« 連休なんで | トップページ | サントリーの翼とかサッポロの翼とかはありません »

2012年1月10日 (火)

暴飲暴読


意味:コーヒーがぶがぶ飲みながら、本をバサバサ読んでいく幸せ

東野さんの「赤い指」読みました。
Zm120110

あらすじ【赤い指】

犯人がクズ。

そのまわりにいる人間も、人間以下のクズ。

このお話・・・数年前の広島の事件が下敷きになってますかね?あの小学1年生の女の子がダンボール箱詰めの遺体で発見された事件。
もう、こうやって書いてるだけで胸が悪くなってくる事件でしたが。

小説のほうはもちろん犯人の造形は全然変えてあります。そういえばあの当時立て続けに子供が誘拐されましたね・・・

主人公の刑事コンビは、読み手のはるか先を行ってる加賀刑事と、読み手の少し後ろにいる松宮刑事と、セオリーどおりのホームズとワトソンになってて素晴らしいです。

このシリーズもう少し読んでみたいなと思ってたら見つけたのが「麒麟の翼」でした。今が旬!というものはあまり手にとって読まないんですが、本屋で延々、流されてる劇場予告映像に負けました。
被害者役の中井喜一さん、いいなあ。死の直前、日本橋の麒麟像のもとまで、ヨロヨロ歩いていく映像と、懸命に何羽も折鶴を折っている映像にやられる!

もうすぐ読み終わります。

|

« 連休なんで | トップページ | サントリーの翼とかサッポロの翼とかはありません »

読書班-その他の読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138294/43689576

この記事へのトラックバック一覧です: 暴飲暴読:

« 連休なんで | トップページ | サントリーの翼とかサッポロの翼とかはありません »