« クリ悟飯のことかーー! | トップページ | あのころぼくらはばかだった »

2009年11月 5日 (木)

心の優しいひとは分別がない

クリスティーさんの「魔術の殺人」読み終わりました。
Zm091105_01
あらすじ【魔術の殺人】
非行少年を集めて更生を支援する慈善事業家セロコールド氏とその妻キャロライン。
マープルはキャロラインの姉ルースから、「妹の周辺に不穏な気配を感じてならない。見に行ってもらえないか」とたのまれ、更生施設兼セロコールド氏の邸宅に客として乗り込む。
そこにはキャロライン1人目の夫との間の実子、養女の娘、その夫、2人目の夫の連れ子兄弟などが皆、独特の雰囲気で暮らしていた。

当たってましたよ。私が予測した犯人。

しかも、最初の被害者が誰かもわからないうちに、犯人だけがわかりました。

ポルナレフ「何を言ってるかわからねーと思うだろーが(以下略

読んでいて、あ!今、誰かを殺してきたな?

という瞬間があります。
今までクリスティーさん他、色んなミステリー読んで来ましたが、この作品だけちょっと特殊だと思いました。
クリスティーさん、犯人のことを書きすぎていると思います
(さじ加減の多寡は人によって差があると思いますが、私はそう感じました)

この作品以外で著者が犯人のことを正直に描写しているものって・・・

うーん、あんまり無いような気がします。
今ちょっと考えて思い浮かぶのは横溝さんの「獄門島」くらいかな?

もちろん犯人以外にもあやしい人間がたくさん登場するのですが、最初に犯人に気付いてしまうと、以降の展開すべてに整合性が取れすぎていて(それは小説としてあたりまえのことなのですが)他の人はまったく疑えません。
「いやいや、どんなにあやしくふるまっても君はかませ犬だよ」
そう思えてきます。

犯人が早めにわかっても充分面白い小説なのですが、個人的なマイナスポイントは「登場人物が多いし血縁関係が複雑すぎる」ということです。
物語のキーになるキャロラインという人物が3回も結婚していて、養子、向こうの連れ子、実子、最初の夫の兄弟など入り乱れて、読んでいて私の頭上は??だらけです。
で、最初の100ページくらいを何度も行ったり来たりして読み返していくうちに、人間関係が把握できると同時に、その100ページを越えたあたりで犯人がくっきりと見えました。
マープルさんの独り言も、今回は的確すぎ。

秋はやはり読書に向いてますね。引き続き「書斎の死体」「NかMか」を読みたいと思います。
Zm091105_02
Zm091105_03

|

« クリ悟飯のことかーー! | トップページ | あのころぼくらはばかだった »

読書班-アガサ棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138294/32080238

この記事へのトラックバック一覧です: 心の優しいひとは分別がない:

« クリ悟飯のことかーー! | トップページ | あのころぼくらはばかだった »