撃するも力が足りずノーダメージ。
残念。
アベル、2回攻撃で合計10ダメージ。
マチス、2回攻撃で合計20ダメージ。
ジェイガン、メディウスのブレスを食らってドラゴンキラーで1回攻撃!力が足りずノーダメージ。
残念。まことに残念。ブレスをよけることもできず、2回攻撃もできず、しかもダメージも与えることができなかった・・・そのときジェイガンの脳裏に引退の2文字が浮かんだとか・・・
ハーディン、2連続必殺の一撃!合計30ダメージ。
遠隔から回復支援してやれば、この人ひとりでも倒せそう・・・
ロシェ、2回攻撃で合計10ダメージ。
ビラク、2回攻撃で合計4ダメージ。
ビラクらしいといえばそれまで・・・
ミディア、2回攻撃で合計2ダメージ。
まあ、1回1ダメージしか与えられなかったので、アストリアが横にいたとしても合計6ダメージてとこでしょう。
マリア、ボルガノンの魔法による2回攻撃で合計2ダメージ。
パオラ、2回攻撃で合計10ダメージ。
カチュア、2回攻撃で合計20ダメージ。
エストが叫ぶ!

トライアングルアターーーーーック!

合計30ダメージ。メディウス死亡ww

(セーブデータを入れ替えて)
サジ、1回攻撃で1ダメージ。
マジ、2回攻撃でノーダメージ。
バーツ、2回攻撃で合計4ダメージ。

男トライアングルアターーーーック!

・・・とは叫びませんでした。
ロレンス、2回攻撃で合計4ダメージ。
トムス、2回攻撃で合計4ダメージ。
ミシェラン、2回連続必殺の一撃で合計12ダメージ。
ミシェランすげえ・・・
ドーガ、2回攻撃で合計4ダメージ。
オグマ、2回攻撃で合計10ダメージ。
ナバール、2連続必殺の一撃!合計30ダメージ。
この人も後方支援してやれば、メディウス倒せますな。
サムソン、2回攻撃で合計2ダメージ。
勇者としては情けないぞ!
アストリア、2回攻撃で合計8ダメージ。
シーザ、2回攻撃で合計4ダメージ。
ラディ、2回攻撃で合計10ダメージ。
勇者を6人並べてみても、(オグナバはともかく)ラディの優遇されっぷりは凄い。
ジョルジュ、2回攻撃で合計8ダメージ。
ゴードン、2回攻撃で合計10ダメージ。
ジョルジュを越えた!!
トーマス、2回攻撃で合計8ダメージ。
ウルフ、2回攻撃でノーダメージ。
力が弱いとパルティアでもダメージ与えられず。
ザガロ、1回攻撃でノーダメージ。
ハーディン様は怒ってるぞ。
カシム、2回攻撃で合計10ダメージ。
ところで貯金は貯まったのか!
ジュリアン、メリクルソードの2回攻撃で合計10ダメージ。
オオ!勇者や竜騎士並みの活躍!レナさんを離すんじゃないぞ!
リカード、デビルソードの2回攻撃で合計2ダメージ。

リカード偉い!

勇者サムソンの2ダメージと数字上は同じだが、

価値が違う!

覚悟が違う!

志が違う!

リカードさん、あんたカッコいいっス。

リカード「ヘヘッ盗賊に刀使わせんじゃねーよ」

チェイニー、2回攻撃で合計8ダメージ。
2回攻撃中、1回だけ必殺の一撃が出た!チェイニーから暗黒竜へ、この必殺の一撃は重い!
バヌトゥ1回攻撃でノーダメージ。
むううう、無念。まあ、ニブいバヌトゥの割にはメディウスの攻撃をかわしたんだから良しとしよう。
ウェンデル、シェイバーの魔法の2回攻撃でノーダメージ。
カマイタチ系の魔法は竜に効きにくい。
ボア、トロンの魔法の2回攻撃でノーダメージ。
暗黒竜の前ではトロンも効果無し。
マリク、エクスカリバーの魔法の2回攻撃で合計4ダメージ。
マリクよ、竜には弱いのか・・・
リンダ、オーラの魔法の2回攻撃で合計8ダメージ。
エリス、ボルガノンの魔法の2回攻撃で合計12ダメージ。
マルスの姉ちゃん何気にスゲエ。

さて、冒頭の最終班、マルス・カイン・チキ・レナの4人の話に戻ります。
レナ、ボルガノンの魔法による2回攻撃で合計6ダメージ。
カイン、2回攻撃で合計10ダメージ。
堅実で堅牢な、マルスの右腕!
チキ、1回攻撃でノーダメージ。

・・・チキの力の数値は20、MAXです。その神竜ブレスでノーダメージ。

そういうこと?

バヌトゥのノーダメージも、そういうこと?
暗黒竜に対抗するには、竜であることを捨てて、「人であれ」ということ?
チェイニーが暗黒竜へ与えたダメージは熱く、重く、大きいなあ。

チェイニー「どうだいメディウス!お前が認めなかった『ひ弱な人間』からくりだされる一撃はスゲェだろ?」

そんなセリフが浮かんできます。私の中で、雲のジュウザを越えるカッコよさ。しびれる!震える!

45人のアンカーはもちろんマルスです。
マルス「メディウス、玉座に座っていれば体力は回復するよね?HP満タンになるまで待ってあげるよ、正々堂々勝負しよう」
ノーカットで行きます。
マルスの攻撃、10ダメージ
カウンターのメディウスの攻撃をかわしてさらに10ダメージメディウスへ追加。
次ターン、メディウスの攻撃をやはりかわして2連続攻撃でメディウスへ20ダメージ
3ターン目、よろけるメディウスへマルスの必殺の一撃で30ダメージ
メディウス倒れる。

メディウス「ぐっ・・この私が、人間ごときに敗れるとは・・・だが心せよ、光によって守られしアリティアの王子よ・・・
いつの日か、いつの日か、
人の心に悪があるかぎり、私の分身は現れるだろう
闇は光あるかぎり
(以下ありきたりなので略」

チェイニー「バーカ!相手が人間だったからお前は負けたんだよメディウス」

そんなセリフはありませんが、チェイニーは私の物語の中で、間違いなくそう言ってます。

45人の長い戦いはようやく終わり。ここからゲームは平和になってからの45人の近況報告、戦績をまじえながらの壮大なエンディングに突入します(エンディングは長いので、その模様は次回にでも・・・)。
さてこの物語は後に暗黒戦争と呼ばれるそうですが、実は物語は全然終わってなかったりします。
前章でも言いましたが暗黒竜は、封印の盾が無い限り、何度でも蘇ってきます。今はとりあえず死んじゃった!というだけ。

封印の盾とはどこにあるのか?

世界はやはり滅びるしか無いのか?

45人はまた、ふたたびめぐり合えるのだろうか?

物語は激闘の第2部へ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月19日 (水)

FE日記 第19章【100点ゲームのロシェ】

(原題:マムクートの王国)

FE日記、感動の最終回1話前!

【オープニングナレーション並びにデモ部分の要約】
ドルーア帝国を前にして、忘れた頃に現れる軍師モロドフがマルスに語りかけます。
モロドフ「神は邪悪なる竜族から人々を守るため「封印の盾」と呼ばれるものを地上に残したと言われています」
マルス「守護神ナーガの伝説だね。だけどそれはただの神話だと思っていた」
マルス「本当に封印の盾が存在するのならどうしてメディウスなんかが現れたりするのだろう」
モロドフ「さあ、それはわたしには・・・ですが、いずれにしても奴が完全に復活していない今がチャンスです」

そう、封印の盾はかつて心無い者により盗み出され、『宝玉を抜き取られ(お!)破壊され、別なものに姿を変えている。
この第1部の時点では解き明かされておりませんが、封印の盾が正しい姿で存在しない限り暗黒竜を完全に打ち倒す事が出来ません。
この度の戦いで倒される暗黒竜は、少し間を置いて、より醜悪な姿で蘇ります。
また封印の盾が存在しないことにより、マムクートたちは徐々に知性を無くし、ただの獣になりさがっていきます。
神殿で眠らされていた少女チキも例外ではなく、このまま放っておくと、やがて獣化が進みます。

封印の盾とはいったいどういうものなのか?マルスはそれを復活させることができるのか?
それが第2部「紋章の謎」の物語となります。当分先の話ですが。

【出撃メンバー】
ロード:マルス LV20
ドラゴンナイト:シーダ LV4
ドラゴンナイト:カチュア LV6
ドラゴンナイト:エスト LV3
パラディン:カイン LV5
パラディン:アベル LV4
パラディン:ロシェ LV5
パラディン:マチス LV10
ジェネラル:ドーガ LV3
勇者:オグマ LV1
マムクート:チキ LV6
魔道士:マリク LV20
魔道士:リンダ LV20
シスター:エリス LV4
司祭:レナ LV20
盗賊:ジュリアン LV20

