« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月の30件の記事

2008年6月29日 (日)

坊っちゃんのヒマワリヤバス

Zm080629_01

去年、保険屋さんから種をもらって、坊っちゃんが育てたヒマワリから、さらに種を収穫して今年も植えたのですが、現時点で、すでに育ちすぎです。
幹の太さが、去年とゼンゼンチガウ。

どうなる!今年のヒマワリ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月28日 (土)

このせかいのかたすみに

昨日は健康診断でした。
身長体重に変化が無いのに体脂肪率がちょっと上がりました。
14%~15%だったものが、18%弱に・・・内臓脂肪?
さすが40歳を超えると、代謝が悪くなるんですね。

ていうか、毎日夜更かししてコーヒーガブガブ飲みながら、駄菓子をザラザラ食べている生活は明らかによくなさそうですね。

そんな健康診断ですが、オッサンの検診は何かと時間がかかります。
血液取られたりバリウム飲んだりしながら、合間の待ち時間に待合室の雑誌を読みふけります。
その病院は「くれえばん※」がひたすら置いてあるわけです。

※呉のタウン誌。呉市民にのみ有名。

そのくれえばんの何月号かに漫画家こうの史代さんの特集がありました。
広島出身なんですね。「夕凪の街桜の国」の原作漫画の人ですか。
戦中戦後の広島の人々のお話を描いておられますね。
映画は見てないですねえ。

で、こうの史代さんの最新作が「この世界の片隅に」。

ついに舞台は呉になりました。呉市辰川です。
昭和9年~10年頃の虚実入り混じった少女の記憶と、
少し大人になって、昭和19年に舟入から辰川へ嫁入りしてくるあたりが本編スタートな感じです。

くれえばんの紹介記事とそのやわらかな絵柄だけでやられてしまった私は、今日その本を買ってまいりました。
本当は、「夕凪の街桜の国」もコミック版、文庫版両方書店にあったのですが、文庫版を10ページほど立ち読みした時点で、心がかしいでしまい、購入できませんでした。
かわいらしい絵柄と、やわらかな空気感で思い事実を描写してますね。
弱虫だなあ、私は。

目的の「この世界の片隅に」はビニールカバーがかけてあり、中をうかがうことが出来なかったので、かえって思い切って買うことが出来ました。

内容は文句無いです。
セリフが少ないのがこの作者さんの特徴でしょうか?
考える余地を与えてくれます。
いろんな人に勧めたい本ですね。

上巻だそうです。初版が2008年2月。上巻が出たばっかりですか。

上・下巻なんですか?

上・中・下巻なんですか?

上巻は「19年7月」というサブタイで終わりました。20年8月の描写まで行きますか?

父が北海道人、母が四国人で、たまたま呉に住んでいるだけの私は、もっとこういう本を読まなければならない。
「夕凪の街桜の国」も、いつか勇気を出して買ってこよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月27日 (金)

We love the EARTH

戯れに、CGで地球を作ってみました。
Zm080627_01
なぜか突然松本零士さん風(^^;)

だまされてはいけません。プリミティブな球に1枚ものの地図テクスチャーを貼って、大気圏風のマクをうっすら重ねただけです。
3分もあればできます。
地球モデルと大気圏モデルを反対方向にゆっくり回転させればより、地球ポイかもしれません。

今日は本当に早寝します。とにかくオヤスミナサイ。

明日(ていうか、もう、今日の話?)は健康診断です。なおのこと、早寝が要求されます。
オヤスミナサイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月26日 (木)

ララサラマ

去年も、一昨年も書いたような気がしないでもないですが、とにかく毎年、この時期になると、色んなところから「アンケートにお答えください」DMが届きます。大小さまざまです。
そりゃまあ、一般的な企業なら、財務諸表も整った頃だろうし。そこを突いてくる気持ちはわからないでは無いですが・・・正直、物凄く仕事の邪魔になります。許して欲しいなあ。

そう心の中で愚痴り倒しながら仕事していると、このあいだ株主総会の時に場所を借りた某海辺のホテルから私宛に封書が!

五郎「オオ!ついに請求書来たか!取られるゾ~~」

事務員さん「いくらでしたか?五郎さん、総会後の懇親会で司会のかたわら、ひたすら飲み食いしてたでしょう?あれでかなり料金がかさんだはず」

いや、そんな、見積もり総額に影響が出るほど食べてはいないのですが・・と思いつつ、封筒を開けると・・

「アンケートにお答えください」

地球が二つに割れるくらいの勢いでコケました。
そんな馬鹿な・・・

アンケートに答えるどころか、昨日の夜更かしがこたえておりますので、今日は早く寝ます。
(いや、キミ全然うまいこと言えてへんよ)



オヤスミナサイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月25日 (水)

伊豆のダンスマカブヘアー

昨夜、お友達Moonfaceさんのブログを読んでいると猛烈に気になる記事がありました。

我らの荒ぶる仙道使い(あの老けなさは異常)、荒木飛呂彦さんが、川端康成さんの「伊豆の踊り子」の文庫本表紙を描いたそうです。

参考↓
http://atmarkjojo.org/archives/2008/2008-06-22-001678.html

表紙を見てみたのですが、正直に言うと笑ってしまいました。
敬愛する作家さんですが、いくらなんでも向き不向きがあるような気がします。

日本文学は合わないよねえー。

かといって、西遊記、三国志、水滸伝あたりもゴゴゴ過ぎて難しいと思われます。
(おっと何気なく書いたのですが、荒木さんの呂布、見たくなってきた)

ホーソーン短編集とかカフカとかならガッツリはまると思うんですが。

2ちゃんねるにもスレッドが立ったようで、まとめてあるのを読んだんですが、皆さんのレス読んでいると、コーヒー淹れ直しても入れ直しても、盛大に吹いてしまって飲めません。

「この火を飛び越してこい」といったらいつの間にか横にいそうだ

どんなスタンドを出してくるか楽しみだな

スタンド名「伊豆の踊り子」

イズイズイズイズイズ!!

この4つは特に可笑しい。
JoJoファンのみなさんごめんなさい。

今日のCGレポートはありません。しかし完成はしましたよ!
デスターX1は、実はあともう1バージョン作ります。いや、作りはじめております。
結構、スケールの大きな機甲軍団劇場になるのかもしれません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月24日 (火)

ビジネスの中にゴゴゴ空間あり

会社が利用しているガソリンスタンドが、縮小することになり、2店舗あったものが1店舗になってしまいました。

消防法の改正で、建て直ししなきゃならないところがあるものの、結構な大工事になり、そこまで設備投資して営業を続けて、採算に見合うか?という話になり、1店舗縮小することにしたようです。

残る方の店舗は、会社から遠いんですよ。わざわざそこまで給油にいくのは少し非経済的。

なので、申し訳ないですが、そのGSさんとはお別れすることにして、近場のGSさんのガソリンカードを作ることにしました。
で、「今度からここになりますよ」という通達メールを営業車を運転しそうな人に向け、一斉送信しました。
その時のメールタイトルが

「新手のガソリンスタンド」

誰も気付きませんでした(滝汗)。
本当は、

「出たな新手のガソリンスタンド使いましょう」

にしたかったのですが、社長含め役員さんにも送るメールなのでそこまで勇気がありませんでした。

しかし、これにめげず、これからも勇気を持ってギリギリを狙っていきたいと思います。


デスターX1制作レポート完結間近!え、マヂカ?
Zm080624_01
多分、今日には完成と思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

if you give me your heart

昨日は坊っちゃんが毎週楽しみにしている鉄腕ダッシュが野球中継につき、ありませんでした。
確かテレ朝系でクイズ番組だか情報番組だかをやっているはずなので、ガマンしてそれを見ようかと思ったら、サッカー中継でした。
しょうがないなあ。あまり気のりしないけど、TBSのからくりTV見ようかぁと思ったら、バレーボール中継でした。
_
_
_

そうですか。

_
_
_

頭の中に、コブクロの「蕾」が鳴り響きました。

打ちひしがれているわけにもいかないので、困った時のNHKです。
この時間帯に初めてNHKにチャンネル合わせてみましたよ。
なんか、「ダーウィンがナントカ(番組名うろ覚え)」という番組をやってます。

ようするに「動物奇想天外」みたいな番組なんですね。

オオ!エウレーカ!

坊っちゃん、お嬢ちゃんと見るのにちょうどいい番組じゃないですか!
というわけで、見てみることにしました。

番組は「ツカツクリ」という鳥のオスが巣作りするところからスタートです。
キジをあっさりさせたような、取り得の無い鳥ですね、ツカツクリ。
大きさは、付近に比較用のセブンスターが置いてないのでわかりませんが、多分ニワトリ以上キジ未満てところでしょう。バタバタ飛ぶわけではなく、メインは歩きのようです。
のどのあたりの皮がかなりタルんでいて、後々、何かに使うであろうことを予想させます。

ナレーション「森の中、ツカツクリのオスが巣作りする場所を決めたようです。我々は彼のことをツカオ君と呼ぶことにしましょう」

ずいぶん雑に名前をつけられたツカオ君は、巣を作りたい場所に背を向け、後ろ足で土、落ち葉、枯れ枝などを蹴り飛ばして、一箇所に集めていきます。

五郎「ツカオ君、適当にやるなよ」

など、坊っちゃんと一緒にヤジを飛ばしながら見ます。

しかしこのあと我々のヤジを吹き飛ばすかのように、ツカオ君は物凄い早送り映像で土と落ち葉をかき集めていきます。
いつの間にか集められた落ち葉が丘のようになっています。
画面上にスケールが出て、高さ1m、幅6mと示されます。そう!彼の名は塚作り。

五郎「ちょw6mてwwプロレスのリング並み、ツカオやり杉」

土中の微生物が落ち葉を分解しはじめ、軽く湯気が立ちのぼるほど熱を発してますね。
ようするにそれでタマゴを暖めようという魂胆らしいです。
で、ツカオ君は準備が整った丘の上で一声鳴きます。
のど袋に空気をためて鳴くそうです。

ツカオ「グムー」

これがものすごいマヌケな声なんです。
あまり真剣に悩んでないひとのため息のような感じ。

ツカオ「グ・・グムー」

隣で見ていた嫁さん、涙を流して笑ってます。
ツカオ君何してるのかなと思ったら、ああ、そうですか、求愛活動なんですね。
メスがのそのそやってきましたよ。メスにのど袋が無いんで、グムーと言うのはオスだけのようです。

ナレーション「ツカツクリのメスが来ました。メスはツカオ君の作った巣の中央に穴を空け、中に顔をうずめています。巣の中の温度を計っているようです」

メスにはツカヨちゃんとか、名前付けないんですね、ナレーションさん。

メスが巣を点検している間、ツカオ君はわかりやすくソワソワしています。
で、自然の摂理としてメスに乗っかろうとするのですが、このときのメスがヒデェ。
ツカオが巣を作っていたのと同じ方法、後ろ足でツカオに土を蹴飛ばします。

失恋の描写で、こんなえげつない描写がかつてあったか?いや無い!

メスがスタスタ去っていったあと、ツカオ君は呆然と立ち尽くしてます。

顔は泥まみれです。

私の頭の中にも、ツカオ君の頭の中にも、コブクロの「蕾」が鳴り響きました(本日2度目)。

ナレーション「ツカツクリのタマゴが孵化するには、30度を越えるの温度が必要です。このときツカオ君の巣は26度しかなかったのです」

消ぃえーそーうにぃー・・咲ぁきそーうなああーーつーぼーみが(略

ナレーション「しかし、そんなツカオ君に恵みの雨が。微生物が水分を得る事により落ち葉の発酵が進みます。温度も30度を超えたようです」

ツカオ「グ・・グムー」

しばらくすると、メスが来ました♪
今度は巣を気に入ってくれたようです。一仕事(?)終えるとメスはまたスタスタ去って行きます。タマゴが出来たら産みに来てくれるそうです。

よかったなあ!ツカオ君。

来週から鉄腕ダッシュじゃなくて、ダーウィンがナントカっていう番組見ようかなあ(←の、わりには番組名覚えてない)。

毎日、CGコツコツ。
Zm080623_01
グムー進んでない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月22日 (日)

夜な夜な、CG制作。

ブログの更新、忘れて没頭しておりますね。
まあ、無理に更新することもないのですが、メリハリが欲しいので。
最後の最後まで取っておいた顔のテクスチャーに取り掛かりました。
耳(?)にあたる部分は、なんかのホットプレートの広告から絵柄を取ってきたりしてます。
このへんの切り貼り作業は楽しい。
Zm080622_01
とはいえ、顔テクスチャーは、まだまだ基本設計の段階なので、大きく進行しているわけでもないのです。
テクスチャー制作もありますが、環境設定(空気の色合いとか、霧の密度とか・・・)に結構時間食いますね。
Zm080622_02
この間の波動砲画像、何か変だと思ったら、照り返しが無かったんですね(汗)。

坊っちゃん、先週火曜日から今日までおうちのなかで、こもりっきりでした。
明日、病院で治癒証明出るといいなあ。
家の中、退屈だよね。
ガンガレ坊っちゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月21日 (土)

望みを言え

さて、大きな仕事も終わりましたので、本日は自分へのご褒美にと、我が家でずっとひとりでジョジョ立ちしているメガ様の相手役として、リボシリーズスタースクリームを買うぞと意気込んで出かけたわけです。
Zm080621_01
で、ホビーショップで現品を確認したあと、通り向こうにある書店に行って見ると、

韮沢靖イマジンワークス「SAY YOU WISH ・・・」が!

