« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月の30件の記事

2009年1月31日 (土)

競演はお祭り

「名探偵コナンvsルパン三世」というスペシャル番組があるらしいと、あっかーさんのところの日記で見ました。
銭形のとっつあんが麻酔でねむらされるんですね?
キッドかと思ったらルパン、ルパンかとおもったらキッドということですね?

ルパンのファンからもコナンのファンからも嫌がられそうですが、お祭りと割り切って楽しんだほうが得だと思います。
仮面ライダーだってお祭り真っ最中ですしね。

まあ、それはともかくこの2番組は長寿すぎて惰性で見がちなので、こういう刺激がほしいところです。
これはなかなか良い試みですので、私も見たいアニメ(日テレ限定)コラボをベスト10で考えてみました。

【第10位】
バケツでごはんVS美味しんぼ

字ヅラの面白さだけですね。
山岡「まるで家畜のエサだな。こんなものでギンペー氏を喜ばせることなど(以下略

【第9位】
シティーハンターVS伊賀のカバ丸

忍者VSスイーパーなのに、なぜか大食い対決。

それだけです。

【第8位】
シティーハンターVSルパン3世

うーん。実現しそうでインパクト薄いですな。
冴羽VSルパンというよりも、冴羽VS次元、冴羽VS五右衛門で盛り上がりそう。

【第7位】
シティーハンターVSコナン

ん?実現しそう?てか、したことある?
まあ、冴羽さんが眠らされるんだろうけど。

【第6位】
シティーハンターVSキン肉マン

夜のマッスルドッキングですな。まあ!お下劣。
神谷さん酸欠必至。

【第5位】
ストリートファイターⅡVSど根性ガエル

ストⅡファンのみなさんごめんなさい。なぜか、ひろし、ピョン吉、梅さん、南先生・・・みんな強そうです。
ゲームで実現したとしてもピョン吉は常にゲージ溜まってそう。

【第4位】
巨人の星VSキャプテン

努力の人谷口君の渾身の谷口ボール1号を、全身の筋肉をブチ切ってホームランにする花形。

泣ける!純粋に見たい。正直、見たい。

【第3位】
あしたのジョーVSベルサイユのばら

「オスカル!」
「アンドレ!」
「カルロス!」
「マンモス!」
「ホセ!」
「金串!」

いいですね。作監ひとりで済むところがミソ。
ここにたとえ他局の星矢が割り込んできても、やはり作監ひとり。

【第2位】
キン肉マンVSコナン

コナン「あの剣道着のおじさん、なんかヘンだよね?」
スグル「こりゃ~~!ガキんちょが勝手にリングの中に、ウゥッ」
ドサッ
パイプイスに倒れこむキン肉マン
スグル「え~~今回の事件は非常~~に込み入っておりましたなァ・・そうでしょう武道さん・・いや、ネプチューンキングさん!」

いいですよ。純粋に見たい。

【第1位】
トランスフォーマーVSど根性ガエル

ナレーション「ひろしとスパイクを助けたコンボイの頭上に、メトロフレックスが倒れてきた!どうする!コンボイ!」
コンボイ「ふぉおおおぁおおおああ!」

ナレーション「見よ!これが、ど根性コンボイだァッ!」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月30日 (金)

ミステリアスパートナー0号

一応造形作業もチマチマと・・・
Zm090130_01

当初、アタマデカイかな?と思ったのですが、体の方がパテ太りしてきましたので、まあいい感じでしょうか。

背面はこんな感じ。
Zm090130_02

首ふり軸ほしいなあ・・・

帽子をまぶかにかぶらせてみると、リングにかけろのもうすぐ登場ボクサーみたいなことになってますね。
Zm090130_03
キン肉マンにもこういうのよく出てきました。
「ちょっとのぞきこみゃわかるでしょうよ」って感じ。

ず~~っとウェーブの軽量エポキシ使ってて、たまにタミヤ速硬化を使うとその使いやすさにたまげますね。
※造形しない人への注釈:灰色がウェーブ、黄色がタミヤです。
どうしても量を盛りたい時、ウェーブが重宝するのですが、細かな造形作業はタミヤの速硬化が一番使いやすいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月29日 (木)

シラナイ鉄心のサイコーガン

今日の記事、けして批判ではありません。誤解なさいませんよう、よろしくお願い致します。

水曜日にあるクイズ番組をよく見ます。
番組自体は良いとも悪いとも思いません。
坊っちゃんへの良い知識提供になってていいなあくらい。正解や解説を思い切り端折ってたりしますので、フォロー過多になりますが。

で、その番組見ててものすごく不思議に思ったことがあります。

物凄い勢いで不正解を連発する人がいて、あれだけ言葉を知らないと俳優さんにしても女優さんにしても歌手の方にしても、頂いた台本や歌詞を読むのにさぞ骨が折れるだろうなと、思うわけです。

