« 血抜き解禁 | トップページ | 実は昔、腕時計マニアでした »

2014年7月 1日 (火)

周辺機器制作

皆様おつかれさまです。メナゾール制作ですが、デッドエンド、ブレークダウンコンビのレジン複製作業は粛々と進めております。
 
そんな中、放置プレイ気味だったシックスショット改めワンショット(あるいは疑似ツーショット)がほぼ完成。
 
こないだ実家に遊びに行った際、私の倉庫(という名の押入れ)から、TF関係の余剰パーツ箱というのが出てきたんです。主にはロボの銃、予備ミサイル、合体用繋ぎパーツ等、そこらに置いておいて紛失したらエライ目にあう品々で、かつそれ単体では何をどうも出来ないものたちです。
銃なんて、それ一個見ても、誰の銃やら…
(某掲示板に画像貼れば1分以内に回答もらえそうですが)
 
しかし、その倉庫の中から見つけました。昔のカバヤガムのオマケ「シックスショットの銃」です。シックスショット自体が紛失していることは言うまでもありません。父よ、母よ、無慈悲に捨てないでくれてありがとう。
 
で、こんな感じ。
Zm140701_01
いいですな。
 
アニメヘッドマスターズに出てきたシックスショットのバトルカーモードはいまいちな見た目だったので、少し後年のシャドウ丸(シックスショットのリデコ商品)のアニメイメージを取り込んでます。
 
玩具のシャドウ丸(およびシックスショット)とアニメのシャドウ丸はともに別ベクトルのカッコよさがありました。とっさに同じものには見えないですが、どっちもかっこいいです。特に覆面パトモードはかっこよかった。
Zm140701_02
 
ジェットモードも、これはもうこれでいいんじゃないかって見た目。
Zm140701_03
さて本来、力を注がなきゃならないデッドエンドとブレークダウンですが…
 
???「コンボイ司令官、ギミックの面白さからいって、再販、リカラーやリデコ、勇者シリーズへの参戦もありだったはずですがまったく再販の機会がなかった私も、復活致しました。まぎれもないサイバトロン戦士『ダブルスパイ』です」
Zm140701_04
ダブスパ「残念ながらカーモード固定で、パンチにもカウンターパンチにもトランスフォームできませんが、ダブルスパイです」
コンボイ「それではお前…『シングルスパイ』ではないか」
マイスター「パンチにもカウンターパンチにもなれないってことは、ワンパンチってことですかね? こいつぁご機嫌だ。イェーwww」
ゴールドバグ「ワンパンはひどいなァ」
コンボイ「お前たちは黙ってろ!」
シングルスパイ「頑張ってデストロン軍に潜入致したいと思います」
Zm140701_05
アイアンハイド「なんか不安でならないんだが…」
 
 
なんでこういうどうでもいい作業が楽しいんだろう。
 
なお、デバスターの両足君たちは、塗装に入りました。
 
 
ここまで、メナゾール作業、まったく進展なしwww

|

« 血抜き解禁 | トップページ | 実は昔、腕時計マニアでした »

造形班-メナゾール / Menasor制作」カテゴリの記事

コメント

カッコイイ!そして玩具シャドウ丸への温かい眼差しに涙。。


ワタクシが日頃ガサガサしているジャンクパーツ箱も、内容はほぼ80~90年代の残骸たちです。
ビスマルクのマントに「食玩ビクトリーマーズ2号機の尾翼」を流用しながら、完品で保存しときゃあ良かったなぁ…と思わずにはいられないのですが、
どうもこの時代のパーツの方が、今のモノよりしっくり来るような気がするんですよね。。

投稿: ごんちゃっく | 2014年7月 1日 (火) 20時22分

ごんちゃっくさん、ありがとうございます。
そうですよね。完品で持っていれば…ってアイテムは結構私も思い当たるものがあります。私の場合、ジャンクパーツ箱自体がプラモのギャビオンの箱だったりして、
「はて、このギャビオン自体はどこにいったのやら? 作った記憶はあるものの…『ギャビオーーーン!』叫んでも来ねえ…」
という状況ですw

>この時代のパーツの方が、今のモノよりしっくり
ああ、なんだかよくわかります。手になじむ感があるんでしょうか。わたしもパーツ箱を見つけたことだし、どうせそのミニ銃とかドリルボーイのサッカーボールミサイルとかだけ持ってても意味ないので、ジャンジャン使っていきたいと思います。

投稿: 早瀬五郎 | 2014年7月 2日 (水) 18時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138294/56665613

この記事へのトラックバック一覧です: 周辺機器制作:

« 血抜き解禁 | トップページ | 実は昔、腕時計マニアでした »