« インフィニティの宝石 | トップページ | まさかのじぇじぇ返し »

2013年9月18日 (水)

小説のなかの手紙

いまさらながら夏目漱石さんの「こころ」ですが、あれ、中盤以降、全部手紙なんですよ。

つまりずっと「私」の語り。

普通に考えると無理じゃね?と思うんですが、そんなの気付かせないくらい、スピード感がある。

文章上手い人は違うなあと。

思ったりするわけです。

今は墓のしたの「K」の秘密と「私」の秘密で引っ張るから、ある程度吸引力があるとはいうものの、あんなに人を飽きさせない文章を書くのは至難の業です。

と、同じようなことをしながら、

思ったりするわけです。

とある小説家の方が、「文章上手くなりたかったら毎日書け」とおっしゃってました。

そうなんですけどね。老若男女、あらゆる職業、あらゆるカテゴリの人、誰だって毎日一定量の文章書くのは大変なんですよ。

と、以前思ってたんですが、ブロガーの人とか、個人サイト持ってる人は、どんなことでも記事にして毎日更新してりゃ、それが「毎日書く」こととニアリーイコールなんじゃないかと最近思いはじめました。

ただ、文章書いていくのもそれなりに体力がいるわけで、作文班が猛烈ないきおいで文章を打っていると、(造形班や読書班とはバッティングしないものの)ブログの記事は短くなったり飛び飛びになったりしますね。

それはどうしようもないか^^

だけど多分、なんでもいいから「推敲しながら長めの文章を書く」「そのジャンルにわからない人がむしろ理解できるよう努めて書く」というのは続けていこう。

そう、思ったりするわけです。

|

« インフィニティの宝石 | トップページ | まさかのじぇじぇ返し »

雑記2013」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138294/53305958

この記事へのトラックバック一覧です: 小説のなかの手紙:

« インフィニティの宝石 | トップページ | まさかのじぇじぇ返し »