« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月の26件の記事

2013年4月30日 (火)

GWにイベントが多すぎて困る

Zm130430_01
かしなり君を見るたびに、「ぜんまいざむらい」と「はなかっぱ」のつねなり君を同時に思い出してめんどくさい。
お菓子の博覧会は、行った人の話を聞けば聞くほど、私とは無縁の催しのようですので、ナチュラルにスルーしておきます。

それよりもこっちのアートギャラリーの方に行きたすぎる。
Zm130430_02
もっと長期で開催して欲しい(熱望)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月29日 (月)

春の収穫体験ということで

春の収穫体験ということで
郷原の里でダイコン抜きまくってます(ちなみに一本百円)。
キャベツもベリベリもいで一玉百円。
ダイコンもキャベツも、スーパーで捨てられるような部位もついててオトクです。
なにより新鮮さがポイント。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月28日 (日)

千葉さんが何を言おうが、聞いても驚きません

前々から気になってた、キョウリュウジャーのミニプラ(駄菓子のオマケ・・・いや、あの申し訳程度についているラムネのほうがオマケ?)を買ってみました。

(ちなみに腕は買ってません。ボディだけで十分遊べるんで)

制作はお嬢と私。

【恐竜状態】

Zm130428_01
 

【ロボ状態】

Zm130428_02


いやこれ、色でごまかされてますけど、かなり千葉トロンですよね。

ビーストメガトロンの変形機構(厳密には違いますが)をメタルスメガトロンのディテールに持ってきた感じ。

でも、同じ足を使いながらロボ時には太くなり、恐竜時には細くなるような機構は素直に凄いと思いました。

やるかどうかはともかく、千葉トロンに見立て改造するのは、そんなに苦じゃなさそうです。

時にキョウリュウジャーのエンディングを子供たちとぼんやり見てたんですが、演者のみなさん、綺麗なダンスを決めるじゃないですか。ここ数年の通例といいますか。

敵組織も全員踊りまくってる。

そのことに、違和感を感じてなかったんですけど、あれ、時代と演出がズレてたら、

「激しく踊るバンリキ魔王」

とか、

「華麗なステップのヘドラー将軍」

とかが見れた可能性があるわけですよね。

「(^▽^)←こんな笑顔で顔を左右にゆらす星王バズー」

とか・・・

いかん、萌えてきた。見てみたい・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月27日 (土)

57回目

57回目
行ってきましたー!
血を抜かれながら、「百回は無理ですよねー」ってポツリと言ったら、看護師さんから
「ダイジョウブ行けますよ」
と、激励と秘策をいただきました。
そうか、その方法なら、百回越えられるかも。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月26日 (金)

最初からわかってたことですが、問題は羽なんですよ

日々、少しずつでも手をかけるのが良いらしいです。
造形趣味に限らず、絵を描くにせよ、勉強するにせよ、本を読むにせよ、ゲームするにせよ。

そんなこんなでバストール造形。

※今日の画像は大きくなります
Zm130426_01

ロボット、フィギュア系は、下からアオリで撮らないといかんですな。少しでも上から撮るととたんに短足に見えてツライです。

しかしこうして見ると、ガフランらしさが消えてきましたねえ。
当初は見立てでGOと思ってたんですが、やってることはほぼ、岡プロのモナカ制作のようになっちゃいました。
これで「AGEシステムだー!」なんて言ってると、某所でお叱りを頂きそうで^^;

まあ、楽しんでプラモ作ってればそれでいいかな。
Zm130426_02

しまった。剣握ってるのに、鞘の中にも剣入れてた。ここは2本持ちってことで。

いちおう鞘に収まってる剣はダミーなので、抜き取ることもできます。
Zm130426_03

なお、剣の鞘は、当初「ジオン脅威のメカニズム・両面テープ」で貼り付けてたんですが、夏場といわず、いずれ劣化しそうなので、なんか取り付け方法を考えることにしました。
とはいうものの、取り付け冶具を考えるのがメンドウだったので、鞘とオーラコンバーター両方に、ダイソーの小さい磁石を埋め込みました。米粒くらいの磁石で、馬鹿にしてたんですが、あれ、すごい磁力ですね。
ガッチリホールドしてくれてます。

これからもっと活用しよう・・・

タイトルにも書きましたように、問題は、セミとかトンボのような、「透明で脈が這ってる羽」をどうするかですよ。

かかる労力と材料費(たとえば、薄プラ板に葉脈のような模様をリューターで掘って、大小2枚作って、型取りして気泡におびえながら透明レジンで複製)を考えたら、数百円で投売りしてるHGオーラバトラーを買ったほうが絶対安上がり&時間短縮なんですが、その後、薄羽の無いABが盛大に余るんですよねえ。。。

作りながら、他の手立てを考えてみます^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年4月25日 (木)

(アカン)

アアアアアアアアア!!!!!!

ファミコン探偵倶楽部・・・

「うしろに立つ少女」
Zm130424

まさか本当に来るなんて・・・

しかも5月1日配信開始。

坊っちゃんとの約束

「ゲーム購入は月に1本まで」

が、守られた(冷や汗)。

とりあえずあとはディープダンジョンだけです。

贅沢は言いませんから、任天堂さん。

なお、昨夜さっそく「ファミコン探偵倶楽部・消えた後継者」をダウンロードして、ニヤニヤしながらプレイ中。

人物構成がコ○ン君に激似なので、うちの坊っちゃんにも浸透しやすかったようで、

坊「僕も、父さんがクリアしたあとやろうっと」

と言うとります。うちの子にこの謎、解けるんかな~と、ざっくりしたあらすじを聞かせたところ・・・

坊「ここまで聞いた時点でのカンだけど、犯人って○○で××の人だよね? で、消えた後継者って◇◇のことなんでしょ」

五「い、いいとこついてるな(ドンピシャ)。あ、あんまり言うとあれだから、あとは実際、プレイしてのお、お、おお楽しみだな(震え声)」

おそるべし、小学6年生。なおコワイ物好きの坊っちゃんは、「うしろに立つ少女」の方が気になる模様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月24日 (水)

ストックとは言うものの

今回も残念な結果でした。
Zm130424_00
とりあえず、最初の壁はやはり厚いですな。

しかし1本また1本と作りながら逆に(今、なんかのはずみで賞取ってもどうにもならんな)と、思うことがあります。

なんせ、現時点でもストック2本ですしね。

これまた良いことなのか悪いことなのか、新しいものを手がけはじめると、前のものが急にしぼんで見える。

(これ、リサイクルするにもずいぶん手がかかるなあ)

てな感じで。前作をリサイクルするくらいなら、タマ数を増やしたい。
てか、今作ってるもののほうが明らかに面白い(個人的感想)。

因果な性分なのかもしれません。

というわけで、心置きなく次をがんばる所存です!

時代小説で、英語タイトルって、狙いすぎてスベるパターンですよねw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月23日 (火)

ディープダンジョン全4作が、3DSヴァーチャルコンソールでぞくぞく登場という夢を見た

↑寝起き時の心臓の動悸がヤバイ

5月納税、5月採用選考、6月株主総会と、総務経理はだいたい4月、虫の息です。
Zm130423
引き続きガンバリマス。

仕事でものすごく笑える現象があったのですが、いろいろコンプライアンス的に問題がありますので、書けないのが残念。

しかしゴールデンウィークは休みたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

ドラマ版のキャストを見て、ものすごくナットク

東京に出張の際は、泊まりなら2冊、日帰りでも大体1冊半は本を読もうと思っている私ですが、今回も、1冊半読んできました。

1冊目がこれ!
Zm130421

と大々的に紹介しようと思ってましたが・・・私、ガチで全然知らなかったんですが、これ、まさに今絶賛TVドラマ化されてますな?!

あぶなかった。あやうくまた、不用意に検索訪問数を上げるとこでした。
あぶないんで、とりあえず、表紙絵のみ。

で、もうひとつ私は失敗したのですが、シリーズものは、どこから読んでもだいたい大丈夫とタカをくくっていたら、この本、順番に読まないといけないようです。
ポアロやマープルや金田一やホームズなどに代表されるように、どこから読んでも大丈夫なシリーズではなく、この本は、三国志や水滸伝や宮本武蔵のように途中の4巻から読み始めたのではいささか内容がおぼつかないものになってます。

読んでハズレ無しの風野さんなので、オモシロかったんですけどね。
これはあらためて1巻から読み直してみます。

感想はそのときにでも。

そして1冊半の「半」のほうは今後半を読んでいる、藤沢周平さんの「暗殺の年輪」

まーはずれようがないですな。面白いなあ、これ。
藤沢さんの本も少しこれから気にしてみようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月19日 (金)

東京です。

東京です。
もっといえば新宿です。
ためしに、初めて関東の学生さんに向け、説明会を開いてみました。
楽しんでもらえたと思うのですが、何しろ私が楽しみました。
またやりたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月18日 (木)

最後の冒険

とうとう、個人的に待ちに待っていた、トミー&タペンスの「運命の裏木戸」を読みました。
ものすごいゆっくりなペースの小説です。
Zm130418_01

トミーとタペンスも、かなり高齢になってます。

にしてもやっぱりいいな~トミー&タペンス。ポアロ(整理の超人)やマープル(記憶の鉄人)のように超人然としてないところがいいです。
あくまでも普通一般人の二人が、別方向から二頭の猟犬のように、犯人に近づいていくところが、読んでてわくわくしました。
初登場時10代のエレベーターボーイ、アルバートが、重鎮執事みたいになっててそれも感激。

そして・・・「アガサクリスティーさんの作品を読破していくこころみ」ですので、いつかはこういう機会がやってくるのですが、ポアロやマープルほど有名ではなく、私もここ数年で初めて知った、愛すべき「おてんば娘と赤毛の青年」コンビの作品は、この運命の裏木戸がラストです。

あらすじ【運命の裏木戸】
終の棲家とばかりに、田舎家を買い取って引っ越してきたトミーとタペンス夫婦は、前の住人が委棄していった書棚を整理している最中に、無意味な語句にアンダーラインが引かれた本を見つける。アンダーライン付きの語句をつなげていくと、
「メアリ・ジョーダンの死は自然死ではない」
その本の持ち主だったであろう、アレグザンダー・パーキンソンなる人物について調べはじめると、彼は14歳で亡くなっていた。
メアリ・ジョーダンは殺されたのか?
不審死に気付いたアレグザンダー少年も殺されたのか?
はるか昔に起きた事件。トミーやタペンス以上に老い込んだ当事者たち、当事者から話を聞いた記憶がある人たち。犯人は、当事者が無意識に覚えていた記憶を消すことはできなかった。

「秘密機関」ではじめて出会った20代前半の男女コンビは、
「おしどり探偵」で気楽な探偵業(というよりなんでも屋)をはじめ、
第二次世界大戦中に「NかMか?」でドイツのスパイを暴きだし、
「親指のうずき」で少しだけ本格探偵っぽいことをして、
「運命の裏木戸」で集大成のような事件に挑む。

さみしいっすね・・・

トミーとタペンスは、老人になってもトミーとタペンスで良かった。
あの二人とは友達になりたい。
(もっと言えば「秘密機関」にしか登場しなかったのが惜しまれる、二人の協力者ジュリアスと友達になりたい)

でもポアロさんとは友達になりたくないなあ。ポアロ・ヘイスティングズコンビにであったら、まずヘイス君を脇に呼び寄せて、
「君、ホントにあのオジサンと友達?頭大丈夫?」
といいたくなるはず。いや、ポアロさん、優しいんですけどね(若い女性には)。

マープルさんも、友達になったら、こちらの情報を根こそぎ引きずりだされそう。しかも何年後かに事件解決のヒントとして使われたり。
マ「今回の事件は、あの早瀬五郎がブログを炎上させた件と同じケースだわねバントリー」
とか言ってそう。

それにしても、マープルさんも、あと1本「スリーピング・マーダー」しかないんですよねえ・・・

グラディスさん、今回はメイドではなくショップの店員。
Zm130418_02

続きを読む以降は備忘録。

続きを読む "最後の冒険"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月17日 (水)

早瀬五郎「ぼ、ぼくは だれだ・・・

つ・・・ついに・・・

Zm130417

 

如月弦太郎「ファミコン探偵倶楽部・・・
 
  

 


 

 

 



 

 



 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 



 


 


 


 

 
 

 

あかん、泣きそうや

冷や汗がやばい。

こんなん見せられて、来週まで、私はどうやって時間を潰せば良いんですか?

沙羅曼蛇が余裕で2周くらいカマせるようになったら買おうと思っていた、スペースハリアーや、月風魔伝が、那由他の果てまで吹き飛んでいく衝撃w

しかも前後編同時に出るなんて、今の子供たちは恵まれすぎ(プレイしないか、今の子供たちは)。

「消えた後継者」は、軽いジャブ程度なんでしょ?
こんなの、私2時間あればクリアできますよ。

夏には「後ろに立つ少女」が来るんでしょ?
いやむしろ「後ろに立つ少女」は夏に来てほしい。
20代のころ、犯人が正体をあらわして
五郎「ひぇあッ?!」

そこからもう一回どんでん返しがあって

五郎「げえええええー!」

ってのをもう一回やりたいw

そして秋には、ディープダンジョン来てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月16日 (火)

13年ぶりにジョジョの画集が

13年ぶりにジョジョの画集が
この秋、出るそうなんですが、、、

値段スゲーーーーー!

泣きながらへそくり貯めようっと。

商売が、うンまいなァー・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月15日 (月)

コス常滑川まことストコ

そんなわけで日曜日、家族揃って、ちらりとコストコに行ってみました。
(そもそも坊っちゃんの塾の暗記会なるものが、広島駅前校で月イチ開催なので、それに連れて行ったついで)

今は駐車場無料開放らしい(多分)ですが、いずれバカ高な料金を取られると思うので、様子見がてら、広島駅周辺の安い駐車場に停めて、そこから歩いてみました。

広島駅から歩くと結構ありますねw
Zm130415_02
良い運動しました。

あのスタジアムを直進で突っ切っていければ、もう少し近い。

そんなコストコ・・・
Zm130415_01

感想としては、私には、用のない場所ですな。

大量のベーグルとか、大量のポテチとか、大量の洗剤とか、そんなに必要ってもんでもないですしね。会員料金とか駐車場代とか考えると、業務用スーパーで用が足りる気がします。

ランチは少しテンションあがりますけどねw

180円でマスタード、ケチャップ、たまねぎかけ放題のホットドッグは美味いというほどではないけど、ボリュームは折り紙つき。鉛筆削りみたいなのをぐるぐる回して自分でたまねぎ刻むの楽しすぎ。

あと、デカイ紙コップ渡されてコーラ飲み放題は少しテンションあがりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

闘将!トーショーメン

あまり、劇的な変化は無いんですが、一応バストール制作記。

※今日の画像は大きくなります。

Zm130414_01

足の爪にボールジョイント埋め込んでますので、地味に表情は付けられますが、モールドいれることを考えると、最終的に可動範囲は狭まりそうです。

ガフランに詳しい人にはおわかりと思いますが、ランチャーは手のひらの機銃(?)をとっぱらったところに出来る穴に差し込むようにして保持してます。
利用できるものはなんでも利用するって考えです。

ふだんこのポーズで立たせてるんですが、
Zm130414_02



どうも刀削麺を削ってる人にしか見えなくて困ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月13日 (土)

コストコ行った人から

コストコ行った人から
ケーキのおすそ分けをもらいました。
大判コミックスくらいの大きさなんですが、これで六分の一くらいとか。
覚悟がいる大きさです。

味は、うまかったです(^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月11日 (木)

タツノコ無双

↑ポリマーやキャシャーンがどんなに頑張ってもハクション大魔王やタイムボカン勢が持っていっちゃうんだろうなあ。
ひそかに「ポールのミラクル大作戦」チームに期待したい。

☆ ☆ ☆
見てなくて恐縮ですが、キャシャーンはずいぶん昔にに実写化されましたよね。
ヤッターマンもマッハGoGoGoも実写化済み。

で、このたびガッチャマンが実写化と。
順調にタツノコは実写路線を行ってますね。

実写ガッチャマンのデザインを見たんですが、あれ、ガッチャマンというよりジェットマンに近いですな。
Zm130411

スパイダ~♪

出来がどうなのかはともかく、多くの人の目にふれるのは良いことだと思います。

こうなると、ハクション大魔王よりも樫の木モックよりも、いなかっぺ大将に期待がかかります。
大左衛門を誰がやるかはともかく、どうせ菊チャンも花チャンもゴーリキーチャンがやるんですよね。ゴーリキーちゃんの顔は川崎のぼる顔だと思います。

巨人の星と競演しても違和感ないんだし^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年4月10日 (水)

本文を縦に。インド人は右に。アンルイスは左へ。

今更ですが、
日没が緩やかになりましたね。
はなびらもかなり散り、
結局、今年は花見に行けなかったなあ。
ココアをアイスかホットかで悩む気温。
ンゴロンゴロ保全地域は良い景色かな。
記述に脈絡がないですが、
願のJOJO1部1巻、レンタルDVDで見る。いいねb
本道路交通情報センターの座本さ~ん?

「はい、国道2号線、雨により路面が滑りやすくなっております・・・」

なお妻はケーキを焼いた模様。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年4月 9日 (火)

街中で他人を写さないって

街中で他人を写さないって
苦労しますね。
今日は広島市内。
ちょーーーーーーーーーーーーーーーーーーうメンドクサイというか、神経使う仕事が、多分片付いた(気がする)。

造形班と読者班は、暴れてもいいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 8日 (月)

愚小説とグッド小説のあざやかな対比

読書班、さぼっていたわけではないのですが、とある本を1冊読むのに、モノスゲー時間かかってました。

で、結局、読めなかったです。私にしては、めったにないのですが、読んでる最中にギブアップです。この小説はもうこれ以上読めない。
なんか、誹謗中傷みたいになるのはイヤなので作品名とか書きませんが、世の中にはヒドイ小説もあるもんです。
この人の小説は二度と買うまい。

時代小説です。
犬公方将軍綱吉の娘(架空の人物)が一目ぼれした二枚目同心と事件解明に乗り出し、それに光圀もからんできて・・・

こう書くと、姫、同心、綱吉、光圀と、顔ぶれ悪くはないんですが、とにかく登場人物がバカばかり。

読んでてまったくたのしくない。
半分は読みましたが、ここから盛り返すことはおそらくありえないでしょう。経験から言って、面白い小説は1ページ目から面白い。古典作品になればなるほど、構造がシンプルになり、ほぼ間違いなく1行目から面白い。
この作品のように、読んでも読んでも面白くならない小説が、後半から盛り返すとは考えられない。

あまりにもヒドイので、口直しに、クリスティさんの作品に手を伸ばしました。

いいなー。クリスティ。

小説というものはある程度は知的探求心を満足させて欲しい。
Zm130408_2

あらすじ【メソポタミアの殺人】
中東の遺跡発掘隊で、陣頭指揮をとるライドナー博士の美人妻ミセス・ライドナーが、何者かに撲殺された。
部屋は密室。ミセス・ライドナーの付き添いをしていた看護婦は、たまたま別事件の調査で現地に来ていたポアロという名の探偵に協力し、事件の真相を探る。ミセス・ライドナーは、過去離婚を経験していた。その1度目の亭主が、恨みを抱き、姿を変え、彼女を殺しにやってきたのか?

※「看護婦」は原文ママ

クリスティさんの「中東もの」のなかの、一本。2度目の夫の遺跡発掘調査について行ってクリスティさん自身が見聞きしたこと、感じたことが、小説のディテールとなって生きてます。

この小説はフーダニットです。動機(ホワイダニット)や奇抜な犯行方法にも(ハウダニット)ももちろん驚きますが、それを飲み込んだ上での、誰が犯人か?の衝撃がすごい。

小説というものは、少なくとも読んでる最中に膝を打つような、驚きと発見に満ちててほしい。登場人物がこぞってバカさ加減を競うような小説は読みたくない。

続きを読む以降は、書店で次を探す私に、絶賛役立ってます。備忘録、減ってきたかな?

続きを読む "愚小説とグッド小説のあざやかな対比"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 6日 (土)

今月号の電撃ホビーマガジンでテンションあがる

オーラバトラー特集、よかったですね。無理な注文ですけど、あれ1年くらい連載でやってほしいです。

さて、ランチャー無いといくらなんでも寂しいだろうということで、手持ちランチャー作り中。

※今日の画像はクリックで大きくなります。

Zm130406_01_3

お!五郎のやつ、めずらしくまじめに計測してプラ板工作してるな?と思うとさにあらず。

Zm130406_02


 

ガンタンクの腕を縦割りにしてハの字にして別なパイプを一本はさみ、後部はガフランのあまりパーツでザックリ作ってプラ板を面ごとに貼り合わせて作ってます。意外とそれらしく見えます。

ゼット「(最初からプラ板でいいんじゃ・・・)」

とにかくヒマがあると電ホ見てニマニマしてます。テンションあがるけど作業もとまるぅ~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年4月 5日 (金)

ビーフオアビーフ?

ビーフオアビーフ?
新歓じゃーーー!
今日はすき焼きスキーで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 4日 (木)

おなじみドリフトのコーナーリング(ド・ド・ドリフト大爆走♪)

もしも江戸時代にiPhoneがあったら
↓↓↓↓↓

http://portal.nifty.com/kiji/130403160209_1.htm

さすがデイリーポータルさん、着目点が憎いです。

五人組クシィも笑ったし、アプリ「陣太鼓の達人」~四十七人ドドンがドン~もなんかくやしいwww

こういうネタ思いつきたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月 3日 (水)

祝儀戦隊イワイジャー!!

「合格レッド!」
「就職ブラック(企業)!」
「成人ゴールド(紋付)!」
「マタニティブルー!」
「結婚ピンク!」

合格レッド「祝儀袋に願いを込めて、続け幸せ、包めピン札!遠い親戚呼ばれて参上!いいよ取っとけ・・・」

全員「イワイジャー!」
(爆発エフェクト)

合格レッド「いくぜみんな!フトコロ具合を見せてやれ!」
全員「オオォ!」

6月ごろに、追加戦士で「全快ホワイト」が加わります。入院してたんです。

***

どうでも良い前置きのときは、本文の方が短めです。

こないだ娘が勝手に作った「アンパン戦隊アンパンジャー」という戦隊の設定を、娘から丸投げで考えさせられていたのですが、どうしても
「アンパンブラック!」
「アンパンホワイト!」
「アンパングリーン(抹茶餡)!」
「アンパングリーン(うぐいす餡)!」
「アンパングリーン(ずんだ餡)!」

と、どうもバランスが悪くていけません。
アンパンブラックは製法によってレッドとブラックに分けられるかもしれません。どちらにせよ小豆ですが。

バラエティ感を出すとしたら、金箔入りのアンパンゴールドぐらいしか無いですな。
さくら餡のアンパンピンクは春を過ぎたらリタイアしそうですし。

5体合体アンパンロボとか、アンパンバズーカとか、おもちゃにしても売れないだろうなあ。

お嬢ちゃん、アンパン戦隊は無理があるよ。デンジブルーだけでいいよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月 2日 (火)

アマゾントモダチ

アマゾントモダチ
約千円する、ウェーブ軽量エポキシパテが六百円ほどで買えました。
送料かからないところは、ホントに便利です。
便利は便利なんですが、これだと店を構えて商いやってるところは厳しいっすよねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 1日 (月)

野球中継みつよし

せがわさまさきさんの「十」1巻を読みました。
(原作:魔界転生)
Zm130401
これ・・・何巻くらいまで持ってくつもりだろう?
やっぱ10巻で納めるのかな。

内容はとにかく面白いです。

でも、これ・・・柳生十兵衛が主役ですよね?
1巻読み終えた時点で、まだ出てきてないんですけど・・・

天草君も主役のひとりなのかな。
(原作未読)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »