« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月の27件の記事

2013年5月30日 (木)

朝ドラ見て久しぶりに涙出た

(てっぱん以来朝ドラ見てなかったんですけど)

春先、朝の情報番組がたまげるほどツマラないときがあって、チャンネルをたらたら変えてる最中に「あまちゃん」を見てしまったんですが、以来目が離せません。

あのドラマ卑怯すぎるwww
あれ、朝ドラでやっちゃいけないレベルの放送事故ですよ。金曜の夜中に民放でやってようやくOKレベルの反則ドラマ。

と思ったら脚本クドカンさんでしたわ。さもありなん。

主演の子、目が黒ビーズみたいで可愛いすぎ。夫婦揃って熱烈ファンになりました。

あと(個人の感想ですが)仮面ライダーフォーゼがクズすぎる。

「ずぶん(自分)にウソはつげね」っていう正論クズですw

主人公の友達ユイちゃんも一個一個見ていくとかなりヒドイ(突然ガチギレとか)んですが、ユイちゃんの持ってる魅力で勝ってる。

今日の話、私が待ち焦がれた「トシちゃん似の男(そういう役名)」がついに登場し、華麗に踊ってるのに

「さっきからクネクネやってるお前誰だ!(恫喝)」

「コバワ!タァーラトシィコデェス」

「何言ってるかわかんねえよ!(もっと恫喝)」

とかヒドイw
ラストカットのところで、列車から追い出されたトシちゃん似の男@赤スーツと、主人公を見送りに駅にきた母親(小泉今日子)が同じフレーム内にいる時点で私の腹筋崩壊。

キョンキョンが隣に立ってる「トシちゃん似の男」を怪訝にながめて小声で「(トシちゃん?トシちゃん?)」てつぶやいて明日へつづくのシーンで涙出るまで笑った。
Zm130530

色々と卑怯すぎる。NHKなのに。

トシちゃん似の男に幸あれ。できれば役名が付きますように。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月29日 (水)

他の人が犯人って可能性は無いか?

東京出張への新幹線車中で「そして誰もいなくなった」を読み返してみました。
もう、何回読み返したかわかりませんが、そうは言っても10回もは読んでないと思います。5回目くらい。

※基本的にネタバレは書いてませんが、今日の記事はギリギリですので、かすかなバレもだめよだめだめって人はイカスルー。

☆☆☆

あらためて読んでみると、のっけからわかりやすい犯人ですねえ。
わかりやすく書いてあっても、読者があの人を「犯人だ!」と指定できないギミックがすばらしいです。

しかし、考えてみました。
真犯人以外の人が犯人と、決め付けられないか?

まず逆にどうやっても犯人になれない人

1位:熊に抱きしめられる人
2位:燻製のニシンに飲まれる人
3位:丘の上で日に焼かれる人

この3人は無理。1位2位は死に方がむごすぎて、○○できない。轢死体と溺死体なんでね・・・3位の人も、第三者に「間違いなく死んだ」と断定できるから無理。

4位:のどがつまる人

あまりにも序盤すぎる。さすがに以後の展開をコントロールしきれない。

こうやって一人ひとり書いていくと、真犯人が誰かばれてしまいますので、やりませんが、作中の心の声でさえも偽証と取れば、ワカメが喉にさわってパニックになる人は犯人でもいけそうな気がする。読者に提示する心の声がウソってのは小説の作法違反なので、まーこの人が犯人というのはないでしょうけど。

あと、「9人共犯の助け合い自殺、残る一人を殺害」というのもわりといい感じ。
読んだ人に本を投げ捨てられますけどね。

うまいなあと思うのは、半分を過ぎたあたりから、怪しい順に真犯人に殺されていくところ。

読者「6人目はあやしい!」
~6人目銃殺~

読者「決まった!7人目だ!完全にイカれてる。もう言動もおかしい」
~7人目溺死~

読者「てかもう、主役男女と8人目しかいないじゃん。8人目が犯人じゃん。あいつ悪いやつだなあ」
~8人目轢死~

読者「え?」
~9人目、特殊な銃殺~

読者「え?え?何?この流れ」
~10人目、死ぬ~

読者「え?もう、誰もいないよ?え?え?」

それはともかく、帰りの新幹線でメアリウェストマコット名義の「愛の旋律」を読みはじめました。
クソぶ厚い本で、書店で手にした時ちょっとゲンナリしたんですが、予想に反して面白い内容。いいなあこれ。
時間見つけて読み倒したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月28日 (火)