【マップ】
Zm090819_01
※いまさら宝箱の中身などどうでもよいのですが実はこの宝箱の中には火竜石が入っております。取っておけば、まだまだバヌトゥのじいさんにも出番が・・・

さすがマムクートの王国、図中の敵ユニットの半数近くが魔竜です。城門に陣取っているのももちろん暗黒竜メディウスの息のかかった魔竜エース、ゼムセルさん。
で、開始早々マップ内の野良ドラゴンたちがこちらにむかってドスドスやってきます。
赤矢印ルートで山を越えてくるドラゴンとスナイパーの混成部隊をチキ@神竜で一掃。
青矢印の東周りで北上してくるドラゴンをグラディウス装備のアベルでザックザク。
最南端の祭壇にいるドラゴンと勇者のところへ、馬から降りメリクルソードを装備したマチスを飛ばし、宝持ち逃げの盗賊もろとも征伐。

ゲゲ!難なく終わっちゃいました。

この時点でチキのLV12、アベルがLV13、マチスがLV16。
他の人は戦闘に参加してないので、まだレベルに変動なし。

全員レベル20がかなり怪しくなってきました。

各種神器ももう限界ギリギリです。武器の使用回数を復元してくれるハマーンの杖という便利アイテムがあるのですが、それすら使い切ってしまいました。こんな経験ははじめてです。
グラディウスの残り使用数2!・・・orz
とりあえずステータスアップのドーピングアイテムを売っている秘密の店にシーダを飛ばし、HPを上昇させるアイテムを重点的に買いまくります。
マチスを補強して、魔法防御以外MAXの凶戦士をとりあえず作り上げ、当マップの玉座に陣取る魔竜ゼムセルに手槍装備で近づけます。
安い装備でチマチマ敵のHPを削り、経験値を少しずつ得ていくチマチママチス作戦突入です。
「まちまちなハチマキちまちま巻き、マチス町で待ちます」って早口言葉にならないかな?

・・・133ターン目で、ようやくマチスがレベル20到達。
マケドニアでいい加減な日々を過ごしてきた放蕩息子もついに聖騎士最高レベル!当マップのボス魔竜ゼムセルさんから手槍でおよそ3レベル分の経験値を稼ぎ出した、すばらしきバカ兄貴です。
※1回ヒットするごとに10ポイント経験値獲得として、30数回手槍を投げ続け、しかも倒してしまわないように時々ゼムセルさんを休息させながらの牛歩戦術。

殿堂入りのマチスに変わりまして、2番、カチュア。手槍を引き継いで、チマチマカチュア作戦開始です。
カチュアと聞いて、ファイアーエムブレム練達の方々からすると、「エ!ぼんくらのマチスはともかく、カチュアだと必殺の一撃でゼムさん一発昇天してしまうのでは?」と思うかもしれませんが、彼女ありがたいことに力がありません。たとえ必殺の一撃が出てもゼムセルのわりと多目のHPがしのいでくれます。

興ざめな計算をすると・・
ゼムセルのHP40
ゼムセルの守備力15
レベル6時点のカチュアの力18
手槍の攻撃力8
18+8)-1511→カチュアがゼムセルに与えるダメージ

必殺技が出た時の倍率3倍。
11×333→カチュアが必殺の一撃でゼムセルに与えるダメージ

手槍で2回攻撃は出来ないので、HP40のゼムさんはセーフなわけです。たとえ、レベルアップにより、力の値がマックスの20になっても、最大ダメージ量は13×3=39、ギリでセーフなので、ゼムセルを城門で回復させながら粘りきれば、カチュアさんもレベル20殿堂入りも夢ではありません。
そう、「膨大な時間」「あきらめない心」「有り余る手槍」さえあれば夢は叶うんです。

しまった、手槍のストックが少ないww


手槍残高におびえながらカチュアで3レベルくらい上げたおよそ200ターンあたりで気付いたのですが、魔竜ゼムセルさんが吐く火炎には使用数がありますね?
はじめて気付きました。火炎をこちらに吐きかけるたびに、カチュアの手槍が減っていくのと同様に火炎を吐ける回数も減っていきます。不思議な怪物ですゼムセルさん。
215ターン目でとうとうゼムセルさんの火炎攻撃がゼロになりました。
しかしここでさらに不思議な現象が!!!ゼムセルさんナンの攻撃手段も持ってないのに火を吐いてきました。喰らったら当然ダメージ!!そりゃないよゼムセルさん。何のための回数表示ですか。
無から有を生み出す男ゼムセルゼロフォーム!というわけですか。もう少し経験値いただきますのでよろしく。
何にせよ、まだまだ後がつかえてますので、残り少ない手槍を控え、鉄の剣で稼いでいくことにしましょう。1回の攻撃が6ダメージ。カチュアのスピード的に、どうしても2回攻撃になるので、1ターンにつき12ダメージ。2回連続必殺の一撃でも36ダメージ。よしよし、手槍と変わらぬ地味ダメージでいいです。

さて、そんなゼムセルチャレンジのヨコで無傷のマルスに向かって無意味に回復の杖を何百本と振り続けたマリク・リンダ・エリスの司祭トリオも順次レベル20に到達
Zm090819_02

話をカチュアに戻しますが・・・う~~ん。しかし鉄の剣、どんどん減っていきますねえ。鉄の剣1本の使用耐久数が20回。1ターン2回攻撃で、10の経験値を得るのですが、おわかりのごとく10ターンで「壊れた剣」になってしまいます。
得られる経験値の総数は鉄の剣1本につき100。1段階レベルが上がるのがやっとです。レベル1からはじめたナイトがレベル20に到達しようと思ったら鉄の剣20本必要です。
5人のナイトを育てようと思ったら、鉄の剣100本。そんなに買いだめしてないですよ。
こまったなあ・・・と、ワラにもすがる思いで「壊れた鉄の剣」でゼムさんを攻撃してみると、与えるダメージは「2」
これで20レベル稼ごうと思ったら、千ターン!!!!5人で5千ターン

と思ったのですが、ひみつの店でパワーリング(力上昇アイテム)買って、力の値だけでもMAX値の20にしておけば、折れた剣でもダメージ「5」を計測!

・・・ヨシ!これでいこう。
とりあえず、今カチュアはレベル12なんですが、折れたヤリで、レベル20まで行こう。「チマチマ壊れ物作戦」です。
途中で折れた剣に持ち替えて飛竜から降りたり乗ったりしながら粘り、ついにレベル20に到達
炎をくらって砦で回復しているターン数もあるのであまり数えたくないですが、経験値100で1レベルアップ→レベル12からレベル20まで8レベル→(8×100)÷5=160。
最低でも160ターンはかかった計算になりますな。
あまりこのことを考えずに次の人に行きましょう。

お次はパラディンアベル君です。今の時点でレベル13。もっともレベル20に近い男です(にしても単純計算100ターンくらいはかかるのですが)。
大地のオーブを持ったエストを近くに立たせ、必殺の一撃が多数出てくれることを祈りつつ・・・
で、何十ターンか後に、めでたくアベル君もレベル20

私、意外と単純作業に強いことに気付きました。

間を置かず、アベルの想い人エスト行きます。エスト現時点でレベル4・・・先が長すぎるので、鉄の剣で少し贅沢に稼ぎましょう
鉄の剣でチマチマ経験値を稼ぐ作戦が「贅沢」と言っている時点で私、もうおかしくなってますなw。しかし事実、折れた剣作戦よりははるかにマシですよ。バカスカ経験値が入ります。
これもなかなか良い作戦だと思ったのもつかの間、力の値がMAX付近にくると、必殺の一撃が出るたびに、(倒してしまわないかと)ヒヤヒヤします。
ゼムさんは我々にとって大事な成長のカテ。こんなとこで簡単に死んでもらっては困ります。ガマンして壊れた剣で行きましょう。
ステータスが成長するのも考え物だなあ・・・
エストさん、特に迷うことなく淡々とレベル20へ到達。ま、道のりは長かったわけですが・・・
エストの次はシーダさん。ドラゴンナイトが続きます。ゼムセルさんももう慣れたもので
「お次のかたドーゾ」>^-^ノシ
てな感じです。
エストもシーダも・・というかペガサスナイトは基本キレキャラなので、壊れた槍、壊れた剣でもじつはソコソコ押してくれます(この驚異)。
力や技の値よりも、幸運のステータスをあらかじめMAXにしておけば、ゼムさんの炎はだいたいよけてくれるし、こちらの攻撃もマアマア当たる。
パラディンなんかよりは楽に(何度も言いますが実は楽じゃないのです、他職業と比較してという意味での『楽に』です)レベルが上がっていきますね。
というわけで、シーダさんもレベル20に到達

