« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月の26件の記事

2011年12月31日 (土)

大晦日だというのに小旅行

大晦日だというのに小旅行
で福山に来てるわけですが、脈絡もなく、かっぱ寿司。
イシモチ美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月30日 (金)

連休に入ったんでバイキング三昧

連休に入ったんでバイキング三昧

惣菜系が素晴らしい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月29日 (木)

ドラえもんの「ハジメテン」という道具が欲しい

すき焼きだって、毎日食べてると、さすがに10日目くらいで、感動も薄れる気がします。アガサさんの「そして誰もいなくなった」だって100回も読み返すと、さすがに電話帳を読むような、「字を追う」レベルになっちゃうと思うんですよ。

初読のインパクトって、どうやって出せばいいんだろう。

あまたの指南書的なものを見ると、一週間くらい置いてから、「嫌いな人が書いた文章を読む」くらいのつもりで読みなさいなんて、書いてあります。

いやー、一週間くらいじゃあねえ。誤字脱字や文章のゆらぎなんかは、見つけることが出来ても、そのものズバリの「面白さ」とか、「謎解きの意外さ」とか、「登場人物の露出の順番」とか、もう、そういうことは、全然新鮮味がなくて、よくわからないです。

ガチで電話帳レベルw

まあ、それはともかく、年末年始のおやすみに入りましたので、造形班もマッタリと。

バーナーさんの顔、意外と複雑です。
Zm111229_01

あと、中古ショップで乾君を見つけたので鮮やかにゲット。
Zm111229_02

多分、世界中のファイズの可動フィギュアが、1度はこのポーズ取らされてるはずです。

改造するとしたら、カメラモスキートとか、レンズアリとかかなあ・・・あれ?レンズアリの顔作って、体を金銀に塗り分けたらもう完成な気が・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月26日 (月)

真ん中を行くのは難しいなぁ(←と思い悩まないこと)

中央労働災害防止協会さんのHPでストレスチェックを見つけました。
みなさんもぜひ、お試しください。

仕事のストレスチェック
http://www.jisha.or.jp/web_chk/strs/strs01.html

最近1ヶ月のストレスチェック
http://www.jisha.or.jp/web_chk/strs/strs02.html

あなたから見た、家族のストレス具合チェック
http://www.jisha.or.jp/web_chk/td/list_f.html

私は基本、細かく考えないたちなので、緑寄りです。赤寄りになる人要注意!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月25日 (日)

今日は、かにバイキング・・・

今日は、かにバイキング・・・
うちの坊っちゃんのほうが、蟹のむきかたが上手いのはどうしたことか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月24日 (土)

クリスマスケーキ制作中・・・

クリスマスケーキ制作中・・・
土台を炊飯器で作り、クリームと飾りは子供二人でやってもらいました。

うまそう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月23日 (金)

まさか宇品に・・・

まさか宇品に・・・
ドンキホーテができていたなんて・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月22日 (木)

モチズキ!

モチズキ!
お嬢ちゃんが、学校行事のモチつきのモチを丸めて持って帰ったので美味しくいただきました。
ちょっと食べるのもったいなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月21日 (水)

やっぱり世界が変わっても、ビンに爪を集めるんですかあの人

Zm111221_01
ジョジョリオン1巻買いました。
待ったですねー。スティールボールランの次巻を待つよりも、待ち時間が長く感じられました。

感想は文句ないです。やはり杜王町は最高。
荒木さんのコメントで、「第四部とはまったく関係無い話です」と、言い切ってますが、言い切ったことにより、逆に遠慮が無くなったというか・・・

冒頭、広瀬ヤスホ(康一の康に稲穂の穂)という女子大生のモノローグから始まり、最初に出会うのが後にジョースケと呼ばれる記憶喪失の男。
Zm111221_02

ジョースケ(あだ名)は、自分が何者なのかを確かめるため訪れたマンションの一室で何者かに攻撃され・・・
Zm111221_03

広瀬康一じゃなかった広瀬康穂さんは、ぜったい困ってる人を見捨てない。

もう1巻で十分おなかイッパイです。ありがとうございます、荒木さん。どこまでもついて行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月20日 (火)