ついつい衝動買いしてしまいました。今月のお小遣い残高のほとんどを持っていかれて・・・

スタースクリームさん、また今度ね。

いいですね、この画集。
アンデッドワークスワームワークスに続いて3冊目ですよ。懲りませんね私も。
いや、費用対効果は抜群なので、何も文句は無いのですが・・・

画集としてもちろん素晴らしいのですが、各デザイン画にしるされた韮沢さんのこまかいコメントが、面白いです。
あのイマジンを改造してこのイマジンとか、制作側からの予算的なキツイお願いも逆に
「そこはあえてどうやったらバレないか?に挑戦していこうと思ってます」
とか、
「モグラの怪人は先代のモグラング(旧2号)やドリルモグラ(V3)をリスペクトして“モグラブルー”にしています」
とか、
面白いことを考えて自らの作品に取り込んでおられますね。
先の2冊もそうですが、このイマジンワークスも、絵の部分、文章の部分、それぞれ、何度読んでも飽きません。

仮面ライダーキバで怪人デザインを離れられたのが本当に残念です。
いつかまたライダー怪人デザインをしてほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

ストックオプション

株主総会でした。
Zm080620_11

いや~~~~~~~~上半期の仕事はもう終わった(暴言)。

今年から司会進行もしなきゃならなかったので、準備によりいっそう骨が折れました。
とりあえず、噛まずに進行できたのでよかったです。時間内にも収まったし。

「70数名の株主さんを前にして、緊張してあたふたするかと思ったけど、意外と淡々とこなしてたね」

と、専務さんからお褒めの言葉を頂いたんですが、イヤイヤイヤイヤイヤイヤイヤイヤ!
ものすごいクチビルカラッカラでしたよ。誰も見てないところでひたすらクチビル舐めてましたよ。顔に出ないタイプなんですよ。
来年はちょっとくらい時間押してもいいんで、もう少しだけゆったりやろう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

カタチ完成?

Zm080620_01
例によってデスターX1制作です。色々と、食い足りない部分もありますが、形状自体はできたかもしれない。
今回テクスチャリングと造形を同時進行でやってみました。
探りながら作るときは、やはり同時にテクスチャー描きながらのほうが良いですね。個人的には。
Zm080620_02
背中は結局、ガンダムっぽいバックパック風にしてみました。
両腕もそうなんですが、全体的に漂うチグハグ感は結構好きです。
背中のボッチは吊り下げて運ぶ用なんでしょうね。こういう自分設定考えているときは本当に楽しい。
Zm080620_03

あとはテクスチャーでどこまで実在感が出せるか?そこにかかってます。

あれやこれや悩んだおかげで、汚しテクスチャーの新手法を発見しました。
これはいいかも、なんか手軽に汚れてる感が出せますね。
油汚れっぽいんですが、コケむした感もあり。応用利きそう。

偶然の産物おそるべし。

そろそろ真剣に、次に何を作るか考えよう・・・
Zm080620_04
額の機甲軍団マークが、彼の誇りです。

明日は大仕事なんで、さすがにもう寝まス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月19日 (木)

ダイヤモンドは砕けないが燃える

仕事の話なんですが、何かと直接的なことは書き辛いので、昔話風にお伝えします。

五郎さんとうさぎさんは大のなかよしです。
うさぎさんのつくる「うさぎ本」はたくさんの人が見ていない本ですが、値段も100円とお安く、内容も五郎さんにとって満足いく内容です。
1年間続けて「うさぎ本」を買う約束をしようと思っていたある日、五郎さんのところにキツネさんが遊びに来ました。
キツネさんの「キツネ本」はたくさんの人が読んでいます。たくさんの人が読むだけあって、キツネ本は300円から400円はすると言われています。
キツネ「五郎さーん、キツネ本買ってくださいよぉー。安くしますよー。」

五郎「いやーでも、安くなっても元の値段が高いからねー。私はうさぎ本を買うことにしますよ。いくら値下げしてもキツネ本の評判と内容で100円以下の90円にはならないでしょう?」

五郎さんは、キツネさんの物言いが少し気に入らず、つい意地悪な言い方をしてしまいました。しかしキツネさんは少しだけ考えたあと、

キツネ「わかりました。90円でお売りします。そして季節ごとの別冊もサービスで着けますよ。もう、断る理由は無いでしょう?」

起こりえないことが起こってしまい、五郎さんは断れなくなりました。
五郎さんは後日うさぎさんに謝って、キツネ本を買うことにしました。
うさぎ「あーー、キツネさんにそこまでされると、我々はどうしようも無いですね。私だってその値段ならキツネ本買いますよ・・・」
値段というカセさえなければ、キツネ本はキシリア様に伝えたいほど良いモノなのです。
断る理由など、どこにも無いのです。
ビジネスの世界で、「仲良しだから」なんていう感傷は意味を持たないものなのです。

教訓:逃れられない運命は確かに存在します。




でもなんだか、やるせない・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月18日 (水)

坊っちゃんのユルい闘病生活&私のユルい造形生活

今日も外に出られない坊っちゃんにつきあって、午前中、引きこもっておりました。
ただぼーっとしてるのも時間がもったいないので、テレビ見たりドリルを解いている坊っちゃんの横で造形作業。

ビーストウォーズⅡに出てくる「タスマニアキッド」を改造して、G1キャラ「ラットバット」を作っております。
ようやく完成が見えて来ました。
Zm080618_00
Zm080618_01

え?
悪魔将軍は?
グランゼルは?
あと、ほかにもたくさん作りかけのものがあるでしょう?

ごもっともです。でも聞いてください。

ビーストウォーズメタルスを見ていたころ、G1ジャガーがBWボディに転生してゲスト出演したのを見て、

「あ、なんだこういうアプローチありなのか」

「よしG1キャラを脳内妄想でどんどんビースト化していこう!」

とその当時会社の後輩からタダで譲ってもらった「タスマニアキッド」にパテを盛り始めて・・・

はや8年…

私のやりかけ品の中では最古参です。古豪といった風格があります。
8年は長い。
ユルい造形生活です。
そのあいだに坊っちゃんも生まれ、お嬢ちゃんも生まれた。
そうか、作り始めたころは私はまだ父親ではなかったのか・・・

イヤイヤ、そんな感傷に浸っている間に手を動かしましょう。

改造前(ロボマス版ですが)との比較はこんな感じ。
Zm080618_03
Zm080618_02

どれだけシルエットを変えられるかというところにこの手の改造の醍醐味があります。

ビーストウォーズなので、ビークルモードっぽい変形も欲しい。
Zm080618_04a

で、坊っちゃんの横でパテ盛ったり、彫刻刀で削ったりしていたのですが、坊っちゃんの視線が熱いです。
「え、そのネンド(パテです)で作るの?」
「そう、乾いたらカチカチになるよ、さわってみー」
「へー、そのナイフで切るの?」

いいぞ、坊っちゃん、そろそろ素組みから始めてみようか。
接着剤くらいは使おうな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

坊っちゃんのユルい闘病生活

嫁さんの早めの措置(通院)が功を奏したのか、坊っちゃんは昨晩一晩で熱を下げました。
とはいえ、治癒証明が出なければ外出もままならないので、今週一週間のうち、今日と明日は私、明後日、明々後日は嫁さんというように、会社休んで坊っちゃんの闘病生活につきあうことにしました。
まあ、嫁さんがパートから帰って来たら、今日も明日も私は一応、出社するのですが・・・

坊っちゃん、熱は下がったので、ヒマを持て余しております。
体にブツブツがある以外は、いたって普通です。辛そうな感じは微塵もありません。
食欲もバリバリあります。

坊っちゃんの水疱瘡は、今度こそ、私にも伝染するかなあ。
お嬢はケチンボウだったので、私にうつしてくれませんでしたが、優しくて、なんでも父さんにくれる坊っちゃんには期待がかかります。

子供からもらえるものは、何でも大切なものなんです。
親とはそういう生き物なんです。

さて、完成を待たずして、おきて破りの機甲軍団劇場。
漠然とですが、私の妄想内で、機甲軍団(ひいてはネロス帝国)はメタルダーなんかではなく、もっと大きな軍勢と戦っているような気がします。

Zm080617_01
デス「ソレヲ モッテ センジョウカラ リダツ シナサイ」

ダー「あの大軍勢を、お前1台で一掃できるわけないだろう!俺も残るぞ」
デス「アシデ マトイダ サレ!」
ダー「どいつもこいつも、俺に嫌な役ばかり押し付けやがる!!」

機甲軍団は私の中の妄想設定内では何故か、いい人たちばかりなんです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月16日 (月)

積尸気冥界波

今週は弊社の株主総会がありますので、普段の仕事以上に忙殺されております。
複雑に忙しいのではなく、煩雑に忙しいという感じ。
バッサバッサと処理していきましょう。

株主総会の会場にと、地元の大きめ某ホテルに会場を借りるタイムスケジュールをメールする際、ついでに送迎バスを貸してもらおうと思い、その旨追記したのですが、

生き返りの送迎バスを手配願えますか?」

黄泉がえりですね。
柴咲コウさんの主題歌が頭の中で鳴り響きました。

正解は「行き帰り」ですね。

誤変換は、電話だとよりいっそう気付きにくくなります。ご注意ください。

五郎「さっき送ったメールに添付したエクセルファイルがあるでしょ?解析して欲しい部分を抹茶色に塗っておいたんで、ヨロシク」

担当「あのー、頂いたファイルですけど、真っ茶色の部分、見当たらないんですけど」

五郎「なんでよ、○○シートと△△シートの両方、真ん中あたりにあるでしょ?思いっきり抹茶色にしておいたんだから」

担当「んー。真っ茶色というか・・・
オレンジ色黄色と、うす緑色(←コレ)のセルしか無いですねえ・・・」

双方ともに、思い込みは恐ろしい。

さて、連日、特に変わった様子の無い、デスターさんですが、

Zm080616_01
背面を作り始めました。
これまた、機甲軍団と名乗るわりには、防御の甘そうな、空冷重視の後ろ姿ですが、見た目のキャッチーさを重視してしまいました。
ホントは隙間ない1枚ボードでピッタリカバーしてあるべきなんでしょうね。実際本編でもそうだったはずです。

Zm080616_02
マフラー着けてみました。
高機動マシーンにこんな原チャリみたいなマフラーありえないのですが、ついついやってしまいました。
走っているとき
「ベ・ベ・ベ・ベ・・・」
と安っぽい音がしそうです。
スピードが上がると
「パリ・パリ・パリ・パリ・・・」
て鳴るんでしょうね。近所迷惑ですね。
大量破壊兵器に近所迷惑も何もあったもんじゃ無いですが。

追伸
ついにうちの坊っちゃんも水疱瘡に罹ったようです。

坊っちゃんガンガレ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月15日 (日)

フリージングコフィン

来るべき夏にそなえ、エアコンを買い換えることにしました。
昨夏まで使っていたエアコンは、けして壊れているわけでは無いのですが、今住んでいる家にもとから据え付けられていたもので、木目調の全体デザインといい、メッキ仕立てのツマミ類といい、明らかに昭和の産物です。
その20年モノだか30年モノだかのエアコンでは細かな温度調節が出来ないわけです。
ツマミをひとひねりするだけで、蒸し暑い我が家がツンドラの大地にはや変わりです。
しかも、省エネという言葉もなかったころに作られたと思われるそのエアコンでは、電気代もバカになりません。
思い切って「省エネ・ハイパワー型」というのを購入することにしました。
ランニングコストを考えると、投資分はとりかえせるはず。
例年より、少し快適な夏に期待が高まります。

さてCG制作デスターX1ですが・・・

Zm080615_01
「クラエ・メタルダー」

Zm080615_02
「キジュウモ・オミマイ・シテクレル」

エフェクト作ってみました。まあ、少ない私のライブラリのなかからの出来合いですが。
デスターX1て、劇中会話してないですよね。記憶あいまい・・・
何にしても、彼はカタカナで話すのが似合う。もしくは会話の内容を胸のモニターに出してほしいですね。
ダーバーボ「何ィ、なんて書いてあるんだ・・アナタノホウガ、カリョクスウチガヒクイ・・大きなお世話だろが」

そんな会話をしてほしいです。

Zm080615_03
細部にこだわって機銃をネジ止めしてあるツマミにもテクスチャーを貼ってみました。

皆さん、だまされないでください。

私がこういう細かいところを作っているということは、背面のアイディアに煮詰まっているという証拠です。

「この細部テクスチャー描いてるから、背面ディテールは今日は考えられないなァ(汗)」

という逃げだったりします。
生暖かい目で見守ってください。m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

今夜はイートイット

NHKの土曜ドラマ、「監査法人」を見ておりました。

いいドラマですね。
何年かぶりに、毎週見たいと思うドラマが登場しました。
主演の塚本高史さんは私の中で「チャラ男俳優№1」だったのですが、今回のような「悩む正義漢」役は始めてみました。うまいなあ。

民放のドラマは、もうここ何年も、「続けて見たい」と思うドラマは現れない。
何回か、言い続けて来ましたが・・・

民放ガンガレ!

ところで朝、いつものようにおさるのジョージを見ていたのですが(あのカエルのおもちゃ欲しい!)、またまたスタッフロールのところで気になる名前を発見。
黄色い帽子のおじさんの本国版の声優さんが「ジェフ・ベネット」・・・

なぜだか、ものすごく聞き覚えのある名前。
と、調べてみたんですが、自分の記憶に行き当たる来歴はありませんでした。

が、

「トランスフォーマー アニメイテッド(今日現在、日本未発表)」のプロール、ウルトラマグナス等の声を演じておられるようです。

トランスフォーマー アニメイテッドのトイ自体は色んな玩具系ブログや画像掲示板で見たのですが、アニメ情報は初めてみました。
色々気になることがあるのですが、レックガーの声が

「アルヤンコビック」・・・

これは見たい!ジョセフジョースターじゃなくても見たい!