まったく知らない言葉が書かれてたりするわけじゃないですか。

まったく知らない言葉なんですよ。

台本に全部フリガナがふってあったとしても、

まったく知らない言葉なんですよ。


【台本】
山田トン平「しかし起死回生をはかる私はここであったが、百年目とばかりに、後ろを振り返ったら、部屋はもぬけからでした」

というセリフがあったとして、まったく知らない人が見ると

山田トン平「しかしヒックグルップはかる私はここでドロロサイトが、ポンギョレロとばかりに、後ろを振り返ったら、部屋はズボッゴゴーグバッハーでした」

というように映るわけですよね?まったく知らない言葉が書いてあるわけですから。
このセリフをどんなテンションで言っていいのか、見当もつかないと思うのですが。
セリフ言いながら怒るべきなのか、笑うべきなのか・・・
というかそれ以前に台本読むのが苦痛で仕方ないのではと心配になります。

しかし普通に俳優さんやってたり、良い歌を歌ってたりしますので、そこは物凄く不思議だったりします。

ああ、でも誰しも全然門外漢な分野の本を読んだらこんな感じなのかもしれない。
少しナットク。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水)

888

おーれーはエリザベース♪

波ー紋~師っ匠~~♪

題名『リサリサリサイタル』

記念すべき888個目の記事ですが、特にナニということもなく、普通に行きます。
いやむしろくだらない前説をつけたりします。

オオ!そういえば、いつの間にかアクセスが9万超えました。

来て頂いた皆様に深く感謝。

これからも1時間くらい放置したコーラのような気の抜け具合と、梅雨時のセンベイのようなパリっとしない感じで頑張らずやっていきたいと思います。

造形は頑張りたい!これはホント。

8といえば、うちの坊っちゃんも、今年の8月で8歳になります。これもいわゆる888ですね。ムリヤリですね。
坊っちゃんとは、彼が「チャーイ」「バブー」と言っていたころから一緒にお風呂に入っているのですが、
五郎「坊っちゃんも今年から小学2年生だし、8歳になるし、そろそろ一人でお風呂に入る修行をしようか」
坊っちゃん「ウンイイヨ」

と今年はじめから、横からあーでもないこーでもない言いながら坊っちゃんには一人で体を洗わせてます。
通常サイズの洗面器では、片手で頭をゴシゴシしながら片手でお湯を流すのが大変そうなので、小さな手桶も買ってきました。
最初、全然ダメダメだったのですが、意外とサマになってきました。
8月に誕生日を迎えるころには一人でお風呂に入れるかな?
お互い、寂しくもあり、楽しみでもあり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月27日 (火)

妄念VS神将

宮部みゆきさんの天狗風、あざやかに読み終わりました。すかさず金田一モノの「華やかな野獣」を読み始めてます。
個人的意見ですが「華やかな野獣」は息抜き程度の内容ですね。分量的にも天狗風の5分の1くらいです。サラーと読めそう。

さてその天狗風なんですが、私の好きな「捕り物帳型ミステリー」というより、「ファンタジー娯楽大作」という感じでした。
前作「震える岩」エピローグにて父上である与力古沢様に許しを得て、与力の道を捨て本格的に算学者の道を歩み始めた右京之介さんは、今回出番少なめ。
そのかわりサイコメトラーお初ちゃんとコンビを組んで事件にあたるのは「コピー能力者」の鉄
お初と鉄が追いかける事件は町娘連続失踪事件。
事件の周囲で暗躍するのは
・着物に取り憑いた肥大した自我意識
・町娘誘拐に便乗して身代金を要求するが次々殺されていく3人組
・検挙率ナンバーワンのどこまでもグレーな同心

ミステリーにつきものの、「あの人悪人かと思ったら実は・・・」とか、「あの人達ケチな便乗犯かと思ったら実は・・・」といった右へ左へのゆさぶりで、読み手を飽きさせません。
ファンタジー小説ってあまり好きじゃないので、つとめて淡々と読むようにはしたのですが、終盤はやはり盛り上がりますね。

特に、ファイナルファンタジーⅢの「ザンデ」→「暗闇の雲」のような「妄念のカタマリ」という趣きの今作のラスボスを異界にまで追いかけて戦うにあたり、見えざる敵を見極めるため、お初が右京之介からメガネを借りるくだりは一番の山場です。
物語の世界観・ルールからすれば「そんな江戸時代のメガネで見えるわけないでしょう」なのですが、お守りとして、また現世に戻ってくるためのカギとして現世の人間からアイテムを借りる。

異界にて、

お初ちゃんがラスボスから痛撃を喰らった時、

ヒーローモノの超最大お約束、ふところから転がり出るるひび割れたメガネ!!!!

そして今まで、ふざけた事にしか使われなかった鉄のコピー能力が本当の意味を成し、醜い妄念を封印。

帰還・大団円

・・・
大変面白かったです。
続編がなかなか出ないのはこの2作目でやれることをやりつくした感があるからかもしれません。

続編は出てほしいのですがね・・・

仕方ないので、金田一モノをサクッと読んでから、霊験お初シリーズのプロトタイプ2作を含む短編集「かまいたち」を読み始めることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

広島の方、さらにご注意ください

世知辛い世の中になったものです。
うちの会社が契約している駐車場で車上あらしが現れ、同じく契約している他社様が被害に遭われたようです。
うちの社員は被害にあっておりませんが、明日はわが身と考え、車内に貴重品など置かないようにしたいですね。

嫁さんの仕事先の同僚さんも車上あらしにあってキャッシュカード盗難などの被害に遭っておられるので、「自分は関係ない」など思わず、個人個人、防犯対策を心がけていきましょう。

こんなニュースばっかりでイヤになりますね。

さて、昨日、造形作業を終わらせてから、宮部みゆきさんの「天狗風」後半部分をイッキに読み終わりました。
感想を書こうと思ったのですが、もういけません。もーういけませんよ。

今日は寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

進化の対価のため退化

駆け足造形中継
Zm090125
細かな加工中の帽子は今、アーもスーもならない状況なので、帽子を取ってごあいさつ。
いつも正面向いてる方の顔は帽子が無いと「何がなんだか」な顔なので、裏面のコワモテさんの進捗などを。
ちょっと輪郭が貧弱だったので、エラを出してがっしりさせてみました。意思の強さを前面に出したいのです。
なにやらシュワルツネッガーみたいになってますが、帽子かぶればそれなりになってくれるでしょうか・・・
今あらためて見ると、田中要次さんに見えないこともない。

ちょうど1年くらい前、坊っちゃんはトランプの神経衰弱がモノスゲー得意でした。大人が何人バーターになってもかなわないくらい、一度見たカードの位置を忘れない男でした。
今日、久しぶりに神経衰弱をしてみると、坊っちゃん、弱くなってます!
弱くなったというか、普通になっちゃいました。

「あれ?どこだったっけ?」なんて言葉、坊っちゃんから聞きたくなかったYO!

まわりに気を配るスキルが高まるのと引き換えに集中力と観察力のスキルを「もらっちゃ王@池田鉄洋さん」に取られてしまったのかもしれない。

あのダービー戦のスタープラチナのようだった坊っちゃんにはもう会えないのか!!

大人の階段のーぼるー♪キミはまだ、衰弱ー

人間の不思議を感じた一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

帽子の位置ズレ防止

Zm090124_00
ひたすら顔造形です。
かたやイケメン顔、かたや威厳あるコワモテ。
この作りわけは骨も折れますが、なかなか楽しいですよ。

ロボA
Zm090124_01

ロボB
Zm090124_02

そこまで計算してたわけではなかったのですが、お互いの鼻の頭がストッパーになって、帽子のスライドをいい位置で止めてくれてます。

まだまだ両者「いい顔」というには程遠いです。ガンバリマス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

広島の方、ご注意ください

急にまじめな話でナニですが・・・
県内企業に向け、呉市消防局よりの注意メールがありました。

消火器を高額で点検する業者が広島県内に3班に別れて活動しています。
1/21には東広島市,1/22には呉市内に出没しました。
消火器の点検契約書に巧妙にサインさせ、市販の新品消火器購入価格以上の金額を要求するものです。
被害に遭わないようご注意ください。

【 呉市消防局 予防課 】 
 TEL:予防課  0823-26-0321
 FAX:0823-26-0308(消防局 共通)

 HP:http://www.city.kure.hiroshima.jp/~119

個人宅ではなく、企業訪問がメインであろうと思いますが、万が一ということもありますので、充分ご注意ください。
他都道府県の方にはあまり意味の無い情報ですが、類似・模倣犯はいつどこに発生するかわかりませんので、ご注意ください。
どんなセールスでも、連絡先を聞いて、一度引き取ってもらうのがいいかもしれないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

帽子造形

昨夜はひたすら帽子造形。
Zm090122_01_2

ちょっと上げてみる。
Zm090122_02_2

まぶかにかぶってみる。
Zm090122_03_2

下ろしきってみる。
Zm090122_04_2

今日は早く寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

小浜のQ太郎

私とそんなに年が離れてないのにカーター大統領を知らない人がいました。

ジェネレーションX!!・・じゃなかったジェネレーションギャップ!

てことはそのひとは立川カーターという落語家も知らないということでしょうか?
立川カーターって、ググッても出てきませんね。残念。

出だしでろくでもないことを書いている時は、だいたい私は寝不足です。

夜な夜な宮部みゆきさんの天狗風を読んでおりますが、なにせブ厚い文庫なんで、時間喰ってます。
結構終盤に来たと思うのに、事件の全体像がなかなか見えてこないのは宮部さんの独壇場ですね。関心します。
登場人物も増え、奇想天外な能力を発揮したりしてますが、個人的には人知の範囲内で周囲を唸らせる右京之介さんがやはり最高です。

宮部さんの本は

・現代サスペンス(模倣犯・火車など)
・捕り物帳(ぼんくら・日暮らしなど)
・ファンタジー(ブレイブ・ストーリーなど)

と3ジャンル(厳密には線引きはあいまいですが)あるのですが、私はファンタジーには興味がないんです。
線引きはあいまいと書いたとおり、姉妹編の「震える岩」がギリギリ捕り物帳であったのに比較してこの「天狗風」はかなりファンタジー調です。いや、ファンタジーメインかな?
そこはちょっとだけ不満。
ページ数的にそろそろ解決編に向かってますが、情報と頭脳だけで頑張る右京之介さんと、ファンタジーに理解を示さない六蔵親分にぜひとも頑張ってほしい私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