デストロンの新怪人「マウスドラッグ」

↑怪しいクスリをばらまくネズミ怪人。もちろんサンドイッチマンに扮してちんどん屋を率いて団地をまわり子供たちを誘拐する。

***

この10日ばかりで、今日が一番モチベーションが高いです。
ここんとこず~~~~っと熱が7度ちょいくらいあってですね。メンドクサイですよね、7度ちょいくらいの熱。
もういっそ9度超えておけよって感じ。

会社休むほどじゃないし7度。

休むほど暇もないし12月。

先週生還!といいながら、すぐ病み倒れておりました。

クスリもめっちゃ飲んだんですけどねえ。

注射もメッチャ打ったんですけどねえ。

調子に乗らず、
しばらく自転車通勤は止めておきます。
(↑あきらかに治らない原因これだよなぁ)

おとなしく、がんばります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月17日 (土)

健啖家ピンチ!

健啖家ピンチ!
ロコモコセット食べたあと、ワッフル6枚しか入らなかった・・・と思ったんですが、昨日のが響いてんですな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奇跡の生還

いやー。いまだから言えるんですが、伏せっておりました。

ブログとかfacebookで「熱が○○度あるー」とか書いても、見た方も困るじゃないですか。

「いいね!」ボタン押すかどうか悩むし。そもそも病気自慢か!て思われるかもしれないし。

なので、更新はおやすみしておりました。

しかし、昨日は忘年会だったし、大事な社員二人も寿退社の送別会もあったしで、とにかく朝医者に行って、デカイ注射打ってもらって強引に熱と痛みを取り去りました。

送別会参加できてよかった。

日付変わって深夜店を出ると雪がふっててビビッタ^^;

まだ、声の出具合がイマイチなんですが、ともかく、いろんなこと、ゆるゆるがんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二次会は・・・

二次会は・・・
寿退社二人の、ちょっと泣ける送別会。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月16日 (金)

忘年会ちゃん!

忘年会ちゃん!
すき焼きかしゃぶしゃぶの二択です。
ともに食べ放題。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月12日 (月)

コウモリ→吸血鬼→URYYYYという感じで

淡々と画像を貼っていきます。

Zm111212_01


Zm111212_02


Zm111212_03


Zm111212_04

手のひらがアホほどデカイのはモンスター→末端肥大という私の好みの問題。
以上です。いろいろがんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月11日 (日)

ハッピーバースデー自〜分〜♪

ハッピーバースデー自〜分〜♪
ローソクはランダム。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年12月10日 (土)

披露宴なう

披露宴なう
披露宴なう
お二人お幸せに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結婚式ちゃん!

結婚式ちゃん!
私じゃないスよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 8日 (木)

デストロンの新怪人「ベアリングベア」

↑一秒間に1億発のパチンコ玉を発射するツキノワグマ

忙しいです。メッチャ忙しいです。仕事が。

もう、オブラートにくるんで言う余裕もないくらい、メッチャ忙しいです。

しかし、夜な夜なバーナーさんにパテを盛るのだった。
Zm111208_01 Zm111208_02 Zm111208_03

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月 7日 (水)

デストロンの新怪人「ニホントウニホンカモシカ」

広島では現在、古畑忍者風呂(第一シーズン)の再放送をやっています。

と、ついおとといほどに気付きました。
そんなわけで、坊っちゃんにゴーカイグリーンの名乗りポーズをしながら
「録画予約入れておいてよ~」
と頼んでおいたのを、昨夜見てた(ゲストが旧・坂東八十助さん演じる棋士のやつ)わけですが、妹を相手にバトスピやってた坊っちゃん(小学4年生)が、手を止めて食いついてきました。お嬢(小学1年生)の食いつきはイマイチ。

