« 何にでもカープを付けてみる | トップページ | キャスティング1回目 »

2009年8月29日 (土)

埋蔵原型生還

さあ、週末はスパメガ造形です。
Zm090829_01
前回この状態で終わっていた型の粘土を取り除き、反対型用のシリコンを流し込んでおいたものが無事固まりました。
Zm090829_02

クレオスのシリコンは主剤100に対して硬化剤を4%加えることにより硬化がはじまります。
しかし毎回100グラムとか、50グラムとか4%を暗算できるようなグラム数が出せるわけではないので、簡単なエクセルの計算表まで作りました。
Zm090829_03
主剤のグラム数を入れれば必要な硬化剤のグラム数と合計数を出してくれるようにしております。

さて、合わせ目のところになぜグレイの線が入っているのかというと・・・
Zm090829_04
シリコンの下型に上からシリコンを流し込むときにはがれやすくするため、事前にプラカラーの銀を塗っておいたからです。

間に膜さえ出来れば何でもいいそうです。私は一応その上から離型剤も吹いておきました。

慎重にパリパリとはがします。
Zm090829_05
ムム!各モールドちゃんと入ってます。
メガトロンの顔のしわまで残っててちょっと感動。
Zm090829_06
Zm090829_07

引き続き型作成。
Zm090829_08

だんだん型ワク作りが雑になってきた私です。

|

« 何にでもカープを付けてみる | トップページ | キャスティング1回目 »

造形班-SPYMegatron制作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138294/31157266

この記事へのトラックバック一覧です: 埋蔵原型生還:

« 何にでもカープを付けてみる | トップページ | キャスティング1回目 »