« ビジネスの中にゴゴゴ空間あり | トップページ | ララサラマ »

2008年6月25日 (水)

伊豆のダンスマカブヘアー

昨夜、お友達Moonfaceさんのブログを読んでいると猛烈に気になる記事がありました。

我らの荒ぶる仙道使い(あの老けなさは異常)、荒木飛呂彦さんが、川端康成さんの「伊豆の踊り子」の文庫本表紙を描いたそうです。

参考↓
http://atmarkjojo.org/archives/2008/2008-06-22-001678.html

表紙を見てみたのですが、正直に言うと笑ってしまいました。
敬愛する作家さんですが、いくらなんでも向き不向きがあるような気がします。

日本文学は合わないよねえー。

かといって、西遊記、三国志、水滸伝あたりもゴゴゴ過ぎて難しいと思われます。
(おっと何気なく書いたのですが、荒木さんの呂布、見たくなってきた)

ホーソーン短編集とかカフカとかならガッツリはまると思うんですが。

2ちゃんねるにもスレッドが立ったようで、まとめてあるのを読んだんですが、皆さんのレス読んでいると、コーヒー淹れ直しても入れ直しても、盛大に吹いてしまって飲めません。

「この火を飛び越してこい」といったらいつの間にか横にいそうだ

どんなスタンドを出してくるか楽しみだな

スタンド名「伊豆の踊り子」

イズイズイズイズイズ!!

この4つは特に可笑しい。
JoJoファンのみなさんごめんなさい。

今日のCGレポートはありません。しかし完成はしましたよ!
デスターX1は、実はあともう1バージョン作ります。いや、作りはじめております。
結構、スケールの大きな機甲軍団劇場になるのかもしれません。

|

« ビジネスの中にゴゴゴ空間あり | トップページ | ララサラマ »

雑記2008」カテゴリの記事

コメント

これ、知らずに書店で見つけたら

おっ!

荒木先生関連のノベライズ作品かな?

と思いますよ。


迷わず買いですよ

買って帰って


しょんぼりですよ・・・


中身は

本物の「伊豆の踊り子」ですからね


投稿: Moonface | 2008年6月25日 (水) 22時51分

Moonfaceさん今晩は。
いまひとつ、狙いのわからない人選ですよね。
一瞬、欲しいかな?と思うのですが、文中で
「ドドドド」
とか、
「ズッキューーン」
とか、
「メッシャー」
とかあるわけじゃないですからね(当然ですが)。

書店で表紙見て、ちょっと考えてみます(考えるな)。

投稿: 早瀬五郎 | 2008年6月26日 (木) 02時29分

確かにコリは(笑)。そもそも荒木飛呂彦って何描いても荒木ワールドになっちゃうから、挿絵画家には向いてないような・・・・・。
まあ小説読まない世代を取り込むエサ(ってのは表現悪いけど)なのは判りますが、それなら小説の方も、もう少し娯楽性の高いものチョイスすればいいのに。

投稿: misodrill | 2008年6月26日 (木) 15時02分

misodrillさん今晩は!
これはいただけないでしょう(笑)。
表紙絵の状態って、明らかにスタンドバトル中のヒトコマですよね。
コナンドイルとか、クリスティのシリーズなら、意外といけるかもしれません。
とにかく、日本純文学だけは合いませんcrying

投稿: 早瀬五郎 | 2008年6月26日 (木) 18時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138294/21885447

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆のダンスマカブヘアー:

« ビジネスの中にゴゴゴ空間あり | トップページ | ララサラマ »