« あに、いもうと | トップページ | 表面処理というツラく長い作業 »

2007年10月 7日 (日)

ニャンコふたり

連休中日、両親に呼ばれて実家に遊びに行ってみると(両親の目当ては私ではなく)、アンティーク家具が増えてました。
Zm071007_01
アンティーク家具の正体は、どこにしまってあったのか、足ふみ式のミシンでした。
子供の頃から見慣れていたそのミシンを21世紀に改めて見ると、なかなか趣深い、味のあるテーブルでした。
こういうものをPCデスクにしてみると、おしゃれかもしれない。
(ちなみにミシンとしては壊れているそうです)

ミシンの上でねそべり具合を確認しているのは実家の姫その1です。

Zm071007_02
姫その1

新しい物好きなんです。実家にいたころ、私が何か目新しい物を購入すると、1センチ間隔で臭いを嗅ぎ、

「これは何?」

みたいな目で見つめられておりました。両親に飼われているのに、ず~っと私の部屋におりました。私が結婚して実家を出た時、無人の部屋にいる後姿に哀愁があったそうです。
今は私と一緒にくらしていたことも遠い記憶のかなたのようですが。

姫その2は私たちが遊びに行っているあいだ、エサ場から離れませんでした。だから固太りになるんだよ。

Zm071007_03
姫その2

子猫のころの病気のため、片目になってしまいました。
そもそも捨て猫を拾って来たのですが、その時すでに良く分からない病気にかかっており、絶叫と共に気絶して、しばらくして息を吹き返すというのを繰り返す、可愛そうな子猫でした。
獣医さんからは、
「大人ネコになる前に、死んでしまうでしょう。気絶したまま、息を吹き返さない時が来ると思います。その覚悟はしておいてください。」
と言われるくらい、難病だったのですが、根性で完治させました。
この話は長くなりますので、いずれの機会にネコカテゴリにて。

このネコから、「食べる力が重要」ということを改めて教わりました。
しかし、今は食べ過ぎ!もう、病気じゃないんだからセーブしなさい。

実家を後にして、本日は久しぶりにフリマに行って来ました。
客である私達にはあまり関係ないのですが、出店者側からすると、真夏にフリマって出来ないんですよ。
お店の人、干物になっちゃいますからね(真冬もできませんが・・・)。

そんなわけで今日はめずらしく戦利品。
Zm071007_04
分かる人にしか分かりませんが、「特捜ロボ ジャンパーソン」に出てきた「ガンギブソン」です。
装着変身サイズかな?と思ったら、少し大きかったです。
特に何にするでもないですが、捨てられてしまう前に確保!そんな感じです。

ヤフオク等でお宝を探しているみなさん、フリマは結構オススメですよ。
信じられない値段(安い方向)で売ってたりしますが、掘り出し物に出会うチャンスも千載一遇です。
気長にまわりましょう。

今日もホントに雑多な内容の記事だった・・・

|

« あに、いもうと | トップページ | 表面処理というツラく長い作業 »

ネコ」カテゴリの記事

コメント

はぁ…何度見ても美しいお嬢さんだ…気品すら感じてしまいますよ。アンティークが似合い過ぎ!
そして姫2さんは、なんか、たがみよしひさ(わかります?)の漫画に出てきそうな目つき…かわいい…。

人もですが、動物とも色々な出会いがありますよね。ウチのお嬢様は、本日法事で来ていた姪達に威嚇をしたりして、叔母に「アンタ、嫁さん貰ったら大変だねぇ…」と言わしめたヤキモチ焼きです(笑)。

投稿: 歯車ごろー | 2007年10月 7日 (日) 23時43分

ごろーさん今晩は!
猫評論家のごろーさんにそう言って頂けると、本当にうれしいです。
「たがみよしひさ目」・・そう言われると、アイラインの書き方などが、最近のタッチではなく、少し前のテイストでしょうか。
「スタジオぴえろ目」なんですかねえ。(また微妙に伝わりにくい・・・)

実はウチの嫁さんは猫アレルギー(超軽度)だったりしますが、それでも
「今日、姫の頭なでたけど、じんましん出なかった!」
なんて、チャレンジャーなことを時々しております。
自分で言うとイヤラシイですが、そういう猫ニガテな人すら惹きつけてやまない、実家のニャンコタンふたりです♪

そうそう、ウチのニャンコは孫ふたりに猛烈なヤキモチを焼いてます。
一度、お嬢にフーって言ってウチの父にこっぴどく怒られました(でも猫は偉いもんで、ちゃんと加減を知ってるんですよね)。
可愛そうにと思いながら、「親父それは無いんじゃないかい」と密かに思いました(苦笑)。孫は強しです。

投稿: 早瀬五郎 | 2007年10月 8日 (月) 00時42分

ニャンコかわいいですねぇ。でも私はアレルギー・・眼球が腫れる・・・。でも触りたーー!
うちの実家にもあります足踏みミシン!いつか自分の手に!と狙っている家具の一つです。電力いらずでエコですよ。

投稿: 夏侯 | 2007年10月 9日 (火) 12時43分

夏侯さん今晩は。
そういえば夏侯さんもニャンコ好きでしたよね。
好きなのにアレルギーとは、私のリンゴアレルギーと同様なもどかしさがありますね。

足踏みミシンは是非ゲットして大事にしてください。現役で動くならなおさらです。
こんなにもスローライフ向きなアイテムは無いですよ。
これで縫い物すればオシャレ女子間違いなしですな。

投稿: 早瀬五郎 | 2007年10月 9日 (火) 19時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138294/8285254

この記事へのトラックバック一覧です: ニャンコふたり:

« あに、いもうと | トップページ | 表面処理というツラく長い作業 »