とにかく民放ガンガレ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月13日 (金)

なぜ機甲軍団なのか

みなさん今晩は。このところ、仕事以外はCG制作ばかりやっている早瀬五郎です。
Zm080613_01
とりあえず、前からみた形状はだいたい出来たっポイです。
なんか、サクサクと作ってしまいました。
テクスチャーもおいおい作っていきましょう。
Zm080613_02
小学生のころ、ひたすらタミヤのジープとか、シュビムワーゲンとか作っていた関係で、どうしてもミリタリー色の強いキャラに魅力を感じてしまいますね。
だからこその機甲軍団制作なんですね。
Zm080613_03
機関銃とか作っていると、時間いくらでも過ぎていきます。
昨日も機関銃のテクスチャーを描いて、気がつけば1時半。

今日こそは、早寝しますよ!

問題は背面。
Zm080613_04
全然出来て無いです。
資料が無いというのを逆手に取り、最初、ドラッグカーのような、背中からロケットエンジンが生えているような感じにしようかと思ったのですが、デスターのキャラに合わないし、あくまでコロ走行にこだわりたいのでやめました。

パソコンの裏面のように、配線をダラダラ出したいのですが、弱点丸出しすぎるのもどうかと思ったり、なかなかまとまりません。
まあ、これを考えている最中が一番楽しいのですが。

背面処理もふくめて、そろそろ完成すると思われます。

次、何を作ろうかなあ。
この順番で言うと、あきらかにブルりんなんですが、自分の中でまだブルりんの波が来ないですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

わかりやすい推理小説

宮部みゆきさんのR.P.Gという小説を読みました。
実はもう随分前に読んだのですが、凄まじすぎて、これは記事に出来ないなと思い、今日まで放置しておりました。
(日々書くことがあったので、後回しにしていたのも事実です)

小説の内容を説明するために何かを書こうとすると、書いていく端からネタバレになる・・・そんな感じの小説でした。
ちなみに犯人は、推理小説慣れした人には、わりとわかりやすい人物です。
犯人がバレやすいということと、面白い面白くない小説とは別次元なんだなあ、と「火車」、「理由」、「R.P.G」と読んできてわかりました。

タイトルのR.P.Gというのが、すでに、ものすごいネタバレというか、そのものズバリを突いているんですが、小説の内容が面白すぎて、そのタイトルのことをウッカリ忘れて読みふけるわけですよ。

で、犯人も動機もわかったというのに、最後のところで

「え?マジデ?」

と、なるわけです。いっぱい食わされるわけです。

これを、うまくオチバレせずに「この記事を見る人の興味を引く内容」にするのはやはり無理だった・・・orz

とにかく一見の価値があります。伝説のドラゴンは出てきません。

clovercloverclover

読み物というものは、分かりやすくないとお話にならないのですが、推理小説というジャンルは簡単にそうとは言い切れないですね。はき違えるとエライ事になりますよね。

A「わかりやすい推理小説」
物語が整理されていて、登場人物の相関図もわかりやすい。
最後の謎解きもわかりやすい言葉で語られ、しかもどんでん返しの犯人。

B「犯人の正体がわかりやすい推理小説」
小説の半分も読まないうちに、だいたい犯人の予想がつく。
トリックもありきたりでわかりやすく、変化球いっさい無し。

C「わかりにくい推理小説」
登場人物が500人くらいいて、全員その時間に犯行が可能だが、まずそれを読み解くのに多大な労力を要する。
1000ページくらいある小説の半分くらい読んだ時点で
「ああ、1ページ目で殺されていたのはこの人か。まだ生きているのかと思ってた」
とか、
「凄腕探偵だと思って読み進めていた人物がただの通行人Aだった。」
等々ミスリードが多すぎ。
最後の謎解きも50ページくらいあり、しかも何回読み直してもわからない。
犯人の動機も
「耕田永年私財法を読んでいるアイツと、御成敗式目愛読者の私とでは、こうなるのは目に見えていた」
など、メタファーになっているのかいないのかも理解不能。

D「犯人の正体がわかりにくい推理小説」
絶対にこの人は犯人じゃないと思うような人が実は犯人。
え?なぜその人が・・と思うが、犯人の生い立ちが語られると、得心が行き、目頭も熱くなる。

A,BもC,Dも「」の中だけ見るとそれぞれ同じようなことを言っているはずなのに、なぜかBとCはあまり読みたくない気がします。

Zm080612_01
「わかりやすい表現」が好きです。
パソコンといえば、DOSプロンプト・緑文字ですよねsign01wink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月11日 (水)

ライダーパスをタッチせよ

コピー機メーカー、リ○ーさんの展示会に行ってまいりました。
情報セキュリティの世界もここまで来たか!てな展示会でしたよォ。
体験ツアーで非接触カードを渡され、
「入退出」
「自分のパソコンへカードをかざしてアクセス」
「印刷指示待ちのプリンターでの解除と印刷」

などなど、体験・・・

営業さんの説明をおとなしく聞きながら、
「では五郎さん、お渡ししたカードをかざしてみてください」
といわれるたびに、心の中で

「いくよモモタロス・・・変身!」

と叫ぶことを忘れませんでした。

冗談はさておき、リ○ーさんが押していきたいのはカードと認証システムだけなんてケチなプレゼンではなく、総合的なシステムをアピールしてきます。
管理側からサイトへのアクセス規制、アプリケーション規制などお手の物です。その設定いかんによっては
「会社のPCではソリティアすら出来ない」
状況も構築できますし、
「○○課の△田君は午前11時20分に、いかがわしいと思われるサイトを閲覧している」
というログ管理も可能です。

しかし、そこまでして会社というところは「ウチは社会正義を貫いてます」てアピールしなきゃならないもんなんですかねえ。

すごい展示会だったのですが、アメとムチのムチばかり見せられて、少しゲンナリしました。

今日のデスターX1(おお、ついに名乗った)
Zm080611_00

進んでませんよーー!

