« スカイゼル航空ただ今参上 | トップページ | ファイナル金田一 »

2008年11月16日 (日)

バード

夜な夜なスカイゼル造形です。
巨大ハンド1個作るのに、えらい時間をついやしておりました。
機構部門から徐々にディティール部門へ作業の移管が進んでおります。

ジェットモードというより、もはや鳥獣モードですね。
Zm081116_01
夏夕介さんのあの涼やかなイメージからは程遠い、獣性増量モードです。
巨大ハンドが鳥の尾羽のように見えるのは偶然です。置き場に困って後ろに回していたら、鳥の尾のようになってしまいました。
タテマエ上は「は・はじめからそのつもりだったんだからね!」ということにしておきます。

こちらが本来作りたいミサイルモード。
Zm081116_02

鳥獣モードに負けてる・・・

(これは私の個人的な製作技法ですが・・・)
グランゼルのとき発見したのは、機構部門・ディティール部門・塗装部門と工程を切り分けた(というか、脳みそを別人レベルで切り替えた)ほうが作業は進むということです。
要所要所で「でもここに軸が入ったら、ディティールつけづらいよね」などと考えていると前に進まないので、機構部門はとりあえず
「人型から車なり飛行機なりに変わること」
を優先させてます。スカイゼルやグランゼルの面影を考えていてはいけません。

ディティール部門は機構部門から上がってきたその変形素体を見てちょっと絶望するのですが、意外と別次元のヒラメキが生まれたりして、工程的には一番盛り上がる部署です。
あまりにもどうにもならなければ、もう一度機構部門へ差し戻したりするのですが。

ナニにせよ、無計画造形なわけです(うーん、もちろん完全な無計画では無いのですが)。

最初からすべて計画通りでは、奇跡が起きないわけです。

|

« スカイゼル航空ただ今参上 | トップページ | ファイナル金田一 »

造形班-変形スカイゼル制作」カテゴリの記事

コメント

 鳥獣モードがキテますね! 素晴らしい!
 ミサイルモードも、陸生猛獣っぽいですが。すごい前足で駆け回ってるような。

> 機構部門・ディティール部門・塗装部門と工程を切り分けた

 このくだりに感銘を受けました。考えてても仕方ない、とりあえず手を動かせ、的な。

> 最初からすべて計画通りでは、奇跡が起きないわけです。

 名言。

投稿: こにしのぶお | 2008年11月17日 (月) 00時10分

こにしさん、ありがとうございます!
基本、イキアタリバッタリなので、お恥ずかしい限りです。
実はこの技法、塗装部門が一番被害を受けてます。
「塗装前にこんなに組み込んじゃ、どうにもならんよ!」
というのは結構あります(汗)

綿密に計算すればするほど、折れそうなモロさ(あんなに細かく計算したのに!的な)を併せ持つような気がしまして、わりと大まかに作り進めております。
そろそろ本家スカイミサイル、スカイジェット、スカイゼルを観察しながらディティールアップを進めたいと思います。

投稿: 早瀬五郎 | 2008年11月17日 (月) 18時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138294/25396441

この記事へのトラックバック一覧です: バード:

« スカイゼル航空ただ今参上 | トップページ | ファイナル金田一 »