« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月の12件の記事

2014年7月31日 (木)

俺のメナゾールがこんなにカッコいいわけがない

↑誰が「俺のメナゾール」じゃ
 
表面処理や作り込みは別として、一応、全パーツがそろいましたので、立たせてみます。
Zm140731_01
あれ、なんかものすげーヒロイックな感じが。。。
 
足が長すぎですか?
ちょっと原画と比較してみます。
Zm140731_02
 
あれ? 意外と原画も足長い。
顔、腰、フトモモの長さは、ほぼ同じですよ。以外だなあ。
 
原画に比べヒザ下(ようするに車体)がものすごい長いように見えますけど、ヒザ関節と足首関節がボールジョイントで長さを食うからそう見えるのであって、物体自体は、そんなでもなさそう。足首にもっとめり込んでいけば、原画とそう大きなズレはなさそう。
 
結局、胴が短いだけという結論に。
 
なので、胴だけ伸ばすとどうなるか、画像加工で検証してみました。
ちょっとどうなんだっていうくらい、めっちゃ伸ばしてみましたよ。
Zm140731_03
 
うわ、なんか、原画とほぼ同じ位置関係。
※この画像だけ、クリックで大きくなります。
Zm140731_04
 
 
いいですねえ、このモッタリ感。先走ってフトモモ短くしないでよかった。
 
アニメ設定を目指すなら、メナゾールはかくあるべしですよ。
あさのまさひこさんも、モデグラのver.Ka特集で「ガンプラをカッコよく作るなら、ギリギリまで胴を伸ばすべし」っておっしゃってますしね(なんか違う)。
 
 
 
ちょっと安心しました。完成に向け、エンジンかけていきたいです。車だけにね(寒)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月29日 (火)

クンタッシ

↑わりと本場に近い発音をカタカナ表記すると、コンナ感じとのこと。
そもそも「カウンタック」っていうのは日本人独特の発音だそうで。
 
カウンタックの意味が、イタリアで「美女を見たときに男たちが発する感嘆詞」って初めて知った。
〇ランボルギーニ・ハクいスケ(昭和死語)
とか、
〇ランボルギーニ・小股の切れ上がった女(江戸死語)
とか、そんな感じでしょうかクンタッシ。
なんかリズム感がいいですねクンタッシ。
 
 
 
そんなこんなで、メナゾール造形ですよクンタッシ。
難波圭一さんの声が一番印象にあるカウンタック野郎・ブレークダウンです。
Zm140729
 
一気にここまで来たわけではなく、切ったり貼ったり削ったり足したりを繰り返してようやくここまで来ました。
 
リアウィングをあの変な「バンパー兼ウィング(左の黒い車参照)」でいくか、薄いブーメラン型の本家ウィング形状で行くか、悩み中でござるよクンタッシ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年7月26日 (土)

じっとコースター

じっとコースター
田舎のテーマパーク&プール込みの、家族旅行中です。
子供たちは夏休みになったというものの、世間的にはまだオフシーズンてことで、園内ガラガラです。
ジェットコースターも坊っちゃん一人の貸し切り運行。
プールもわりとあいていて泳ぎまくれました。
もう、ホテルに帰って寝るだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月24日 (木)

死神の遅参

あらためて、アニメとなったジョジョ3部を、旧友に会うような気分で視聴しています。
タロットの節制のカードの暗示を持つ、『イエローテンパランス』の回を見て、ちょっとナットクしたことがあります。
 
『黄の節制(イエローテンパランス)』
Zm140724_01  
 
承太郎に
「これから襲ってくるスタンドの名前と能力を教えろ」
 
と追いこまれた、イエローテンパランスが教えてくれた情報、
 
「『皇帝』、『女帝』、『吊られた男』、『運命の車輪』、『死神』がお前たちを追っている」
  
…お、こんなに早く、死神情報出てたんだ。
 
 
実際のところ、
『皇帝』『吊られた男』はコンビで襲って来たし、
Zm140724_02
 
 
直後、『女帝』もスグに来た。
Zm140724_03  
 
 
『運命の車輪』ももちろん登場。
Zm140724_04  
 
 
しかしこのあと、
『正義』
Zm140724_05
 
『恋人』
Zm140724_06
 
『太陽』
Zm140724_07
 
と、『死神』を無視して3人のスタンド使いが襲撃してきます。『太陽』を倒してやっと『死神』の登場。
 
『正義』、『恋人』がイレギュラだったのはわかります。息子『吊られた男』の敵討ちに『正義』が来て、捕まってしまった『正義』を始末するために『恋人』が派遣されてくる。
 
