« ゲルショッカーのおきて | トップページ | 隕石は去った »

2012年12月24日 (月)

にしんのパイ現象にはなってません

父は私が子供の頃、クリスマスになると、一斗缶を改造して簡易オーブンを造り、鶏の丸焼きを作ってくれました。中ににんじんやジャガイモを詰めて。

私が成長するにつれ、野菜詰め鶏はやらなくなったんですが、孫が出来て復活しました。

Zm121223_02

焼いて届けてもらったものを、我が家でオーブンで追い焼き(外がパリっとするので)するのですが、これがンマイ。

子供たち、毎年大喜びです。

けして、魔女と宅急便のにしんのパイのようなことにはなってません。

外は上記のごとく、北京ダックばりにパリっとしており、中はフワフワ鶏状態。

毎年ありがたく平らげさせていただいております。

仕上げは、妻土台作成に飾り付け子供たちのケーキを食べて、もう満腹です。

見た目のゴテゴテ感はご愛嬌。

Zm121223_01

あとはサンタが夜中にくるだけ。

|

« ゲルショッカーのおきて | トップページ | 隕石は去った »

ふたり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138294/48452975

この記事へのトラックバック一覧です: にしんのパイ現象にはなってません:

« ゲルショッカーのおきて | トップページ | 隕石は去った »