« いまわの際の一言シリーズ第二弾 | トップページ | 会社・箸・合格でダジャレ3題話 »

2011年6月 8日 (水)

子供においていかれそうになる父親

嫁さんがPTA役員の集まりか何かがあり、子供二人(小四兄、小一妹)で留守番だったので、かわりに早めに会社から帰ってみた日。

夕飯の支度はもちろん嫁さんの手でしてあったんですが、私がお風呂に入っているあいだに、お子たちふたりはそれを冷蔵庫から出してきて並べたり、レンジでチンしたり、ご飯よそってくれてたりと、準備万端にしておいてくれました。

そういう幸せもあったんだ。

いつかは二人とも子供部屋にこもったまま、仕事から帰ってきてもお出迎えもしてくれなくなるんだろうか。

さびしいけど、それも成長か。

いつまーでも赤ちゃんというか、乳児というか、幼児というか、そんな感覚でいたんですが、子供たちはとっくに立派な人間でした。

|

« いまわの際の一言シリーズ第二弾 | トップページ | 会社・箸・合格でダジャレ3題話 »

ふたり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138294/40316383

この記事へのトラックバック一覧です: 子供においていかれそうになる父親:

« いまわの際の一言シリーズ第二弾 | トップページ | 会社・箸・合格でダジャレ3題話 »