« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月の5件の記事

2017年6月26日 (月)

念願の掌動エースを入手してスーパーの屋上で画像撮って即、記事にしたのはどこのどいつだ

私です。

 

とりあえず、帰宅後デジカメで。
Zm170625_01 かっこいいですな。
握り手状態だと北斗ってイメージです。私の勝手なイメージですが。
Zm170625_02
これが、開き手になると、とたんに夕子っぽくなるイメージ。私の勝手なイメージですが。
Zm170625_03 格闘技術が北斗で、鮮やかな(スッパリとやっちゃうギロチン系の)光線技は夕子側って感じ。
Zm170625_04
エースはねえ、ドストライク世代なんですよ。顔つき見ただけで、沁みてきます。
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年6月25日 (日)

田舎のスーパー万歳

田舎のスーパー万歳
掌動ウルトラマンシリーズのエースだけを探してたんですが、田舎のスーパーで、やっと見つけました。
コンビニと大きなショッピングモールでは、もうベムスターしかなくて、あきらめかけてました。
これで心置きなく受験に専念できます(心残り多いな)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月24日 (土)

株主総会が終わった

株主総会が終わった
これでやっと、心置きなく受験に専念できる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月13日 (火)

アッシー君の朝は早い

日曜日、坊っちゃんの所属する部活(文化部系)の大会(某国営放送杯)があるとのことで、朝早くから運転手。
 
前日譚
坊「あのねえ、大会9時からで、うちの高校は幹事高校なんで、準備とかいろいろあって8時までには行っておきたいんだよ、だからお互い6時に起きようね」
五「ラジャッ!」
坊「で、大会は夕方5時半に終わるんだけど、実はそのあと、こないだの体育祭の打ち上げが6時にあるんで、そこのお店まで送ってもらえると助かる」
五「ラジャッ!」
 
説明が難しいですが、坊ちゃんの部活はカテゴリーごとの個人戦、団体戦、テーマ戦などがあり、県内では強豪校扱いらしく、毎年全国大会に何人か輩出してるらしいです。
 
坊「ぼくもねえ、個人戦に出るんで、見に来てね」
 
当日夕方
終わり時間が5時半といいながら、さすが幹事高校、後片付けなど大変なんでしょうな。他校が三々五々解散してかなり経った6時半ごろに、坊ちゃんの高校の面々が会場外に出て来ました。
居並ぶ先輩たち(パッと見、全員JK)にペコペコと挨拶する坊ちゃん。
坊「サーセン、サーセン、次の予定が」
先輩「お、例の打ち上げ?行って来い行って来い。オツカレ」
 
みたいなやり取りで放流された坊ちゃんを車で拾う。
大会会場から打ち上げ会場への車中。
坊「(後部座席で私服に着替えながら)いやー楽しかったよ。ぼくは規定時間オーバーで予選敗退なんだけどね、うちの高校からは□□部門の人が2人ほど、全国に行くよ」
五「すげえな、君の高校。あとさっき見てたけど、部員て女子が多いね」
坊「てか男子がいないんだよね。ぼく入れて3人なんだけど、1人見たことないんで実質2人なんだよね。でも女子は20人近くいるんだよ」
五「なんだその昭和の少年サンデー主人公のような設定」
坊「あ、ところで可能な限り速やかに打ち上げ会場にお願いします」
五「6時開始だもんな。幹事に怒られちゃうな」
坊「エヘヘ、まあぼくが幹事なんだけどね」
五「いや、イカンガナ。笑てる場合か。可及的速やかに会場に向かうぞ」
坊「幹事は複数いるから大丈夫だよ」
五「いや待て、もしかして打ち上げって君のクラスだけ?」
坊「そうだよ、全学年でやると、入る会場ないよ」
五「そういう問題か?(大人だなあ)」
坊「あ、安心して、飲酒はしないよ」
五「そういう問題か?(大人だなあ)」
 
色々と衝撃とともに、子供に取り残され気味の五郎であった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年6月 4日 (日)

アッシー君(死語)話2題

娘が友達と百貨店にショッピングに行くというので、車で送迎。

JC3人も集まると、会話中に出てくる同級生の男の子は虫ケラ扱いですな。いつの世もそうですが。
 
長男も高校生になって以降、土日は部活というのが多いので、必然的に夫婦2人取り残されております。
ずっと親から離れないとか、部屋にこもりきりも困るんですが、なんか少しさびしいですな。
 
それはさておきメナゾールさん。
Zm170603_01
基本、アニメ準拠なんですが、握りこぶしもゲタもデカイほうがいいなあ(玩具準拠)というわけで、拳の方はバンダイさんのビルダーズパーツ(1/100)をありがたく利用。アッシー(ゲタ)はプラ板工作。一応、プラサポなどを入れて、つま先とカカトは別軸で動くようにし、設置性を向上させました。
Zm170603_02 手足がデカイと俯瞰も映える気が。
 
ちょっと気を抜くとついついカッコ良くしてしまいがちなので、アニメ設定資料を大事にしつつ、手を入れていきたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »