カテゴリー「ふたり」の487件の投稿

大好きな家族の話

2019年6月10日 (月)

最後の大会

坊っちゃんの部活の県大会が日曜にありました。

Zm190609_1
これまでの坊っちゃんの戦績。
1年生:朗読部門で県大会予選敗退
2年生:アナウンス部門で県大会決勝敗退

で、今年3年生なんで、この県大会敗退の時点で坊っちゃんの引退が決定します。

そこで坊っちゃんは朗読部門・県大会4位(決戦の地、東京に進めるのは6位まで)。

まさかの引退回避!

なおこれまで坊っちゃんの部のステキ女子(常勝、春の高校野球開会式司会、とにかくエース)と毎年「こっちがアナウンス部門ならあっちは朗読部門」と部門がかぶらなかったんですが、3年生にしてついに朗読部門どうし。
朗読は
①『芙蓉の人』新田 次郎
②『食べごしらえ おままごと』石牟礼道子
③『羊と鋼の森』宮下 奈都
④『デーミアン』ヘッセ/酒寄 進一 訳
⑤『方丈記』鴨長明

と、いくつか選べるんですが、揃って「芙蓉の人」。正面対決です。

なおステキ女子は1位通過。ぐうの音も出ねエ。さすがすぎる。

Zm190609_05

坊っちゃん、7月まで間がありますが、頑張ってください。ここまで来たら、行けるとこまで行ってほしい。

Zm190609_02

| | コメント (0)

2019年6月 7日 (金)

I Wanna See You

会社を休んで坊っちゃんの高校の体育祭を見学に行きました。

坊っちゃんは高3なんで、多分これが彼にとって最後の運動会。なので平日ですが高校生になってはじめて体育祭を見学に行きました。

はじまってすぐ、女子+地元の幼稚園生の玉入れがあったんですが、競技後とつぜんマイクを持ったうちの坊っちゃんが出てきました。さすが放送部。

坊「さあ、今日はゲストに○○幼稚園の生徒さんが来られてます。感想を聞いてみましょう。どうだった?楽しかった?」

五郎「(イケボなのはいいが声でけえよ)」

幼稚園生「楽しかったです」

坊「そう、よかったねえ。隣の君は?」

五郎「(子供たちにもっとマイクを向けろや!)」

幼稚園生「大変だった」

坊「え?変だった?そうですか。君は?」

幼稚園生「・・・」

坊「ありがとうございました。以上です」

観客「\ドッ/  \ワハハハ/」

 

さて競技も午後に入り、午後イチの競技は3年生全員によるフォークダンス。3年生の伝統の出し物らしく、見ものの一つとのこと。坊っちゃんからも前夜しきりに

「フォークダンスは見て来てね。それ以外はほどほどでいいよ」

といわれる。そんなもんかなと当該出し物をいざ見ると、なるほど3年生全員が正装(といっても制服にへんなガラの棒タイや蝶タイをつけてるだけですが)で出てきて、なつかしのマイムマイムとかオクラホマミキサー的な音楽で踊ってます。

牧歌的な気持ちで眺めてると、3曲目で突然、阿部さんの I Wanna See Youになりました。

まあまあミドルテンポじゃないですか。いやアップテンポなのかな。

それを3年生全員、男女ペアで激しく踊り倒すんですよ。顔は全員笑顔ですが、必死のダンスですよ。3年生担当の先生方も列に加わってて、もう老若男女必死のダンスですよ。楽しそうですけどね。

さあ終ったかなってときに、控えてる1年生、2年生から

1年「\アーンコール!/」

2年「\アーン!コオォールゥ!!!/」

えーうそでしょ、と思ってたら、ふたたびI Wanna See Youが流れ始め、やけっぱち気味のダンスが始まります。全員笑顔なんですけどね。

結局トータル20分近くのダンスは圧巻でした。

後で坊っちゃんに聞いたんですが、

「フォークダンスはねえ、1年生はポカーン。2年生は『来年はオレたちが』とウズウズ、3年生は『この出番を待ったぜ』とばかりに興奮で踊り狂う。アンコールも既定路線なんだよね1年生2年生の俺たちもいつか主役にっていう嬌声がね」

