« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月の29件の記事

2011年7月31日 (日)

かぶとくんの引越し

先週から家族の一員となったかぶと君、昼間は土中で完全沈黙なんですが、夜になると大暴れで、置いてあるゼリーもキッチリ完食してるし、畑作ですかってくらい土を掘り返しまくってるしで、なんとなくいままでの「ちょっと大きめ虫かご」では不憫に思えてきて、大きめタッパに変えてみることにしました。
ホームセンターに売ってある、お米とか、野菜とかを一時いれるような感じの大きなタッパです。
密閉してはまずいので、ふたに空気穴としてスリットを入れてやるともう、かぶと君の豪邸完成です。
いままでより2倍以上、大きくなりました。
Zm110731_99
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Zm110731_01

心なしかかぶと君もうれしそうです。

加えて、ミニ切り株のゼリーを入れておく穴が深すぎて食べ辛そうなので、ポリパテで底上げしておきました。
Zm110731_02
これで残さず食べられるでしょう。

あと、坊っちゃんは今日私の父(大工)に連れられて父の仕事場で夏休みの工作宿題を作っていたのですが、
Zm110731_04
そのとき廃材でかぶと君の遊び道具も作ってきてました。
Zm110731_03
坊っちゃんお疲れ様です。
かぶと君もメッチャ喜ぶと思うよ。

その引越しとか木のおもちゃ追加といった一連の流れを、お嬢はまた日記にしてたんですが、内容がほのぼのしてて親バカですがいいです。
あの文章には勝てない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月30日 (土)

最後の夢、はじまる

全百回の西遊記を読んで、まとめ記事にしようってのは実は長年の夢です。ブログはじめるまえからの。

ちなみに
「ファイアーエムブレム全員レベルMAX旅レポート」
「ファイナルファンンタジー黒魔法使い4人でクリアレポート」
このふたつも十数年来の夢。

この3つがかなったら、もういつブログやめてもいいくらい(いや、やめないですけどね)。

だからこれが最後の夢です(FE日記半分残ってますけど『やりたいテーマに着手』という意味ではこれが最後)。

結構何回も読んでるんですが、さすがに第三十八回ってどんな話?と急に振られると思い出せません。
なので、百回を手短にまとめて行きたいなと。

西遊記に興味ない人には全然面白くない日記ですので、ご注意ください。
これ読んで「西遊記って殆ど知らないけど読んでみようかな?」と思う人が現れたらハッピーです。

最初に言い切ってしまいますが、西遊記の登場人物で誰が好き?と言われたら、ソッコーで

沙悟浄

です。沙悟浄ってカッパですよね?って言われるとちょっとムカっと来ます。そう思っているのは日本人だけです。

次点が

二十八宿※(とくに奎木狼)

※28人の星の将軍
 
だから、まとめ日記といいつつ、それらのキャラが出てくると無駄に描写が厚くなる可能性もありますが、そのへんも生暖かく見守っていただければと。

逆に悟空なんかは私の中で全然順位が低いです。まだ3つの鈴を振るオオカミ妖怪賽太歳とか、虎力大仙、羊力大仙、鹿力大仙の3兄弟の方が好き。


そんなわけで、まず1巻目。
Zm110729

第一回
霊根を孕み源流が出ずること
心性を持し大道が生じること

石から産まれた石ざるは花果山水簾洞の猿の王になるが、不老長生を求める旅に出て須菩提祖師に弟子入り。何度読み返しても水簾洞の滝の構造が理解出来ないのは秘密。

第二回
妙理を悟り菩提を得たること
妖魔を断ち元神に合すること

祖師から名を貰い、仙術・きん斗雲・不老長生等を学ぶが増長から破門。故郷に帰るが混世魔王が暴れており、これを真っ二つ。

第三回
四海も千山も手を拱き伏すこと
冥界で十類の名を尽く除くこと

花果山の守りを固めたい悟空だが混世魔王から奪った刀がショボイ。老ザルの知恵で東海龍王から如意棒、北海龍王からクツ、西海龍王(こいつのせがれはいずれ三蔵一行の馬になる)から鎧、南海龍王から冠を強奪。四竜王内心ムカムカ
悟空は六大魔王(牛魔王含む)と義兄弟の契り。
ある日冥界に引き立てられ冥府十王から寿命ですよと通達されるが、十王を散々脅し付け閻魔帳に書かれた自分とその眷属の項を塗り潰して(二度目の不死ゲットだぜ!)無事生還。
これらの悪行はことごとく玉帝の耳に。玉帝は怒り、討伐を検討するが太白金星は懐柔策を思い付く。

第四回
弼馬の官など面白からぬこと
斉天の名にも満足できぬこと

天界に連れて来られた悟空は弼馬温の職を拝命し、天馬の世話を真面目にやるが、官位など無いに等しい木っ端役人と知り、大暴れの末、故郷に逃走。追っ手として以後、取教の旅のさい何かと世話になる「手のひらの上に塔を乗せた男・托塔李天王」とその三男「火輪車に乗った哪吒三太子」が迫る。托塔李天王の先峰の巨霊神をコテンパンにし、続く三太子と三頭六臂どうしの対決。押され気味の托塔李天王と哪吒三太子は玉帝に半ギブの相談。玉帝はやむを得ず、悟空が斉天大聖と名乗るのを許し、天界蟠桃園のそばに斉天大聖府まで作ってやるが・・・

第五回
大聖 蟠桃を乱し丹を偸ねること
諸神 天宮に反く怪を捉えること

西王母の言いつけで蟠桃園に蟠桃勝会用の桃を取りに来た七仙女だが、熟れた桃はあらかた桃園の管理をサボる悟空自身に食い尽くされていた。仙女から宴会情報を聞いた悟空はこっそり会場に忍び込み、準備中の料理、酒をガッツリ。千鳥足で兜率宮に迷い込み太上老君の作り置きの金丹をポリリズム。先の宴会場から酒瓶奪ってまた逃走。
もうガマンできない玉帝は、天界から托塔李天王、哪吒太子、九曜星官、二十八宿、十二元辰、六丁六甲、五方掲諦、四値功曹、東西斗星、南北二神、五岳四涜ほか全天の星官で花果山を包囲。待ったなし。

先鋒の九曜星たちは軽くヒネられ敗走
続く四大天王と二十八宿は午前8時から日暮れまで善戦。
双方痛み分けで翌朝へ。

第六回
観音 会に赴いて原因を問うこと
小聖 威を施して大聖を降すこと

話変わって観音菩薩。蟠桃勝会が開かれてないことを不審に思い、弟子の恵岸と玉帝のところへ。玉帝から窮状を聞いた観音は恵岸とともに陣中見舞い。
観音&恵岸は、営門で二十八宿の4人虚日鼠、昴日鶏、星日馬、房日兎すなわち四日禽星に取り次ぎの申し入れ。※昴日鶏(ぼうじつけい)はいつかまた、単独で出てクルヨ。この人ウスラとぼけてるけど本性現したら強いよー!
四日禽星から報告を受けた托塔李天王はすかさず恵岸を悟空の元へ。ちなみに恵岸は托塔李天王の2子。哪吒三太子の兄貴。
しかし期待させた恵岸は早めにギブ。「ぼく、参りました」など「それがし」だった一人称が「ボク」になってしまう腰くだけぶり。考えた観音は顕聖二郎真君を推薦。真君は悟空と互角。がっぷり四ツの様子を、武闘派じゃない天界の住人たちは雲の上から高みの見物。
 
観音菩薩「盛り上がってキタワァ・・・私、あの猿めがけてペットボトル投げつけようと思うんですが(ウソです甘露水の入った浄瓶です)
 
太上老君「それ割れちゃうともったいないんで、わしのゴールドアクセ投げつけてやりますよ」

ヤジ馬いや、太上老君が金鋼琢を投げ付け悟空の脳天に命中。
悟空よろけたところにジロー真君の犬が噛み付いてついにお縄。
犬コロ、強ェエのかよ!

第七回
八卦炉の中より大聖が逃れること
五行山の下にて心猿を鎮めること

天界に引っ立てられ、斬妖台に据えられた悟空を刀、斧、槍、剣、炎、雷でさんざん打ちすえても、かすり傷一つつかない。太上老君は八卦炉で四十九日焼き続け、「さてさすがの妖怪も灰燼に帰したか」とフタを少しあけた瞬間悟空は飛び出しざまに炉を蹴り壊し、ふたたび天界でおお暴れ。玉帝はついに釈迦如来に助けを求める。
ここから有名な流れ。
釈迦「お前は何ができる?」
悟空「俺様は何だってできる」
釈迦「では私の手のひらの上から(以下略)

釈迦により悟空は五行山に押し潰され、御札を貼られて封印された。

第八回
仏陀 経典を造り極楽を伝えること
観音 聖旨を奉じ長安に来たること

南瞻部洲の荒廃ぶりがヒドイ。
釈迦「ここにある三蔵の経があれば、平和なのになあ」
観音「じゃあ、私が今から長安の都まで行ってお坊さんをスカウトしてきます」
釈迦「ルートを正確に逆走でお願いします。ひとッ飛びで行かず、道のりの困難さを確認してください」
観音「了解です。恵岸、ついてらっしゃい」

観音&恵岸は多分道中いろんなものを見たんですが、読んでる人へのネタバレを恐れてウヤムヤとしたまま広大な河、流沙河に到着。
水中から青膨れの妖怪が現れた!恵岸と青膨れはしばし打ち合う。
青膨れ「あの上空にいるお方は?」
恵岸「アホかお前、あれが観音様だぞ」
青膨れ「へへーorz」
青膨れの水怪は実は捲簾大将という名の玉帝のお側役だったが(御簾(高貴な人の前に下がってるスダレのこと)を巻き上げる役だから捲簾大将。ほんとはもっと色んな仕事も同時にこなす高官)、蟠桃会の時、宝の器を割って天界からこの河に落とされ、ウィークリーで何百という剣が降ってきてわき腹を刺される(上空から振ってきてわき腹を突く剣の軌道を考えたら負け)。ひもじいので、ここで取教の坊主を襲って食べ、骨は河に捨てていたが9人の坊主だけは頭蓋骨が沈まないので、首からかけることにした(←ここ超重要)。
蟠桃会の時、器を割ったのは悟空が暴れた際のドサクサか、普通の蟠桃会の時ウッカリで割ったかは不明。マチャアキの西遊記では悟空大暴れのドサクサで割れてる(←原因は悟空w)。

諸説あるそうですが、取経の9人の坊主とは死ぬたびに転生する三蔵法師という説があります。長安をスタートしてこの流沙河まで来たものの、捲簾大将の成れの果て妖怪に殺され、転生してまた長安で生まれてからスタートという説。1回目から9回目までの三蔵にしてみれば、捲簾大将の成れの果て妖怪がラスボスですね。めでたく10回目の冒険でここを突破できたのは、多分10回目の冒険でやっと「不老不死の魔王にして妖怪ハンター」の悟空が加わったからなのだろうと思います。思うだけの個人的な推測です。
この西遊記という物語自体が10という数字に特別な意味を持たせたいようです。全10巻だし、1巻に収められる話も10回分だし。だから10回目の旅が成功の旅。いきなり最凶魔王が味方になり、龍王の息子(当然龍)が馬の代わりになり、読者代表のような八戒が入り、ここでラスボス沙悟浄が加わる。これで成功しないわけが無いという布陣です。

長くなったのでササッと行きますが、観音は妖怪に沙悟浄と名付け、取教の僧侶が来るまで待ちなさいと言い置いて次へ。
次に襲って来るのは豚のバケモノ。やはり恵岸に「コラッ」と言われて観音へ服従。トン怪も天蓬元帥という水軍の将だったが、エロ行為で罰を受け、魂だけ地上に投げ落とされた際、雌豚の口から体内に飛び込み、子豚として生まれてしまうという、ちょっと想像つかない下落ぶり。天界の将軍(それも結構高位)から子豚妖怪ですよ。エリートサラリーマンからニートどころじゃないですな。
やはり観音から猪悟能(のちに八戒というアダ名がつく)という名前をもらい、取教の僧侶待ち。

観音「そろそろシンドイんで空飛んで行きますか」
と言っていると、中空に龍がぶら下げられていて泣いている。
泣きの龍「西海龍王の息子なんですが、宝の玉を焼いてしまい、今処刑待ちなんです」
ひらめいた観音は玉帝のところへスッ飛んで行き、助命嘆願。許してもらった龍の子を鷹愁澗という河に放流し、取経の僧侶が来たら、馬に変じて共をするようにと。

ほぼスタート地点(あくまで観音菩薩ちゃんの距離感で)の五行山で、シュンとしてるあれから500年間生き埋め悟空をもうちょっと待ちなさいと諭して長安に到着。

第九回
袁守誠 算は妙なるも私心は無きこと
老龍王 計は拙にして天条を犯すこと

 
あのですね。

この第九回と、続く十回は、長安の太宗皇帝の身にふりかかる、死と再生の物語なんですが、西遊記と100%関係無い話なので割愛。
九回冒頭の漁師と猟師の掛け合いはラッパー対決みたいな感じで、当時の人達は楽しめたんでしょうね。
私は作業のように読みましたが。

第十回
二将軍 宮門にて鬼を鎮めること
唐太宗 地府より魂が還ること

同上。多分、全百回にこだわった編者が組み込めそうな他の伝承を入れ込んだ感が強いです。

 
第一巻は以上です。

短くまとめたかったんですが、やはり二郎真君が出る第六回と観音・恵岸コンビがルート逆走で長安へ行く「ある意味三蔵を除くレギュラー陣の顔見せ」第八回は長くならざるを得ないです。実はフルメンバーそろって旅にでるあたりからの方が中身は薄いと思われ。

次回2巻でいよいよ三蔵登場!!

ちなみに、PC上はともかく、私の骨董品のような古い機種の携帯では哪吒太子(なたたいし)の「なた」の漢字が表示されません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月29日 (金)

金曜の夜なんだから必殺見なきゃでしょ!

「必殺DVDマガジン2ndシーズン 九」をあざやかにゲットしました。
Zm110729_00
今まで1stシーズンも、2ndシーズンもずっとスルー(ライデン瓶の西順之助と、前号、仕事人激闘編の壱、弐、参のとき、一瞬悩みました)してきたのですが、うらごろしだけはスルーできない。

朝日とともに殺しを始めるのも新鮮だし、

「先生」、「若」、「おばさん」というコードネームも新鮮だし、

殺しのテーマ曲が微妙に明るくアップテンポなのも新鮮だし、

和田さんのエンディングテーマもカッコいいし、

うらごろしは楽しみすぎるぅー。

てか、うらごろしはDVD-BOXの購入を真剣に考えよう・・・

参考動画:翔べ! 必殺うらごろしエンディングテーマ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月28日 (木)

カブトムシも兜を脱ぐレベル

かぶと君は昼間じっとしていて、生きてるのか?と不安になりますが、さすがの夜行性。夜になるとごそごそしはじめます。それまでは地面にもぐって土の感触を楽しんでいるようです。
Zm110728_01

朝方見てみますと、設置していたゼリーを食い散らかしておりまして、笑えます。アイツ大食漢だなあ。

もうちょっと広いケースがいいかなあ。倒木邪魔かな?とも思ったんですが、あの下にグリグリもぐりこんでて、避暑地にしてるんで、置いておくことにします。

娘の絵日記、「かぶとむしと仲良しになりたい」という文章がグッと来ます。
Zm110728_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月27日 (水)

諺に課金をつけて課金システムをディスる

もちろん、当人が楽しめているのでしたら、まわりがどうこう言うものでは無いですけどね。ただ公取が文句言ってくるくらいのシステムは、控えたほうがいいんじゃないですかねって話で。
 
 
 
以下、ことわざに課金を足して新しいことわざを作るテスト。
 
 
朝の課金は福が来る、夜の課金は盗人が来る
いや、朝だろうと夜だろうと、盗人が来るようなもんでしょう。

案ずるより課金が易し
いや、案じていたほうがマシ。
 
医者の不課金
この手の人は課金しない。
 
入り鉄砲に課金
そういうのはいいんじゃないすか。

課金の衆

クスッと来た。
 
策士、課金に溺れる
溺れてはいけません。
 
ヌカに課金
のれんに課金

手ごたえのない課金てイヤですね。
 
猫に課金
豚に課金

意味のない課金てイヤですね。
 
押してもだめなら課金しな

世のタダゲー的なものは基本そうでしょ?
 
河童の課金
猿も木から課金
犬も歩けば課金
弁慶の課金どころ
虎は死して課金
獅子はわが子を課金
3人寄れば課金
2階から課金
タナから課金
薮から課金
急がば課金
宵越しの金は課金
来年のことを言うと鬼が課金
鬼の居ぬ間に課金
鬼に金課金

石の上にも課金
急げ、みんな課金だ!どこからでも課金だ!どんな手段でも課金だ!
 
弘法も課金のあやまり

弘法大師「いやん、500円の筆アイコン欲しい~」
 
板垣死すとも課金は死なず
利用者の利用者による運営のための課金
ブルータス、お前も課金
それでも課金で回っている
死せる孔明生ける忠達を課金させる
翼よあれがパリの課金だ
「課金でござる!浅野殿、課金でござるぞ!」
「お放しくだされ梶川殿、今一課金させてくだされ!」

気がつけばことわざじゃなくて名言でした。しかも最後らへん名言てわけでもないし(汗)

金持ち課金せず

今日の正論。いるを量っていずるを制すの精神で。

聞くは一時の課金、聞かぬは一生の課金

いや、けしてそんなことは。

義を見て課金せざるは勇無きなり

「このゲームで課金された一部は寄付に」ってシステムがあるくらいならハナからゲームしてないで満額募金したい。
 
風林課金

課金すること火の如く
 

同じ穴の課金
課金は寝て待て
昔取った課金
課金に美味いものなし
焼け石に課金
桃栗三年課金八年
旅の恥は課金捨て
なんとなくワロタ。最後らへんダジャレかよ。
 
泣き面に課金
盗人に追い課金

非道がまかり通ってますね。
 
課金したいときに親は無し。
タカる気まんまんですね?


課金盆にかえらず

そりゃそうです。
 
課金は友を呼ぶ

お金で友達を買ってもいけないし、売ってもいけません。
 
課金の大木

インターポットですか?

課金のなる木

インターポットですか?

木を見て森を課金

インターポットですか?
 
海老で課金を釣る

インターポットですね?

まかぬ課金は生えぬ
インターポットですわ!
 
 
反面教師的だったり、正論だったりと、意外にもまともなことわざが出来た気がします。
 
 
 
↓は家主ココログさんの課金システム・インターポットですが、私は無課金です。
課金しなくても(すればゴージャスな庭になるんですが)、そこそこは楽しめます。
・・・て言っておかないと家主さんに追い出されますからね。楽しめるか楽しめないかは当人次第ですし。
この育成行為に意味を求めると果てしなく不毛ですので、「どこまでいってもヒマ潰し」くらいの認識で楽しむのが吉かと思われます。
庭一面、ししおどしにして(このシステム、音も鳴るんです)、コンコンコンコココココンココンて鳴らしまくりたい。
インターポット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月26日 (火)

旧球場の窮状

Zm110726
今日はお仕事でメルパルク広島へ。
メルパルク行くとき、いやがうえにも旧市民球場の横を通るんですが、中途半端な壊し具合でしたね。ヒーロー物のロケに調度いいんじゃないですか?東映さん?

あ、でも安全面でGOが出ないかな?

さて仕事終わりに100円ショップに寄り道して、「腐葉土」、「高たんぱく高カロリー黒糖虫ゼリー」、「保湿剤」、「切り株・のぼり棒等」、「霧吹き」など購入してまいりました。

今から「早瀬かぶとくん」のおうちを整備したいと思います。

子供たち、いまや遅しと待ち構えてます。

待っててねかぶとくん。

もう食パンに浸したハチミツとかじゃなくて、高たんぱく高カロリーの黒糖虫ゼリーをごちそうするよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月25日 (月)

兜くん

兜くん
嫁さんが、野生のカブトムシをゲットしてまいりました。
子供二人、大喜びです。
お嬢ちゃんが「かぶとくん」と名付けました。
※かぶとちゃんでもいいそうです。

かぶとくん、君のすべてを持って、子供たちに命の大切さを教えてあげて下さい。

追伸
明日、腐葉土とミニ切り株とゼリーを買って来るんでもう少し仮住まいでガマンしてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月23日 (土)

もう一回、小説の方読み直そうかなって思いました

DVDレンタルがはじまって以来、『レンタル中』が続いていたナルニア国物語「アスラン王と魔法の島」を借りてきました。

(原題「朝びらき丸東の海へ」)

エドマンド役の子とルーシィ役の子、もう「子」っていえないくらい大きくなりましたね。で、精悍な顔立ちになってきました。小説版のあらすじでも書きましたがこのふたりに、あらたにいとこのユースチスが加わり、壁にかけられた「航海する船の絵」からナルニアに引き込まれるのですが、このシーンでもう鳥肌レベルなんですよ。

こりゃやばいなって思ってたんですが、案の定、涙腺破壊の映画でした。

ユースチスは非常にすばらしい。てか、ユースチス役の少年、演技が上手すぎる。

そりゃね、あのネズミの騎士との一連のやりとりで泣きますよ。

ユースチスとアスランふたりきりのシーンも、ほんとうにヤバイ。

色々の冒険の末、最終の地(まさかあの一面の白い花が浮かぶ海をほんとに映像でやるとは思いませんでした)でエド、ルー、カスピアン王子、ユースチス、ネズミ騎士の5人が、それぞれ、一番大事と思っている何かに別れを告げなければならないんですが、エドとルーは、もうアスランから「この世界にくることはできない」宣告されますので、次回以降映画が作られたとしても、もう出演できないわけですよ。その思いが役者さん通してあふれてて、ライオン王アスランとの別れのシーンはグッと来ました。

(カスピアン王子はまだ、特殊メイクのカスピアン老王で出られる可能性ありますし、実子リリアン王子ができるかもしれませんので、まだ役者さん的にも余裕ありそう)

それよりも、次、映画(銀の椅子)が作られたら主役になるユースチスとネズミの騎士とのお別れのシーンが、もうねえ、あれはズルイよ。あんなにイヤなやつだったのに、ユースチス。ひどいよ、上手すぎるだろう、あの役者さん。安定の演技力ですよ。

感動しました。原作が冗長なのを、どうにか駆け足で2時間の映画に落とし込んだ感はありますが、それでも無理なく感動できました。

これはオススメできます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月22日 (金)

やはりカギ爪で地面を掴んでてほしい

地道に進めていきますゴッドスパーカー。

Zm110722_01

 

ウィングの手前に足(カギ爪?)をつけてみました。これで機首をふることが出来るようになります。

軸受け的に心細いところですが、クリアランス的にこのスタイルが限界ですね。

Zm110722_02 長谷川さんに敬意を表してクラウチングスタートっぽく。

バイクはだんだん肥大化。仮面ライダーWの後ろがついた状態な感じ・・・
Zm110722_03

週末、ちまちまと進めます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月21日 (木)

如意棒って多分、小さくすればするほど破壊力が増すはず

↑際限なく小さくしていけばブラックホール化しそう。逆にデカくすればするほどスポンジバットみたいになりそう。

西遊記をちびちび読み始めてます。ていうか、話の展開はおおかた見えてますので、ほとんど確認作業というか、訳者さんによる差を楽しむというか。

今回の岩波版は解説資料が各巻末にガッツリついてて読んでて楽しいです。

1巻を読んでて驚いたんですが、展開が物凄く早い気が。こんなに急展開でしたっけ?

第2回でもう祖師さんから破門くらって帰郷するやいなや混世魔王まっぷたつ。

第4回で天界に来るも、馬小屋の番人の地位が低いことにキレて遁走。追ってきた托塔李天王の先峰の巨霊神をポカポカ殴りつけ、今皆さんがご覧のPC環境によっては「??太子」になってるかもしれない哪吒太子(見れてますか?)と三面六臂どうし(ようするにアシュラマンVSアシュラマン)の大立ち回り。

こりゃあ、1巻のうちにシャカの手のひらの上までいっちゃいますね。

私の感覚ではシャカの手のひらの上って3巻冒頭くらいだと思ってたんですが。

とにかくこの1巻の内容が濃密で、後の取教の旅に出てからのフワフワっぷりが心配です。

とりあえず楽しんで読みます。

ちょっと笑ったんですが、1巻の時点で悟空は「フリーザ様筆頭に各RPGのラスボスが欲してやまない不老不死」を4回くらい手に入れてます。

1回目:破門された祖師から口伝→不老長生

2回目:冥府で暴れた際、冥府十王を脅しつけ閻魔帳の自分の項を墨塗り→不老長生

3回目:天界・蟠桃園の桃を尋常じゃないほど激喰い→不老長生

4回目:太上老君が練り上げた天界の至宝クラスの金丹を盗んでボリボリ喰う→不老長生

そりゃ無敵の魔王ですわ孫悟空w死ぬ可能性が無さすぎる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月20日 (水)

はやりに乗って記事書いてるとアクセスが恐ろしいことになるので、大勢の人に気付かれないようそっと独り言

別に今さら私が褒めたりしなくても、あの人達じゅうぶんすごいことやってほうぼうから賞賛をもらってますがそれでも一個だけブラボー言わせて。

ゴール前で完全フリーの向こうの選手にボールが渡ったとき、走りこんできて体で止めて反則退場の人、桜木花道みたいでシビレた。

※もちろん退場となってしかるべき得点機会阻止プレイです。私が言いたいのは「あれを退場取るなんて!」みたいなことではないです。

退場になるってわかってて、止めに行く。ちょっと涙が出る光景でした。損得とか理性を超えた細胞レベルの行動がカッコよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月19日 (火)

紳士協定という言葉は死んだ

Zm110719
RCC文化センターに行ってきました。
某就職情報系企業の総括セミナーです。もう、総括なんですよねえ。まだ就活頑張ってる学生さんもいるのはいるんでしょうけど。

なんか、蔵出し情報で内定者拘束のヒドイ事例というのを紹介してもらったんですが、企業のほうもヒドイですな。

「今ここで、他社へ辞退の電話をしなさい」

だなんて、

「きが くるっとる」

としか思えません。

あと、

「内定承諾を出したあとに就職活動を行っていることが判明した場合は、内定を取り消されても意義を申し立てない誓約書にサイン」

とかw
草が生えるほど、バカかお前はってその企業に言いたい。

(お見苦しい表現でごめんなさい、私どうしても学生側に立ちがちなもので・・・)

今年は倫理憲章が例年より半年ほど早めの3月15日に発表されたようで

「広報活動への参加がその後の選考に影響しないことを学生に明示しなければならない」

とか、この文章だけではわかりにくいかもしれませんが、ようは私が嫌っている

「当社の企業説明会に参加しないと採用選考に参加できませんよ」

は、アウトーってことです(逆説的に)。

やってた企業ザマーミロ。

数年前から流行ってるようで、学生さんから聞いた時は、わが耳を疑いました。

自由に選択できて、自由に受検できて当たり前のはずなんですけどねえ。

あ、でも学生さん側も内定承諾書を出してからキャンセルする罪悪感は非常~~~に薄くなってきてるようで、そこはアイコなのかな。

紳士の集まりじゃないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月18日 (月)

色々と捗る男と、色々と捗らない男

坊っちゃんが小さ~いメモ用紙を渡してきて、
「夏休み前半の予定を作ったんだけど、壁に貼っておきたいから大きい紙に拡大して~」
とお願いされたので、エクセルでササッと作ってA4で印刷しておきました。
Zm110718_01_2 

細かい作業内容は暗号文のようになってて私にはわかりませんが、そのままタイプしておきました。
本人がわかればいいや。

ついでに坊っちゃんが喜びそうな絵もつけて。

アイツがんばるなあ。

 

私の作業は捗ってませんな。私がんばってないなあ。
Zm110718_02

ディテール班なんで、もう、ほんとにチマチマした作業の積み重ねになります。

坊っちゃんと違って計画的に作業するのが苦手な私ですが、がんばろうぅっと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月17日 (日)

プロシュートの兄貴「『じか』がいいんだぜ!」

実家の庭に植えてある、「募金でもらったゴーヤの苗」が、もう凄いことになってます。
Zm110717_01
こんなに壁一面に育つなんて・・・
Zm110717_02
一緒に植えてるキュウリもいいかんじの大きさ。
Zm110717_03
ナスもトマトも例年のごとく順調。
Zm110717_04
ヒマワリは鉢植えじゃなく、じかに地面に植えるほうがやはりデカくなりますね。
Zm110717_05
ちょっとゴーヤ、はやもぎしてみました。いい感じに苦くなってるかな??
楽しみです。
Zm110717_06

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月16日 (土)

惣菜X

↑それガッチャマンの敵

あついですね。
暑さに負けないよう、滋味のある野菜を食べたくなり、家族で惣菜バイキングに行ってきました。
ここはオススメです。例によってググられるのがイヤなんで、店名などは書きませんが。

ランチは目移りするほど色々選べるんですが、今日はとりあえずモッツァレラとナスとトマトソースのパスタ。
予想通り美味い。
Zm110716_01

ちなみに「さば味噌定食」とか「チキン南蛮定食」とった定食モノを頼むと、ご飯とお味噌汁はおかわりし放題です。

冬瓜はね~。い~ですよね~。文句無いトロトロの美味しさ。
Zm110716_02

ひじきとか、オクラが取り放題って時点で理性が飛ぶ。
Zm110716_03

おからも美味い。サトイモと白菜の牛乳煮というのも淡白ながら止められない美味さ。
Zm110716_04

こんなところにチャーハンが?と思ったら、ライスサラダ。硬いご飯が好きな私にはご褒美です。
Zm110716_05

しかし、今日一は菜の花と押し麦のおひたし。
美味かった~~~~。
Zm110716_06

ここはまた行きたい。こんないい店があったなんて。
ひじきとおから忘れられない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月15日 (金)

あれ?なんだろう?不発?

Zm110715
(↑あ!記事書いてる今この時になってはじめて表紙の鳥の意味がわかった!)

クリスティーさんの「第三の女」を読みました。
第三の女ってナンダロウ?と思ってたんですが、ルームシェアする女の子達の内の3人目の同居者ていう意味ですね。
もちろん他の意味もあるんですが。

あらすじ【第三の女】
ポアロの元に「人を殺したかもしれない」と相談に来た娘は、ポアロを見るなり「ごめんなさい、

おじいさんじゃ無理ね」

と帰ってしまった。憤慨するポアロは強引に事件解明に乗り出すが、殺人の気配も無ければ、あやしい人物も登場しない。しかし雑多に散在するピースはやがて少しずつ組み合わさっていき、ひとつの犯罪絵図を構成していく。

途中まで、物凄く面白かったんですけどねえ。振り返ってみると、事件自体はわりとありきたりで、謎解きのカタルシスが薄かったかもしれません。
乱雑に集まってくる情報を一つずつ丁寧に組み合わせていくポアロさんの推理が大変読み応えがあり(今までそういえばこういうポアロさんの心の中を描いた作品て無かったです)それゆえ、オチの弱さが際立った感があり残念です。

ポアロさんの友人で、推理小説家のオリヴァ夫人が久々に出てきますが、邪魔してるのか協力してるのか、不思議な人です。しかもこの人が「とある場所で聞いた自殺者情報」とか、「とある場所で拾った書きかけの手紙」といった切り札全部持ってるしw

オチが弱いと感じたのは、私がクリスティー作品を読みすぎた弊害かもしれません。
多分、免疫の無い人だと「え!あの人実はこんな人で、しかもこの人さえもこんな人?」という、まさかの2度盛りは楽しめるかもしれません。
「絵描き」と「肖像画」についてくどくど記述があるのも、初心者にはありがたい配慮のようにも思えますし。
ガッツリ腰を落ち着けて読むというより、さらっと読み流すのにちょうどいい小説だと思います。

あ、そうか、短編向きなのかな?

あと、個人的にどぉ~~~~してもアレなのが、お話の最後に取ってつけたように恋愛要素が入るのがチョット・・・

ただ、恋愛要素が最後に入るのもわからないでもないなと、最近やっと思い始めてきました。
悪人は徹底的に懲らしめられればいいんですが、罪無き人達、被害者の周辺の人達は少しは救われて終わりたいなという、クリスティーさんの愛だと考えると、まあ、ガマンして読めないことも無いです。

 

さて引き続きクリスティーさんの作品は読んでいくんですが、同時に別なシリーズモノも読んでいきたいと思ってます。

 

全十巻、100話の旅・・・第一巻はまだ大聖が天界で暴れてるだけ。

Zm110715_02

続きを読む "あれ?なんだろう?不発?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月14日 (木)

大きな斉藤

実は役員さんから「今週東京ビッグサイトに行かない?」と言われてたんですが、「健康診断があるんで・・・」とお断りさせていただいておりました。

しかも15日までに作らなきゃならない書類2つもありましたし。

来週24日付近だったら健康診断を放置しても行ってたんですけどねえ。ビッグサイト。なかなかうまくいかないものです。

↑無理に仕事にからめる必要ないじゃないか!はい、そうです。すみません。

7月か2月か、一回ビッグサイトには行ってみたいっすね。

なんか7月前半までで、いろんな巨大な仕事がドバドバと片付いて、燃え尽き症候群です^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月13日 (水)

バリウムがボリュウム満点で飲み放題

健康診断行ってきました。特に問題なく、健康そのものでしたよ、よかったです。
バリウムもガブガブ飲みました。例年の如く、美味くも不味くもない微妙な味わい。

オッサンになるとメタボ検診と称してウェストも計ってくれるのですが、あんなに日ごろ鯨飲馬食を繰り返しているにもかかわらず、ウェスト74、体重も20年前とほぼ変わらず。
特にスポーツしてないんですが、ひとえに自転車通勤の賜物だと思います。

肺に影があるのも例年通り。

 

そんなことよりもなによりも!

昨日の夜から水以外摂取できなかったので、今、カタキのようにコーヒー飲んでます。
それが一番うれしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月12日 (火)

ローカル話2題

朝、嫁さんから
「坊っちゃん、お嬢ちゃんの小学校の水泳授業に元オリンピックの選手が来るらしいよ」

と聞いて、

「え!チョ~~~~~キモチイイ!の人?」

と聞き返したらその人ではありませんでした。

↓このひとでした。
http://ameblo.jp/nakamura-mai/

水泳教室で日本全国を回っているようです。

その模様は夕方のニュースにもなったようで、録画したニュース映像を見させてもらったのですが、坊っちゃんは足しか写ってなかったようです。
お嬢に至っては超引きの映像に見切れてるかないないかな?レベルだとか。

しかし、そのニュースもさることながら、その夕方のローカル情報番組ではもうひとつ呉市を題材としたドラマの特集をやってました。
こうの史代さんの「この世界の片隅に」をドラマ化するそうです。放映は8月5日(金)!はあ、その日にですか。
主役のすず役に北川さん。周作役が小出さん。

これはちょっと気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月11日 (月)

ナッパ、スーパーサイヤ人に覚醒(ヒゲが金色で逆立つ)

坊っちゃんの「100点ご褒美金」が結構たまって来たので、文字通りご褒美に先週土曜、カード屋さんにいったわけです。
ナントカボールヒーローズのレアカードを求めて。

かつては「100点5枚でご褒美金」だったんですが、彼自身から「100点8枚でご褒美金」でいいよ!と小学4年生になってからルール変更の申請が来ました。

「え!なんで、そんな不利な条件をみずから・・・」

と問いただすと

「だって、レベルが上がったらそれだけ経験値たくさんいるでしょ」

とのこと。お前、カッコイイなあ。その考え方は無くさないでほしい。

話を戻しますが、カード屋で、ナントカボールヒーローズのレアカード「青年トランクススーパーサイヤ人3」カードをゲット。懸賞金はまだおつりがあるんですが、ヤツは欲深ではないので、そこでとりあえず満足。帰路につくことに。

帰りがけ、何気なく本屋によるとVジャンプが発売されていて、表紙が
「バーダック、悟空、悟飯(セル編あたりの背丈)」揃ってスーパーサイヤ人状態。
この祖父、息子、孫3代の表紙にもワクワクしたんですが、バーダックがスーパーサイヤ人になってる!
if展開大好物の私は坊っちゃん以上にテンションあがりました。しかもその親子3代スーパーサイヤ人カードは応募者全員プレゼントとのこと。

これは応募するしかない。諸費用は坊っちゃんが、「さっきご褒美金を使い残したおつりでギリギリ足りるよ」と、相変わらずフェアな申し出(ドサクサにまぎれて父さんに買わせるというズルさは無い)。

こうやってシリーズがずっと展開していくと、やがて「ターレス、スーパーサイヤ人3に覚醒カード」とかも出てくるんだろうか?
ターレス好きなんですよ。野沢さんのサイヤ人演技の中では一番好き。

期待が高まります(いや、無いとは思うけど^^)。

参考:野沢さんのミラクル演じ分け
01)孫悟空・子供
02)孫悟空・青年
03)孫悟空・父親になって以降
04)孫悟空・GT編の見た目は子供、中身は大人
05)ベジット(ゴジータ)・通常悟空より好戦的
06)孫悟飯・幼児
07)孫悟飯・子供
08)孫悟飯・青年
09)孫悟飯・GT編
10)孫悟天・幼児
11)孫悟天・GT編
12)ゴテンクス・通常悟天より好戦的
13)バーダック
14)ターレス

ざっと14パターンですか。いや、ほんとに一個ずつ微妙に演技が違うんですよ(厳密に言うとベジットとゴジータも少し違う気がしますが)。

ターレスの腐りっぷりが好き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月10日 (日)

デフレのはざ間

昨年12月、年賀状をそろそろ刷ろうかなというあたりでプリンターを買い換えたわけです。

EPS○Nのやつはもう12年くらい使ってたので、そろそろ買い換えてもいいだろうと。

で、電器店さんに行ったんですが、今プリンターめっちゃ安いんですね。その12年前のプリンターより5億倍くらい高性能のプリンターが6千円くらいで売ってるわけですよ。スキャナーもついてたりして言うこと無し。で即決で

CAN○Nのやつ買ったんですが、さすがに坊っちゃんへの問題用紙とか、いろんなお店のクーポンとか刷りまくってて黒のインクがさびしくなってきました(カラーはまだ半分くらいあります)。

まあ、せっかくだし、セットでインク買っておこうかと、また最寄の電器店へ。

 

インク高ぇ~~~!

 

うろ覚えですが、カラー2300円、黒2500円(逆だったかな?)合計およそ5千円仕事。

ほたら何ですか、あたしも落語家みたいな口調になっとりますが、あのプリンターの「印刷、スキャンの性能部分」のとこは実質千円てことですか?

本体はデフレ全開なんですが、付属品でちょぼちょぼ小銭を稼ぐ作戦ですか!

( ´_ゝ`)・・・それ賢いなあ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月 9日 (土)

七つの娘

七つの娘
七つの娘
実際には3日ほどフライングですが、お嬢ちゃんの誕生祝いをしました。
子供が大きくなるのは早いもんです。
言ってることがどんどんマセて来るし。

ケーキ屋さんの誕生日ケーキじゃなく普通のホテルのレストランのフルーツケーキのほうが、実は安上がりでお得ということに最近気付きました。

来月の坊っちゃんの誕生日も、この作戦で行こう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 8日 (金)

どうせテレゴング不可になるんでしょ!投票したことないけど

ブログネタ: 【落書き】おじさんは何をつまみに飲んでいるでしょう参加数

Neta_004_cocolog_oekaki_2011_07_08_
久々にココログお絵かきネタ。絵は今回の記事とほとんど関係ありません。X-MEN読みたいなという私の闇の欲求。

↓元絵
Zm110708

昨夜ですね、

なかなか自宅にいてかかってくることのない
「電話料金がお安くなったお知らせをさせていただいております」
という、報告にみせかけた勧誘電話が、昨夜、ついに我が家にもかかってきました。
普段はもう少し浅い時間(夕方5時とか)なので、私が出るチャンスなど万にひとつもなかったのですが、昨夜はなぜか8時半ごろかかってきまして、無事、私が電話口に出ることができました。

ちなみに最初にK○○Iの代理店と名乗りました。

勧誘「・・・で、ですね、今まで○○円であった月額が□□円になりますよというお知らせです」
五郎「え?なんで、安くなるんですか?安くなる理由はありますよね?」
勧誘「ええ、今現在NTTさんのご契約であると思うのですが、当社K○○Iの契約のほうに変え
五郎「いや、ちょっと待って、あなた代理店の人でしょ?K○○I本体じゃないでしょ。なんで『当社K○○I』なんて嘘を今言ったんですか?」
勧誘「あ、いえ、K○○Iの代理店ですので、K○○Iとして
五郎「いや、その話はいいです。で、契約を変えろってことですよね?」
勧誘「ええ、そうなんです。今のご契約を
五郎「いや、契約を変えるつもりは無いですよ。あなた電話の冒頭で、いっさい説明せずに『安くなる』しか言わなかったですよね?それ以降、あれこれ条件つけるのはフェアじゃないでしょ?K○○Iって嘘ついてるし」
勧誘「でも料金がお安くなりましてですね
五郎「高いままでいいです、じゃ、そういうことで」

もう少し、リアリティのある詐欺をもちかけてほしいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 7日 (木)

ふたつ輪の鳥

どうやら・・・
 
 
 

あの新しい仮面ライダーの姿かたちのおかげで、最近スカイゼル検索で来られる方が急増しておりますが、当方のスカイゼル造形カテゴリはわりと休眠状態ですし、スカイゼルについて詳しく説明しているブログではありません。
大変申し訳ありません。

さて、ゴッドスパーカー造形です。といって、取り立てて記述すること無いんですよね。

バード形態より、バイク形態の方がまとまってみえる不思議。
Zm110707
ディテールが乗ってこないとバードの方は見た目、厳しいです。

ところで冒頭でも少し話題に出ました新しい仮面ライダー・・・夏のオーズ&徳川吉宗映画にもきっと出るんですよね?次シリーズのライダーがチラリ出演が慣例なので。

あのチラリ出演が実はすごい好きです。
仮面ライダーディケイドの映画終盤で出てきたWとか、W映画終盤で出てきたオーズとか。

おそらくまだ本放送の撮影も始まってないんじゃないかのタイミングで登板なので、いまいちキャラの固まってない感があってすごい好き。1年後くらいにDVDで見たときの違和感がすごい好き。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月 6日 (水)

ライダーマンの復帰が劇的すぎ

Zm110706_01
山田ゴロ先生の復刻版「仮面ライダー」を3巻(もともとはコミックス9巻)まとめて購入致しました。
私的には、1巻ずつ買ってくなんていう生易しいレベルの復刻ではありません。

3巻同時買いはまず当たり前。4日発売を5日入手という時点でも、恥ずべき行為

内容はやはり、よかったですよー。
仮面ライダーストロンガーのテレビ放映が終わって、3年くらいしてさてスカイライダーが始まるのかな?というタイミングにあわせて、山田さんが1号からリイマジをまじえつつ全9巻で書き下ろした作品です。それを未収録話も加えて文庫サイズ3巻にギュウギュウに詰め込んだのが今回の復刻版。鼻血も沸騰する勢いです。

もともとのコミックスが9巻ってことは、1号からスーパー1まで9人だからひとり1巻ずつ?と思いきやさにあらず。
スカイライダーで2巻、スーパー1で2巻、計4巻使ってますので、1号からストロンガーまでの7人は5巻分しか割当が無いわけです。
なので、各ライダー、ダイジェストのように書かれていきます。

そのスピード感がすばらしい。

もう一回いいます、そのスピード感がすばらしい。

まず第1巻が1号2号、V3登場編ですよ。ヒエー、3人ライダーどうやって詰め込むんだ。
そんなスピード消化なのに、原作石ノ森版の怪人デザイン、構図など、オマージュに満ちた内容。V3を残して1号2号はキノコ雲の幕引き。
オナカイッパイです。

1巻の鬼のようなスピーディーさに取ってかわって第2巻はまるごとV3だけという贅沢な割当。プロペラカブトの話は今でも好きです。

そして続く第3巻が、本放送でも数話の出演しかないライダーマンでまるごと1冊。

キング・オブ・贅沢割当!

ライダーマンになった男・結城丈二の子供時代からはじまるストーリー。
「おかあさん、おかゆができたよ」
「お前は食べないのかい?」
「ぼくはもう食べたんだ(グゥゥ)

こういう演出、今の人にわかるのか心配ですが、私は好きです。

次いで第4巻がXとアマゾンで1冊って、随分流されましたね。アポロガイストで1話、キングダークが立ち上がって1話とか、消費具合が贅沢すぎ。いつのまにかセタップから(大)変身になってるし。

とにかく復刻してくれてよかった・・・

あとはもう、新宅よしみつ先生の「小さな巨人ミクロマン」※が復刻してくれれば言うことなしです。

※森藤先生版にあらず

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 5日 (火)

20万ヒット記念!!

↑と、言ったものの、特に何も考えてませんでした。
今朝がた、ブログのアクセスが20万オーバー致しました。
Zm110705_01
※キリ番踏めませんでした・・・てかキリ番て、死語になりつつある?

☆よく来ていただく皆さん、いつもありがとうございます。駄文羅列ですみません。
☆最近多いグー○ルの息のかかったロボの皆さん、お疲れ様です。ナニカのフレーズでググッたときに、うちのブログが上位に来るのはイヤなので、なるべく来ないでください。
 
☆自動でコメントくれる腐敗アフィリ臭をただよわせた、○○○の皆さん、いつもこちらで勝手にコメント改変してしまってごめんなさい。
でもね、エポキシパテ買って来たー!て言ってるブログ記事に高級ブランドバッグのアフィリエイトはねえよ・・・いやごめんなさい、言葉が悪かったです。その高級ブランド物通販アフィリは無いで御座いますですよ。

もうとにかく「何かポチッと押しただけで、お金がもうかる」的な何かがダイキライなので、来ないでください。勘弁してください。

最近アフィリエイト臭丸出しの迷惑トラックバックが激減してきたんですが・・・てかトラックバックという行為自体が減ってきたんですが、○イッ○ーや○ク○ーに取って変わられたんですよね?

ブログもそのうちフェイスブックとかに駆逐されて廃れていくのかな。

さて、
「荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論」という本を読みました。もちろん著者は荒木さんです。
Zm110705_02

あらすじ【荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論】
荒木さんが中学生くらいの頃から見てきたホラー映画およそ100作品の感想本。「ゾンビ映画は癒し」は名言。

荒木さんて、あらためて思うんですが、文体が面白いですね。中身は充分濃い内容なんですが、面白すぎてイッキ読みしてしまいました。

 

荒木さんが「シビれる、憧れる」って言っちゃダメだと思うの。Zm110705_03

私自身ホラー映画を見る趣味は無いのですが、紹介されてる作品のいくつかは、見てみたいナァ・・・と思える紹介文でした。興味の引きかたが上手い!
スプラッターとか、パニック映画とか、あんまり見たくないなあと思っている人たちの入門書として最適かもしれません。見た目のエグさに捉われず、Aという映画は奥にある「監督が伝えたい真意」を、Bという映画は単純に「映像のキレ」を、それぞれ味わってみてください・・・という、荒木さんの優しさに満ちた解説本になってます。

オーメンとか13日の金曜日とか、子供の頃にしか見たことないので、改めていい大人になってから見てみるのもいいのかもしれない。アノ頃気付かなかった何かに気付くのかもしれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月 4日 (月)

ようやくゲット

Zm110703

そんなにブ厚い本でもないので、サラサラ読んでみたいと思います。

あとは、山田さんの仮面ライダー本を探すのみ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 2日 (土)

塩はふらずにタレメインで食べました

坊っちゃんが、塾内の漢字テストではじめて100点取ったので今日はお祝い。
Zm110702_01
武田イ言玄公も上形謙信公も、きっと天国で喜んでおられるのではないでしょうか。

坊っちゃん、この調子でガンバレ!

Zm110702_02

それはともかくソフトクリーム黒蜜きな粉かけがオイシカッタ^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 1日 (金)

顔が命というか目が命

週末造形です。
Zm110701_01 キバ(?)はライディーンプラモの弓からもらいました。いや、スクラッチでもいいんですが、使ってみたいというか。大林宣彦さんがセット撮影なんだから東京でもできるのに、わざわざ尾道にセット組んで撮るコダワリに通ずるというか、違うかw

キバはもっとイン側に食い込ませたいですね。

Zm110701_02 猛禽類な感じは絶対なくしたくない。

Zm110701_03 ワシやタカより、個人的にはハヤブサです。JOJO3部好きだし(←ほとんど関係無い)。

さらに微調整。

Zm110701_11
Zm110701_12

このアングル面白い。
Zm110701_13

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »