« カルメン締め | トップページ | 破壊大帝2メガトロン »

2013年11月25日 (月)

タイトル「18番ホール」を見て、ゴルフ小説かと思ったんですが、全然そんなことはなかったです

横山秀夫さんの「真相」を読みました。
Zm131125

物語の構造に、二重、三重のトリックがひそむ短編集でした。

・真相
・18番ホール
・不眠
・花輪の海
・他人の家

という、5編からなる短編集です。
共通テーマは、「人生うまくいかない人たちのもどかしさ」そんな感じでしょうか。
各編主人公のうまくいかなさぶりが徹底されていて、読んでいてぞわぞわします。
どれとは言いませんが一編、最後のあたりでうまくいきそう……ってなってもう一度地獄に引きずり倒される。あれは読んでてウヒャアってなりました。それでも前を向こうとする主人公に、がんばれよといいたくなります。

読みやすいですね、横山さんの本。サクサク読めて人物が入ってきやすいというのは、実はすごいことなんだとあらためて知りました。

|

« カルメン締め | トップページ | 破壊大帝2メガトロン »

読書班-その他の読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138294/54051598

この記事へのトラックバック一覧です: タイトル「18番ホール」を見て、ゴルフ小説かと思ったんですが、全然そんなことはなかったです:

« カルメン締め | トップページ | 破壊大帝2メガトロン »