« ジーク&ジークorフリート&フリート | トップページ | マーク2 »

2012年8月17日 (金)

壁の厚さ実感

ぼやかして書きますが、某賞の今年度応募総数は1423だそうです。

で、1次通過はたしか97ほど。残念ながら我がほうは通過しなかった側なのですが。

10%いかないのはすごいですね。まあ千四百余という応募数も凄まじいのですが。

とりあえず、

「近所の公園を毎日走ってるんですが、なにかのはずみでホノルルマラソン出てみました。7時間近くかかりましたが完走できてよかったです」

といった完走じゃなかった感想(若干負け惜しみw)。

去年の冬の途中くらいで少し思ったんですが、あそこはエンタメと純文の距離がものすごく近い気がします。エンタメと言いながらも、「謎解きは晩飯の直後に」みたいな楽しませるエンタメより、「苦役トレイン」のような、人物描写、文体の剛直さが求められてる気がします。

あとは得体の知れない破壊力のある作品とか。

てなわけで、私も少しは傾向というのを考えてみることにしましょう。身の丈にあったところに応募したいなと。あの審査員5人に読んでほしいからみたいな不純な動機ではイカンなと。でオール讀物とか買って来たりしてます。

あと、ただ捨てるのもモッタイナイので、廃品利用も考えようっと。

ブログの文章はあいかわらず支離滅裂ですが、去年の今頃と、今とでは、文章の作法みたいなものが多少は理解できたので、無駄では無かったです。引き続き、気長にやっていきたいなと。

そのうえで「す○る」に帰ってきてもいいですしねー。

ご協力いただいた皆さんにはひたすら感謝。また変なメールするかもしれませんが、ナマ暖かい目で見てやってください。

|

« ジーク&ジークorフリート&フリート | トップページ | マーク2 »

雑記2012」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまです。
有名なものには人が集まるので、なかなか壁は突破できないですよね。
今回は出してないですが、私もしばしばこの時期に、立ち読みしてガックリ肩を落として店を出て、ヤケ食い(笑)をしてました。
自分の場合は、廃品利用を考えることで、ちょっと気が楽になりました(せっかく創ったものが無駄になるのは辛いので・・・)
ゆっくり頑張りましょう~。

投稿: かもねぎ | 2012年8月18日 (土) 14時04分

かもねぎさん、ありがとうございます。

>しばしばこの時期に、立ち読みしてガックリ肩を落として店を出て、ヤケ食い

^^;ものすごく同感です。今回、キッチリと同じような体験しました。
何十回と推敲したのですが、今数ヶ月たって読み直すと、いろいろ「ん?」と思うところもありますので、廃品利用はまじめに考えたいと思ってます。
(アガサさんも、デビュー作「スタイルズ荘」は5社ボツだそうですし)

今更ながらいろいろと各社調べてみたのですが、「松本清張賞」とか「アガサクリスティ賞」とかあって、「大層すぎて」笑います。
他にもあまたの賞がありますので、受賞作の傾向をみながら、楽しんでチャレンジできればと思ってます。
そもそも、今突然受賞して「先生、次の作品を」なんて言われても、私、ストックのスの字もないですからねー^^。積み上がったボツ作品が、足したり引いたり砕いたりされたうえで、ストックに変わってくれれば、それはそれでいいかなと。

ゆっくり頑張りますよーー!
かもねぎさんも頑張ってください!

投稿: 早瀬五郎 | 2012年8月19日 (日) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138294/46727358

この記事へのトラックバック一覧です: 壁の厚さ実感:

« ジーク&ジークorフリート&フリート | トップページ | マーク2 »