『太陽』も、承太郎一行が砂漠に差し掛かった時点で襲い掛からないと「太陽の効果」が薄いので、これも理解できる前倒し人事。
 
じゃあ、『死神』はいったいナニやってんだよと、初見の人たちは思うかもしれません。
しかしアニメで改めて見たイエローテンパランスの上記セリフで、やっと自分の中で得心が行きました。
 
『死神』が来るのが遅れたのは、さぼってたんじゃなく、来るのに色々と手間取ってたんだと思います。
Zm140724_08
 
 
自力で移動が難しいですからね、死神の本体。
承太郎一行にようやくおいついた死神の本体は、さぞかし喜んだことでしょう。
ヒドイ目にあうんですけどね(あれ、テレビ的にダイジョブなんだろうか)・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月22日 (火)

けして私は献血ルームの回し者ではありません

先週土曜日、献血行ってきました。
ずーーーっと改修工事中だった献血ルーム『もみじ』が7月からオープンになったので、献血ルーム『ピース』と分散されて、さぞかし『もみじ』に入りやすくなっただろうと思って行ってみたんですが、ものすごい混雑ぶり。
 
90分待ちとのこと。
 
全工程90分じゃなくて、90分待ったあと、ようやく受付開始な状況ですよ。
 
で、オシャレな感じがあんまりなじめない『ピース』におそるおそる行ってみたんですが、こっちはガラガラ。スッカスカ。
 
みんな新しいモノ好きなんですねえ。
 
というわけで、特に待つこともなく、無事『ピース』で血漿成分献血終了。
 
全プレのうちわと、ポイントが溜まったプレゼントのマグカップを頂きました。
Zm140722_01_2
いつもありがとうございます。
Zm140722_02  
去年から献血ルームで献血するようになって以来、なんか物ばかりもらってる気がして逆に申し訳ないです。
次回解禁の8月5日(以降の週末)まで、増血しそうな食材摂取してスタンバイしておきたいと思います。
 
今回73回。8月以降も順調に月2で行ければ、目標の80回に到達できるかも♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月16日 (水)

読んでるだけでもかなり文章力つきそうですけどね、新聞

長男は本を読まない。本に興味がない。
数学に関しては、マンガの登場人物並みに驚異的な計算力を発揮するが、文章題で苦戦する。
国語は厳しい。
 
このあいだ塾の先生と面談したとき、
 
「言い古された発言ですが、国語力を上げるには、本を読むのがいいですね。小説読むのはもちろんおすすめしますが、なるべく乱読がいいですね。新聞なども読んで欲しい。新聞の社説なんかを書きうつすのも良いですよ。中国新聞の天風録とか、朝日新聞の天声人語とか、内容は理解できなくても、文体、文章、接続詞だの助詞だの、正しい日本語を理解するのに良いです」
 
とのこと。そいういう目で本屋をいざ眺めると、「天風録書き写しノート」なんてものがあったりします。へーそういうもんなんだー。と妻に聞くと、
「私も、学生時代書き写してたよ。てか今の仕事で報告書とか、議事録系の文章書くことが多いから、長男もやるんだったら、私ももいっかいやろうかな。お手本も示したいし」
てなわけで、天風録書き写しノートを2冊買いました。坊っちゃん用と、妻用。
 
 
 
(しかし多分、私も、いや私が一番、書き写しをやったほうがいいんだろうなあ…)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月14日 (月)

キリタニさん、忙しすぎて目がまわらないんだろうか

うちの妻から教えてもらった映画「女子ーズ」が、気になって気になって仕方がない。
 
http://www.youtube.com/watch?v=bDNshF06Hk4
 
 
レッド「怪人退治とまつエクと、どっちが大事なの!」
 
ブルー「ごめん、まつエク……」
 
怪人「!!!!」
 
 
このシーンが可笑しくてしょうがない。間の取り方もうまいし。
 
カメムシ怪人の「説明させろー!」も笑う。
 
悪の組織が災難すぎるw
 
別バージョン動画。
http://www.youtube.com/watch?v=2yQmmN5zybE
 
綺麗な若手女優さんたちばかりなのに、体張りすぎてて可笑しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月12日 (土)

(間に合った)

娘の誕生日プレゼント、「シャケをくわえるくまモン」が、誕生日当日(朝?)に完成。

Zm140712_03  
Zm140712_04 プリティーな背中。
 
 
下2つの画像はクリックで多少大きくなります。
Zm140712_01娘用の誕生日プレゼントとはいうものの、一応、家族分、作りたいですね。
Zm140712_02型の作り方は、相変わらず雑です^^
てなわけで、もう寝ます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年7月 8日 (火)

メナゾール(の一部が)完成

Zm140708_01
いやー、ダブルスパイ完成しました。ダブルスパイ本物と記念撮影。
 
メナゾール関係ないやーん!
 
 
 
わかりきった話ですが、ブレークダウン改造です。少しフロントが高すぎますが、見立てモノにつき、ご愛嬌ということで^^;
Zm140708_02
ドラッグストライプ、ワイルドライダー組と違って、最初からかなり車状態なので、いろいろはかどります。
Zm140708_03
 
 
塗装が完全に乾いたら、軽く墨入れしてフィニッシュにしたいです。
 
てか、早く本家ブレークダウンとデッドエンド作ろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 7日 (月)

ちょうど良いんで、シリコン使いきったろ

気づけば娘の誕生日がもうすぐそこなんで、作りかけ放置の例のアレ(メナゾールではない)を昨日粘土に埋め込んで、急ピッチでシリコンを流してます。

 
まー、型さえできてしまえば、あとはレジンを垂らして固めるだけなので、気楽ですが。
 
喜んでもらえるといいなあ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年7月 4日 (金)

実は昔、腕時計マニアでした

↑安いやつ専門で(笑)
 
アーティスティックな腕時計を扱っているお店を見つけました。
 
江戸之刻
Zm140704
いいっすねー、江戸之刻。
値段は高いといえば高いですが、まー時計なんてピンキリ世界なんで、こんなもんといえばこんなもんという気が。
ハタチ代の、中二病まっさかりのころなら即買ってたでしょうね。
季節によって文字盤入れ替えたりとか、そのへんのメンテがすっごくメンドクサソウですが、そこがまたいいなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月 1日 (火)

周辺機器制作

皆様おつかれさまです。メナゾール制作ですが、デッドエンド、ブレークダウンコンビのレジン複製作業は粛々と進めております。
 
そんな中、放置プレイ気味だったシックスショット改めワンショット(あるいは疑似ツーショット)がほぼ完成。
 
こないだ実家に遊びに行った際、私の倉庫(という名の押入れ)から、TF関係の余剰パーツ箱というのが出てきたんです。主にはロボの銃、予備ミサイル、合体用繋ぎパーツ等、そこらに置いておいて紛失したらエライ目にあう品々で、かつそれ単体では何をどうも出来ないものたちです。
銃なんて、それ一個見ても、誰の銃やら…
(某掲示板に画像貼れば1分以内に回答もらえそうですが)
 
しかし、その倉庫の中から見つけました。昔のカバヤガムのオマケ「シックスショットの銃」です。シックスショット自体が紛失していることは言うまでもありません。父よ、母よ、無慈悲に捨てないでくれてありがとう。
 
で、こんな感じ。
Zm140701_01
いいですな。
 
アニメヘッドマスターズに出てきたシックスショットのバトルカーモードはいまいちな見た目だったので、少し後年のシャドウ丸(シックスショットのリデコ商品)のアニメイメージを取り込んでます。
 
玩具のシャドウ丸(およびシックスショット)とアニメのシャドウ丸はともに別ベクトルのカッコよさがありました。とっさに同じものには見えないですが、どっちもかっこいいです。特に覆面パトモードはかっこよかった。
Zm140701_02
 
ジェットモードも、これはもうこれでいいんじゃないかって見た目。
Zm140701_03
さて本来、力を注がなきゃならないデッドエンドとブレークダウンですが…
 
???「コンボイ司令官、ギミックの面白さからいって、再販、リカラーやリデコ、勇者シリーズへの参戦もありだったはずですがまったく再販の機会がなかった私も、復活致しました。まぎれもないサイバトロン戦士『ダブルスパイ』です」
Zm140701_04
ダブスパ「残念ながらカーモード固定で、パンチにもカウンターパンチにもトランスフォームできませんが、ダブルスパイです」
コンボイ「それではお前…『シングルスパイ』ではないか」
マイスター「パンチにもカウンターパンチにもなれないってことは、ワンパンチってことですかね? こいつぁご機嫌だ。イェーwww」
ゴールドバグ「ワンパンはひどいなァ」
コンボイ「お前たちは黙ってろ!」
シングルスパイ「頑張ってデストロン軍に潜入致したいと思います」
Zm140701_05
アイアンハイド「なんか不安でならないんだが…」
 
 
なんでこういうどうでもいい作業が楽しいんだろう。
 
なお、デバスターの両足君たちは、塗装に入りました。
 
 
ここまで、メナゾール作業、まったく進展なしwww

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »