« 火事場の女子力アップ | トップページ | 本読んでないと生きていけないんですって言ったら貸してくれました »

2010年1月21日 (木)

翻訳勝ち?

クリスティーさんの「検察側の証人」を読み終えました。
ポアロモノでもない、
マープルモノでもない、
トミー&タペンスでもない、
ノン探偵でも短編でもない、
戯曲集の中の1冊です。

---------------------------
goo辞書より
ぎきょく 【戯曲】
劇の上演のために書かれた脚本。また、その形式で書かれた文学作品。台詞(せりふ)に、人物の動作や舞台効果など、演出に関する注意(ト書き)を加えたもの。日本・外国ともに、その形式が確立したのは近代以後であるが、謡曲、あるいは浄瑠璃の丸本(まるほん)や歌舞伎の台帳などもその一種であるといえる。


---------------------------

舞台用の脚本です。舞台レイアウトにはじまり「小劇団での上演にあたり、どの役を省略していくと良いか?」などのクリスティーさんじきじきのアドバイスもついてます。

最初、え?脚本て小説として読んで面白いの?
と思ったのですが、

山田トン平(上手の机まで歩いてたばこを取る)そうなんだ、あれはオレが畑仕事の帰り道だった。
柏肉ゴン助(マッチをわたしてやりながら)UFOでも見たって言うのかい?ナンセンスだな。

などと、誰がどのセリフを言っているのか一目瞭然で、読みやすかったです。
あれ?急にヘイスティングズなれなれしくなったな・・・いや、これはポアロのセリフだった!
みたいなイージーミスも無いです。
しばらく戯曲集を読んでみようかな?
Zm100121

あらすじ【検察側の証人】
独り身の老婦人と親しくなった魅力的な青年レナード(既婚)は、老婦人殺害の疑いで法廷に立たされる。
「金銭的に困窮していた」「親しくなってから老婦人が遺言書を書き直したことにより遺産を受け取ることになっていた」「事件後、豪勢に海外旅行へ行く計画をしていた(金無いのに)」と、レナードには都合の悪い事実ばかりが法廷で明らかになり陪審員の目も厳しい。
そして弁護側ではなく検察側の証人に立ったレナードの妻の証言が、レナードを決定的に追い込んでいくが実は・・・

ボリュームは無いです。1日で読めちゃう感じ。
舞台用の脚本ですので、場面転換も殆ど無く、弁護士事務所と法廷を2往復するだけで終わってしまいます。ひたすら法廷でのスリリングな会話の応酬を楽しむ感じ。

読み終わってから色々しらべてみたのですが、ちまたの噂では

「結末は誰にも話さないでください」

「最後にどんでん返しが!」

「2転3転の真実」


など、どうやらクリスティー戯曲の中でも傑作の部類らしいです。不勉強でアレですが、私はこの作品、今回はじめて知りました。
舞台や映画やテレビ放映などで、うまくやれればすごいどんでん返しだろうなと思います。
小説で読むと、ちょっと弱いかな??という感じ。
いや、面白いんですけどね。今作ばっかりは、映像で見たほうがいいような気がします。
たとえばDVDとかで見てて、最後のあのシーンで

視聴者「え?あの時って・・・え?え?」

DVDを問題のシーンまで巻き戻す

視聴者「あ!・・・チクショウ!」

そんな作品です。ああこのへん話せない。

ところで今回私は、生まれて初めて、ミステリー小説を読んでいてガチで吹いてしまいました。
(ファンの方ごめんなさい、バカにしているわけではありません。有る意味、セリフ作りのうまさにうなるシーンです。)

レナード青年が勅撰弁護人に「お金目当てで老婦人に近づいたんですか」と聞かれてあわてふためいてのこのセリフ。

レナード:いいえ、とんでもない。そんなことしませんよ。でも、オバチャンは・・・まあ、そう思い込んでいるようだったし、おれが妻のことなんかいつも持ち出してたら、オバチャンもおれに興味がなくなるんじゃないかと思ってね。オバチャンに金をねだりたくはなかったけど、でも、おれ、一つ車の部品を発明したんですよね。すごくいいアイディアなんです。だからオバチャンを説得して資本を出してもらったら・・・いや、それだっておれが金をもらうわけじゃなくて、金はオバチャン名義のままでいいんです、それにオバチャンもすごくもうかるわけだし・・・ああ、どうも説明しにくいけど、でも、ほんとにおれ、オバチャンにたかったことなんかありませんよ、信じてください、先生、それだけは絶対ありません。

オバチャンオバチャン言い過ぎww

ゲシュタルト崩壊起こすわ!

|

« 火事場の女子力アップ | トップページ | 本読んでないと生きていけないんですって言ったら貸してくれました »

読書班-アガサ棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138294/33070182

この記事へのトラックバック一覧です: 翻訳勝ち?:

« 火事場の女子力アップ | トップページ | 本読んでないと生きていけないんですって言ったら貸してくれました »