ただ坊っちゃんは見逃しましたが、お嬢は立会人が立花のおやっさんであることに気付きました。
嬢「あ、ライダーのおやじさんだー」
坊「え?仮面ライダーWの?」
五「マテマテ!Wのおやっさんはこの放映当時は『ビーマーベーベービーマーベーベー』て永遠に連呼してたから違うよ」
嫁「連呼してたのはホテイさんの方じゃないかしら」
坊「何を言ってるのかわからないよ」

坊っちゃんは、マザコン風の竜人(田村さんに対する超絶友情出演)を見て
坊「え!あっちの方がレベル上なの?」
との感想。
五「そうだよ、あんな対局中にアメ玉しゃぶってるような子供じみた竜人に、米沢8段は負けられないんだよ」
坊「うーん、確かにあの人には負けたくないよね」

坊っちゃんは犯人特定の決め手のひとつ「飛車の差し手を急に変える」のをかなり不思議がってましたが、謎解きのところで「あ~~~~~!」てなってました。

イイゾ!
多分、再放送は第一シーズンで終わると思いますので、他は随時レンタルで借りてきますか。

少しずつ、坊っちゃんを中2病ミステリー好きに導いていかねば!

個人的には藤原さんと石坂さんのダブルゲストの回が好き。
あと、時代劇俳優と相対したとき、田村さんに「これホンモノじゃないですよね~」って素人っぽく日本刀握らせるシーンがシニカルで好き。田村さんに日本刀持たせるのって、高橋英樹さんや松平健さんに日本刀持たせるよりコワイですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 6日 (火)

数あるなかからこれってのを選んでいく試み

その1

まー・・・これかな。もう少し人数のいるバージョン探したんですが無いですな。

 

その2

これもググればいっぱい出てきますが、トータルバランスならこれがお気に入り。

ライブには勝てないですけどね。細かいことどうでもいいから、もっとドカーン!て爆発してるやつが好き。探して出てこなかったですが。

 

その3

ないんだなこれが。独唱の方が伝わり感はあるかな。

にしてもドンピシャなのは無い。↓このひとのタップリなタメ具合は好き。

以上、個人的に好きな歌3曲でした。

 

 

 

オマケ

カラヤンさんのバージョンがカッコイイんですが、歩いてくるこの人の演出が好きw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 5日 (月)

ほんとうのことを言うと

どっち?って言われたら、私は迷わずミサ曲です。

↓サンクトゥス、ベネディクトゥス

↓キリエ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 4日 (日)

千本ノック&サンドバックって感じ

今日の日記はまあ、あまり深く意味を追求せず、流し読みの方向でよろしくメカドック(古い)。

小説すばる12月号をゲットしました。
Zm111204



第24回小説すばる新人賞の受賞作の発表と、審査員5人の方の選評。編集部から選外の人たちへのアドバイスなどが載っておりました。
応募総数1,341で、最終選考に残ったのが3作品とのこと。

なんかの今後の参考になるかなと、考えつつ読んでみたんです。
まあ、結果として、頭文字Dの藤原君の助手席に乗った池谷先輩の気分を味わったわけですがw

締切が3月末で、審査日が9月中頃。
なるほど、千数百の内から「下読みさん」と呼ばれる人たちの選定があり、何割残るかわかりませんが、そこから編集部さんの熟考を経て、絞られて残った3本が「5人の審査員」といわれる方のところに届くのに半年くらい要するわけですね。

で、選評、読んでみたんですが、応募したひと、心折れるだろうなあ・・・
応募とか関係ない門外漢の私でも(うわ~)て思いますもん。
とくに、今回は5人の審査員の方々の間でも合意点がなかなか出せなかったようです。

以下超抄出(選評原文はもっと長大で厳しく優しい)ですが、
※ここまで書いておいて、選者と作品名を伏字にする意味なんて無いんですが、まあ、なんとなく。

阿○田高さん
A作品:結末が取ってつけた家族愛で、泰山鳴動して…の感がぬぐえない。
B作品:完成度高く、そつがない。しかし1作だけを選ぶということで、別作品を推した。惜しい。
受賞作:欠点が多く弱点もある。読みにくいところもある。が、他にない独自性を推す。しかし一層の研鑽をお願いしたい。

キビシー^^

 

五○寛之さん
A作品:キャラが立っていない。
B作品:文体、会話の呼吸、プロの水準。理解不能な部分がまったくない美点が仇になったか。
受賞作:破壊力を評価した。次作がどうなるかも楽しみ。

キ・キビシー^^

 

北○謙三さん
A作品:構成がちぐはぐに見えた。人物に情念も欲しい。
B作品:相当に高い完成度。私は「新人賞における完成度」をあまり評価しないがそれでも良作と思わせた。しかし2作受賞まで行けず涙を呑んだ。
受賞作:力業。私のようにその世界を詳しくない人間をも楽しませた力量を認める。弱点を排除して、次作に挑んで欲しい。

ハードボイルドな怖い人というイメージですが、なんか、他の選者より優しいイメージ。

 

ご存知!宮○み○きさん
A作品:複雑な筋書きを、懸命に追いかけた結末にしては肩透かし。
B作品:センスがいい、普通に読むならこれが一番面白い。しかし既視感の集大成のようで、遠慮なく言えば「優れたコラージュ」。独自性を出して欲しい。
受賞作:「今回は該当作無し」を一瞬考えたが、他の選者の論考を聞いているうちに見方が変わってきた。

おそらく、3作品どれもお気に入りではないご様子・・・さすがキビシイですねえ。

 

村○由佳さん
A作品:人の悪意の凄みが感じられないし、結末に興醒め。小説ではなく、壮大なあらすじ。
B作品:完成度は高いがすべてが平均点の枠内。破れてもいいから、大きなものをねじ伏せる作品を書いて欲しい。
受賞作:大きな構造的欠陥を持つ作品。書き手だけが見ることのできる世界を「どうだ」と我々の前に見せた才を買う。

一番キビシイーー!

 

抜き書きなのに、この5人の作家さんのハードパンチャーぶり(笑)
1,341本から選ばれた3本でもこの千本ノックぶり。壮絶。

でもしかし、書いてあることはなんか、いちいちごもっともで、目からウロコ落ちますね。

このタイミングでこういうのが読めるのは、ありがたいことです。色々とためになります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月 3日 (土)

週イチでソレイユの予感

いつものパンバイキングのお店なのですが、誕生月なので、コースメニューが割引でした。
なので、ちょっと贅沢してサラダつけーの、
Zm111203_01

チーズフォンデュハンバーグ頼みーの、
Zm111203_02

デザートでシメーの
Zm111203_03

もちろん各種パンも美味しくいただきました。

幸せでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 2日 (金)

需要が無くて困ってる人の話と、需要があっても困ってる人の話

  __T__ 
(( ((=゚P゚=)) ))
  ( 口 )
  

「ボクドラエモンデス」

タケコプター短ッ

ネットで残念なニュースを拾ってきました。

■「小学三年生」「小学四年生」来年2月売り号で休刊■

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=1202&f=column_1202_002.shtml

坊っちゃんが来年4月から5年生なので、影響ないものの、来年4月の時点で2年生のお嬢ちゃんには、先々読むものが減って残念ですなあ。

☆☆☆

全然関係無いんですが、ググッてwikiに行く度に、困っている外人さんの顔が名前の上に来て、壮絶な違和感が・・・

Zm111130_01 

 

ございます!いわれても・・・

Zm111130_02  

 

一人だし。

Zm111130_03

お願い出だして結構長い気がするんですが、そんなに寄付集まんないんですかねえ。

あんだけ全世界に言ってるんだから、すぐ集まりそうなもんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 1日 (木)

デストロン怪人に「カサコウモリ」がなぜいない

造形班は今や「息抜き班」と化し。

読書班もかなり沈黙。

Zm111201


イカファイヤー作りたいなあ( ´_ゝ`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »