« 以前、頭ごなしに「バカなんじゃない?」みたいに言われたことがあります | トップページ | 大脳アッパーカット »

2010年1月11日 (月)

命より重いものは無く

Zm100111
宮部みゆきさんの「孤宿の人・上巻」を読み終えました。
上巻の時点で結構なボリュームの長編(下巻はさらに増量)ですが、宮部さんの読みやすい文体により、サラッと読めてしまいます。
具体的な感想は下巻を読み終えてからでも。

例によって宮部ワールドの「捕り物帳ファンタジー」なのですが、今回は多分ファンタジー薄めです。若い娘さんが活躍するのはいつもの通りという感じ。

超あらすじ【孤宿の人・上巻】
江戸で不祥事を起こし流罪となった勘定奉行の幽閉の地「丸海藩」で、引手見習いの宇佐は医者の妹毒殺事件を、藩の存続のためもみ消しにかかろうとする圧力に負け、職を失う。
不祥事即藩の取り潰しにおびえるゆがんだ思念はやがて罪も無い小さな命をも簡単に奪い去っていく。

コワイお話ですね。

まだ上巻読み終えて、下巻読み始めたばかりですが、

宮部さん、参りました。

この本は面白い。

|

« 以前、頭ごなしに「バカなんじゃない?」みたいに言われたことがあります | トップページ | 大脳アッパーカット »

読書班-ミヤベニア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138294/32949096

この記事へのトラックバック一覧です: 命より重いものは無く:

« 以前、頭ごなしに「バカなんじゃない?」みたいに言われたことがあります | トップページ | 大脳アッパーカット »