« 計算脳・空間脳 | トップページ | 顔造形 »

2010年6月25日 (金)

ミラー貝入れ

サイクロナスの右スネ造形です。
Zm100625_11
Zm100625_12
Zm100625_13
Zm100625_14
ひたすら先にできた足をゲージに、鏡に映したようにもう片方に盛って削っての繰り返しです。
肉眼ではわからないズレも、デジカメに撮るとよくわかりますね。
こういうシンキクサイ作業、嫌いじゃないですよw

あ、そうそう、念願だった「岡プロの「モナカキット」ガンプラ改造講座」という本を手に入れました。ながめているだけで、時間を忘れます。

|

« 計算脳・空間脳 | トップページ | 顔造形 »

造形班-転生Cyclonus制作」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!削り出しからの左右対称出しはほんとに難しいですよね。(>_<)ところで、サイクロナスもメガトロン様もとても特徴をとらえていて良いお顔に仕上げられてますが、削る工具類はどんなものを使っていますか?僕はいつもデザインナイフ一本で頑張っているのですが、顔や拳がうまく造形できずに苦労しているんですよ(T_T)

投稿: にふてい | 2010年6月25日 (金) 12時40分

にふていさんコンバンハ!
左右対称は本当に面倒な作業ですよね。クリーチャー系なら多少左右でゆがんでいても味って言えるんでしょうけど、メカモノはそうはいきませんしねぇ。

>サイクロナスもメガトロン様もとても特徴をとらえていて良いお顔に
イエイエとんでもないです、ありがとうございます。いっそう精進します!

>削る工具
これはですねえ、私は逆に「使えるものはなんでも使う派」です。
デザインナイフも使うのですが、基本的には荒削りの時だけなので、あまり使わない部類かもしれません。
一番よく使うのは彫刻刀の三角刀です。刃がV時になっているやつですね。
スジ掘りから面出し、V時の片面だけ使ってエッジ出しと、刃を寝かせてL時ライン出し等、色々使えます。
次が平刀、切り出し(デザインナイフと同じ形)、幅広の丸刀、幅の狭い丸刀等々・・・
削る面の広さで使い分けてます。
デザインナイフ(&切り出し)より平刀の方が切削面に刃がまっすぐ当たるので、やりやすい気がします。
あとエポキシパテを盛ってるときは、綿棒とか爪楊枝とか、耳かきなんかもなかなかいいです。100円ショップには夢があります。
ただ彫刻刀は100円ショップのやつじゃなくて、文具店の5~600円くらいの何本かセットになっているやつが良いように思います。

顔の作り方については絵があったほうがわかりやすいかもしれませんので、今日1個記事を書きます。そこでご説明できればと思います。
今、画像用意してますんで、しばしお待ちください。
その他、遠慮はいりませんので、何でも聞いてくださいね!


投稿: 早瀬五郎 | 2010年6月25日 (金) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138294/35477093

この記事へのトラックバック一覧です: ミラー貝入れ:

« 計算脳・空間脳 | トップページ | 顔造形 »