« 埋蔵原型生還 | トップページ | 最終回を破壊する男ディケイド »

2009年8月30日 (日)

キャスティング1回目

確かにキャストの説明書に、A液B液混ぜたらすぐ硬化がはじまりますって書いてあったけど・・・

固まるのはやいよww

ビックリした。
片面型のほうに注いで様子を見ながら、さてもうひとつの型のほうにと思って混合液の入っているカップを見たら、もう固まってたww

なんか、2液まぜたら、もう考えてる余裕がありません。

でもまあ、目だった気泡もほとんど無く、とりあえず複製は出来ました。
Zm090830_01
Zm090830_02
ちなみに、両面型のほうは、本当はアンダーゲート式の流し込みをやろうと思ってたんですが、まあお試しということと、キャストの硬化が思った以上に早かったことをふまえ、タイヤキ方式で複製してみました。
※両型に液をたらして、ほんの少し様子を見て、カタマリはじめたかなあ・・・というときに「エイッ」と両型をサンドイッチします。
Zm090830_03_2 
南部せんべいとはりあうほどのバリの量ですww

粛々と、全パーツの型作成、複製作業をやって行きたいと思います。

|

« 埋蔵原型生還 | トップページ | 最終回を破壊する男ディケイド »

造形班-SPYMegatron制作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138294/31159283

この記事へのトラックバック一覧です: キャスティング1回目:

« 埋蔵原型生還 | トップページ | 最終回を破壊する男ディケイド »