だそうです。青春だったなあ。いい思い出だと思います。楽しかったです。お疲れ様でした。

| | コメント (2)

2018年12月27日 (木)

ネタバレを知らなかった私の娘は幸せ者である

今日の記事は一応ネタバレ注意。
 
子供二人と冬の仮面ライダー映画を見に行ったんですよ。あの重いネタバレのあった公開翌日に。
ストーリーはいつものセカイ系で、そこにとやかく言うつもりは無いですが、本映画は冬のライダー映画にしてはめずらしく「少し複雑」なお話でした。
 
【あらすじ仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER】
この世界において仮面ライダーはテレビの中の架空の物語である。しかし一人の青年が、なぜか存在していたイマジンと契約し「ライダーが存在する世界が見たい」と願ったことにより世界は変わってしまった。
と同時進行で、
タイムジャッカーが、架空のテレビ番組・仮面ライダークウガが放送される前日時点からさらってきた少年つまり「知らざる者」を憑代にアナザークウガを誕生させ、全ライダーの存在を消そうと暗躍していた。
 
複雑ですよね。私の解釈ももしかしたら間違ってるかもですが、だいたいそんな内容です。
 
もう少しシンプルに書くと、
ライダーを知らない者VSライダーを知る者たちの、ライダーの存在を賭けた戦い
というお話し。
 
メタ話が物語の主軸なのはチョットめずらしいですか。
ライダーは架空の物語で、現実にそんなものは存在しないわけですが、そこに青年の希望、ひいては番組を20年見続けてきた多くの子供たちの記憶が、ライダーの存在をこの世界につなぎとめていく展開は、電王を見てきた我々にとって当たり前のことであり、当たり前ながら静かな感動があります。
 
ただ、
・なぜライダーが存在しない世界に一人のイマジンが存在していたのか?
・タイムジャッカーも同様に、なぜ存在しているのか?
という2点の自己矛盾が気にならないでもないですが、まー娯楽映画なんであまり小難しく考えずに楽しみました。
 
キャラの声も(多分)当時のライブラリ音声を拾えるだけ拾って、映像に乗せることにより、20人のライダーが違和感なく同一世界に存在してます。
さらにはアギト・龍騎がご本人の声で、そのおかげか龍騎はセリフも多目だしファイナルベントのクネクネキックがCGで作り直してあったりと龍騎ファンの私は大満足です。
 
あと物凄いネタバレですが例の出演者について、私と坊っちゃんは不幸にも前日に知ってしまったのですが、お嬢はまったく知らなかったので厳戒態勢で映画に臨んでもらいました。知らずに観ててあのシーン、問答無用で泣けたそうです。
 
ストーリー上、電王チームは「記憶こそが時間」ということを説明するだけに登場する、まあ大したシーンじゃないんですが、モモタロスが良太郎に「俺たちも、お前を忘れるかよ」と憎まれ口を叩いた後、相互アップで見つめ合うシーン、関さんと高岩さんからあの人に対する熱いエールになってて胸に迫るものがあります。あの人もねえ、初日だったら劇場で悲鳴があがるほどすごいシーンなのに、サラッと演じるんですよねえ。
 
アナザーWが出てきて、風都タワーも本棚(本を探したのは別な人)もCGで用意してあるにもかかわらず、そっち勢からはラーメン屋台のおじさんしか出てこないのは、ギリギリまで交渉を粘ったけど叶わなかったのかなと邪推したり。。。
 
とにかく楽しい映画でした。見て損は無いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 4日 (火)

月イチ更新はマズイですな

私は元気です。

 
ピュ~ッと過ぎてった11月に起きた出来事。
①【坊っちゃんがシンガポールに行き、帰ってきた(修学旅行)
Zm181121_01
~~出発前~~
坊「お土産、何がいい?」
五「いや大したもんじゃなくてイイヨ、シンガポール饅頭とかシンガポール八ツ橋とかでいいよ」
坊「シンガポール饅頭は多分無いね」
五「シンガポール木刀とかシンガポールペナントとか買うんか?」
坊「シンガポール木刀は飛行機が大変だね」
そんなわけでクッキーとかマグカップ頂きました。
 
②【お嬢から授業で使った残りの紙粘土をもらった(もうすぐ修学旅行)
Zm181121_02_2
もらった紙粘土で石仮面を作ってお嬢(ジョジョマニア)にプレゼント。
これを喜ぶ中2女子はいいのか?
 
③【新しく始まったジョジョのエンディングがかっこよすぎて痺れる】
漫画で好きなのは4部なんですが、アニメは今回の5部が一番好み。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年7月17日 (火)

いつの間にか長男が桜木花道より年上になってた

我が家にはスラムダンク全巻がある。
2年前の引っ越しの際、荷物を整理していてその全巻を坊っちゃんに譲ったんです。
坊っちゃんの方が荷物少ないし、「まあ持っててよ、たまに貸してね」ってことで。
 
その全巻が我が家の坊っちゃんの部屋にある前提で今日の話は進みます。
***********
 
最近、スラムダンクの新装版が出てるんですよね。
全31巻を各試合の区切りのいいところで再編集して、全20巻で6月以降続々出てます。
 
6巻までのラインナップを見た時点で、次の巻が翔陽戦になるのはガチで分かったんです。
 
「(7巻は買おう!)」
 
そう心に秘めていたわけです。
 
先日、坊っちゃんが私の部屋にやってきて
坊「父さん、これ貸してあげるよ」
 
差し出された新装版7巻。
Zm180717
 
五「やっぱこの巻、買うよね~」
坊「黙って買ったら、父さんとダブるかなと思ったんだけど、買わずにいられなかったw」
五「俺も明日、買おうーー」
坊「買うんだやっぱりw」
 
間違いない。我が息子です。
親子して、翔陽戦はガチです。
試合時間残り1分50秒で桜木が退場するところ、白飯何杯でもいける。
 
そして我が家のスラダンは、通常版全巻に新装版の7巻が2冊追加されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月14日 (土)

最近の若い連中ときたら素晴らしい!

坊っちゃんは木曜から、連日、災害ボランティアに行ってます。

どこが主催してるのか不勉強で知らないのですが、市役所に地元の高校生や大学生が何十人と集まって、バス何台かに分乗して土砂災害の地へ派遣されてます。
大半がまず自分の家すら断水してて満足にお風呂にも入れないのに、土砂の撤去をバケツリレーで行い、夕方ドロドロで帰ってくる。
 
金曜日、私が会社へと向かっていると、市役所方面へ、どこの高校か知らないですが、学校ジャージでスコップかついて歩いてる男の子二人連れがいました。
ありがとうございます。
 
日本はまだ、いや全然大丈夫だなと思いました。
 
こういうこと言ってると、
「ファッションボランティアじゃないの」
「本当に作業してる警察消防自衛隊の邪魔してるんじゃないの」
みたいなことをおっしゃる人がおられるかもしれません。
まーたとえファッションボランティアだったとしても、高校生君たち、大学生君たちが運んだ土砂は嘘じゃないよ。ドロドロになった服はファッションじゃないよ。
(文句言う人がいたら、その人も土砂を運びに行ったらいいのに)
 
最近の若い連中は、たくましくて立派で、涙が出てくるよ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2018年6月10日 (日)

頑張っている高校生は美しい

本日、坊っちゃん(イケボ)の部活の県大会でした。

彼は今年はアナウンス部門で参加し、既定1分30秒の原稿を(体内時計で)1分28秒で読み上げ、予選の決勝まで残ったものの、壁は厚く、全国は逃がしました。
だけど(親の欲目ですが)よく頑張ったよ!えらいよ。
 
なお私が勝手に坊っちゃんのライバルと思ってる、同校・同学年の女子(たぶんエース)は朗読部門優勝。リアルタイムで見てたんですが、もう新人アナとかじゃなくてベテランアナのような、堂々とした読み上げ。1年の時からずっと見てますが、いつ見ても横綱相撲です。
多少キャピキャピした高校生たちのなかで、ひとりだけ立ち居振る舞いが剣豪のそれ。
あのひと将来ガチで女子アナになるんじゃないかな。
 
坊っちゃんは振るわなかったけど、朗読部門とラジオドキュメント部門は、東京で頑張って欲しいと思ってます!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月26日 (土)

リベンジガス

↑なお毒ガス資料館はチラ見すらしなかった模様。
 
観光シーズンも過ぎ、ようやく今日ウサギ島に上陸できました。
今日は人少なかった~~。
フェリーで島につくやいなや、さっそくウサギだらけ(現在約700匹いるそうです)。
Zm180526_01  
Zm180526_02
到着前は
(家からしこたま野菜クズ持ってきたけど、食べてくれなかったらどうしよう)
そんなことを考えておりましたが、ウサギさんたちは人間を見つけると脱兎のごとく(いや兎なんですけどね)やってきておねだりしてきます。
 
食べる食べる。
Zm180526_03
 
ほんとによく食べる。
Zm180526_04
 
島の散策開始2時間ほどで、持っていった野菜がスッカラカン。
たっぷり癒されました。
 
なお我が家は朝はやくから出かけたのですが、昼すぎるとツアー客(わりと真面目に毒ガス資料館を見て回る人たち)や普通の観光客で少し人があふれて来まして、ウサギ君たちもおなかイッパイになって、野菜の食べが悪くなります。
行くのなら朝です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月 6日 (日)

ガス抜き旅行(曲解)

思い立って、GWのなかばに大久野島(かつての毒ガス島、今はウサギ島)に行こうってなったわけです。ウサギに癒されに。

車を1時間と少々飛ばしていざ忠海の港にいってみると、行列アンド行列。人アンド人。

キップ売り場も行列なら、船着場も行列。あれ、島までどんなにピストン輸送しても日が暮れますわ。

ということで、断腸の重いでウサギはあきらめ、少し引き返して竹原観光。

知らなかったんですが、竹原は「竹まつり」中でした。

少し散策するとマッサンの実家。

180504_123227

180504_124115

そしてマッサンとリタ(朝ドラではエリー)の銅像。

180504_124608

いいですね。町並みも情緒あふれる感じ。

あと少し歩くと突然かかえ地蔵。

180504_125100

かかえてきました。何をお願いしたかは秘密アンド秘密。

ご利益ありますように・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月15日 (日)

呉市がカレー推しなのは納得が行きます

↑昔からどこかの市と「発祥の地」争いをしてる『肉じゃが』とか、急にどっからかやってきた『細うどん』なんかよりは断然カレーですよ。
 
「海自カレーフェスタに行こうよ!」
Zm171014_01
と妻に誘われ、近所までお散歩。
市内30店舗(ホテルから屋台まで)のカレーがハーフサイズながら300円で食べ歩きできます。
とりあえずホテルカレーを狙って2品ほどいただきました。
美味しかったです。
Zm171014_02
が、しかしそんな当初の目的を吹き飛ばすできごとが。
 
Zm171014_03
なんと護衛艦「かが」が一般公開!
 
おお!遠くで見てもデケエ!
Zm171014_04
 
近くで見ると当然デケエ!
Zm171014_05
 
いったん船内に入って、そこから甲板まで、巨大エレベーターで上がるですよ。
Zm171014_07
ちょっと「自分がいるのおかまいなしにユニクロンが変形を始めたときのガルバトロンの気分」が味わえました。
 
うーーんブロードサイド!
Zm171014_08
 
近くで見ると、CG感、ハンパないですな。
Zm171014_06
 
堪能しました。
Zm171014_09
 
冒頭のごとく妻に誘われて、会場に向かうさなか、
「(えー出店のカレー食って帰るだけでしょー)」
と思ってた自分を叱りたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