マルチスタスク

今度の戦隊は顔いっぱいに火とか土とか、漢字が書いてあるらしいです。

谷間レンジャーの出番ですね?わかります。
Zm090120_00

追加メンバーで欝(うつ)とか彎(わん)とか出てほしいですね。
彎レンジャーは強弓射手です。でもワンレンボディコン(死語)。

いやそんなことはどうでもいいんです。顔のことばかり考えてて、また記事があさっての方向へ行くところでした。

引き続き顔のガワ造形です。
3歩進んで2歩下がるって感じです。
Zm090120_01

やはりトランスフォーマーのダブルスパイのように帽子が前後にスライド(?)して前顔・後顔の切り替えにしてみたいと思います。
Zm090120_02

後顔はまだまだこれから・・・
Zm090120_03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

メキシカン漏れソース

モ○バーガーのメニューに「ナン・タコス メキシカンモレソース」というのがあるのですが、情報(ソース)が漏れそうで不安な食べ物ですねえ。
(モ○バーガーさんごめんなさい。味は超一流ですよ)

以下、話はガラリと変わって、少しだけ真面目な話なので、読んでも面白くないです。

web上でデータを共有できるシステムを提供してる会社があります。
(以下、ミ○シーの事じゃ無いですよ)

それは前置きとして、最近迷惑メールが一段と増えてきた気がしますので、ちょっとweb上で私の仕事メアドはどこまで晒されているのか確かめようと思い、検索をかけてみたわけです。
自社HPや求人情報サイトに乗っているのは仕方なし。ロボットはそれを回収しているのでしょう。しかしそれとは別に、どこかの会社のweb上の営業メモみたいなものにひっかかりました。
どこかよくわかりませんが、営業担当者が各企業の情報と担当窓口の対応具合、営業確度などを一覧にまとめた表のキャッシュにアクセスできました。
この営業メモは、私と私の会社にとって、特にどうという内容ではないのでサラリと流しておこうと思ったのですが、別なユーザーさんが仲間内だけだからと、個人情報を晒しまくって他人に聞かれては困るような書き込みをしていたらそれも検索で表示される可能性があるのでは?
と少し心配になり、この場を提供している管理会社へメールしてみました。
「変な言いがかりつけるつもりは無いのですが、コレコレこんなことになってますよ。ウチは別にいいんで、セキュリティ見直したほうが良くないですか?」
という内容で。

返事はすぐ返ってきました。

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
ご連絡ありがとうございます。

・シート本体に既にユーザー様からの内容の記載がないため、システム側より強制的にシート本体を削除いたしました。
・キャッシュに関しましてもGoogle 社へ削除依頼を提出しました。

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

ふ~~ん。まあすばやい対応で良いのではないでしょうか?
でもキャッシュで内容が表示されるというのは、ユーザー側の不手際なのか場主のシステムの不手際なのか、結局わからずじまいなんですよねえ。
そこは引き続き調査してほしいなあ。してくれるよね?そう信じよう。

私は絶対利用しませんがね。

SNS系に対する不信感はつのるばかりなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

フェイス2フェイス

Zm090118_01
リボルテックスタスクさんと並べると大きさ的にちょうどいいかんじ。
可動範囲は雲泥の差なんですが。

顔は今回2個作らなければなりません。
Zm090118_02
いつものことなんですが、顔を作るのはものすごく辛く、ものすごく楽しい作業です。

話は変わりますが、仮面ライダーキバの最終回を見逃してしまいました。
8時に起きた時、「ま、いいか」と2度寝してしまったので、自業自得ではあります。
ちょっと最終回がどんな話だったかを坊っちゃんに聞いてみました。

五郎「渡と大牙はどちらが勝ったの?」
坊っちゃん「いや、仲直りしたよ。仲直りして、すごいキングを倒したよ」
五郎「それで終わり?」
坊っちゃん「うーん。そのあといろいろ・・・」

物語後半から見ていた嫁さんが坊っちゃんのあとを引き取って説明してくれました。

嫁さん「あのねえ、目のかすんでる人が死神みたいな顔の男を倒して、目も治って、女の子と結婚したよ」

【私の想像】
ビショップ「イクサよ、私を見事倒してみろ!そうすればお前の目を治して、恵との結婚も許してやろう!」
名護さん「仲人をしなさい!イクサ爆婚!!」
ビショップ「ヒギャ~~~~」

私の勝手な想像を破って嫁さんの説明は続きます。

嫁さん「でねえ、結婚式してたら、空の雲がなんか変なことになってきて、『コリャマズイナ』ってんでみんなで向かっていって終わりだった」

【私の想像】
教会にて・・・
ビショップ神父「新郎は病めるときも、富めるときも・・・」
名護さん「誓わせなさい!」


結城凱「見ろよ竜・・・俺たちが守った空だ・・・」

客「あ、あれをみろ!」

イクサに変身して黒雲に向かって飛んでいく島さんと、キバに変身して飛んでいく喫茶店のマスター。

戦いはこれからだ!

そんな感じだったのだろうと思います。
ディケイドは真面目に見よう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

羽が生える・羽を伸ばす

ココログさんの気まぐれで、大きな画像の表示方法がいつのまにか改善されたようですので、たまには大きな画像を貼ってみます。
以下、画像クリックしてみてください。多分、ポップアップ右上の×ボタンで元の画面に戻れるはずです。

スタスク風ロボに羽をつけてみました。
Zm090116_10

羽を畳んでロボにヘンケイ!変形!
羽の畳み方はグランカーの顔を背中にもっていくヤツと同じやりかたです。このヒンジ収納はなかなか使えます。
Zm090116_11
ああよかった。スタスクさんぽく見えてきました。
拳はミニソフビから流用。コテ装甲ディティールは付けたいですね。

こっちのほうはまだ、なんだか良くわかりませんね。
Zm090116_12
羽の収納の仕方はもう一工夫必要なようです。
拳が逆になっているのは、いずれどうにか致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木)

サイコメトラーと努力型ハッカー

宮部みゆきさんの時代小説「震える岩」を読みました。ちょっと厚めの文庫本といった感じ、サクサク読むのに調度良い分量ですね。
いつものごとく宮部さんで時代小説なので、「ぼんくら」「日暮し」「本所深川不思議草紙」同様に捕物帳スタイルになってます。
主人公はサイコメトラー(岡っ引きの妹@16歳)算額を啓蒙するシロウト算学者(頭デッカチの与力見習い)のふたり。

算額という言葉を今回はじめて知ったのですが、面白いですね。
wikiによると

江戸時代、数学者または数学愛好家が額や絵馬に数学の問題や解法を記して、神社や仏閣に奉納する。
はじめはよりいっそう勉学に励むことを祈念して、解いた絵馬を奉納していたが、やがて人びとの集まる神社仏閣が数学の問題の発表の場となり問題だけを出す者、見つけて解いて解答を奉納する者なども現れる。

数学者が集まるweb上の掲示板のような物が江戸時代にすでにあったことに驚きです。
こんな面白いシステムがあまり時代劇などで取り上げられてないのが不思議ですね。

まあともかくそんな霊能者お初ちゃん論理派与力見習い右京之介さんのコンビです。
この和製X-ファイルコンビで挑む謎が、

・依り代をどんどん変えて子供を殺害していくネクロマンサー
・田村家下屋敷の、夜になると微かに振動する庭石
・美談に見える100年前の赤穂浪士による吉良邸討ち入りの本当の事情

こういう無関係そうに見える事件がやがて99年前の悲しい事件へつながっていく。
読んでいる最中「赤穂浪士まで混ぜこんでしまって収集つくんだろうか?」と心配したのですが、丁寧に積上げられた各人物描写で、難事件を落とすところに落とし込んでしまいました。スゴイとしか言いようが無い。

お初ちゃんが現場や遺体から断片的な情報を霊視で引き出し、シロウト算学者の右京之介さんが、理論的につなぎ合わせて事件を解いていく。いいバランスになってます。

頭脳労働だけかと思われた右京之介さんですが、100年前の赤穂浪士討ち入り事件の門外不出調書を与力の息子パワーで閲覧し、写本を作って持ち出すあたり、危険なハッカーとしても活躍してくれます。

この時代先取り感!1993年初版の本とは思えないですねえ。

お初ちゃんのサイコメトリーは人知を超えた能力なので、ホンネを言えばどういう風にも話を持っていけるだろうと思いますが、右京之介さんの分析力や情報収集力は「手の届く範囲の能力」だし、最終的に解決していくのはその理論の積上げなので、読んでいて好感が持てます。
今回の事件では上手く機能しませんでしたが、是非不可能事件を算額で解いて欲しい。
もしくは絵馬に書いて奉納して、どこかの誰かが奉納した解答からヒントを得て欲しい。

右京之介「これは○○の方の神社でググって得た解答なんですが・・・」

とかやって欲しい。「ググって」は無理ですが。

というわけで、続編、天狗風を読み始めるわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水)

私は夜型

・ワンルームキャパ型
・私生活延長型
・俺リスペクト型
・プリズンブレイク型
・ヘリ親依存型
・カーリング型
・伝書バト型

・・・いろんな人が世の中にはいるものですね。
私が見てきた人達の中では、圧倒的にカーリング型が多いですね。
「それ、自分の本心から言ってるの?」
というような事を平気で言えちゃう人がいます。

好景気の大企業へ面接に行くならいざしらず。
偏向報道ではあるものの、平成の大不況の世の中で、

「御社に社員研修制度は御座いますか?」

という質問は

「ボクは後ろから押してもらってブラシで進む道をゴシゴシこすってもらわないと進みませんよ」

と主張しているのと同義であるということに気付いてほしいなあ・・・

あと、何かの本に書いてあるのか、

「休日はバッティングセンターに行きます」

という人も激増中。

老若男女問わず、私もふくめて、文字通り、カタにはまらない(上記のどれにもあてはまらない)インパクトのある人間でありたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

ゲェェーーッ!象印の超人

激務の先週がなんとか終わり、今週ひといきつけるかと思いきや、先週と同じく激務となる模様。
年の初めなので、私のお仕事関係先様も一様に年始のご挨拶に来られます。これまた忙しさに拍車がかかるわけですが、ご挨拶に来ていただけるだけありがたい話です。
先日、某銀行様から「おしゃもじ」を頂きました。日本三景の宮島が近いといえば近いですからね。しゃもじは縁起物ですし。
で、今日、某人材紹介系企業様から「お箸」を頂きました。

「良いご縁を、はしわたし」

ということだそうです。うまいこといいますね。

あとは、お茶碗とお釜とお米でもいただけるお客様がいれば、グランドスラム達成で「オフィスでホカホカゴハン」も夢ではありません。

うちのお客様で象印様とかタイガー様とか・・・・・・いなかったですわ。残念。

全然関係ないですが、横山ミツテラーの私としては、某所で年明けから配信開始となる携帯着せ替えツール三国志にかなり期待していたのですが、私の古い古い古い古い古い古い古い古い古い古い古い古い機種は対応外でした。「太史慈待ちうけ」も無いとのこと・・・
Zm090113_01_2

この知らせは孔明にとってショックだった・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月)

翼の折れたスカイワープ

ジェット機も羽根の無い状態だと、ビローンと長いだけで、しまらないもんですね。
Zm090112_01


足は長くしたいんです。ズングリムックリはいやなんですよ。
Zm090112_02
顔の収納の仕方(まだ考えてませんが)しだいではスラスト・ダージ・ラムジェットも作れるのかもしれない。
最初は変形重視の「無可動に近い積み木ロボ」を考えていたんですが、少しずつ可動軸増えていきますね。人間の欲は無限大というかなんというか。


こっちのロボも、別な意味で足がポイントになります。こっちロボ用の足をただ今ヒイヒイいいながら製作中・・・
Zm090112_03

ポリパテ切らしてたのがものすごくショックです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

辺見えみりの「サンシャイン」は名曲vol.2

前にもそんな記事タイトル付けた気がしますが、今回の記事とは何の関連もありません。

レンタルDVD店で「キン肉マン夢のタッグトーナメント編」の最初あたりを借りてきました。
坊っちゃんにはポケモンのようなおしゃれなアニメばかりではなく、男クサ~イアニメも見てほしいわけです。
原作漫画のほうがテンポが良く、構図のとり方も上手いのですが、いきなり漫画を坊っちゃんに読ませるのもアレなので、アニメから軽くスタート。
さァ友情を学んでくれッ!!とばかりに、さっそく家族4人で見ていたのですが、坊っちゃんお嬢ちゃんは予想通り釘付けです。

キン肉マン素人のウチの嫁さんも無言でずっと見ておりました。キン肉マン、テリーマン、ロビンマスクetcと特に感ずることも無く受け入れておりました。
3面顔、6本腕のアシュラマンも普通に受け入れております。
しかし画面にサンシャインが出てきた瞬間、

嫁さん「この人、出てきて早々、なんで眉間と胸に風穴が開いてるの?」

Zm090111_01
ああ、なんてことを嫁さん、以来サンシャインの額の日輪マークが弾痕にしか見えない・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

中堂ヒデキ、カッコよすぎ

今月も無事ゲット出来ましたA-ZERO。
一通り、どの漫画もイイカンジにエンジンかかってきたように(素人ながら)思いますが、個人的にも気になっていた「居眠り磐音 IWANE」がはやくも単行本化!
ちょっと食指の動く私がいます。
そしてわれらがクアドリフォリオもついに3月単行本化!

百冊は買うぞ!

いや、すみませんウソです。でも1冊はマスト買いです。

ストーリーの詳述は控えますが今月も、夜の峠に出る幽霊マシン(アルロメ)とヨツバちゃんマシン(アルロメ)のバトルかと思いきや、シンクロ非成立でトーンダウンさせ、中堂君のマシン登場(もちろんアルロメ)
Zm090110_01
顔に似合わず(失礼coldsweats01)冴えた分析力の中堂君の渾身の雨中追撃で幽霊マシンに土をつけ、次回ついに幽霊マシンのドライバーがっ!

毎月クリフハンガーですねえ。

それにしても中堂君はイカス。
「感性が突き抜けてて、それ以外が未知数の主人公」「技術と経験に裏打ちされた腕を持っているけど、主人公にどこまで協力的なのか不明なセカンド」
この組み合わせは面白いです。コンビモノの面白さが存分に味わえますね。

来月・・・あの幽霊マシンのドライバーは、ヨツバ・中堂コンビをどこへ向かわせるのか?
気になります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金)

品性下劣低俗番組

昨日、志村けんのバカ殿様を家族4人で見ました。
坊っちゃんもお嬢ちゃんもゲラゲラ笑っております。
坊っちゃん「そんなバカなww」
お嬢ちゃん「バタコン(バカ殿)オモシロイ」

ふたりとも釘付けです。

ドリフ絡みは昔から、子供に見せてはいけない低俗番組といわれ続けておりますが、その低俗番組を見続けて育った私は品性下劣な大人になってしまったであろうか?

・・・そうかもしれなゲフンゲフン・・・

いや、なぜあの番組を子供に見せてはいけないのか、未だに私にはサッパリわかりません。
「子供に見せられない」って言ってる人間は単に子供に何が善い事で何が悪い事か?何がフィクションで何がノンフィクションか?を自分で説明するのがメンドクサイだけなんじゃないのですか?
あらためてちょっとうがった眼でバカ殿様を見てみたんですが、志村さん凄いですね。
もう大御所といっていいはずなのに、自ら池の中に何度も落ち、金タライを頭に受け、走りまわって、壁にたたきつけられて、私を笑わせてくれます。
同じことを私にやれと言われて、そう簡単にはできませんよ。
ネタ的には古典的なものが多く、焼き直し感も無くは無いですが、面白いものは面白い。
子供達はファーストインパクトだからなおさらです。
「バカ殿のいたずらで最終的にフスマが倒れてクワマンに当たる」なんて、私は何回も見てる気がしますが、ウチの坊っちゃんからしたら、

「なんでそんなことにww」

という衝撃のようです。ドラえもんのハジメテンという薬がほしいと心底思いました。

江本明さんも相変わらず楽しそうでした。

バカ殿様とだいじょうぶだあ~は、無くならずに残ってほしい。
と、品性下劣な私は思うのでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月 8日 (木)

来年の事を言うと膝が笑う

昨日の仕事中、やけにボーっとするし、忙しいにもかかわらず考えがまとまらないし、なぜだか膝から下がガタガタ震えるしで、なぜだろう?と思いながら帰宅して体温を計ると38度ありました。

「そんなばかな!」

と、もう一度慎重に計ってみると、今度は38度3分。

イヤイヤ、必死にごまかしてきましたが、今日休むわけにいかないんスよ。
大事な会議があるんです。

というわけで、昨日は風邪薬飲んで10時には寝ました。
私には考えられない早寝です。ふだんよりマア3時間は早い就寝。

今朝体温を計ってみると37度5分。
ヨカッタ!神様は私を見放してなかった。
というわけで、今日内心ヒイヒイ言いながら、間接ギシギシ言わせながら会議を済ませ、定時ソッコウで帰りました。

今日も早く寝ます!

造形できないのツライナァ~・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水)

わりと予定通り?

Zm090107_01
肩から飛び出たシャフトに「ナル光線銃」差し込めればベストかな?

人体のことを時折意識するようになりました。
ひじをひねってみて
「いや、これ以上は回らないな」
「肩の付け根でヨコ回転する必要て無いのか?」
などなど。

あと継ぎ手形状もあんまり大層なもの作らなくても、いけるんではないか?とか。

ただビークルに変形する関係上、どうしても回らなきゃならない部分や、必要以上に畳み込まれなきゃならない部分てのはあるのですが(苦笑)。

グランゼルスカイゼルと不必要に複雑な機構にしてしまいましたので、極力単純機構で作りたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

矢毒といえばサヴェジ・ガーデン作戦

昨日の悪魔の手毬唄、面白かったですね。
映像化された作品の中ではかなり原作に忠実な再現度だと思います。
原作のような「救われない感」や「犯人の残忍さ」は薄く、そこが少し不満ではありますが、テレビ的にはあれがギリギリと思います。

とまあ、テレビのことはそこそこに、金田一モノの「毒の矢」を読みました。
Zm090106_01
中長編の「毒の矢」と、短編の「黒い翼」のセットです。

【毒の矢あらすじ】
住宅街に怪文書横行。被害者の娘の観察が優秀。

【黒い翼あらすじ】
日本中にチェーンレター横行。被害者の妹の観察がザル。

えーーーとですねえーーー・・・どちらもわかりやすい犯人でした。
これは私が金田一モノを読みすぎた弊害?とも思ったのですが、ポアロシリーズの犯人にはいつも素直に関心しますので、「読みすぎ弊害」というわけではないでしょう。
ただ、ここまで読んできて「金田一モノは人物描写が画一的」というのは良く理解できました。
予備知識無く未読作品を読んでも、ああ、この流れならこういうトリックでこの人が犯人かな・・・やっぱりそうだった!ということが多いです。

毒の矢、黒い翼ともに、トリックや犯人像に目新しさはありませんでした。この2作に「白と黒」を足して、「怪文書3部作」と呼んでもいいかもしれない。
ひとりの作家さんの本を読み続けるのも色々問題がありますね。

本が溜まってるんで、引き続きガツガツ読んで行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

コーボーですよ

羽が無いと締まらないジェット形態
Zm090105_01

わりとバレバレなあの航空兵
Zm090105_02

そして第2のロボ形態
Zm090105_03

今回の造形はクリアランスが重要になってきますので、機構部門とディティール部門の共同作業になります。
ある程度ディティール入れながらじゃないと、完成がおぼつかないです。
(画像を見る限り、そんなに精度出て無いですが・・・)

精度出しのため、ダイソーのプラスチック製のノギス使ってるんですが、それ以外にも、石定盤、トースカン、ハイトゲージなんかが欲しいです。
工房がホシイと真剣に思うことがあります。予算的、個人の趣味的にムリですが。
それにしても嗚呼、明日から仕事でした。
少しペースダウンが予想されますがガンバリマス。
といいつつ今から寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

黄金免許

Zm090104_01
免許の更新に行ってまいりました。
本当は昨年末お休みに入ってそうそう更新に行くつもりだったのですが、案内はがきを見ると、

1月4日からICカード免許になります

とのこと。
せっかくだし、まだ期限までには余裕があるので、今日まで待って、ICカード免許にしてみました。この機会逃すと5年後ですしねえ。

新免許はICチップ入りだそうです。
詳しくはめんどうなのでここには書きませんが(おい!)偽造防止とか、個人情報保護とかいろいろ上乗せサクサクなんだそうです。

これ、ちょっと考えたんですが、高速道路のオービスで、違反速度の車両の運転手が携帯している免許のチップ的な何かとか、IC的な何かとか読み取って、切符切ったりとかできないんですかね?
あと白バイに非接触センサーなんか付けておいて、違反車両の何メートル以内かに入ったら罰金情報を署に転送とか。

倫理的にまずいですか?
検挙率は上がる気がするんですが。

私、警察の回し者じゃないですよ。
「交通ルールは守らねば」という抑止効果になればいいんじゃないかと思うだけです。

でも免許不携帯と無免許はどうしようもないか!まあでも、センサーに引っかからないということはつまり不携帯か無免許の証拠ではありますね。
まだ言ってる・・・私、警察の回し者じゃないですよ。
Zm090104_02
セーフティドライブ心がけたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

裏のある造形

昔、トランスフォーマーにダブルスパイというキャラクターがおりました。表と裏で別なロボットモードを持って隠密行動なんかをしていたわけです。

そういうキャラを作ろうと思ってます。

ジェット機から、
Zm090103_00

ロボになり、
Zm090103_01

ひっくり返るとまた別なロボになる。
Zm090103_02

特殊なトリプルチェンジャーですね。

ここ2日ほどで機構部分の一番厄介なところをクリアできたと思いますので、あとは粛々と作っていきたいと思います。

完成するかなあ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

読正月

1月1日は、朝雑煮、昼磯辺焼き、晩御飯のデザートに汁粉と餅三昧幸せ空間の早瀬五郎でした。
日中は初売りやプリキュアショーに出かけたりしたのですが、それは大して面白い話でもないのでカット。
Zm090102_01
それにしても1月1日からプラ板やプラ棒を買うのは私くらいでしょう。

夜行性なので、夜のほうが俄然ギラギラしてくるわけです。造形のかたわら、正月そうそう、宮部みゆきさんの「幻色江戸ごよみ」を読みました。
もう、新カテゴリ「ミヤベニア」というのを作ってもいいくらいの勢いで読んでますが、続けざまに金田一モノの「毒の矢」も読んでおります。
夜更かし万歳。
さてその「幻色江戸ごよみ」ですが、宮部さんお得意の時代物ミステリ短編集で、ミステリといっても犯人は誰だみたいな話ではなく、人の心に潜む闇をドライに書き綴っていく・・・そんな内容です。
12本の短編が1本目の年明け早々の事件から12本目の師走の事件まで各話、各月対応になっております。
各話、失踪、巻添え、噂話、子獲り、狂気の女、祟る幽霊などいろいろと語り口を変えてつづられていきながら最終話「紙吹雪」で師走の空に舞う哀しい紙吹雪と共にフィナーレを迎える。
この構成は非常に美しい。

個人的には

・飾り職人の再起をかけた大団円話と見せかけて奈落の底に突き落とす第二話「紅の玉」

・かなわぬ恋心に押しつぶされて消えてしまう男の物語、第五話「庄助の夜着」

・ザ・カタストロフの第十話「神無月」

・ザ・復讐の第十二話「紙吹雪」

この4本がお気に入りです。最終話「紙吹雪」は、???という出だしから、徐々にネタバレしていって、紙吹雪が舞う圧倒的なラストまで、途中で読むのを中断させない宮部さんの独壇場という感じでした。宮部マニア必読です。

宮部モノはあと長編2本を借りてますので、間の金田一モノとあわせてササーッと読みます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

今年も宜しくお願い致します。

あけましておめでとうございます。
と、言っても新年はついさっき明けたばかりで、私は今から寝るのですが、今年も趣味に遊びに(←同義だオイ)がんばりたいと思います。

スカイゼル兄さんが安定期に入ってしまいまして(止まっているわけではありません)刺激が無いので、機構部門が勝手に次回作を始めてしまいました。
Zm090101
ムゥ!今の時点ではどうなるものかわかったもんじゃないですね。
でもプラ板工作は楽しいのです。

今年も宜しくお願い致します。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »