« とろろいも流し込み作業はじまる | トップページ | ついに印刷 »

2013年12月 5日 (木)

なんか、ハングマン的な雰囲気

警察小説ならこの人ってことで、佐々木譲さんの「笑う警官」を読んでます。今半分くらい。

ものすごい硬質な警察機構小説かと思ってたんですが、びっくりするようなエンタメ小説でした。

いや、まあ、警察の機構、機能的なところもどっさりと網羅されてて、非常に参考にはなるんですが、読んでいくにつれ、ザ・ハングマンとか、ザ・コップとか昭和のテレビ朝日金曜夜9時な香りに満ちてます。ヘタすると西部警察的な、痛快娯楽作だと思います。半分読んだ今のところの感想ですが。

ツワモノが一人ずつ寄り集まってきて、裏チームを組んでーみたいな感じなんですよね。

面白いです。

やっぱ食わず嫌いはよくないですな。何でも読んでみよう。

なお作文班が快調に現在330枚越えで、それ以外の文章書くの、正直シンドイ。

|

« とろろいも流し込み作業はじまる | トップページ | ついに印刷 »

読書班-その他の読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138294/54157935

この記事へのトラックバック一覧です: なんか、ハングマン的な雰囲気:

« とろろいも流し込み作業はじまる | トップページ | ついに印刷 »