« 一輝が瞬の変わりにデスクィーン島に行くって言ってなかったら、アンドロメダ一輝になっていたか? | トップページ | 西へ東へ »

2012年4月 3日 (火)

よくよく考えると、重いテーマなんです

NHK・BSでやっていた名探偵ポワロシリーズの「オリエント急行の殺人」を今更ながら観ました。
http://www9.nhk.or.jp/kaigai/agatha/poirot_04.html

良かったです。

重かったです。

この物語自体、何を書いてもネタバレになりますので、あまりあれこれ書けないのですが、社会倫理的に考えて、犯人を許すのか許さないのかで言えば、どんな事件であれ、犯罪者は許しちゃいけないわけですよ。

ただ、あだ討ちに関して、許すのか許さないのかで言えば、エンタメはそこに名作が数々ありますので、(エンタメに限っては)許容範囲かなと思うわけです。

それがダメってなると、忠臣蔵もダメだし、正義のヒーローも、マシンマンとレスキューポリスシリーズ以外はほぼ全員ダメになるわけです。

※そういう意味では最近のヒーローは人間から生み出されたエネルギーとか、最初から人間以外のモンスターとかそんな物を相手に戦ってますね(モンスターならいいのか?という問題もありますが)。

正義が正義側の都合でルールを作ってはいけない。

神がいなかったからといって、自分が神になりかわってなどと考えてはいけない。

なので、昔の名作「オリエント急行殺人事件」(アルバート・フィニー版)は、ハッピーエンドで終わるわけですが、今回のデビッド・スーシェ版は違います。
正義に対する捉え方が、今と昔では違うからなのか、視聴者の考え方が多様化してきたからなのか、犯人とポワロの対決が痛すぎます。

それはもう、観ててツライくらい、ポワロは悩み続け、犯人を断罪し、恫喝し、痛罵をあびせて、

五郎「あー、これ、結末変わるかも」

と、観てる私に思わせつつ…

ここから先は言えない。

すばらしかった。

犯人が、エゴっぽく見える部分があるのもまた、演出的にすばらしい。

こういう、骨太な作品が観たい。

※作品に敬意を表してポアロではなく、ポワロと書いております。

|

« 一輝が瞬の変わりにデスクィーン島に行くって言ってなかったら、アンドロメダ一輝になっていたか? | トップページ | 西へ東へ »

雑記2012」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138294/44741078

この記事へのトラックバック一覧です: よくよく考えると、重いテーマなんです:

« 一輝が瞬の変わりにデスクィーン島に行くって言ってなかったら、アンドロメダ一輝になっていたか? | トップページ | 西へ東へ »