以下、どう考えても読んで楽しい文章ではないので、割愛。モノスゲー時間かけて、オグマ、ドーガ、がレベル20に駆け込み到達。しかしジェネラル全員レベル20なんて、そう経験できることでは無いんじゃないでしょうか?
残されたレベル20未到達者は、カイン、ロシェ、チキ。

ロシェを粘り強くレベル19まで育て、以下早瀬五郎の妄想ストーリー。
ビラク「ロシェ、いつになったらお前はLV20に到達するのだ」
ウルフ「軟弱者は去れ!我らオレルアンにキサマは不用!」
ザガロ「ハーディン様はお嘆きであるぞ」
ハーディン「ロシェ・・・お前が百人集まろうとも、この私の手にある魔槍グラディウスの一振りにも届かぬわ」
ロシェ「(ハーディン様は、あの槍を手にしてからお人が変わられたようだ。夜盗同然だった我々を、騎士にまで育て上げてくれたあの優しく強いハーディン様はどこへ・・・)」

ロシェ「あの槍さえ無ければいいんだ」

ハーディン「ん?何と言ったのか?」

ロシェ「ハーディン様、御免!」

覚悟の男ロシェが使用残数2の魔槍グラディウスをハーディンから奪い取るや、ゼムセルへ渾身の一撃。グラディウスをコナゴナに砕き散らしてゼムセルさん昇天。経験値50×2=百点プレイでレベル20へ到達。

ついに第19章の全ての敵は駆逐されてしまいました。残すは次回、最終章のみ!

カイン、チキのふたりのレベル20チャレンジは、最終章へ持ち越し。
あとはいらない武器、道具をすべて売り払って、今章に出場していない残りメンバー用にドーピングアイテムを買いまくって、いざ制圧。
暗黒竜メディウスの城門を開放すると、メディウスの声がひびいてきます。
メディウス「くっ・・・小僧、のぼせあがるな!来るがよい我のそばへ…地獄の底へ突き落としてくれようぞ!!」

次回ついに第1部・最終章【45人の選ばれし者達】お楽しみに。マルス軍に2軍なんていません。全員が1軍です。それを証明します。

↓続きを読む以降はかなり壮観。

続きを読む "FE日記 第19章【100点ゲームのロシェ】"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月12日 (水)

45人分描くわけでは無いですよ

昨夜からココログ専用お絵かきツールにハマって抜け出せなくなって困ってます(苦笑)。
傭兵シーザ描いてみました。
Cocolog_oekaki_2009_08_12_17_15

昨日のラディ
Zm090812_01
シーザとラディは私の「FE好きなキャラランキング」の常に上位にいます。
ファミコンの頃はふたりとも同じ顔で髪の色違いだったんですけどね・・・
・・・待てよ、記憶がアイマイなんですが、シザラディふたりともまったく同じグラフィックだったかも・・・

ファミコン版シーザ(髪を赤くするとラディ)

Zm090812_02
この目つき(笑)。そりゃ使う人少ないでしょうよ。

ココログお絵かきツールについて
Zm090812_11

※クリックすると大きくまります

操作画面は見ての通り、

・筆は硬いか柔らかいかの2通り。
・レイヤーは3つまで(!!)
・コピーペーストなし

レイヤーは3つまでって言われた時は、ほんとにめまいがしたんですが、人は「足らなければ工夫をはじめる」ようで、今ではあまりそこは苦になってません。

私はまず

☆レイヤー1に下描き書いて
Zm090812_12

☆レイヤー2でおおまかに塗りわけ
Zm090812_13

☆レイヤー2で面割が決まった時点でレイヤー1の下書き線を消し、背景用に取っておき
Zm090812_14
下書きを消して、レイヤーを稼ぐ逆転発想。「フォトショで描いていて気付けば大量のレイヤー」という状態と比べると、一発勝負の潔さがあって、なんか好きです。

☆レイヤー3でタッチアップしていきます
Zm090812_15

なかなか楽しいです。フォトショやペインターには無い、プリミティブな楽しさがあります。

これ、コメント投稿欄にもつけて欲しいなあ。そうすればコメント頂いてる方々ともっと遊べる気がするんですけどねえ。

・・・あ、でも画像を一時保管させる場所とか色々問題があるんでしょうね。絵文字と同じようにはいかないわけですか。

話はスッカリ変わるのですが、ようやく私も明日からお盆休みなので、なるべくダラーンと過ごしたいと思います。

正々堂々夜更かしして、アガサクリスティもガツガツ読んでいきたい。
ちなみにポアロさんが歯医者に行く「愛国殺人」読み終わったのですが、これ、もう一回アタマから読み直します。

それぐらいすばらしい作品でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月11日 (火)

時間がなければ、ネタに走ればいいじゃない

仕事で納品予定と書くところ、タイプミスして濃飛ニョテイと打ってしまいました。
何だよニョテイってwww

ニョティ・フォスター

それジョディwww

取り乱しましたすみません。
クダラナイことがツボるのは睡眠不足に相違御座いません。
今日こそ早く寝ようっと。

さて、ファイアーエムブレム日記なのですが、マップ描いてる時間がなかなか取れませんので、少し先延ばししまして、かわりに登場人物名を四字熟語メーカーで遊んでみました。
人はこれを時間稼ぎと言う。

マルス王子確認不足
マルス「アリティア国は、財政ダイジョウブ?」

カイン徴収下手

アベル徴収下手
カイ・アベ「王子、あまり税収を上げると、国民が…ゲフンゲフン」

ジェイガン気持重視
ジェ「国民の皆さん、気持ちの部分が重要なんですよ。わずかでも納めていただければ。」

なんかイヤな国に見えてきた、アリティア。

ゴードン一日王子
下克上!何を狙ってんのさ。

シーダ猫背人生
いや、シーダはファミコンのころから後ろ体重です。後ろに反ってナンボですよ。

ミネルバ阿呆生活
なんて失礼なことをッッと思ったんですが、当たってる気がしなくもない。

ミシェイル浪漫大使
うん、あの人はロマンチストですよ。で、国が傾いちゃうんですが。

オグマ迷走先輩
当たってます。

ハーディン純愛先生
今日のホームラン。

ニーナ抱擁不足
それが、すべてのはじまりだァァァ!

ロシェ反則下手
第2部で悩むんですよね。国を取るか、正しい道を歩くかで。
ロシェ「ねえ、みんな!本当にマルス王子に剣を向けるつもりかい?」

ビラク波乱一筋
第2部は波乱マチガイナシですよ。あの章以降、生死不明だし。

ウルフ赤面師匠
あなた、第2部で顔を真っ赤にしてロシェを怒鳴りつけますよね。

ザガロ不安王子
「ハーディン様…大丈夫かなあ…」
お、ここにも悩んでる男がひとり。

マリク手首美人
いいえ、マリクは足美人です。

リンダ豪遊美人
いいえ、リンダも足美人です。

ナバール近視急行
あーー、あの人メガネが無いと、近くに誰がいても切りつけちゃうのね。
(どのキャラもそうか)

マチス引越初段
ウソつけ!マケドニアから出歩かないくせに。

ジュリアン馬鹿八級
レナバカですね。間違いない。

レナ勇気不足
いや、勇気がなければマケドニアの父殺しの浪漫大使をふったりできないスよ。

リカード散財宣言
「ケチな盗みはやめられないっスよぉ~」

ロレンス本能重視
ロレ「敵は本能寺にありぃ!」(ちょっと違うぞ)
まじめな話、最初に重大なことに気付いたんです。
しかし、周りに味方は一人もいなかったんです。
悪名を着て、立てこもるしかなかったんです。
まさかマルス王子が討伐に来られるとは…(;ω;)

カミュ好色星人
これ、当たってるって言うと、全国のカミュファンの総攻撃に遭いますね。

シリウス右脳重視
あーそうね、かつては左脳重視だった気がします。

敵側

ジオル猥褻王子
そんな気がしたんだよ・・・

ガーネフ昇天美人
wwwこwwwれwwwはwww

暗黒竜薄着泥棒
メディウス知的王子
あのね、5つ宝玉が揃わないと、メディウスさんとて知性失われていくんですよ。
そういう意味では第2部は「すべてが滅びに向かっていくストーリー」。救えるのはマルスだけ。

その他

アンリ軽傷王子
さすがマルスの祖先!

初代アカネイア王御菓子命
「国を興すお金がないなら、盗めばいいじゃない」
実は諸悪の根源・・・

カインとアベルでオチがついてたような気がします。

↓今日の日記が絵なしではさみしいと思い、ほんの落書きのつもりではじめた「ココログお絵かきツール」が面白くてやめられなくなった図

マウス絵で所用時間1時間くらいっすか。
フォトショとは比べ物にならないほど不便ですが、不便なりに面白みはあります。

Cocolog_oekaki_2009_08_11_19_42

これ描いてるヒマがあったのなら、FE日記のマップでも描いときゃよかったのに・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月 5日 (水)

FE日記 第18章【マチス『かかったなアホガーネフ!』】

(原題:悪の司祭ガーネフ)

忙しいときでもFE日記は更新していきたいですね。
この攻略日記をはじめた当初、初夏の頃には1部終わりくらいのつもりだったのですが、意外と長引きました。お盆超えるかなあ・・・

さて、「諸悪の2強」のうちの1強ガーネフさんをいよいよ倒さねばならないのですが、彼がいる古代都市テーベは人間の足では行けない場所でした。
どうやって行くのかと思いきや、大賢者ガトーさんの大ワープで、あっというまに到着。
皆、気合入れて行きましょう。

【出撃メンバー】
ロード:マルス LV20
ナイト:シーダ LV4(屋外ではドラゴンナイト)
ナイト:エスト LV3(屋外ではドラゴンナイト)
ナイト:カイン LV5(屋外ではパラディン)
ナイト:アベル LV4(屋外ではパラディン)
ナイト:ロシェ LV5(屋外ではパラディン)
ナイト:マチス LV10(屋外ではパラディン)
スナイパー:トーマス LV1
ジェネラル:ミシェラン LV9
勇者:ナバール LV6
司祭:レナ LV18
盗賊:ジュリアン LV20

カンのいい人は、この布陣がもう色々とネタバレww

ちなみに場内戦になり、例によってドラゴンナイトやパラディンは、みな平ナイトになってしまいます。
経験値2倍武器メリクルソードを上手に使いまわし、全員効率よく経験値を稼いでいきましょう。

ガーネフ「ふふふ。さあマルスよ、わしの分身と戦え。本物のわし見つけ出し倒さぬかぎりファルシオンは手にはいらんぞ」
Zm090805_11

なるほど当章に敵として出てくる司祭はすべてガーネフと名乗ってガーネフ顔しております。どれが本物か分からない「ガーネフをさがせ」作戦のようです。
とりあえず、目の前の敵がガーネフであろうとなかろうと、神剣ファルシオンを持って逃げてるオッサンを集中的にタコナグリにすることにしましょう。
ガーネフ「ギクギクッ・・」

【マップ】
Zm090805_12
今回マップは超手抜きです。2層構造という以外は特筆すべき点はないですねー。階段の上にガーネフがいます。その周辺の敵は皆、ニセガーネフ。
まずこっちの先鋒はナバールトーマスミシェランの神器トリオ。
適度にエントランスの敵を蹴散らしたターン数あたりでフロア両廊下の奥(図中青丸4箇所)から増援部隊が出始めます。両方いちどにあいてにするのはメンドウなので、エントランスの敵を蹴散らすついでに右増援部隊の出現口にフタをして、左側増援を待ちうけます。
ちょっと驚いたんですが、ここの増援部隊、かなりの数が出てきますね。しかも魔道士と司祭の魔法コンビばっかり。
左の増援を神器トリオでたいらげているうちに、ミシェランがレベル20到達
左から増援が出てこなくなりましたので、徐々に配置を操作しながら、今度は右の増援を相手にします。
ちなみにガーネフをスターライトで倒してレベル20に到達しようと思っていたレナさんですが、ナバールが使いまくったメリクルソードの使用回数をハマーンの杖で回復した時点でレベル20行っちゃいました。しまったww
右増援を半分くらい倒した時点でナバールがレベル20到達。ほとんどのステータスがマックスまで成長しました。危険な傭兵でしたが、常に安定して前線を任せられました。危険どころか安全な傭兵です。殿堂入りです。
残る増援を全部倒した時点でマルス軍最後の弓兵トーマスのレベルが15。あとは、細々かきあつめてレベル20まで行くとしましょう。できればこの章でレベル20に行きたい。

ニセガーネフをトーマスがすべて射殺した後、フロア中央の階段最上部で待ち構える本物のガーネフにじりじりとせまるマチス。

本当の意味での第一部における決戦です。

予想どおり、マチスにつられてガーネフは階段を下りてきました。
Zm090805_13
マチス「来いよ・・・三流手品師!」
ガーネフ「わしにはむかうとは愚かな男よマチス、封印されし暗黒魔法マフーをくらえ」
マチス、これをあざやかにかわします。誰からも支援効果が無いこのマチスが!!しかしマフーに守られたガーネフに、剣では攻撃できない!
ガーネフ「もう一度言おう、愚かな男よマチス、剣でわしに傷を負わすことは出来・・
マチス「かかったなアホがぁぁぁ!」

Zm090805_14
マチス「お前ごときドサンピン、我が妹(必殺値20)で充分よ!」

ガーネフ「女!その手の書物は…」

Zm090805_15

このとき非戦闘員のジュリアンも、レナへの支援効果のため、危険領域ギリギリまでそっと近づきます。レナ必殺値+10
兄なのに、支援効果を与えられないマチスも大地のオーブ(お手軽支援効果アイテム)を握り締める!レナ必殺値+10

ジュリアン「レナさん、俺の命をやる!決めてくれ」

マチス「遠慮するこたあないぜレナ。ケチな盗賊の盾は俺がやる」

レナ「ガーネフよ見るがよい、星と光が闇を飲み込む様を!お前を、砕き散らしてくれる!」


※セリフは私の勝手な妄想

スターライトエクスプロージョンの必殺の一撃により、HP34のガーネフに72のダメージガーネフ「いや・・・そんなにHPないッスよ、ゲフ!」)。

光よりも速く、勝負はつきました。
残る玉座のニセガーネフをトーマスで決めてめでたくトーマスもレベル20
マルスが玉座を制圧すると、奥の小部屋から愁いをたっぷり帯びた瞳の女性が駆け寄ってきます。
「マルス・・・会いたかった」
マルス王子はついに生き別れの姉エリスと再開。そして、ここで第一部「暗黒竜と光の剣」に登場するマルス軍全ユニットが揃いました

現時点で当章に登場していないマリク・リンダが揃って司祭に転職したとしてレベル1。
マルスの姉ちゃんエリスも、シスターで育てきって司祭に転職させるとレベル1。
エストがレベル3、アベル、シーダがレベル4、カイン、ロシェがレベル5マチスがレベル10、チキがレベル6。
最後のジェネラルドーガがレベル3、最後の勇者オグマがレベル1。

う~~~ん全員レベル20まで残り12人。残り2章(闘技場ナシ)、はたして全員レベル20の旅は完結するのか??

次回第19章【100点ゲームのロシェ】お楽しみに。長旅の末、ついにドルーア帝国に乗り込みます!


_
_

続きを読む "FE日記 第18章【マチス『かかったなアホガーネフ!』】"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

FE日記 第17章【バカ兄貴対決!】

(原題:天空を駆ける騎士)

細々と続けてきたFE日記も残り4話!当17章はやること盛りだくさんの超イベントマップです。サクサク行きましょう。

《オープニングナレーション要約》
野心にもえるマケドニアの若獅子ミシェイルは妹ミネルバの反対を無視して、暗黒竜と魔道士ガーネフの野望に加担。
人々を恐怖に陥れたミシェイルの竜騎士団は、グルニア同様マルス軍の抵抗とミネルバ、マリア、ペガサス3姉妹の離反により疲弊。
そして今、空をおおうばかりの飛竜の大軍をようして、マルス達に最後の戦いを挑もうとしている。

なぜかはよくわかりませんが、マケドニアのドラゴンナイト軍団がたむろする要塞のすぐヨコに大賢者ガトー様の潜む村があります。
システム上、ここでスターライトの魔法を受け取らざるを得ないからと言ってしまえばそれまでですが、おかげで「マケドニアの若獅子ミシェイルと大賢者ガトーは親しく会話する仲」というような設定ができあがっちゃってます。

《オープニングデモ》
ミシェイル「ガトー司祭 同盟軍が来た。ここは戦場になるゆえ、避難していただきたい」
ガトー「ガーネフにだまされつまらぬ野望にとりつかれたばかりに国を滅ぼすとは愚かな」
ミシェイル「もうすんだことだ。だが賢者ガトーよ、まだ負けたわけではない。あのこぞう・・・アリティアのマルスだけは俺がこの手でしとめてみせる。それがマケドニア王たる俺の最後の意地だ!」

【出撃メンバー】
ロード:マルス LV20
ペガサスナイト:シーダ LV20
ペガサスナイト:カチュア LV20
ペガサスナイト:エスト LV20
ソシアルナイト:カイン LV20
ソシアルナイト:アベル LV20
ソシアルナイト:ロシェ LV20
ソシアルナイト:マチス LV20
傭兵:ナバール LV20
傭兵:オグマ LV20
アーチャー:トーマス LV20
アーマナイト:ミシェラン LV20
アーマナイト:ドーガ LV20
シスター:レナ LV20
マムクート:チキ LV5

壮絶なレベル20軍団ですね。

【マップ】
Zm090723_01
この章には第1部全章中唯一の「クラスチェンジアイテムを売っている秘密の店(図中左端下方)」がありますので、転職待ちの人は全員上級職にクラスチェンジしましょう。
がしかし出撃メンバーは15人が最大なので、残念ながらマリクとリンダのレベル20魔道士コンビがメンバー外。
彼らは次章以降、回復の杖の無駄遣いで「敵がいなくても」経験地をかせげるので、ここはガマン。ふたつ後の章で加わる最後のシスターとあわせて、司祭の指輪を3つ余分に買うとしましょう。

この章はまた、敵の配置がえげつないことになってまして、1手1手間違えられないツメ将棋です。特に、ガトーが待っている村を破壊するために走る盗賊の位置・・・
この盗賊が村を破壊してしまって、スターライトの魔法が手に入らなければ、ガーネフに対抗できません。
ある意味ではガーネフよりコワい盗賊です。

確実に盗賊を葬り去るため、ワープの杖でシーダを盗賊のもとへ飛ばし最初のターンで倒します(緑矢印ルート)
シーダはそのままそこにいると、中央の敵要塞から大挙して押し寄せてくるドラゴンナイト部隊の総攻撃を食うので、次のターンで敵要塞左舷から即効南下。
それでもシーダの存在は敵にバレるので、青矢印の本体とは別に、マチスが敵要塞右舷から北上(ピンク矢印)。分断作戦です。第1部の全ステージボスの中でほぼ唯一玉座から自由に離れられる男、ミシェイルを含むドラゴンナイト部隊を引き付けます。
マチスだけでは全面的に信用出来ないのでいざという時のため、何人か帯同。
南下のシーダはちょうどいい位置にある秘密の店に直行し、各種クラスチェンジアイテム、騎士勲章6個飛竜のむち3個オリオンの矢1個司祭の指輪4個勇者証2個を購入。すべて輸送隊に飛ばします。
あとは全員、順次輸送隊へ転送されてくるクラスチェンジアイテムをマルス経由で受け取って昇格。

シーダ、カチュア、エストがそれぞれレベル20ペガサスナイトからレベル1ドラゴンナイトへ昇格。
カイン、アベル、ロシェ、マチスがそれぞれレベル20ソシアルナイトからレベル1パラディンへ昇格。
ナバール、オグマがそれぞれレベル20傭兵からレベル1勇者へ昇格。
トーマスがレベル20アーチャーからレベル1スナイパーへ昇格。
ドーガ、ミシェランがそれぞれレベル20アーマナイトからレベル1ジェネラルへ昇格。
レナがレベル20シスターからレベル1司祭へ昇格。

マルスから数珠繋ぎになり輸送隊から昇格アイテムを受け取って、チキとマルス以外の出撃メンバー全員が同一ターン内でクラスチェンジする姿は圧巻でした。
Zm090723_02
なるべく全員レベル20まで行くぞ!

さあ、そうこうしている内に、右回りで南下してきたミシェイル軍団が射程距離内にマチスを捕らえる。

マケドニア兵「ミシェイル王子、敵兵です!」


ミシェイル「何者ぞ!オグマか?ハーディンか?マルス王子か?」


マケドニア兵「マ・・・マチスが者と見え申し候・・・」


ミシェイル「是非に及ばずゥ!!」


賢妹の制止を無視して国を滅ぼした愚かな兄と、賢妹の懇願を無視してなまけて暮らしていた兄、2大バカアニキ対決です!
ミシェイルの渾身の一撃をなんとか受け止めマチスはニヤリ

マチス「ノロいんだよぉミシェイル!」


ミシェイル「なぶるな小僧!俺にはアイオテの盾が・・」


マチス「ウルセー、くらえ俺のグラディーーーーウス!」

ええーーーと・・・ものすごくカッコいいシーンなんですが、力も技もすばやさも幸運の数値も壊滅的に低いマチス兄ちゃんいまいち決められません。どこまでもしょっぱい奴。
あわてて賢妹のほまれ高いレナが背後から走り出てシェイバーの魔法でトドメ。
Zm090723_03
マチスもミシェイルも立場なし。

ミシェイル・建て前「わが夢・・・破れたり・・・許せ、マケドニアの民よ・・・」

ミシェイル・ホンネ「まさか・・・こんなアホづらの男と、フラれた女に殺されるとは・・・」

とりあえず7ターン目で敵の9割を倒しつくしました。
あとは、中央の要塞内の砦(変な日本語)から増援部隊が出てくる前にふさぎ、一人ずつ出現させては倒し、出現させては倒しを繰り返します。

増援部隊はドラゴン・ペガサスナイト、魔道士、ソシアルナイト、ホースメン・・・いまさら驚異となるような相手では無いですねえ。
そんな増援も各砦から3体ずつくらいしか出てきませんでした。しょうがないので城門に陣取る中途半端な章ボス・名も無きドラゴンナイトを、なるべく粘って倒して終了と致します。

ミシェイル「玉座に座して待つのは性に合わん!俺は竜に乗って撃って出る。お前、ここの城門を死んでも守れ」
臨時ボス「(ええ~~そんな無茶ブリ・・・)はっ!ここは必ず私が(死んじゃうよー)」

まあそんな感じの臨時ボスなんで、今のマルス軍ではあっけなく倒してしまいます。
自軍の中からなるべく必殺の一撃の出にくいメンバーで、鉄の武器に持ち替えて、そっと襲い掛かります。必殺率の高いキャラだと、1手1手は大したダメージじゃなくても積算ダメージ量でボスを倒してしまいますからねえ。大地のオーブ持ってるヤツ(支援効果UP)や支援効果の有る仲のイイやつは遠くに離れてもらいます。

そういうわけで、幸薄く、誰からも好かれてないマチス君が適任なわけです。
そんなアホアホ兄ちゃんマチスでも、つい必殺の一撃が出てしまい、あんまり粘れませんでした。
ちなみに134ターン目で臨時ボスのはがねの槍が耐久度数を越えて壊れました。粘ったほうか^-^;

臨時ボスを倒してしまうと、もう本当にこの章に用は無いので北東の村までガトーさんを訪ねて行きます。
ガトー「おお、マルス殿か、わしがガトーじゃ、よくぞ(中略)授けよう、これがマフーを破るただ一つの呪文『スターライトエクスプロージョン』じゃ。ギャラクシアンエクスプロージョンでは無いぞ」
なんてことを言ったとか言わなかったとか。
とにかく究極魔法を頂きました。スターライトはレナさんにとりあえず持たせておきましょう。

次回・・・

第18章・・・

【マチス『かかったなアホガーネフ!』】

お楽しみに!!

・・・次章、全宇宙のマチスファンがスタンディングオベーション。

続きを読む "FE日記 第17章【バカ兄貴対決!】"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年7月15日 (水)

FE日記 第16章【ハーディン ミーツ 魔槍】

(原題:ブラックナイツ・カミュ)

FE日記・・・海外のFEサイトにリンク貼られてるようです。リンクを貼ること自体は別にかまわないのですが、海外から閲覧に来られてもウチはオール日本語なんで、わからないですよねえ。なんかちょっと申し訳ない気持ちです。雰囲気だけでもお伝えできればと思ってます。

さて当章から、決戦5連チャンです。全員レベル20の旅というテーマ的には次章が最大山場。
などと意気込んでいるところに、すっかり存在をわすれかけていたニーナ姫からマルス王子へ一言。
「ドルーアに囚われてその命も風前のともしびだった私を敵将でありながら助けてくれたのは、カミュ将軍です。できれば彼とは戦いたくない・・・」

「くぎを刺す」というやつですねニーナ様、わかります。しかしハーディンさんが切ない目で見てますよ。つつしんでください。
このマップのボス・カミュ将軍は敵ながら一本筋が通ってます。ニーナが説得すればマルス軍に加わる選択肢もあったはずなのですが、「二君に仕えるを良しとせず」の考えの人なんでしょう。倒すしか無い人です。
一度死んでから(カミュという名前が死んでから)は、割と自由な考えになるようですが、それはまだ先の話。

当マップは何ターンかすると増援部隊が現れますし闘技場もあります。経験値もらいまくりますよ。この時点でお知らせしておきますが、今日の日記は長いです。お暇な時にご覧ください。

【出撃メンバー】
ロード:マルス LV12
ソシアルナイト:アベル LV7
ホースメン:カシム LV15
ペガサスナイト:シーダ LV14
勇者:ラディ LV4
コマンド:チェイニー LV2
司祭:マリア LV2
スナイパー:ゴードン LV6
ジェネラル:トムス LV1
ドラゴンナイト:パオラ LV1
ソシアルナイト:ハーディン LV20
マムクート:チキ LV5
盗賊:ジュリアン LV20
ペガサスナイト:カチュア LV20
ドラゴンナイト:ミネルバ LV20

増援部隊が現れる砦は早めにふさぎたいので出撃メンバーは足の長い人重視でいきます。

Zm090715_01
開始早々こちらに向かってくる騎馬系の敵を総力戦で蹴散らしていると、敵パラディンの一人が「騎士勲章」を持っておりました。すかさずハーディン様がパラディンにクラスチェンジ。
Zm090715_02_2
似顔絵メーカーさん、勝手に改変してゴメンナサイ。

王者の風格が出てきましたよハーディン様。ワインも料理用900円のワインからウン十万円の上等なものになったはず。(幸運の数値だけが異常に低いのはナイショ)

パラディン:ハーディン LV1

ハーディン「ニーナ姫、こっち見てないかなあ・・・」
なんてことを言ったとか言わなかったとか、ニーナの気持ちは無かったとか。結ばれていたのは、つながっていたのは、ふたりじゃなかったとか。

移動する敵が片付いたあたりで真ん中へんの村を訪れるとそこはなんとレナさんのおじいさんの家。おじいさんからレナ専用アイテム「ハマーンの杖」を貰いました。
武器一つ一つに設定された使用回数を回復してくれる超便利アイテムです。しかし今回レナさん出場させてなかった・・・次章以降に期待。
杖をもらうと同時に北方からペガサスナイトが一騎飛んできました。ファイナルペガサスナイトにして、ペガサス3姉妹の3女「エスト」さんです。
グルニア軍が隠し持っていた3神器のひとつ神剣メリクルソードを取りに行っていたため長女次女より合流が遅れたそうです。
そしてグルニア軍にあっさり捕まり牢屋にでも囚われていた所を・・・

エスト「テヘッ♪良く知らないんですけどカミュっていう若い騎士がコッソリ助けてくれたんですヨ~♪これがそのメリクルです!でも王子様 使えるのかな?」

認めたくないものだな・・・若さゆえのあやま(ry

ペガサス3姉妹が揃うと、敵を攻撃するとき3人で取り囲んでトライアングルアタックができるそうなんですが、使ったこと無いですねえ。3人目が囲む以前にだいたいの敵は死んでますからね。
暗黒竜に一度使ってみたいです。近くにアベルとマルスも置いといて。

ペガサスナイト:エスト LV5
Zm090715_03

さて、エストはともかく、神槍グラディウスを装備したカミュパラディンにクラスチェンジしたハーディン神剣メリクルソードニーナ姫

役者は揃いました。

とそのまえに、増援部隊対策をしておきましょう。移動距離の大きい飛行ユニットと、騎馬ユニットでとりあえず砦にフタをしにいきます。
このためにレベル20のミネルバとカチュアを出しておいたんです。
チェイニーもミネルバに変身して飛んで行きます。
・・・このトシになるまで気付かなかったんですが、チェイニーって騎馬系に変身するときウマやペガサスや飛竜をどこから出してるんでしょうか?彼の遺伝子レベルの何かに、馬や竜を模するナニカがあるということでしょうか?

砦にフタをしたあと、シーダで北のはしにいるアイパッチ将軍ロレンスを説得にいきます。
ふたりの会話から察するに、アイパチ野郎ロレンス将軍はタリス王と顔なじみのようです。タリスのおっちゃん、顔が広いですね。
シーダさん、ドルーア帝国のわるだくみをコンコンと話します。
ロレンス「やはりそういうことか・・・国を裏切るのはつらいが、あなた方にお味方致しましょう。」

ジェネラル:ロレンス LV5
Zm090715_04

いまさら熟年キャラで昭和風アイパッチャー、しかもジェネラルなんてあまり興味が無いので、当マップ闘技場でさっさとレベル20まで行って、引退殿堂入りしてもらいましょう。

城付近のカミュ将軍以外のパラディンやシューターは星・光・大地の3個玉を持ったパルティアカシムが少しずつ近づいて成敗。この時点で地味にレベル20到達。殿堂入りです。
幸運・守備・魔法防御以外の全ステータスがメーター振り切れ。あのしょぼくれ顔の詐欺師いやハンターがねえ・・・と思うと感慨深いです。シーダさんから借りた金は返したんでしょうか?

カミュ将軍以外の敵は殲滅しましたので、いよいよフタしておいた砦から敵増援部隊を1人ずつ出して血祭りにあげていきましょう。まずはカシムから3個玉とパルティアを取り返したゴードンから。
ゴードンは(星のオーブの追加効果があるにしても)すごい勢いで成長しますよ。レベル20に到達する前に、魔法防御以外の全ステータスがMAXになりました。苦も無くレベル20に到達

殿堂入りのゴードンに変わり、残りの増援を受け持つのはペガサスから降り神器メリクルを装備したシーダさん。パルティア同様、このメリクルももらえる経験値が倍になりますので、シーダさんもここでレベル20まで行きます。
力の数値がいまひとつ上がりませんでしたが、まあまあのステータスでレベル20へ。転職アイテム「飛竜の鞭」待ちです。ムチマチって・・・

残りの増援部隊はメリクルを装備したラディにおまかせ。ラディはレベル12あたりで魔法防御以外の全ステータスが振り切れました。赤毛の女の子のような顔をした傭兵も剛毅な勇者に成長したもんです。
残念ながらここで増援部隊が尽きてしまったので、あとは全員闘技場へ。現在125ターンです。

コレまでの記述も長かったですが、ココからの方が圧倒的に長いですよ

カミュ将軍はひとりぼっちで待ちぼうけ。

闘技場1番手 ラディ
そのままの流れでまずはラディ
氷竜も火竜もものともしませんね。強い。なんの心配もなくレベル20へ。殿堂入りです。

闘技場2番手 チェイニー
せっかく星と光のオーブがあるんで、13章でやったチェイニーのHP増加作戦再開です。星のオーブのおかげでわりとすんなり最大値のHP52まで到達。
ついでにそのままチェイニー本人として闘技場チャレンジ開始。
これは面白いですよ。チェイニーまだレベル4なのにHPは最大。闘技場も基本的に近いレベルの敵しか出現しませんから、体力差がスゴイことになってます。
こんな楽勝闘技場生活、なかなか味わえないですね。
あと、チェイニーは魔法防御がすさまじく上がります。同等レベルの魔道士のトロンの書でもらうダメージ「1」って・・・
残りHPの心配をしなくていい闘技場というのもなかなか新鮮でした。アッという間にレベル20到達。殿堂入りです。

闘技場3番手 マルス
ええ、主人公もここでレベル20まで行っておきましょう。次の章でガトーに渡してしまう「星と光のオーブ」が手元にある今しか、効率的なレベルアップのチャンスはありません。
シーダが大地のオーブ(誰にでも支援効果をもたらす便利玉)持って立ってるんで、必殺率も二乗のシナジー効果が出てます。
たんたんとレベル20まで行きました。力と技が上がりにくかったので少しだけドーピングしましょうか。
当然といえば当然なのですが、主人公なので出撃メンバーから外すことが出来ません。レベルMAXですが、殿堂入り出来ないキャラです。まあ、この人出撃させなかったらその章を制圧できなくなるのですが・・・

闘技場4番手 パオラ
いったんドラゴンから降りましょか。平ナイトのふりをして闘技場に行きましょう。ほら、敵もナイトに合わせた布陣ですよ。バカですねえ闘技場のオヤジww
パオラ姉さん、多分、「ベストオブ闘技場」の座が狙えるんじゃないかというくらいの圧勝ぶりでした。
「技」のパラメータが最初から上限振り切れて(20)、しかも大地のオーブの恩恵を受け(+10)、あげくに密かな思い人アベルがそばで見てますからね(+10)。必殺率合計40という、必殺祭り状態です。銀の槍装備のアーマナイトも出会いがしらに60のダメージを食らって一発昇天。
最初のターンで先手を取って「ズギャァァァッ!ズヴギャァァハァアァァッ!」の2回攻撃で、敵は昇天。回復役の出番ほとんどありません。
単純作業のようにレベル20まで行きました。上級職なので、晴れて殿堂入りです。

ちなみにこのあたりで地味に回復の杖を振っていた司祭マリアがレベル20に到達。殿堂入りです。

カミュ「えっと・・・僕の出番マダー?」

マルス「サーセン、もうチョットお待ちください。」

闘技場5番手 アベル
パオラ姉さんに支援効果を送り続けた優男アベルですが、アベルの方は、どんだけパオラ姉さんがそばにいても数値に変化はありません。姉さんには気が無いみたいです。ズルい男め。
そのかわり、当章で電撃的にマルス軍入りしたエストがそばにいると、アベル俄然張り切りますネエ。
淡々とレベル20へ。

闘技場6番手 エスト
そのエストもアベルから支援効果をバリバリ受けます。苦戦することなくレベル20に。トータルではアベルより強くなってしまいました。尻に敷くタイプです

Zm090715_05 闘技場7番手 ハーディン
真打登場!誰からも支援効果うけないけど、今、カミュ将軍を止められるのはキミだけだ!サクッとレベル20へ。殿堂入りですが、もう一仕事あとでお願いします。

闘技場8番手 ロレンス
ハーディンからタマ2個受け取って、闘技場へIN。
さっき仲間になったばかりで、もう闘技場三昧です。この章で出番はオワリです。
カミュ・ハーディンそしてこのロレンスが、第2部紋章の謎の開幕キャラになろうとは、このとき誰が!
ところで闘技場で出会った敵ジェネラルですが・・・

ロレンスの攻撃力18、敵の防御18。

ロレンスの防御力20、敵の攻撃力20。


ちょww戦い終わらない。お互い「コキン・コキン」言ってるだけ。両者相手に1ポイントもダメージ与えられない!まさに聖闘士星矢の千日戦争!!
コントローラ投げて1~2時間放置してたのですが、どうやら闘技場のターンカウンターは99がMAXのようです。永遠にラウンド99を戦い続けてます。
とりあえず、Bボタンキャンセル。

闘技場のオヤジ「なんだい?降参かい?」

いやww

お前んとこのアホジェネラルに言えよww
掛け金丸損です。2度とジェネラルとは戦わんぞ。
ロレンスのおっちゃんは元々のポテンシャルが高い。星のオーブのおかげで順当にレベルアップしていき、レベル15を超えるあたりからは相手が竜でも結構善戦してくれました。楽勝でレベル20到達。アイパチ君さようなら。

闘技場9番手トムス
はじめからジェネラルのロレンスと比べ、アーマナイトでレベル20まで育ってからのジェネラル転職組ですからね。レベル1~2ですでに達人クラスのステータスです。
誰と対戦しても負ける気がしない。レベル10あたりで、主要ステータスはMAX。何の苦労もなく、レベル20まで行きました。
もちろん殿堂入りです。

さてマムクートのチキをのぞき、当章出場者全員がレベル20になりました。もう、用はありません。カミュ将軍を倒しに行きましょう。
パラディンレベル20のハーディンが、馬から降り、メリクルソードを装備して、カミュの前に立ちます。

Zm090715_06
ハーディン「目を覚まされよ、カミュ将軍。メディウスは諸悪の根源ですぞ」

Zm090715_07
カミュ「ハーディン殿、打ってまいられよ」


Zm090715_08
カミュの神槍グラディウスが閃光をはなって馬上からハーディンに襲い掛かりますが、ハーディンの敵ではありませんでした。

勝負は一瞬。

ハーディンはカミュを倒し、グラディウスを手に入れました。

私なりの、第2部への伏線です。

次回第17章【バカ兄貴対決!】お楽しみに。

マチス「ミシェイルゥゥゥ!俺の名前を言って見ろォォォォ!」

↓↓
目標達成組みがイッキに増えました。
↓↓
__

続きを読む "FE日記 第16章【ハーディン ミーツ 魔槍】"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 3日 (金)

FE日記 第15章【星と光を抱いて眠る少女】

(原題:マムクート・プリンセス)

多分・・・ゲームプレイが日記に追いつかれると思います。現行がどこまで来ているかはナイショですが、多分・・・追いつかれる気がします。
しかしそんなことは気にせずガンガン攻略日記を更新していきましょう。
故郷を平定したマルス王子は、チョコレイト賢者ガトーに言われた「星と光のオーブ持ってきてね」のおつかいを果たすため、ラーマン神殿(いにしえの秘宝が眠る神竜ナーガの神殿)にやってきました。
ゲームに入る前に拡大縮小(別名モード7)で確認できる世界地図で見るとラーマン神殿てマルスの故郷のスグヨコなんですね。今更ながら知りました。
なあんだ第2部のナバールさん、行方不明と見せかけて、マルス王子のすぐそばをフラフラしてたんじゃん。女の子ひっかけながら(ナバールファンに殺されそう)。
このラーマン神殿付近とその北にかかる巨大な橋の上、第2部ではドラマチックですよ!
第1部のラーマン神殿内もドラマチックなんですが。

ラーマン神殿の玉座を守っているのはガーネフの命を受けた(というか洗脳)神竜族最後の姫「チキ」です。
普通に攻めていくと、全員この凶竜に焼き殺されてしまうでしょう。
Zm090702_01
マップがシンプルなのが特徴。各小部屋内はお宝or伏兵の2択。

6章で仲間になり、ずっと幼い少女を探し続けて来たじいさんの言葉が思い出されます。
バヌトゥ「のおあんた、チキという名前のおさない女の子を見なかったかね?わしも 共に行くからどうかチキをさがして下され。」

じいさんが探していた女の子とは、神竜族の姫でした。

【出撃メンバー】
ロード:マルス LV12
マムクート:バヌトゥ LV20
ナイト:アベル LV7(屋外ではソシアルナイト)
ハンター:カシム LV7(屋外ではホースメン)
ナイト:シーダ LV13(屋外ではペガサスナイト)
勇者:ラディ LV1
コマンド:チェイニー LV2
シスター:マリア LV20
スナイパー:ゴードン LV2
ジェネラル:トムス LV1
ナイト:パオラ LV20(屋外ではペガサスナイト)
盗賊:ジュリアン LV20

神殿内には敵兵もまあまあいますが、今のマルス軍を止められる強敵はそうはいません。
まず勇者ライディーン・ラディ弓闘士ゴーディアン・ゴードンで中央突破。
キレる男ラディ、さすがです。敵の攻撃を全部かわし、必殺の一撃で屠っていきます。
そのヨコにピタリ張り付くのはチェイニーの変身したニセラディ。HP申し分無し、ステータスを全部ラディから受け継いだニセディも殺ります!
チェイニーもこの章では戦います!・・・いや経験値がもったいないんで、トドメは他のひとに譲りますが。

ラディはほどほどに頑張るチェイニーとゆっくり進軍するマルス軍を置いて一騎駆けです。
上図中央路を駆け抜けていく感じ。
外をうろつく奴は刀の露、宝物庫を空けて宝を盗み去ろうとする盗賊は壁越しにサンダーソードで電流ビリビリ葬!カッコイイー!
おかげで秘宝のひとつ星のオーブを手に入れました。オーブからの恩恵は色々(レベルアップ時ステータスがあがりやすい等)ありますが、もっとも重要なのは、このオーブを持っていると、武器の使用回数が減らないということです。
がしかしラディはそんな恩恵どうでも良しとばかりに星のオーブを後方のゴードンに放り、自らは神殿最奥部の銀の剣を装備する勇者ふたりをおびき寄せ、普通の刀で切り倒す。カッコイイー!
おそろしいのはここからのゴードン。星のオーブの恩恵で、神器パルティアが使い減りしない・・・敵にとってこんな恐ろしい話は無いわけです。この幼い顔の弓兵が鬼のごとき突進を開始。

玉座の神竜以外の目に見える敵がすべて片付いた時点で鍵を開けるためだけに出場のジュリアンが光のオーブも回収。
こんどは弓兵カシムにパルティア、星・光のオーブをあずけ、扉で閉ざされた宝物庫を1部屋ずつ訪問。
そこに潜む敵をカシムが、宝箱をジュリアンが回収。
カシム、ガンガンレベルが上がります。
ジュリアンが回収した宝の中から「飛竜の鞭」と「司祭の指輪」をそれぞれペガサス長女のパオラ姉さんとシスターマリアが受け取りそれぞれ転職。
ドラゴンナイトは屋内で変身してもよくわかりません。

ドラゴンナイト:パオラ LV1
司祭:マリア LV1

これでマリアもウェンデル先生やボア先生と肩を並べる(いやステータス的にはそれ以上の)司祭になりました。戦闘にも参加できます。
マケドニアのドラゴンライダー王子を魔法で撃ち落とすことも可能です。ウヒヒ。

すべての敵を倒したのち、ずっと後方に控えていたバヌトゥが、玉座の神竜に歩み寄ります。

バヌトゥ「おお!チキよ!さがしておったぞ。術をかけられておるのじゃな・・さあ 目をさますのじゃ・・」
チキ「わたし 何か・・ずっと こわいゆめを見ていたみたい・・・・」
バヌトゥ「すまなかったのう・・・お前をこんな目にあわせてしまって。だがもう大丈夫じゃ。これからはわしがずっとそばにおるからの。」
チキ「やくそくよおじいちゃま。もうひとりぼっちはぜったいいやだからね」

Zm090702_12
城内で馬から降りてないのは目をつぶってください

ラディ、ゴードン、トムス、マリア、アベル、カシム、パオラ、ジュリアン、シーダ、マルス・・・居合わせた全員号泣必至の再会です。
このとき多分ひとりだけ無表情なのはチェイニー。「ま、よかったじゃねえか。滅びるのが先送りになって・・・」きっとこの時点での彼はそれくらいの感情だと思われます。

マムクート:チキ LV5
Zm090702_11

マルスが玉座を制圧すると、どこからともなくチョコ賢者のガトー様がお得意のテレパシーで話しかけてきます。
ガトー「星と光のオーブをマケドニアの北にいるわしのいるところまで持ってきなさい。スターライトの魔法をさずけよう。」

ファイナルボス暗黒竜の前にガーネフ。ガーネフを倒すための魔法スターライトを手に入れるため、カミュ将軍のいるグルニア、ミシェイル王子のいるマケドニアを通って来いというわけですね。うまくできてますね。
そう、ここからはボスステージオンパレードです。
まずは国王が柔弱なため、悪に組してしまった軍事国家グルニアとの最終決戦です。これまで影でずっとマルス軍を支えてくれていた、金髪イケメン将軍カミュとついに決着をつけなければなりません。

次回第16章【ハーディン ミーツ 魔槍】お楽しみに。

ハーディン「ニーナ様、カミュ将軍を討ち果たしたら、結婚してください」


アストリア「ナニ言ってくれちゃってんのこのチョビヒゲ。バターのように切断するよ?」

ミディア「口から槍突っ込んで、肛門から出すぞ、このエロヒゲ」

ジョルジュ「トォーッマスッッッ遅れるなァッ!あのターバンの真ん中を射抜け!」

トーマス「お言葉ですがジョルジュ様、チョビヒゲの真ん中撃ち抜いてやりますよ!」

続きを読む "FE日記 第15章【星と光を抱いて眠る少女】"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

FE日記 第14章【トムスとトーマス】

(原題:スターロード・マルス)

週に一度のお楽しみ(?)FE攻略日記です。
マルスの故郷で激闘第2段でストーリー的にはかなり盛り上がるのですが、攻略的にはさほど盛り上がりません。結構みんな強くなっちゃったですね。
サクサク行きましょ。

【出撃メンバー】
ロード:マルス LV12
ナイト:シーダ LV13(屋外ではペガサスナイト)
ナイト:アベル LV7(屋外ではソシアルナイト)
マムクート:バヌトゥ LV14
アーチャー:トーマス LV13
アーチャー:ゴードン LV20
ハンター:カシム LV5(屋外ではホースメン)
傭兵:ラディ LV20
コマンド:チェイニー LV2
シスター:マリア LV20
アーマナイト:トムス LV20
盗賊:ジュリアン LV20

城内戦です。ホースメン、ソシアルナイト、ペガサスナイト、パラディンなんかは皆、ウマから降りなければなりません。
騎馬兵から歩兵になる時点でどうしても戦力ダウンしてしまいますが、今回も総力戦でがんばりましょう。
玉座に座っているのは「自称ラスボスの第一のしもべ、魔竜・モーゼス」です。

モーゼス「お前の母リーザはすでにわしがこの手で殺し、姉エリス王女はガーネフにくれてやったわ」

だそうです。悪役節全開ですね。ここは心情的にマルスでトドメと行きたいところです。竜殺しの剣・ドラゴンキラー必携ですな。
Zm090626_01
城内左側の宝物庫は盗賊、敵勇者、敵スナイパーが群れてます。放っておくとお城の勝手口(図中左上部分)から宝を持ち逃げされるので、ここはやはりドラゴンじいさんバヌトゥにいってもらうしかないですな。
シスターマリアのワープの杖で、敵陣ド真ん中へドラゴンを飛ばします。

バヌトゥ「火竜石はお守りじゃないんだ、使いドコロってものがあるんだよ!・・・変身!

火竜石の使用回数、あと2回!

こんなにガンガン火竜石使ってて大丈夫かなとあの時は思いました。~五郎談~

ここ実は4回リセットしてます。バヌトゥ、運が無いですからね・・・スナイパーや勇者に痛恨の一撃を喰らうこと多々。
5回目のプレイにて悟った私は、じいさんに「幸福」上昇ドーピングアイテムめがみぞうを持たせました。これでようやくやられ負けしなくなりました!
宝物庫の盗賊から転職アイテム「オリオンの矢」と「騎士勲章」ゲット。
ゴードン、すかさず「オリオンの矢」でスナイパーに転職。レベル1から「わざ」数値がメーター振り切れてます。怖エェェ
トムスも「騎士勲章」でジェネラルへ。マルス軍初のジェネラルです。
※ジェネラル:経験をつんだアーマーナイトが昇格する。極めて高い攻撃力と、守備力を持っている。

あと、ついでにラディもこのタイミングで輸送隊から「勇者あかし」を受け取って勇者へ。傭兵レベル1から育てただけあって、ほとんどのパラメータが上限値です。

スナイパー:ゴードン LV1
ジェネラル:トムス LV1
勇者:ラディ LV1

ここまでくれば、もうこのマップ、終わったも同然です。なるべく全員、効率的に経験値を分け合いましょう。

扉で閉ざされた右上玉座エリアに一歩足を入れると、赤い◎の位置あたりから増援部隊が現れます。毎ターン赤い鎧のアーマナイトがわらわらと出てきます。どっか南国の島の蟹の大群を思い出しました。
Zm090626_02
ジェネラルトムスで隘路にフタをしておくと、向こうからは何もしてこないですね。返り討ちにあうのが目に見えてわかってるので、無抵抗主義なんでしょうか。
約20人ほどのアーマナイトが何もせず整列してる姿はかなりキモいです。
まずは先の宝物庫大暴れでレベル17に到達したバヌトゥが、残り少ないチャンスにかけて変身!!!!!
火竜石の使用回数、あと1回!!!!!!!
いつ変身が解けるかドキドキしながら見ていたのですが、トムスの肩ごしに火を吐き、蟹の大群をバタバタ燃やしつくしてレベル20到達!殿堂入り決定。(殿堂入りと言いながら実はストーリー上、次の章でも出てもらわにゃ困るのですが)
さてあとは、とりあえず機関車もとい弓兵トーマスを鍛えたいので、トムスの後ろから「イーヒヒヒ」と笑いながら射掛けます。
10章の牢囚コンビトムスとトーマスの面目躍如なわけです。
やがてトーマスもレベル20到達。転職待ちです。

それでもまだ4人ほどアーマナイトさん残ってたのでカシムの弓でゴミ掃除(ゴミ言うな)。
あっと言う間にモーゼスさんひとりぽっちです。様子見に神器パルティアを装備したゴードンを目の前に立たせてみると、

モーゼス「人間どもめ、魔竜の恐ろしさを思い知らせてやる」

と炎を吐き散らして襲い掛かってきました。しかしその渾身の炎の塊も「すばやさ王子」のゴードンはひらりとかわしてしまいました。

カウンターで神器パルティアにゆっくりと矢をつがえ2激。

モーゼスさん残りHP4!涙も枯れるよ・・・

マルス王子、出番を取ってゴメン!次のターンでそのままゴードンがしとめました。

モーゼス「グフッヤルナ!」

あまりのショックにモーゼスさんカタカナで喋って逝ってしまいました。

闘技場の無いマップはあっさり攻略ですねえ。
当マップ最大のトピックは、変身回数に制限のあるバヌトゥがレベル20まで行ってくれたこと!全員レベル20もまったくの夢ではなくなってきたかもしれません。

次回第15章【星と光を抱いて眠る少女】お楽しみに。さあ!最終章に向け、竜対人間の大河ドラマスタート。あと、勇者ラディの活躍もお楽しみに!

続きを読む "FE日記 第14章【トムスとトーマス】"

| | コメント (2) | トラックバック (0)