« 坊っちゃんの学ぶ姿勢 | トップページ | 新生児添付 »

2008年5月15日 (木)

ハリーポッターと花見客のワシントン

「桜の枝を折ったのはオマエだな!」

「そのとおりだよ。すまなかったねえ。しかも斧を使ってだよ。このとおり謝罪する・・・私の名はワシントン。私の言霊により、オマエはもう、私を攻撃するどころか、『許す』以外の選択肢は無くなってしまったのだよ。もういちど謝るよ。このとおりだ。」

「なんだと!」

ドドーーーン

いやあ、見たこと無いんですよ。ハリーポッターシリーズ。文字で読んだこともないし、映画も見たことない。
正直、どんな内容かも判りません。上記のような、魔法バトルなのかな?くらいの認識です。
食べることに関しては、食わず嫌いは無いのですが、エンターテインメントに関しては、かなり食わず嫌いが多い気がします。
意外と「あの超有名娯楽作品」なんかも普通にスルーしていたりします。

「え?その趣味嗜好なのにあれ見てないの?」

と壮絶なツッコミが各方面から入りそうなので、タイトルは書けない書けない!

「宮部みゆきさんは時代小説の人」という認識があったので、現代モノはとんと読まなかったのですが、読んでみると意外と、いや、かなりいける。
ちょっと続けて読んでみようかなと思いました。
「模倣犯」は長すぎて、食指が動きませんが、他の中編、長編は読んでみよう。

あ、でも「ブレイブストーリー」は読みません。ファンタジー的な小説は本当に苦手なんです。
だからハリーポッターも読まないんです・・・
だから指輪物語も、ナルニアも途中で挫折するわけです・・・

なんで、ファンタジー小説って途中で冷めちゃうんでしょうか?

ちなみに食わず嫌いではなく、「食って嫌い」なのはブリ大根
ブリの煮付け大根の煮物も大好きなのですが、私の中では

「そのふたつをあわせちゃダメだろう」

という世界です。

チョコミント大好き。歯磨きしながらチョコ食う感じ上等。
酢豚のパイナップル大歓迎。

しかし、大根の香りがするブリと、魚くさい大根は食べられない・・・

なんというか・・・いいものふたつあわせればいいだろう的な部分がもうだめ。
荒木さんが周りから説得されて、
「時間操作する悪のスタンド使いを倒すため、ジョナサンジョセフ承太郎仗助ジョルノ徐倫が全員全盛期の状態で一同に会して・・・」
みたいな漫画を描くようなものです。

そんな漫画は許されない!・・・
・・・なんだ?たとえ話で書いたのに、猛烈に読みたい・・・

イヤダメダ、そんな商業に流れた漫画を荒木さんが描いちゃだめだ。

さらに余談ですが、セブンアンドワイの4部表題が
「ジョジョの奇妙な冒険ダイヤモン 東方杖助」

ダイヤもんの脱字は許しても、つえ助は許さんぞ!

今日の将軍。
Zm080515_01
顔がどうしても気に入らなかったので、作り直しました。

全身はこんな感じ。
Zm080515_02
もっともっとモールド足していきたい。

|

« 坊っちゃんの学ぶ姿勢 | トップページ | 新生児添付 »

雑記2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138294/20969612

この記事へのトラックバック一覧です: ハリーポッターと花見客のワシントン:

« 坊っちゃんの学ぶ姿勢 | トップページ | 新生児添付 »