« ハルマー・サタデー | トップページ | 寡黙な職人 »

2008年10月12日 (日)

俺はホルモンを焼くぞ!ジョジョーーー!!

ドジュゥゥ・・・

15年来のお友達から、
「永年勤続表彰で○万円分の食事券もらったんだけど、いらないから五郎さんあげるよ。家族サービスしなよ」
と、神々しいお言葉とともに、お食事券いただいてしまいました。
その飲食会社のチェーンでしか使えないのですが、私には何の問題もありません。
ありがたく使わせていただきます。

というわけで、家族4人で叙寿苑です。
Zm081012_01
叙々苑(ジョジョえん)ではありません。叙寿苑(ジョジュえん)です。

地元では結構有名なんです。多分。

実は高級焼肉店ですので、個別に各種肉を頼んでいくと、お会計で泣かなければなりません。コースを頼むことにします。
今回は松竹梅の梅コース4千円@一人分。
(食事券があるというものの、ビビリなんです)

まずはタン塩と海鮮2種(イカ・エビ)盛り合わせ。
Zm081012_02

タン、やわらけーー。
タン塩って、食感を楽しむものだと思ってたんですが、ちゃんとした肉の味がしました。

続いて豚トロ、合鴨。
Zm081012_03
Zm081012_04

豚トロ言うことなし。合鴨は個人的に好きなのでこれも言うことなしなのですが、合鴨そんなに得意じゃない、うちの嫁さんも「これは良い」と申しております。
苦手な人から評価を受ける合鴨恐るべし。

カルビ。
Zm081012_05
この流れで「カルビが固い」とか、「肉の味がしない」とかありえないわけです。
「カルビが美味い」という感想じたいが陳腐に感じられる。そんなカルビでした。
ため息しかデネェ。

坊っちゃんが誰に言うともなくポツリと漏らした

「だんだん幸せになってきたーー」

というセリフ、面白すぎます。そのセンスちょうだい。だんだんって・・・

ホルモンとハラミ。
Zm081012_06

「バカにしちゃいけないよ。この世の中にあの焼肉屋のホルモン以外に美味いホルモンがあるはずが・・・」

すみません。激烈に美味かったです。
なんだ、このホルモン。
ホルモンて、「噛んでも噛んでもあるから、いい加減なところで飲み込む」というのがデフォルトと思ってたんですが、噛んでるうちに無くなるホルモンて、初めて体験しました。
あの焼肉屋ですら、そこまでのやわらかさは実現できてなかった。
ハラミの美味さが普通に感じられてしまうほど、ここのホルモンは美味かった。

世界は広い。ホルモンは深い。

クッパ。
Zm081012_07

ああー。ほっこりしますね。激闘を繰り広げてきた胃に優しいスープ雑炊がしみていきます。
半分くらい食べたところで据付の豆板醤を適量入れると、ジャンクッパに早変わり。
これもなかなかおもむき深くてオススメです。
もちろんクッパ以外にごはん「大」を頼んでおくのも忘れてはいけません。
焼肉に白ゴハンが無いなんて、巨人の星に大リーグボールが登場しないのと同じくらい興奮しません。

また行きたいなあ。

|

« ハルマー・サタデー | トップページ | 寡黙な職人 »

雑記2008」カテゴリの記事

コメント

ジョジョではなくで
ジョジュさんは

自腹で行くには
ちょっと・・・な感じの金額ですが

ほんとに良いお肉が出てきますね。


写真見てたら
腹が減ってきたぁ
肉が食いたくなってきたぁ
店に行ってみたくなるぅ


はっ!!!

これか!

これが早瀬さんの狙いかぁ!!!

投稿: Moonface | 2008年10月13日 (月) 00時16分

Moonfaceさん今晩は。
あそこは自腹でいくには怖いお店ですね。
肉はすごかったーー。
肉はどれも基本的に、噛んでるうちになくなっちゃう系です。
もう、「焼肉食い放題の店のホルモン」は食えないですねーー。

店の人には猛烈に嫌がられるでしょうが、家族で行って「特上カルビをひとり一人前だけ食べて帰ってくる」というのもアリかもしれません。いやムリか・・・

ウチの社長が若手何人かを連れて行くことがたまにあるのですが、特上カルビを食べた女の子が「ギャッ」て言ったのが、リアルで可笑しかったです。
チェッ呉とかで、印刷用クーポンを出してるときがありますので、狙ってみてください。
(゚▽゚*)

投稿: 早瀬五郎 | 2008年10月13日 (月) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138294/24459702

この記事へのトラックバック一覧です: 俺はホルモンを焼くぞ!ジョジョーーー!!:

« ハルマー・サタデー | トップページ | 寡黙な職人 »