« ウルヴァリン | トップページ | アリキック »

2007年8月 8日 (水)

蟻と誠

タイトルに意味はありません。
愛は平和ではない。愛は戦いである・・・のナレーションではじまる、夏夕介さん主演のTV版の方が好きでした。というより、ヒデキ感激の劇場版を見ておりません。
中島久之さんの岩清水もよかった。
「この岩清水弘ッ!君のためなら死ねるッッッ!」

ヤバイどんどん話がそれて、戻ってこれなくなってる!

Zm070808_01
※クリックすると大きくなります。

ポリゴンモデルで作成していたビーストウォーズ版インフェルノを階層モデルのリンクアニメーションからシングルメッシュのスキンアニメーションに変えたくて、斬り紙師であり、3DCGコレオグラファーでもある夏侯さんのところに里子に出していたのですが、昨夜無事、帰ってまいりました。

3DCGの世界には3通りの職人が存在します。
1.モデラー※
2.アニメーター
3.1も2も両方やるひと

※モデラーにも「テクスチャー派」の人と「造形派」の人と2通りあるのですが、説明がクドくなるので割愛。私は師匠であるイギリス人ゆずりの「汚しテクスチャー派」。

それはともかく、私は基本モデラーなので、アニメーションのことはシロート・チアリなわけです。
で、3DCGアニメーターの夏侯さんにお願いしていたわけです。

Zm070808_02
※クリックすると大きくなります。
スゴイですね。基本の骨構造からちゃんと顎が動くようになっていたり、尻尾にも骨が入っていたり、かなり職人技です。

昨日早速何点か有り物のモーションデータを摘要してみました。

インフェルノ「ギャ~~~~!」
※クリックすると動画再生画面に行きます。

サクサクッと作ったので小物のサイジングがおかしいのはご容赦ください。
おおげさなアクションに目を奪われがちですが、シッポの愛らしい動きに萌えます。

これはかなり遊べそうですよ♪
夏侯さんありがとうございました。

|

« ウルヴァリン | トップページ | アリキック »

造形班-図画工作」カテゴリの記事

コメント

他のものに夢中になっていたせいで長らくほったらかしになっていたアリさん。遊んで下さい。
自分で骨入れといて言うのもなんですが、尻尾をこう、ムニッと触りたいもんです。

投稿: 夏侯 | 2007年8月 9日 (木) 17時44分

夏侯さん今晩は。
アリさん遊べますよーー!
適用するモーションによって、尻尾がフリフリ動くところが可愛らしいです。
尻尾をムニっとさわったら
「パフッ」
て鳴りそうだし(笑)。

ゴリラとの競演も近々実現させたいと思います。
ありがとうございました。
m(_ _)m

投稿: 早瀬五郎 | 2007年8月 9日 (木) 18時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138294/7461193

この記事へのトラックバック一覧です: 蟻と誠:

« ウルヴァリン | トップページ | アリキック »