目指しているのは3交代制の鉄工所わきで、油や鉄粉を24時間浴びている制御マシン・・・そんな感じです。

デスターは自立型ではありますが、メンテ用にキーボードつけてみました。
Zm080611_01
メンテする人用のキーボードなので、向きは向かってこっち側(変な日本語)についてます。
キーはテクスチャー1枚貼り+バンプマップです。おそろしく手抜きです。
キーボードのスタイルにも著作権のようなものがありそうですので、ちょっと普通と違う感じで作ってます。

ともかく、今日の合言葉は早寝です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月10日 (火)

弁護士さんにJoJoネタを振ってみる

客先さんから頂いた契約書の内容について、当社にとって不利な条文があるか否か、顧問の弁護士さんによく相談をするのですが、今日相談した契約書の内容について、弁護士さんから電話があり、

弁護「○と*の部分は△△に修正しましょう。□のところは◇で・・・ところで第**条のところなんですが、これ、ものすごく当たり前のことを書いてますねえ。読んでいてちょっと引っかかりますが、毒にも薬にもなって無いので、放っておいても構いませんがね」

五郎「『つまりコーラを飲んだらゲップが出る』くらい当たり前のことをこれ見よがしにかいてあるわけですね?」

弁護「そうですそうです(笑)。誰でも当たり前にわかるようなことが今更のように書いてあるわけです。まあ、削除するか残しておくかは相手しだいでしょうね」

弁護士さんが、JoJoネタに気付いて笑ってくれたのか、私のたとえが唐突すぎて笑ったのか、確認する勇気はなかったですが、私としては、

弁護「そうそう、『ルートも頂上がどこにあるかも分からないような登山は遭難しますよ』みたいなことが書いてあるのです」

と返してほしかったです。

今日のCG
Zm080610_01
昨夜は早めに寝ましたので、劇的な変化はありません。
休日のスパートに期待がかかります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月)

黄金の12人

最初に謝ります。長文でゴメンナサイ。
そろそろ長文矯正シリーズを復活させなければならないかも・・・

それはともかく、
聖闘士星矢にハマってます。
いや厳密に言うと、週刊少年チャンピオンで連載されている「聖闘士星矢-冥王神話」にハマっているわけです。車田さんではなく、手代木史織さんという人が描いてますね。

何気なく古本屋で、
「??何故、チャンピオンコミックスで星矢??」
と手に取って読んでみて、そのまま引き込まれてしまいました。
7巻までいっきに買っちゃいました(反省)。
未だに少年チャンピオンをリアルタイムでは見ておりません。

この聖闘士星矢-冥王神話というのは、昔ジャンプで連載されていた星矢の時代から二百数十年さかのぼった、ようするに前聖戦のお話です。

これはすごいですよ。
何がすごいって、本家星矢の時のような、双子座の内乱が無く、中途半端に海王も復活してませんので、聖域の全聖闘士が「地上の愛と正義のために」戦う気マンマンということです。
青銅も白銀も黄金も、全員、正しい人たちの集まりです。
教皇もちょっと秘密がありますが、正しい人です(笑)。

で、どうやら二百数十年ごとに起きる聖戦(ハーデス戦)のたびに、神話の時代から同じ魂が転生しているようで、全員姿カタチや性格が本家星矢の登場人物と同じです(シオンと童虎はそのまま)。

主人公はもちろん天馬座。この時代の乙女座(200年前から仏教徒)から、
「神話の時代から神殺しといわれた天馬座がキミのようなヤツだとはな」
なんて言われてます。
相棒が一角獣座。
これも面白いですね。車田さんが、以前何かのインタビューにて
「一角獣座と天馬座は基本どちらも熱血キャラなので絡ませにくい」
と答えておられましたが、この冥王神話ではうまくバランスとれてます。
星矢の熱血パートを天馬座が、3枚目パートを一角獣座がそれぞれ受け持ってます。
このふたりに、ジャミールの白銀、鶴座が加わり、ずーっとこの3人で行くようです。
龍座、白鳥座、アンドロメダ座は未登場。

ただ、敵の冥王軍の中に「天暴星ベヌウの輝火(かがほ)」という人がいて、おうし座(前聖戦のおうし座は強い!)との戦いで自分の存在意義を悩みはじめております。
おうし座から「お前は悪ではない。だからとどめはささん」
と、情けをかけてもらってます。

ベヌウ・・・エジプト神話の聖鳥、そして不死鳥の意味を持ってます。
名前に「輝」って入ってるし・・・あのひとの転生前の姿なんでしょうね。

今後、何かあるんだろうなあ。

いや、青銅は特にどうでも良いんです。

この漫画は黄金の12人がすごい。多分、手代木さんが黄金聖闘士好きなんでしょう。
最初から惜しみなく12人揃っているところもすごいですが、

「聖域近くの名も無き村を守るために命がけで戦う魚座」

とか、

「108の数珠(シャカが持っていたやつ)を自分の命と引き換えに練成して天馬座に託す乙女座」

とか、

「死と眠りの双子神のところに単身飛び込んで来て、
『で、どっちが死の神様で?』
と見栄を切る蟹座」


とか、耳血が出そうなほどカッコいい人達ばかりです。
薔薇の使い方は、前聖戦の魚座の方がテクニカルで上手い!

しかも現時点でまだ、蠍座とか水瓶座とか双子座とか温存してるんですよねー。
このテンションで双子座とかどうするつもりなんでしょうか。やっぱりサガの転生前とカノンの転生前のふたりが存在するんでしょうか?

先が楽しみな漫画です。
打ち切りにはならないでください。

今日のCG
Zm080609_01
あまり変わってないです。
まだまだ全体像が見えてませんので、暴走はおとなしめ。
胸元が電子レンジみたいでヤだなあ。家政婦ロボから離れられないなあ。

Zm080609_02
胸のコンパネを描くついでにコーションラベルをつけてみました。
サイズ的に判読できませんが、書いてある注意書は、
「子犬を近づけないでください」とか、そんな内容です。

逆に、判読できてはマズイ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

坊主坊っちゃん

Zm080608_00
去年育てた坊っちゃんのひまわり。今年もスクスク育ってます。

市販のバリカンで、坊っちゃんのアタマを坊主にしてやりました。
なぜだかわかりませんが、坊っちゃんは坊主が大好きです。
私「よーし坊っちゃん、髪を刈るよ」
坊「ボウズにする?ボウズにしてね?(懇願)」
私「すごい坊主にするよ」
坊「ぃよっしゃ~~!」

坊っちゃんがなぜそんなに、坊主にあこがれるのかが良くわかりません(笑)。
造形に関しては表面処理に自信の無い私ですが、坊っちゃんの頭はキレイに丸く刈り込んでやります。
これは結構、傑作だぞ!と思っていたのですが、嫁さんいわく、

「頭の形がきれいだから、坊主似合うね!」

とのことでした。そうかー下地処理のおかげかー。

とはいうものの、坊っちゃんの髪を刈るたびに、坊主の短さを徐々に短くすることを試みております。
めざせカツオ君。

今日のCG。
Zm080608_01
いや、パッと見、「ほっかむりしたお掃除ロボ」に見えることは認めます。
なんか、ロボダッチ系だし・・・
しかし、これが、ネロス帝国の恐ろしい最凶兵器だったりします。
なんか、平和っぽい見た目をなんとかアレンジで凶悪な感じにしていきたいですね。

で、このキャラといえば、ダンボール箱ですよ。
Zm080608_02

やはり掃除ロボに見えてしまう・・・orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 7日 (土)

坊っちゃんの朝顔

Zm080607_08
朝、小学校に坊っちゃんを送っていった際、坊っちゃんから自分の朝顔の鉢を見せてもらいました。
最近の植木鉢はモダンですね。
実家のひまわり同様、観察が楽しみなものが増えました。
色んな方からご心配頂きました、お嬢ちゃんの水疱瘡も、昨日お医者さんから治癒証明を頂きましたので、今日から保育園に通園です。
夕方迎えに行った時、保育士さんから
「いつもどおり元気いっぱいでしたよ」
と教えてもらいました。ヨカッタヨカッタ。
保育園を休んでいるとき、近所の嫁さんの友達に「うちの子にうつしたいから遊びにきてー」と誘われたそうです。
小学生以上になると、一週間くらい休むのは結構、本人にとってもストレスですからね。保育園児くらいのときにやっておくのが一番良いのかもしれません。変な人気でした。
私は今のところ、罹病してません。
よかったような、少しさびしいような。複雑な父親の心。

とある時、腕がかゆくてかいていて慄然と
「な、何ィ・・水ぼう・・」
と思ったら蚊に咬まれたあとで、苦笑いとか。
潜伏期間があるらしいので油断は出来ませんが、まあもらわなくて済んだのならそれでよかったのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 6日 (金)

思い出すことの出来ないサガを持たされる

6月6日、当ブログも本日めでたく6万ヒットを超えました。
かなりどうでもいいことを書き綴っている当ブログを、読んで頂いております皆様全てに、感謝しております。

いつもありがとうございます。

キリのいい数字越えということで、何かおめでとう的な企画があってもよさそうなものですが、特になにもありません。
これからも宜しくお願い致します。

・・・これで終わりではあまりにさびしいので、ちょっと裏話など。

※一度記事を書いて、読み直してみましたが、以降、ものすごくクダラナイことが書いてありますので、時間を大切にしたい人は読まないほうがよいかと思われます。

基本的に当ブログは毎日更新なのですが、毎日更新を続けていると、若干依存症になります。
私生活で真剣に忙しい時や、簿記の勉強しなきゃならない時(最近してませんが)など、やむを得ず更新休止する事がありますが、それでも何も更新しない日が続くとドキドキします。
放置中自分でも訪れることのない自分のブログのカウンターが回っていると、なんだか物凄く酷い事をしているような気がして、長く更新を停めることが出来ません。

いかん、話がそれてますよ。
毎日更新するコツとして・・・まあ他の皆さんもそうなのでしょうが、ネタ帳というものを持ってます。本当にノートに書いているわけではなく、ネタを思いついた都度テキストファイルにキーワードを書き飛ばしているわけです。
手元にパソコンが無いときは、携帯から自分のPCへキーワードをメール。
手元に鉛筆もチラシの裏すらも無い時に思いついたネタは自分の脳に記憶させるしか方法が無いのですが、だいたい思いだすことはありません。

で、「今日、特に書くこと無いなあ、時間が無いなあ」というときはネタ帳の中からネタを拾ってきて記事を書きます。

しかし、意外と「今日書くこと無い」と思ったことはほとんど無いです。
犬も歩けばボー・デレクじゃないですが、生活していれば、何かあるものですね。

で、何が言いたいかといえば、

「使わないネタがどんどん溜まっていき、しかもキーワード見ても、どんな記事にしようと思っていたのか自分でも思い出せないものがある」

ということです。

そんなわけで、本日は、ネタ帳の中の「自分で読み返しても何が言いたいのかわからないキーワード」一挙放出です。
思い出せない以上、未来永劫記事になることは無いでしょう。

01.輪入道を挿入歌、横型人気
わかりませんねえ。妖怪の輪入道が挿入歌を歌うドラマがあるんでしょうか?

02.クツがブルースリー
あのペタっとしたクツのことですよね。だからそれがどうしたんでしょうか?

03.犬が徒党を組んで
まったく思い出せません。次郎長一家の殴りこみ風な犬達がいたんでしょうか?
巨大な熊を倒しにいく途中を私が見たのかもしれません。
ズボッゴゴー。
グバッハー。
ドルガハー。
・・・ヒーローロボみたいですね、ドルガハー。熊の断末魔なんですが。
「銀河閃空 ドルガハー」
J9系ですかね。ブライガー、バクシンガー、サスライガー、ドルガハー。
どんどん話がそれますね。これ以上やると、これで1本記事がかけそうなので、やめておきます。

04.あたり一面ベーシスト
思い出せません。5万人くらいがベケベケベケベケやってるんでしょうか?
関係ないですが、ベケベケ・・・とずっとキーボードで打っていると、頭がおかしくなりそうです。指が・・・なんかつりそう。

05.磯野ナビゲー「左様、右折だぞカツオ」
ダジャレなだけのような気がします。これはふくらまないでしょう?
これだと安室ナビゲーでもいけますか?

アムロ「・・・早瀬さん・・・さんそけつぼうしょうにやられて・・・」

ひらがな多様すると、漫画版サザエさんぽく・・・なりませんね。

06.さきがけ2段塾カレー
ダジャレその2?「男塾名物油カレー」とか、昔、中国に洲拝崇(す・ぱいすう)という拳法家がいて・・・みたいなネタ記事だったんでしょうか?不明。

07.やみ鍋探偵
鍋にサッと箸を入れると出てきたのはタワシ。
「そうか、犯人は現場をタワシでこすって痕跡を消したんだな」
さらに箸を入れると出てきたのは便所スリッパ。
「なるほど、ウラがツルツルの便所スリッパをはくことにより、足跡も消したわけだ」

そんな探偵はイヤ。

08.イエス、バージニア。サタンクロスはいます。
そりゃサタンクロスはいますよ。アシュラマンのお師匠さんですよ。

09.ここは地の果て、流されてカッチカチやぞ俺!
ザブングルですねえ。あの芸人さんたちは、許可的なモノは抑えているんでしょうか?

10.茶ドンゴン
韓流スターですか?詳しくないんでこのへんで。

・・・どうしても思い出せないですね。どんな内容の記事を書きたかったのやら・・・
ほかにも大量にあるのですが、淡白すぎて上記のような思い出すためのとっかかりすらありません。
「金と銀」とか書いてあっても、範囲が広すぎるっちゅーねん自分!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 5日 (木)

悪魔のまぼろし!!

ふと気がつくと、6万ヒット間近じゃないですか!
しかも何の巡り会わせか、明日の日中には万ヒット行ってしまいそうな勢い・・・
_
_

666

_
_

゚w゚<おめでたいですね(謎)。

困ったなあ。本当に最近、何のネタもないんですよ。悪魔将軍をもう少し進めておこうかな?

よりによって、悪魔将軍?!

関係ないですが、「悪魔のまぼろし」でググったら「Nikupedia(肉ペディア)」なるものがあって、盛大に吹きました。それ以上読み進む気にもならず・・・

今日のCG
Zm080605_01
台車のコロって、身近に無いんで、いざ頭に思い浮かべようとすると苦労しますね。
最初に作ったものは、継ぎ手と車輪が一体型になっていて、
「これじゃあヨコ回転できん!」
と作り直しました。
なぜ、わざわざCG製作で「台車」なのか?それは、まだ秘密ですbleah

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 4日 (水)

タリサ・クミ

超人機メタルダーという番組内において、敵4軍団中、機甲軍団は非常に個性の薄い人達でした。ブルチェックというキャラがひとりだけかなり立ってるんですが、それもかなりムリヤリ感があって、いいエピソードなんですが、素直に喜べません。
21世紀の世の中になって、よもや自分で機甲軍団の各キャラを掘り下げていくことになろうとは思いもしませんでした。
楽しすぎるのでドンドンやります。
Zm080604_01
スト「目標地点到着!落としますぜダンナ!」
ダー「やってくれ。そのあとお前はありったけの絨毯爆撃をくらわせろ。地上の俺を気にしてぬるい爆撃なぞしやがったら撃ち落とすぞ」

さて・・・
我が家のお嬢は熱もすっかり出なくなり、イタズラ星から来たイタズラ星人に逆戻りです。
水疱瘡の湿疹はまだ痛々しいですが、そのうち収まるでしょう。
がしかし治癒証明が出ないので、保育園は相変わらずお休みです。
朝、会社に行くまでのあいだ、保育園に行かないお嬢に遊びに誘われるのですが、慢性寝不足の私にお嬢の相手は危険です。
なにせ相手は「ホンワカ光線」出しまくりの我が娘です。ウッカリ気を抜くと、極楽浄土まで連れて行かれます。

朝から「ウォリャ~~~」というようなテンションも、抱きしめられた瞬間、「ヘナヘナ~~」と萎えていきます。

おそるべし、わが娘。
今日はハヤク寝ます。ホントです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 3日 (火)

ファムファタル

ついにこの時が来た。もうおしまいだ。
運命の女が、逃げおおせたつもりの私をつかまえ、やまいの臥所へと連れていくだろう。
もはや逃れるすべは無いのだ。
命を運んで行くと書いて運命。

私は逃げ切ることが出来なかったのだ。

・・・・・・

取るに足らない小さな事象を、さもおおごとのように書いてみました。
皆様ご心配なく。ああー心配は心配なのですが、まあ通過儀礼ですし。

先日より、発熱の続いていたお嬢ちゃんですが、今日、病院で詳しく見てもらったところ、「水疱瘡(みずぼうそう)」でした。

しかも肺炎も併発しているかどうかは、まだ検査待ち。

水疱瘡ですか・・・子供のうちに一回はかかる病気ですね。早めにやっておくにこしたことはないでしょう。大人になってからかかると、結構やっかいな病気ですよ。
坊っちゃんにもうつるかしら。

嫁さんは子供のころかかったそうです。

私はですねえ・・・水疱瘡だけやってないんですよ。おたふく風邪も、はしかも、ありとあらゆる病気は経験済みなんですが、水疱瘡だけはねえ。
なので私は子供のころから考えてました。

将来、結婚して、子供ができて、その子供が水疱瘡になったら・・・

ついにこの時が来た。もうおしまいだ。
運命の女が、逃げおおせたつもりの私をつかまえ、やまいの臥所へと連れていくだろう。
もはや逃れるすべは無いのだ。
命を運んでいくと書いて運命。

私は逃げ切ることが出来なかったのだ。

まあ、私が罹病するかどうかは、あまり気にしてません。

お嬢からもらえるものならむしろ何でも欲しい私です。

でも、通過儀礼とはいえ、お嬢のことはしんぱい・・・
お嬢ガンバレ!

それとはまったく関係ないんですが、CG製作ストローブさんが完成しました。
Zm080602_01

大きな画像は、お友達、あっかーさんのサイトの「画像BBS」に貼りましたので、そちらもお楽しみください。
Zm080602_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 2日 (月)

つなぎの将軍様

昨日から病に臥せっております我が家のお嬢ちゃんの熱がなかなか下がりません。
朝は平熱にさがっているんですが、夕方にむけて上がってくる感じ。
ガンバレ!

さて、それでというわけではゼンゼン無いのですが、ちょっと立て込んだ作業がありまして、今日の更新は短め。
まだまだ作りかけ感のただよう将軍様にお出ましいただいて、つないで貰います。
明日はもう少し、ましな更新をしたいと思います。
Zm080602_00
ウワハハハハ!背中はまだ作りかけなのじゃ!

Zm080602_01
将「そりゃ!地獄の断頭台ーー!」
テ「ギニャ~~!」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

坊っちゃんの小学校にガルバトロン来襲

6月1日、今日は待ちに待った坊っちゃんの学校の日曜参観でした。
日程は、1時間目の算数を見学したあと、全校生徒+親で観劇。

劇団民話芸術座さんが東京からわざわざやってこられて、「河童の笛」という劇をやるようです。

学校から配られたビラを見る私。
劇団民話芸術座代表の小村哲生さんの解説が載ってます。訪問する学校から生徒さんも募り、一緒に劇をやるそうです。
子供たちに夢を与える、暖かい活動ですね。

ん?小村哲生?

このやけに聞き覚えのある名前・・・劇団の公演など見に行ったことの無い私ですが、はて?

と、小村さんのプロフィールを見ると、舞台、テレビドラマ、声優と、広く活躍する役者さんのようです。
で、プロフィールの中で見つけました。

「ビーストウォーズⅡ」

の名前を。

ああ、思い出しました。

ガルバトロン様じゃないですか!

この劇はぜひ見なければ!!と思っていたのですが、なんと、お嬢ちゃんが朝から熱を出しまして、10時に病院に連れて行くことになりました。
10時までの間に、1時間目の算数は見学できたのがせめてもの救い。
算数の授業が終わったあと、坊っちゃんに、
私「お嬢と母さんを病院に連れて行かなきゃならないんで、いったん父さん帰るからな。診察が終わるころ、劇も終わると思うから、そのころ迎えに来るよ」
坊「うん、わかった。じゃあね。」
といい置いて、学校を後に。

病院にてお嬢ちゃんは、肺炎の疑いアリとのことで、血を抜かれて検査とのこと。
結構、時間がかかるので、お嬢は嫁さんに任せて、坊っちゃんを迎えに行きました。
劇終わりにギリギリセーフ。
下校準備の坊っちゃんをつかまえて、帰宅致しました。
帰る道すがら、たまらず坊っちゃんに質問

私「河童の笛面白かった?」
坊「ウン!面白かった!」
私「で、どんなお話なの?教えて?」

坊「・・・かっぱ・・・」

ガルバトロン様、申し訳ございませんでした。

また、ぜひ来てください。今度は私も観劇します!
m(_ _)m


追伸、お嬢ちゃんはただいま安定状態。明日熱が上がらなければ、大丈夫とのことです。
お嬢ガンバレ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »