« 坊っちゃんのフラフープ記録二千回 | トップページ | 記事も書かずば貯まるまい »

2009年11月16日 (月)

距離も時間も動機すらもすり替える犯人

↑さらにもっとすごいモノをすり替えてますが、それはさすがに秘密

クリスティーさんの「書斎の死体」を読みました。
Zm091116_01
書斎の死体というのはミステリー小説の定番中の定番・・・というか、良く子供の頃に見た推理クイズの定番シチュエーションですね。
クリスティーさんは、色んな掟破りが登場した現在ではあまり目立ちませんが、当時のミステリー界では「セオリー破りの筆頭」というイメージがあります。
「なんと○○が犯人!」
とか、
「被害者が◇◇◇!」
とか、
「全員▲▲!」
とか、
そういう小説を多数書いてきた作家さんです。
そのセオリー破りの人が、定番シチュエーションに挑む!
という、なんとなく自己皮肉の趣きがありますね。

そして予想通り、ひとひねり入った「書斎の死体」になってました。

あらすじ【書斎の死体】
バントリー大佐の書斎にて、若い女性の死体が発見される。バントリー夫妻と親交の深いミス・マープルは、事件の解明に乗り出すが、第2の殺人も起きて、事件の様相は犯人自身があせるほど混乱していく。

犯人の描いた計画は、思わぬ妨害にあって破綻すると思わせますが、妨害があったからこそ余計にマープルの推理のスピードが鈍る結果となってしまってます。読者には正解の形も、妨害によってゆがんだ形も、謎解き編にならないと見えてこないですが・・・
フーダニット(誰が犯人か)やホワイダニット(動機)よりも、ハウダニット(いかにして実現しえたか)に重きを置いた物語です。個人的には動機モノが好きなので、100%オススメとは言えないですが、嗜好は人によりまちまちですので、犯行方法に興味があるひとにはオススメできます。
Zm091116_02

さて、現在は私イチオシ探偵トミー&タペンスの「NかMか」を読んでます。

続きを読む以降は個人的備忘録。

※ナンバリングはハヤカワ・クリスティー文庫に準拠

☆:読んだ ★:昔読んだ 無星:読んでない

01:スタイルズ荘の怪事件:☆
02:ゴルフ場殺人事件
03:アクロイド殺し:★
04:ビッグ4:★

05:青列車の秘密
06:邪悪の家
07:エッジウェア卿の死
08:オリエント急行の殺人:☆
09:三幕の殺人
10:雲をつかむ死
11:ABC殺人事件:☆
12:メソポタミヤの殺人
13:ひらいたトランプ:☆
14:もの言えぬ証人
15:ナイルに死す:★
16:死との約束
17:ポアロのクリスマス
18:杉の柩
19:愛国殺人:☆
20:白昼の悪魔:☆
21:五匹の子豚:☆

22:ホロー荘の殺人
23:満潮に乗って
24:マギンディ夫人は死んだ:☆
25:葬儀を終えて:☆

26:ヒッコリー・ロードの殺人
27:死者のあやまち:★
28:鳩のなかの猫
29:複数の時計
30:第三の女
31:ハロウィーン・パーティ
32:象は忘れない
33:カーテン
34:ブラック・コーヒー
35:牧師館の殺人
36:書斎の死体:☆
37:動く指☆
38:予告殺人:☆
39:魔術の殺人:☆
40:ポケットにライ麦を:☆
41:パディントン発4時50分:☆
42:鏡は横にひび割れて:☆
43:カリブ海の秘密:☆
44:バートラム・ホテルにて:☆

45:復讐の女神
46:スリーピング・マーダー
47:秘密機関
48:NかMか
49:親指のうずき:☆
50:運命の裏木戸
51:ポアロ登場
52:おしどり探偵:☆
53:謎のクィン氏
54:火曜クラブ:☆
55:死の猟犬
56:リスタデール卿の謎
57:パーカー・パイン登場
58:死人の鏡
59:黄色いアイリス
60:ヘラクレスの冒険
61:愛の探偵たち
62:教会で死んだ男
63:クリスマス・プディングの冒険
64:マン島の黄金
65:ブラック・コーヒー(戯曲版)
66:ねずみとり
67:検察側の証人
68:蜘蛛の巣
69:招かれざる客
70:海浜の午後
71:アクナーテン
72:茶色の服の男
73:チムニーズ館の秘密
74:七つの時計
75:愛の旋律
76:シタフォードの秘密:☆
77:未完の肖像
78:なぜ、エヴァンズに頼まなかったのか?
79:殺人は容易だ:☆
80:そして誰もいなくなった:☆

81:春にして君を離れ
82:ゼロ時間へ
83:死が最後にやってくる
84:忘られぬ死
85:さあ、あなたの暮らしぶりを話して
86:暗い抱擁:☆
87:ねじれた家:☆

88:バグダッドの秘密
89:娘は娘
90:死への旅
91:愛の重さ
92:無実はさいなむ
93:蒼ざめた馬
94:ベツレヘムの星
95:終わりなき夜に生れつく:☆
96:フランクフルトへの乗客
97:アガサ・クリスティー自伝(上)
98:アガサ・クリスティー自伝(下)
99:アガサ・クリスティー99の謎
100:アガサ・クリスティー百科事典

97~100はミステリー小説と関係無いですけどね・・・

|

« 坊っちゃんのフラフープ記録二千回 | トップページ | 記事も書かずば貯まるまい »

読書班-アガサ棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138294/32237596

この記事へのトラックバック一覧です: 距離も時間も動機すらもすり替える犯人:

» 新たなコーヒーの世界をお届けします [アタベイ]
恐らく、高品質コーヒーと聞いて『アタベイ』を思い浮かべる方は少ないことでしょう。しかし、一度飲めば必ずその品質の高さがお分かり頂けるはずです。無料サンプルをお届けしていますので、ぜひお試し下さい。 [続きを読む]

受信: 2009年12月 4日 (金) 09時57分

« 坊っちゃんのフラフープ記録二千回 | トップページ | 記事も書かずば貯まるまい »