« 色キャスティング2日目 | トップページ | 蛾蛇虫VS影慶の『消』毒手勝負 »

2009年10月12日 (月)

より複雑な型へ

複数のパーツを同時にどこまで安全に抜けるかのテスト・・・というか本番。

Zm091012_01
キャストは青矢印経由で最終的に両端上部の抜き穴から出る算段なのですが、1回目の注型では抜き穴からキャストがのぞくまえに注入口からあふれてしまいました。

赤丸のところでつまってしまったわけです。

赤丸の部分を深めにえぐって(あんまりやると、ランナーが太くなるのでヤなんですが)2回目の注型。
Zm091012_02
抜き穴からキャストは出てきて、開通したことを知らせてくれたのですが、あけてみると、赤丸のところで注入が停まってしまったようです。

これはもう、圧の問題ですよねえ。キャストの通り道を増やすしか無いのかなあ。

両腕とツバサヒンジのぬき型としては申し分ないです。
Zm091012_03
もうちょっと色々考えてみましょう。

|

« 色キャスティング2日目 | トップページ | 蛾蛇虫VS影慶の『消』毒手勝負 »

造形班-SPYMegatron制作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138294/31760910

この記事へのトラックバック一覧です: より複雑な型へ:

« 色キャスティング2日目 | トップページ | 蛾蛇虫VS影慶の『消』毒手勝負 »