« ベジータ「僕は誰も傷つけたくないンだ・・・」 | トップページ | そろそろ董卓を善人主役に仕立てた小説を読みたい »

2009年10月26日 (月)

モノをケチる=環境に優しい(多分)

シリコン型制作において、いまさら私なんかが偉そうに言える技術などなにも無いですが、型に長持ちと剛性を求めない限り、かなりクズシリコンでかさ増ししても大丈夫なようです。
※以下あまり参考にはしないでください

原型に1層目を筆で塗りつけ、少し間を置いてから真・1層目をうっすら流し込むのですが、2層目のクズシリコンとの間に大きなスキマができると、
Zm091026_00
いくら長持ちと剛性を求めないとはいえ、複製品の出来に大きくかかわってくるので、多少は1層目の厚みは欲しいわけです。

しかし、下図のような突起のあるパーツのとき厚みが出ずに苦労します。
シリコンをいくら足しても均一に流れていくので、
Zm091026_01

結局こんな感じに・・・
Zm091026_02

これではシリコンがもったいないと思い、現在以下の方法を試しています。

クズシリコンブロックを切って「薄切りチクワ」のようなものを作成、突起にかぶせます。
Zm091026_03

Zm091026_11

チクワの穴にむけ、少量のシリコンを流す。少々あふれても可。
チクワがダムになり、チクワ以上にシリコンがひろがりません。
Zm091026_04

固まるのを待って、続・1層目を流して補強。
Zm091026_05

そしておもむろに大量のクズシリコン投入ww
Zm091026_06

草wが生えてるのは、このクズシリコン作業のとき、若干私のテンションが壊れ状態だからです。

流せ流せwwクズシリコンww
見ろ、シリコンがゴミのようだww

完全硬化を待って3層目をうっすら投入。
Zm091026_07

造形技術より、コストダウン技術ばかり向上してしまいます。

うまくいくことを期待しつつ・・・

|

« ベジータ「僕は誰も傷つけたくないンだ・・・」 | トップページ | そろそろ董卓を善人主役に仕立てた小説を読みたい »

造形班-SPYMegatron制作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138294/31950907

この記事へのトラックバック一覧です: モノをケチる=環境に優しい(多分):

« ベジータ「僕は誰も傷つけたくないンだ・・・」 | トップページ | そろそろ董卓を善人主役に仕立てた小説を読みたい »