画像はランダム

画像はランダム
今回は、都庁そばに前泊したんですが、あのあたり夜は淋しいっすね。
仕事は和やかに終わりました!
そろそろ広島に帰ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月27日 (月)

東京にいます

東京にいます
さすがの私も新宿駅(の周辺)に詳しくなってきました。
駅内部のダンジョンは、いまだに迷うときがありますけどね。駅の外に出るとわかる不思議。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月26日 (日)

片栗粉を少々

※今日の記事、何の根拠も安全性もありませんので、「試してみようかな」と思われた方は自己責任でお願い致します。

週末はひたすら、バストールにサフを吹いた時点で、あちこちにあった穴やゆがみや不均一な面をならしておりました。
岡プロがモナカキット改造のさい、よく瞬間接着粉パテを使っておられるので、前から気にはなっていたのですが、あれ高いんですよね。
で、ふと代用品を思いついて試してみることにしました。

用意したのは片栗粉と瞬間接着剤です。

ええ、もう出オチです。

本当はベビーパウダーでやろうと思ったんですが、仕入れに行ったダイソーにベビーパウダーが無く、妻から
「何にどう使うのか知らないけど、目の細かい粉なら片栗粉でもいいんじゃない?」

ということで片栗粉にしてみました。
ポリパテの増粘剤に小麦粉が使えるくらいだから、まあ片栗粉も行けるでしょ。という素人判断。

結果を言いますと、普通に使えました。

造形品のスキマやヒケや段差部分に、片栗粉を盛って、上から瞬間接着剤を垂らすだけ。
即座に硬化が始まり、硬化後は「少し固めのポリパテ」くらいの印象でサクサク削れます。

片栗粉なんでねえ・・・

瞬間接着剤を垂らすと半透明になるんですよねえ・・・

不思議なパテの出来上がりです。

(本当に、試してみることをお勧めはできません。正規品の瞬間接着粉パテを買われることをお勧めします)

で、サフ、ガルグレー、ホワイトを軽くムラを出しながら吹いた状態。
Zm130526_01



今回は白立ち上げで行きます。

油絵の具も3色、新たに購入しましたし。
コーラルレッド
シェルピンク
ピンクマダー

Zm130526_02

塗装班、頑張ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月25日 (土)

倉庫のお店に

倉庫のお店に
行ってきやがったんでーストコドッコイ@球場横。テンション小波。
日本のものは、業務用スーパーとかドンキのほうが安いか、さして変わらないかなんですが、さすが舶来物は、単価で考えると安いっす。
ただスゴイ量なんですよね。
買いませんでしたが、ホールケーキなんか一週間分ありそう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月24日 (金)

修学旅行から

修学旅行から
帰ってきた、長男からお土産もらいました。
ゲンコツくらいの石もらいました。
割りとリアルにうれしい。
あと山焼き団子うまかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月23日 (木)

ろくねんせい

上の子が修学旅行に行ってしまった。

さみしい。

今頃はまくら投げでもして先生にゲンコツでもくらってるだろうか。

広島県の小学生が修学旅行で山口に行くのは定番なのですが、最近の周遊ルートには金子みすゞ館なんかも入ってるんですね。

ハイカラだなあ。いいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月22日 (水)

押すところと引くところ

本社での採用選考でした。

うちは他社さんみたいに2次3次と引っ張りません。筆記試験当日、役員面接です。
(それはそれでヘヴィーですけどね)

面接・・・
もう少し、グイグイ押してきてほしいなあー。
履歴書には良いこと書いてあるのに、面接で言わないのもったいないよなあー。

「履歴書と重複になってしまいますが・・・」

とか、そんなのいいんだよー。気にせずどんどんアピールするべきなんだよー。

「空気を読む」っていうのと「気配を消す」っていうのは全然別なことなんだよー。

がしかし、とりあえず学生の皆さんお疲れ様でした。ここで言ってもしょうがないですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月21日 (火)

装甲車はやはりスカイライダーへのオマージュなんだろうか・・・

遅ればせながら、「仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム」を見ました。

中くらいの面白さって感じです。
核心は触れませんが、以下、ネタバレだめなの!って人はスルットお願いします。

イナズマンのストーリーは好きです。須賀君はニヤリ顔がウマイ。
「しつこいね先生も・・・ゴウリキ・・・ショウライ!」
ここで痺れた!

ポワトリンの話も、悲しすぎて怖すぎて好き。正体ばらしのところで、もの凄い反則をするんですが、それもまあポワトリンぽいし、あそこでグダグダな笑いが無ければお話として「悲しいホラー」過ぎます。

イナズマンの話とポワトリンの話が、少しずつより合わさっていく感じも好き。

アクマイザーは・・・イナズマンとポワトリンがあんなに頑張ってるにもかかわらず、正直アクマイザーじゃなくても成立する立ち位置で、少し残念。
新登場の無個性悪役でも良かった。
まあライダーが魔法使いだから、援助者に「超能力者」「魔法少女」。敵対者に「悪魔」ってのは定石ではあるんですが。

というか、登場キャラが多すぎて、消化しきれてない気が。

あと、坂本監督なので、どのライダーも風見志郎(V3)ばりに、ギリギリまで変身せずに生身で戦うところが、アクション好きにはたまらないのかな。私はどっちでも良いですが。
しまいにはウィザードのリンコちゃんやヘタするとシュンペーまでアクションし始め、この流れで見てると、
「ここでコヨミちゃんの超絶アクションが!」
と3回くらい思うことがあったんですが、コヨミちゃんはコヨミちゃんのままでした。
良かったような、少しガッカリなような。

USBメモリ、コイン、スイッチ、指輪ときて、次のライダーが何を触媒にするのかが楽しみになってきました。
「上記以外にも、携帯電話とか、子供が触ってみたいけど、おもちゃにしてると怒られるシリーズ」が毎年のキーアイテムなら、そろそろ「実印ライダー」とか出てきても良いかと。

新ライダー「捺印しよう。契約完了だ。お前の力をよこせ」

とかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月20日 (月)

カツアゲロードは小林玉美の錠前と虹村形兆のバッドカンパニーを足したような感じ?

ジョジョリオン4巻買いました。
トビラの著者近影。荒木さんはもう老けないってことに決めたんですね。
いや、何を言ってるかわからないかもしれませんし、ポルナレフのアスキーアートは省略しますが、20代のころとあまり顔変わってないですよねえ。

波紋なのか、石仮面なのか、グレイトフルデッド被害者なのか、興味はつきません。

まーそれよりも本編ですよ。今回は3巻までにも増して、濃い内容でした。
家政婦の虹村さんの正体もスタンドも少しわかりましたし。
定助君の正体も少しずつわかってきた気がしますし。

ホリー・ジョースターもかなりヤバイ人だった。何かの影響でヤバイ人にされているのか、元からヤバイのかはまだ謎。

『カツアゲロード』に小林玉美がいないかどうか、必死で探したのは内緒です。

イヤな場所ですね『カツアゲロード』。

荒木さんは、相変わらず精神的にイヤなところを突いてくるんで好きです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月19日 (日)

地道な作業が続きます

バストール制作は、見た目あんまり進んでるように見えないので、小さめ画像で。

Zm130519_01


Zm130519_02


Zm130519_03


Zm130519_04


羽、いいなあ・・・(自作してませんが)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月18日 (土)

広島駅周辺で

広島駅周辺で
六百円で食べられるプチバイキングの店発見♪
ホテルの中なので、雰囲気が落ち着いているのが良い。
バイキングのメニューの中にあるコーンスープが薄くないというのも、素晴らしいの一言(たいてい薄いものと相場が決まってるので)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月16日 (木)

丸い卵も切りようで刺客

藤沢周平さんの「刺客 用心棒日月抄を読みました。
続き物、用心棒日月抄シリーズの中ほどの一編でしたが、前後の話と骨格上のつながりは薄いので、気にせず読めます。
Zm130516

そして・・・

驚いたんですが・・・

超優良エンタメ小説でした。

前回「暗殺の年輪」という短編集を読んだんですが、わりと救いの無い話ばかりだったんですよ。
それが今回は、
・超人VS超人
・恋バナあり
・ハッピーエンド

と、読んでて「藤沢さんどうしちゃったの?」と、変な気をまわすほどの振れ幅でした。

もちろん超絶娯楽エンタメだからと言って、「大衆に堕した」みたいなことではなく、主人公と刺客の対決シーンはどれも面白いし、政変の首謀者をあぶりだすという縦軸も良い。
主人公・又八郎の相棒、垢じみた巨漢ブサイク侍・細谷源太夫も愛嬌があって好き。

あらすじ「刺客 用心棒日月抄」
現藩主を亡き者にして、自ら藩主に成り代わろうとくわだてる黒幕が、江戸に刺客を5人送った。政変を食い止めるため、家老谷口の命を受け、我らがヒーロー青江又八郎は「隠密行動」のため脱藩して浪人となり刺客を追う。
がしかし、浪人となった青江は明日のオマンマにも困る身の上。江戸の口入屋から用心棒仕事をあっせんしてもらいながら、刺客との対決も繰り広げなければならない。家老谷口の娘兼女忍者ともイチャイチャしなければならない。忙しい。

面白いんですよ。5人の刺客との切ったはったの長編小説ですが、実は日銭稼ぎの用心棒仕事がつづられた短編集になってます。少し違いますがシティーハンターみたいな感じ。垢じみたセクハラ侍・細谷とともに、夜盗を懲らしめたり、結ばれない若いカップルの後押しをしたりという手間仕事の合間に、
「編み笠の男が立ちはだかった。誰あろう刺客の何某である。何々流のながれをくむ剣の使い手で~」
みたいな説明とともに、刺客がひとりずつバーンと登場し、主人公に切られていく。

刺客がこれまた適役なのに、全員正々堂々としてて好感持てます。切られますけど。

刺客の中でも随一と冒頭から言われ続けてた筒井に、クライマックスで果し合いを申し込まれ、読むほうとしてもいよいよ盛り上がってるところに、元金貸しの因業婆の用心棒を頼まれて、刺客との約束の刻限にちょっと遅刻する始末。
筒井「遅かったではないか」
青江「スマンスマン!前の用が長引いた。さあ、はじめるか」
で、お互い命ギリギリの死闘。

こんな面白い小説、今まで放っておいた自分が悔やまれる。
藤沢さんの小説はもっと読んでいこう。少なくとも用心棒日月抄のほかの話も全部読みたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月15日 (水)

週明け早々、日帰り東京はキツイですなw

昨日のスケジュール。

広島駅まで車で1時間
新幹線4時間
セミナー2回の計4時間
(カンペキ、喉やられました)
新幹線4時間
家まで車で1時間
(雑時間省く14時間仕事)

帰宅-深夜1時前

あまり文字にして考えたくないですね^^;

あと、歳をとったのか、2日後くらいに(新幹線移動)の肩こりが来るのがジミにきつい。

自分でスケジューリングしてるんで、自業自得ですが。
泊まって翌朝早く帰っても、半日つぶれちゃうんで、なるべく日帰りはしたいです。
家族と2日以上はなれるのさびしいし。

しかし新幹線往復で藤沢さんの本一冊読めたので良し。

今日は早く寝たい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月14日 (火)

思った以上にいいかも東京。

思った以上にいいかも東京。
関東の学生さんに向け、二回目の説明会でした。
一日2ゲームは正直シンドイんですが、楽しかったです。
今月はもう一度、上京します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月13日 (月)

ブラックロープ、ダークオーシャン

藤沢周平さんの「暗殺の年輪」。
読み終えてたんですが、まとめるの放置してました。てっきり長編かと思ってたんですが、短編集でした。
Zm130513

グンバツ(死語)に面白かったです。

基本的には「女は哀れ、男は愚か」そんな、暗いムードの小説。

○黒い縄
オチというか、骨格はバレやすいんですが、それでも面白いです。出もどり女の夢見話。
タイトルがあえて狙ってるのか、正直すぎますかね。

○暗殺の年輪
どうしようもなく救いがないですな。居酒屋の娘はかわいいと思う。

○ただ一撃
これも、あっちを解決するのにこっちを犠牲にするって話。フェミニズム団体猛抗議話ですが、良い話だと思います。

○冥い海
葛飾北斎ゲス野郎w

○囮
版画掘りの下っ引き内職。ザ・張り込み。

短編で面白いってのは、なかなか難しいと思います。凝るには紙数が少ないし、ペラッペラの内容だと誰も読まないし。
藤沢さんの短編は、骨格自体はシンプルで、
「あー、こういう筋立てでこういうオチになるんだろうな」
というところを気持ちよくなぞってくれて、なおかつ人物描写が細やかで厚みがあって面白い。

暗い話なんだけど鮮やかっていう、なんだか説明しづらい内容。

藤沢さんの作品、これからも色々読んでみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月11日 (土)

広島駅裏の隣なう

広島駅裏の隣なう
広島駅裏の隣なう
クーポン使ったとはいえ、ランチバイキング千円は安過ぎる!
黒カリーが絶品。
ラーメンが、自分でユギリチャッチャ出来るのもいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月10日 (金)

吹いたウーロン茶が月まで飛んだ

これはさすがに無理じゃね?

任天堂vs笑笑 新型ゲーム機の商標に居酒屋チェーン運営会社が異議申し立て

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130429-00000561-san-soci&1367308172

もう小説や漫画、TVなどで、「人がわらわら集まってきた」とか表現した時点で、襲いかかってくるわけですよね。

れはさすがに苦笑笑

 

 

 

このへんも、かなり笑える。いや苦笑笑い

他社 

モンテローザ

つぼ八

 八つぼ(裁判にて敗訴)

白札屋

白木屋

和民

魚民

青竜門

神竜門

モンスーンカフェ

ゴルトンカフェ(開店時はタイフーンカフェ)

バーミヤン

めでたや(開店時はバイミーヤ)

月の雫

月の宴(係争中?)

暖中

暖暖

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 9日 (木)

ずいぶん直球な名前

こないだ献血したときに、「複数回献血クラブ」というのに入会を勧められました。

とくに断る理由もないので入会。

そうすると、webで個人認証後、自分の献血履歴を過去10回分見ることができるようになりました。

便利な世の中になったものです。
Zm130509

(あの献血結果ハガキ、いつもどこにいったかわかんなくなっちゃいますしね)

今日、営業車で広島市内へ出かけている最中、ラジオで言ってました。若者の献血離れがはげしいと。

うろ覚えですが、20代だと献血経験者は1割に満たないと。

まあねえ。スポーツドリンクとウェットティッシュもらえるくらいですからねえ。なんか、よほど私のような変な嗜好でもないかぎり、誰も痛い目をみたがらないってことでしょうか。

悪くないんですけどね、献血・・・(弱気)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月 8日 (水)

実はアニメ「バ○マン」の方から入ったくらいのニワカです

昨日取り上げたあの作品。世間が盛り上がってる頃はあんまり真剣には見てなかったんですよね。漫画も映画も。
映画は話題作を見るくらいの温度で視聴して、ちょっと良いかなと思った程度。漫画は12巻もあるし、今から読んでいくのもシンドイなあと。で、もののはずみでブックオフあたりで何気なく途中の巻(ヨツバグループのあたり)を取って読んでみると。

予想以上に面白かったです。原作者の大場さんが入れる小さい笑いが好き。

そこから、そろそろ中2病をこじらせつつある坊っちゃん(すぐハマッた)と、あーでもないこーでもないといいながら、コミックス集めてるところなんです。
小6の坊っちゃんには早いかと思ったんですが、
「主人公ってひとりよがりの悪いヤツだよね」
と感想を漏らしてたので、正しい判断は出来てるようです^^

主人公の月君やLなんかよりも、「めっちゃ汗かいてるのに洞察力がするどいヨツバの紙村(ココリコ田中みたいな顔の人)」や「転落死体役でがんばるアイバー」なんかのほうが、見ててグイグイ持っていかれて好きです。

あくまで個人の感想ですが、7巻+映画の終わり方だったら、素晴らしかったと思います。

ただ、7巻で終わると、私の推しメンベスト3「メロ」、「シドウ」、「ジェバンニ」が出てこないことになるので困るんですよねえ。

ともかく、こうやって文字嫌いの坊っちゃんを少しずつ推理小説の方へ誘導していきたい。

画像はデス○○○○○ートってことで(文字多いがな)。

Zm130508

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 7日 (火)

人は誰しも心の中にジェバンニを飼っている

坊っちゃんの次の模試にそなえ、坊っちゃんの手書き解答を見ながら「模範解答プリント」と「虫食いプリント」を作ってるんですが、いつも坊っちゃんの解答に笑わされます。

【公民の問題より】
非核三原則〔もたず、つくらず、もちもませず

 

モチもませずってなんやねん。
餅くらい揉んだっていいじゃん。

 

高齢社会への対応:
老人ホーム施設の充実や、〔ホーヘルパー〕を増やす。

 

ホールヘルパーってなんやねん。
ウェイトレスさんに補助付けるんかいな。

と、夜中ひとりでツッコミ入れながらプリント作成しているわけです。

夜中、ひとり黙々と作業しているとき、だいたい私は脳内でジェバンニの活躍を夢想しながらガンバルことにしてます。

※すみません、ジェバンニが何者なのか、何をやった人なのかを解説すると、あの作品の壮大なネタバレになりますので、ここには書きません。「ジェバンニ 一晩で」とかでググると、詳しい解説が出てきます。興味のある方はそちらで。

 

劇中のその時点では『遅かれ早かれ、触った人間は死ぬだろうな』と思われていたアレに、意を決して触る男ジェバンニ。
Zm130507

 

ばれてたのか?ばれるように仕向けてたのか?ばれるように仕向けるよう思わされていたのか?もの凄い至近距離で、ばれずに尾行を続ける男ジェバンニ。
Zm130507_04

 

眼光のするどい黒スーツの男が、半径3メートル以内に24時間常にいたら、あなたは脳内に『尾行』以外の言葉を思い浮かべることができるか?それでも尾行と気付かせない、石ころ帽子男ジェバンニ。Zm130507_02

 

「一晩でニセモノを作ってください。間に合いますか?」と言われて「間に合う」と即答する男ジェバンニ。
Zm130507_03

以下、ウソ妄想
夜11時半のジェバンニ「外観をソックリにつくるだけで夜までかかったー!大学ノート50冊は使ったー」

夜中2時のジェバンニ「うわ!千山吾郎なのに干出五朗って書いちゃった。ニホンゴ難しいー。このページさしかえのために製本からやりなおしー」

夜中3時のジェバンニ「(コンビニのコピー機・・・)いやダメダダメダ!まったく同じボールペンで、同じ筆圧で、同じ筆跡で書くんだ!」

夜中4時のジェバンニ「ダメ、小休止。とりまカップ麺、喰おう」

夜中4時1分のジェバンニ「偽のページに坦々麺の汁が飛んだ。本物のページにも同じシミつけておこう」

夜中4時5分のジェバンニ「うわ、本物ページのシミの方が少し大きい。偽ページの坦々麺ジミ、もう少しひろげよう」

明け方5時半のジェバンニ「(ビクッ)ウヘア!30分ほど意識トンでた」

朝6時のジェバンニ「本物の方に、レスターの本名、書いてみようかな・・・いや、ダメダ、もう少しだ、頑張れジェバンニ!」

こうして世界の正義は守られた(かなりウソ)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月 5日 (日)

まさかの共有

坊っちゃんが何気なく履いているズボンをふと見て、

(もしかしたら履けるかも・・・)

と思い、借りてみたんですが、

ふ・・・普通に履けた^^;

ウエスト、きつくもなくゆるくもなく(うちの子はさすがにゆるゆるなので、ベルトで履いている模様)。

***

私165cm

坊っちゃん154cm

***

やばい、そろそろ股下で負けるのか(驚愕)

あいつどんだけデカくなるんだよぅー(←なぜか嬉しそう)

あいつが中学生になったら、間違いなく、あいつからデニムパンツ借りよう・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月 4日 (土)

仮面ライダーアートギャラリーに

仮面ライダーアートギャラリーに
仮面ライダーアートギャラリーに
仮面ライダーアートギャラリーに
仮面ライダーアートギャラリーに
行ってきました。
(撮影可のところだけ撮りました)
ヤベェ、めっちゃ興奮した。
村枝さんや島本さんの原画も興奮したんですが、石ノ森さんの原画ヤベェ。
凄いエネルギーに満ちてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 3日 (金)

悔しいですが、想定どおり

HGAB1/72ダンバインを購入。

(そして羽だけをいただく)

Zm130503_01


驚きのフィット感(下羽は取り付け方法決まってないのでしばらくお待ちください)。

Zm130503_02


悔しいですが、言うことがありません^^;

残った羽なしダンバインは、いやらしいくらいカービング入れて、銀塗装にも凝って、金持ちのレリーフみたいにして飾るか、ボロッボロにしてバストールの足元にころがすか、

あるいはガフランに改造するか・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月 2日 (木)

未だ未払金勘定整理は未実施ですという三重否定

払ってるの?払ってないの?払ってないことを記帳してないの?

じゃいつ払うの?

(自粛)

 

色々、仕事が詰まってます。決算に向けた、勘定整理とか。アレとかコレとかナニとか。

しかし、黄金週間なのだ。

休日出勤などしないのだ。

GW明け、どんなにつらくとも頑張るのだ。

来週月曜まで遊びまくるゾーー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 1日 (水)

消えた後継者が一人きりだって、いつから決め付けてた?

↑特に意味はありません。忘れてください

 

それはともかく、ファミコン探偵倶楽部「消えた後継者」を、坊っちゃんがゲームやってない隙に3DS借りてプレイしてるんですが・・・

予想外に難易度高かったですね、あれ。時間かかってます。

ていうかまだ途中なんですけどね。

①主人公は崖下に倒れているところを通りすがりのアマチさんという親切な紳士に助けられた。

②ショックによる一時的な記憶喪失で、名前しか思い出せないが、自分を保護しにきた女の子あゆみちゃんに、「あなたは私同様、ウツギ探偵事務所、ウツギ探偵の助手」と告げられる。

③あやしろ家当主の不審死を調べている最中に崖から転落したらしい。

④あやしろ家当主が死んで、長男があやしろ商事の実権を握るが、これも殺される。

⑤次男の手にあやしろ商事がころがりこむ。次男ウヒヒ状態。

⑥死んだ長男の息子(当主から見た孫)が行方不明。長男殺害現場に指紋あり。絶賛指名手配。

⑦あやしろ家の顧問弁護士カンダは、何度電話しても不在。

⑧ウツギ探偵も出張中。

⑨冒頭、自分を助けてくれたアマチさんは、推理マニアらしく、家に寄るとアドバイスをくれるが、わりと適当なことばかり言う(しかし親切)。

⑩あゆみちゃんはいつ見てもカワイイ。

⑪アマチさんが貸してくれたシャツが小さい。ピチピチ状態。

と、まあ現在こんな状況。事件自体はクリスティさんや横溝さんの小説でよく見る、オーソドックスな設定。
私のカン(というか記憶)が正しければ、そろそろ前編が終わります。

捜査に行き詰って、探偵事務所にもどり、あゆみちゃんとキャッキャウフフ状態のとき(嘘ですお互いの捜査状況を照らし合わせてる最中)、あやしろ家執事から電話がかかってきて、

執事「たいへんです、○○様が・・・○○様が・・・」
主人公「なんですって!!!!!」

後編に続く。

もうすぐそんな展開になるはず。

25年前、あんなにやりこんだのに、忘れてることが多くて楽しめてます。じっくりプレイしたい。しかし今日から、ファミコン探偵倶楽部第2段「うしろに立つ少女」が配信開始なので、「じっくりプレイしたいけど、あせってる自分」というモヤモヤ状態なわけです。困るなあー(なぜか嬉しそう)。

しかも来週からはグラディウスも配信開始・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »