« 平らげる清盛 | トップページ | オムライスランチに »

2012年12月22日 (土)

死体を発見するのは、だいたいいつも、犬を散歩させていた老夫婦

↑いろんな日本の推理小説読んでて、最近痛感しました。

海外はそんなことないですけどね。

アガサクリスティーさんの、「死の猟犬」を読みました。
Zm121221_00
短編集です。

前半、ちょっとホラー風味があり、苦手なジャンルです。
「ホラーがコワイ」とかそういうことじゃなく、超常現象がオチになったら、もうなんでもありじゃんてことになるので、苦手。
途中まで本格風で、オチがファンタジーの作品も苦手。

○死の猟犬
 えーっていう爆発事件。厳しいですな、このオチ。

○赤信号
 勘の良い男。骨格はゆるめ。

○第四の男
 えーっていう電車の乗り合わせ客の話。

○ジプシー
 もう一押し欲しい。

○ランプ
 うーん道連れ。

○ラジオ
 イイゾ。シンプルながら、こういうの待ってた。

○検察側の証人(小説版)
 小説版の方はオバチャン連呼なしですか。

戯曲版【検察側の証人】抜粋
レナード:
いいえ、とんでもない。そんなことしませんよ。でも、オバチャンは・・・まあ、そう思い込んでいるようだったし、おれが妻のことなんかいつも持ち出してたら、オバチャンもおれに興味がなくなるんじゃないかと思ってね。オバチャンに金をねだりたくはなかったけど、でも、おれ、一つ車の部品を発明したんですよね。すごくいいアイディアなんです。だからオバチャンを説得して資本を出してもらったら・・・いや、それだっておれが金をもらうわけじゃなくて、金はオバチャン名義のままでいいんです、それにオバチャンもすごくもうかるわけだし・・・ああ、どうも説明しにくいけど、でも、ほんとにおれ、オバチャンにたかったことなんかありませんよ、信じてください、先生、それだけは絶対ありません。



○青い壺の謎
 骨格は、シンプル。もしかしたらコメディ。

○アーサーカーマイクル卿の奇
妙な事件
 えーーーーー・・・

○翼の呼ぶ声
 謎ですなあ。哲学的なんですかな。

○最後の降霊会
 ドロボー。いやですな、このオチ。

○S・O・S
 まあまあ。惜しいと思う。

半分苦手で、半分はもうけもんて感じでした。

出張すると、読書がはかどります。あとが使えてますんで、読書感想サクサク行きます。

続きを読む以降も、減ってきました。

【未読リスト】

12:メソポタミヤの殺人
14:もの言えぬ証人
15:ナイルに死す
28:鳩のなかの猫
29:複数の時計
31:ハロウィーン・パーティ
33:カーテン
46:スリーピング・マーダー
50:運命の裏木戸
53:謎のクィン氏
73:チムニーズ館の秘密
74:七つの時計
75:愛の旋律
77:未完の肖像
83:死が最後にやってくる
84:忘られぬ死
89:娘は娘
91:愛の重さ

|

« 平らげる清盛 | トップページ | オムライスランチに »

読書班-アガサ棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138294/48411735

この記事へのトラックバック一覧です: 死体を発見するのは、だいたいいつも、犬を散歩させていた老夫婦:

« 平らげる清盛 | トップページ | オムライスランチに »