« ワッフル家族 | トップページ | インフォメーション的な路地ぃ »

2011年10月25日 (火)

髪結いの浅次郎さんが途中からイッコーさんで脳内再生され始めて困る

宮部みゆきさんの「おまえさん上・下巻」を読み終えました。
Zm111025

井筒平四郎のシリーズはどれもサスペンスやミステリーの味わいを出しながら、最終的には柔らかい着地をさせるので好きです。
あからさまな大団円は実は嫌いな方なんですが、井筒さんのシリーズはこれでいいです。いや、これがいいです。

あらすじ【おまえさん】
往来で背中から一太刀に切り殺されていた素っ町人。調剤室で背中から一太刀に切り殺されていた薬屋の主人。川に浮かんだ夜鷹の死体もまた、背中から一太刀で切り殺されていた。つながらない3人と犯人を結ぶのは何か?井筒平四郎の甥で河合屋の五男で超絶美少年の弓之助が、誰も気付かなかった犯人を推理だけで割り出す。

上巻も下巻も、そうとうなボリュームなんですが、まー宮部さんの本なので、難なくスイスイ読めます。

かといって平日午前2時まで読んではいけません。

今日は早く寝ます。
(でも残り200ページくらいになると、もうブレーキ踏めないですよねえ・・・)

平四郎、弓之助、三太郎、政五郎、お徳さんと「ぼんくら」「日暮し」からのレギュラー陣もいっさい欠けることなく登場し、満足の活躍を見せますが、さらに今作から河合屋の五男・弓之助の兄、三男・淳三郎と、平四郎とタッグを組む若い同心間島信之輔が加わり、物語により厚みをもたせてます。

超絶頭脳に加え、登場する女性陣をほぼ全員虜にする美少年・弓之助も、たいがいファンタジーなんですが、その兄の淳三郎はさらにファンタジーでした。

そうだ、今までの井筒さんのシリーズで、このキャラクターはいなかったですわ。美形はたくさん出てきた記憶はありますが、「美形で、コミュ力が甚大で、軽く(←ここ重要)、馬鹿っぽく見えて実は頭が良く、品がある」この難しいカテゴリーのキャラはいなかったですよ。
仮面ライダーフォーゼのジェイクに物凄い頭脳をプラスした感じ。

淳三郎、面白かったです。チラとだけ出てきた長男と、次男、四男の出番は今後あるのか?

で、今作の主役「間島信之輔」の登場です。

読む人によって違いはあると思いますが、私は間島様が主人公だと思ってます(井筒の旦那は進行役)。

最初の小さな乱闘事件に、目に鮮やかな十手術を引っさげて颯爽と登場し。
途中メイン事件とのかかわりにおいて懊悩し。
最後に謎のままだった十手術の最終奥義で締める。

カッコイイ!

・・・しかし・・・イケメンじゃないんですよ。むしろ顔の出来は作中で常に残念と評されるほど。

宮部さんの作品で主要キャラが容姿がよくないって珍しいですね。
平四郎がなにかにつけ「(これでもう少しだけ顔が良ければ・・・)」と嘆くほど。

【おまえさん上巻】
おまえさん一~十八

【おまえさん下巻】
おまえさん十九~二十一
残り柿
転び神
磯の鮑
犬おどし

最後まで読み終えてサブタイを並べると、「おお!」と、なかなか来るものがあります。

犬おどし、なるほどねえ。転び神、なるほどねえ・・・

磯のあわびの片思い・・・悲しいねえ。

面白かったです。お徳さんの料理描写が少なめなのがちょっとだけ残念。

井筒さんの次のシリーズがあるとして、間島様はもう出ないのかな。レギュラー陣というよりは、「主役にしてゲストキャラクター」そんな扱いです。

あと、絵に描いたような三男坊・淳三郎はあのままでいいんですが、弓之助さんはそろそろ進路を決めてほしいです^^

|

« ワッフル家族 | トップページ | インフォメーション的な路地ぃ »

読書班-ミヤベニア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138294/42671930

この記事へのトラックバック一覧です: 髪結いの浅次郎さんが途中からイッコーさんで脳内再生され始めて困る:

« ワッフル家族 | トップページ | インフォメーション的な路地ぃ »