« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月の31件の記事

2007年1月31日 (水)

早瀬五郎、警察に捉まる

いや、こうしてブログ記事書いて更新している時点で、逮捕とか、拘留とか、そういう物騒な話ではないんですけどね。
「つかまる」という漢字が違いますし。
そして最初に言っておかなければならないのは(ここ重要)、

「批判記事ではありませんよ」

ということです。

昨日、会社の帰り、自転車を走らせながら嫁さんにカエルコール(死後)しようと携帯を握りしめた瞬間、視界におまわりさんが・・・。

おまわりさん「あー、自転車運転中の携帯電話はご遠慮ください」
恥ずかしい私「すみません。やめます。自転車降ります。」
おまわりさん「今、この界隈で自転車の盗難が相次いでおります。失礼ですが、登録№を調べさせてもらって宜しいですか?」
自転車泥棒疑惑の私「ええ、いいですよ。」

おまわりさんは、私の自転車の各部をしげしげと見ながら、無線でどこかに連絡。
「タバコの箱を持った柳沢慎吾さん」状態です。
本部なのか本署なのか知りませんが、向こうでデータ照会をしている間、おまわりさんから色々と質問攻め。
いやあの、私善良な市民なので、協力は惜しまないのですが、通行人イパーイなんですけど。
私どう見ても何かやらかして職務質問されてる状態なんですけど・・・

おまわりさん「いやーほんとに盗難が多くてですね、こうやって見回り強化しているんですよ。すみませんねー」
半笑いの通行人からジロジロ見られている私「ああ、そうですか」
おまわりさん「でも、この自転車、マウンテンバイクて言うんですか?高そうですよね」
客待ちのタクシー運転手から”ヘマやりやがってコノヤロー”みたいな目で見られている私「いえ、ジャスコで1万5千円でした」

そんな、不毛なやりとりののち、しばらくしておまわりさんはまた無線コント(失礼)のようなことをして自転車と私がつながったことを確認したようです。
丁寧なお詫びの後去って行きました。

1年前なら屈辱感にさいなまれる所ですが、今では
帰宅後事情を聞いた嫁さんからゲラゲラ笑われる私「ヨシ!ブログネタ一個ゲッツ!」
と明るい気持ちになってしまう、100%とは行かないまでもポジティブシンキングな人になっていました。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007年1月30日 (火)

見えない何かを超える

あとから読み返してみて、今回の記事は随分抽象的だなと思ったのですが、そのままアップしてしまいます。それもまた良いかもしれない。

誤解されがちですが、私は造形作業を行う時、明確なプランを立てません。
「緻密に計算」とかが苦手なんです。
「最初にラフ画を描いて、それに基づいて造形を始める正しい人」に出会うと、わけもなく感動してしまいます。
私はいつも、ゴールを想像せず、適当に作り始め、ほぼOKという所で作業をやめてしまいます。

そんな無計画人間なので、作り始めて途中で止まっているものも結構あります。
未完成のまま放置している物を私の中で
「ラインを超えない物」
と呼んでいます。
これまた明確では無いのですが、私の中にラインがあります。
これの説明は非常に難しいわけです。しかし、確かに
「ウォーッ超えたーー!」
という瞬間はあるんです。
そのラインを超えた物だけが、ゴールにたどりつくようになっています。
これは経験上100%です。

ミクロマン改造ライダーマンは、バイクアームというアイディアの時点でラインを超えました。
Zm0130_01

ミクロマン改造仮面ライダーカリスは顔が出来た時点で(ちょっと山崎努さん似)。
Zm0130_02

ミクロマン改造仮面ライダーレンゲルは、作ろうと思った時点で(それだけ好きなキャラなんです)。
Zm0130_03

キョーダイン弟グランゼルは顔を作った時点で。
Zm0130_04_1

キョーダイン兄スカイゼルは途中挫けかけましたが、背中にタンク2本背負った時点で。
瞬間接着剤のフタで顔を作ってる時点では、到底ゴールは見えてませんでした。
Zm0130_05

透明フードをひとまわり小さく作り直そうと思っている仮面ライダーGENESISは、多分それが出来た時点でラインを超えるはず。
Zm0130_06

ベルデは4年前から未だに見えて来ず・・・
「楽しんで作る」ではなく、作業のように作ってしまう・・・
何故なのか、自分でもサッパリわからず。
Zm0130_07

実はさんざん気をもたせたライオンの怪人も、まだ私の中でラインは超えてません。
Zm0130_09

ヨロイ元帥も、失速中。
Zm0130_08_1

私自身がインパクト重視だからなのかもしれません。
ヨロイ元帥やヒルカメレオン将軍は、もうひと暴れ欲しいところです。
ヒルカメレオン、思いっきりヒルにしてみようかなあ・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年1月29日 (月)

リトルスターウォーズ

長文矯正シリーズ番外として、のび太の宇宙小戦争を短くまとめました。

「ドラえもんって何ですか?」という人に今回の記事を少しでも理解して頂くために・・・

ドラえもん『のび太の宇宙小戦争』
ピリカ星から地球に亡命してきた人差し指ほどの小さな少年パピ(実は大統領)を追って、独裁者ギルモア将軍の情報機関PCIAの戦艦が、地球に。
しずかを人質に取られた上、
スモールライトまで奪われ、のび太一行は人差し指サイズのまま元の大きさに戻れない。
パピはしずかの身柄を確保するため自ら母星へ連行される。
押っ取り刀でピリカ星へ乗り込んだ5人は3:2に別れ反撃を開始。
ドラえもん、のび太、ジャイアンの3人チームは捕まってしまい、パピとともに処刑場に引き出されるが、
反乱軍を差し置いてたったふたりで数百の無人戦闘艇を撃墜したしずか、スネ夫の後詰部隊が敵軍隊すらも崩壊敗走させる!

さて・・・
休日を利用して、借りていたDVD「のび太の宇宙小戦争」を子供ふたりと見ました。
あくまで主観ですが、この映画を見ていて今頃になって気付いたことがひとつ。
この映画ではジャイアンの影が薄い。
いや、のび太を助ける名場面や、敵の巨大戦艦をひとりで沈めてしまう大活躍を見せるのですが、ストーリーの根幹の部分で絡んでこない。
強力な助っ人という印象です。ジャイアンじゃなく「力自慢のゲスト」でもOKな役回り。
そして、実はドラえもんとのび太も影が薄い。ドラえもんは道具提供者としての役割しか無い。
それとは逆に、しずかちゃんとスネ夫は見せ場タップリの大活躍。
『のび太の宇宙小戦争』という映画は最初から最後まで、このふたりで引っ張っていると言って良い。

エンタテインメントとしてまず可能性は無いですし極論中の極論ですが、しずかちゃんとスネ夫が四次元ポケットのスペアを持っていればお話は構築できます。

前年度作品「魔界大冒険」とのバランスもあるかもしれない。
魔界大冒険は「魔法世界」というパラレルワールドに行ったドラえもんとのび太の物語なので、どうしても他のレギュラー3人はゲスト色が強い。
ただその中でもジャイアンは要所要所でジャイアンじゃなきゃ出来ない攻略法で一行を助けるので、まだ印象は強い。
それにひきかえ魔界大冒険には美夜子さんという、明確なヒロインがいるので、しずかちゃんは物凄く影が薄い。
そしてスネ夫も影が薄い。今思い返してみても、
「スネ夫何してたっけ?」
という感じです。

その反動なのかもしれません。翌年放映された宇宙小戦争は、「しずか、スネ夫」ムービーといっても過言ではありません。
敵の本拠地を目指すにあたり、他作品ではあまり見たこと無いパーティー分けをします。
先手潜入部隊として「ドラえもん、のび太、ジャイアン」チーム。
後詰→突撃部隊として「しずか、スネ夫」チーム。

先手潜入部隊が意外とあっけなく捕まって処刑場に引き出されるのに対し、
数百の無人戦闘艇を後詰のふたりでほとんど撃墜。
そのまま反乱軍リーダーを説き伏せて、
たった2機で突撃をかける「しずか、スネ夫」チームの仕事量!
(実際この時点の反乱軍中、しずか、スネ夫に比肩する猛者はいなかった)

「一見すると戦力的に脆弱とも思えるふたりなのに、敵軍隊が恐れ逃げ惑うほどの鬼のような反撃をはじめる」

この映画が自分の劇場版ドラえもんランキングの中で常にトップにいる理由があらためて理解できました。

あー鉄人兵団も久々に見たいなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月28日 (日)

延びました。

先日の金曜日の夜(正確には土曜深夜)、記事中で簿記のことに触れ、
「あーそういえば、試験まであと、一ヶ月だなあ・・・」
と物思いにふけっている最中、
「はて、勉強がおぼつかないのはともかく(ともかくで済ますな)、何か忘れてる気が・・・」
と数分思考の後。

「あ、受験申し込みまだダッタ」

いかん。申込受付期間はだいたい1ヶ月くらい前に終了するはず!
と、商工会議所ホームページにアクセスしてみると、

実 施 日
平成19年2月25日(日)<2・3級実施>

申込受付期間
1月 9日(火)~ 1月23日(火)



1月23日(火)


23日(火)

気づいた日、1月27日(土)深夜

色んな意味で、終わってました。
受験が6月まで延びちゃった_| ̄|○~♪(←なぜ、嬉しそうなのか!)
えーい、こうなったら2月半ばまで遊び倒してやる(チョットダケ)
Zm0128
そんな勢いのボトルキャップ改造でした。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年1月27日 (土)

ツンデレの祖たる不死生物

左サイドバーのボトルキャップ制作01と03を少しだけ更新しました。
Zm0127_00
こんなものが追加されていたりします。

あと、ひそかに目次に背景をつけたりしてみました。
少しずつカスタマイズしていくのは、なかなか楽しい作業です。
特に目次ウィンドウ内はブログの正規サービスじゃないし、サブ画面なので、少しくらい好き勝手にやっても許されるかな?なんて思ったりしています。

さて、キョーダインの制作が終わり、簿記の勉強でも始めようかと思っていたのですが、なかなかエンジンかかりません。つい、ボトルキャップを手にとったりして・・・

Zm0127_01
ああ、いかん。こんなものを作り始めてしまった。

人はこれを現実逃避と言います。

完成するかどうかはなはだ怪しいものですので、何を作ろうとしているか気付いた人も、気付かなかった人も、生暖かく見守ってください。

仮面ライダーの各組織から一人ずつ怪人を作っていこうと、常々考えているわけです。
オフフェノクシリーズは実はもっと作りたい怪人(景山ラビットとかスパイダーとか)が大量にいますが、1体は既に作ってしまったので少しガマンして、アンデッドから1体と思い、韮沢さんの画集を見ていたら・・・

やっぱりジ○ーカーしかないよー。
モールド、鬼のようにあるよー。(←自業自得)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月26日 (金)

魔法のランプ

Zm0126_00
昔話によく「魔法のランプ」が出てきますよね。
中から魔人(もしくはランプの精あるいは悪魔)が出てきて3つまで願いをかなえてくれる便利グッズ。
3つまで願いをかなえてもらう代わりに命を差し出さねばならない。
大同小異あるけど、だいたいそんな恩恵。

この手の話でよくあるテクニックは、
「最初のお願いで願い事を増やす」
というやつ。しかしこの作戦うかつには使えません。
最初に魔人が、
「願いを3つかなえる代わりに、お前の命を貰う」
なんて明確に言ってたら、上記のように願い事を100個に増やしていても、3つ目の時点で願い事97個を残して命を取られてしまう可能性は有るわけです。
契約内容は良く確認しましょう。
ストップ!願いすぎ。

たとえ魔人が「どんな願いでもかなえるヨ」と言ったとしても、却下されそうな願いもあると思います。
「不老不死」
これはダメでしょう。
向こうはこちらの命が欲しくてしょうがないというのに、わざわざ入手不可能にはしてくれないはず。

しかし、相手はこちらを堕落させる事に必死なので、
「金持ちになりたい」(勤労意欲を奪い取る)
「だれからも愛されたい」(自己啓発努力を奪い取る)
くらいはOKのはず。カッコ内は魔人の野望(推定)。
と、ここで真剣に考えてみたのですが、ここから先、3つ目のお願いって無いですよ。
これ以上は無い気がする。どうなんでしょう?
私の想像力が乏しいだけ?

まてよ、時間移動の能力はどうだろう?
さらにまてよ・・・JoJoのスタンド能力とか、X-MENのミュータント能力で考えていけば欲しい能力は結構ありそうな気がする。
どの能力が欲しいかというのは果ての無い長考になりますので、別の機会に考えるとして、やはり願い事3つでは少ないという結論になります。

どうにかして「数を増やし」、「3つ以上お願いをしない」という矛盾問題を解決しなければならない。

ムリだろうと思ってたんですが、一つ方法を思いつきました。
「魔人さん契約維持のまま100人に増えてください」
という願いはどうですか。
魔人1号から順に2つずつ願いをかなえていってもらえば、魔人100号までに全魔人リーチ状態のまま200の願いがかないますよ。
最初に千人に増えてくださいと言えば、2千の願いをかなえることが・・・・

ん?
願いを全部消費するまでは、魔人はそこに居続けるのだろうか?
千人のリーチ魔人に監視されながら日常生活。
それはイヤだなあ・・・。

いい方法て無いもんですねえ。

ていうか、現実的にありえない話を延々と考察する私・・・

| | コメント (12) | トラックバック (1)

2007年1月25日 (木)

つながる命

私の父は昔気質の大工です。
この不景気の中、フリーで途切れることなく現役で仕事しているのは私から見てかなり驚異だったりします。
私の祖父(私の母の父)は大工のかたわら、墨壷専門とはいえ降ろし先を持つほどの彫刻仕事を持っていました。
彫刻家という程でもないんですけどね。

「雲の切れ間にいる龍」
というデザインの墨壷をいつも彫っていました。
私が5歳くらいの頃、その祖父から貰った彫刻刀は、今でも造形時私を助けてくれています。
(さすがにノミと鎚はくれなかった)
あー、改めて思いもしなかったですが、この彫刻刀、もう30年以上使っている事になりますね。

父は祖父から彫刻の技を直に教わっていましたが、父の技術が完成する前に、祖父は鬼籍に入ってしまいました。

このふたりの偉大な造形家に、私はいつ近づけるだろうか。
近づく日は来るだろうか。

ん、違う違う!話がどんどんそれていく。
今日の記事は久々「ネコ」カテゴリです。前置き長すぎ。

9年くらい前だったと記憶しています。
そろそろ冬になろうかという頃、父の郊外の仕事場(材木を加工したり一時置きしたりする工房兼資材庫)に、捨て猫が迷い込んできました。
片手に収まるくらいの子猫(♀)で、必死に鳴きますが空腹のあまり鳴き声はかすれて途切れ途切れ。

多くの職人さんが出入りする仕事場で、皆から可愛がられ、弁当を分けてもらったりして食いつないでいました。
「1、2時間作業するためだけにひとり手ぶらで仕事場に寄った職人さんが、激しく子猫に鳴き付かれ、仕事もソコソコに最寄のコンビニまで軽食を買いに走った」などというエピソードも1度や2度ではありません。
母と私も父からその子猫の話を聞き、時々様子を見に行っておりました。

帰る時がツライんですよ。
帰ろうとする人の前に回りこんで通せんぼをします(小さいので効果は無いですが)。
そりゃ子猫にしてみれば、「こんなだだっ広いところに一人にしないでヨ」と言いたくはなるでしょう。
それを振り切って帰るのはツラかった。

ある日とうとう母が負け、その当時私も同居していた実家へ連れて帰る事にしました。
母ネコから初乳をもらったかどうかもあやしい衰弱した子猫が、あのすきま風だらけの仕事場で冬を越す事は出来なかったろうと思われるので、母の判断は正しかったと言えるでしょう。
その日から、子猫は家族の一員になったわけです。
出自があまりにも哀れだったので、我が家ではかなり甘やかされて育ってきました。
このあとさらに増えるもう一匹の子猫(♀)とともに、今も実家でお嬢様として暮らしております。
もう一匹の子猫もかなり哀れな状況で我が家に拾われてきたのですが、長くなりますのでまた次の機会で。
Zm0123_01

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年1月24日 (水)

ぐぐるな危険(←それ踏切の注意)

サイト内検索を少し修正しました。
当ブログにサイト内検索を付ける際、参照させて頂きました、
いかんともしがたい様公開のソース
をずっと「雑兵とマジョリティ」用に修正して使っていたのですが、ある時より、ブログ内検索が出来なくなっておりました。
先日プログラマ友達のMoonfaceさんにご指摘いただくまで気付きませんでした。
Moonfaceさん自身が、私の記事を検索しようとしてエラーで弾かれたようで、それを長文コメントで教えてくれようとして、ココログの不具合で弾かれて・・・
・・・
・・・

本当に申し訳御座いませんでした。
illlil○| ̄|_


で、修正箇所をMoonfaceさんに教えて頂き、正常可動にこぎつけました。
もう「ググッても安全」です。(微妙にアヤシイところもありますが、すこしずつ改良していきましょう)

参考にした元ソース
<!-- sitesearch google -->
<form action="http://www.google.co.jp/search" target="_blank">
<div style="font-size: small;">
<input type="text" name="q" size="15" maxlength="255" value="" />
<input type="hidden" name="hl" value="ja" />
<input type="hidden" name="ie" value="utf-8" />
<input type="submit" name="btnG" value="検索" /><br />
<input type="radio" name="q" value="" checked="checked" />ウェブ全体から検索<br />
<input type="radio" name="q" value='"cocolog-nifty.com"' />ココログ全体から検索<br />
<input type="radio" name="q" value="site:自分のブログのURL" />「自分のブログの名前」内検索<br />
</div></form>
<!-- sitesearch google -->

私が自分用に変更したソース
<!-- sitesearch google -->
<form action="http://www.google.co.jp/search" target="_blank">
<div style="font-size: small;">
<input type="text" name="q" size="22" maxlength="255" value="" />
<input type="hidden" name="hl" value="ja" />
<input type="hidden" name="ie" value="utf-8" />
<input type="submit" name="btnG" value="検索m(_ _)m" /><br />
<input type="radio" name="q" value="" checked="checked" />ウェブ全体から検索<br />
<input type="radio" name="q" value='"cocolog-nifty.com"' />ココログ全体から検索<br />
<input type="radio" name="q" value="z-majority.cocolog-nifty.com" />雑兵とマジョリティ内検索<br />
</div></form>
<!-- sitesearch google -->

以前なら上記青色の部分が、元ソースのように
<input type="radio" name="q" value="site:z-majority.cocolog-nifty.com" />
でも、ブログ内検索してくれていたのですが、繰り返されるメンテナンスや仕様変更によりココログさんの本質が変わったためか「site:」の部分が不要になったようです。
不思議な話です。
私はプログラマでは無いので、今回の問題、それに対応する修正ポイントもよく理解できていません。
「教えてもらったようにしたら直った」という感じです。

とにかく、Moonfaceさんありがとう!
また「変なこと思いついた割にはツメの所で行き詰ったりした時」、助けてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月23日 (火)

ココログの旅

いつも「雑兵とマジョリティ」にご訪問くださる皆さん、ありがとうございます。
ここ数日、色々とご迷惑をおかけしております。
最近のココログさんについて、以下に。

ココログからのお知らせより抄出


1/17 アクセス解析、ココログデザイン障害のお知らせ

http://info.cocolog-nifty.com/info/2007/01/117_2fdf.html

1/17 モブログ障害のお知らせ
http://info.cocolog-nifty.com/info/2007/01/117_0dcc.html

1/17 ココログフリーアクセス解析で障害が発生しておりました
http://info.cocolog-nifty.com/info/2007/01/117_5da3.html

1/18 ココログ出版障害のお知らせ
http://info.cocolog-nifty.com/info/2007/01/118_3003.html

1/18 1月16日~17日のメンテナンス後、管理画面にログインできない件について
http://info.cocolog-nifty.com/info/2007/01/11617_6c40.html

1/19 ココログフリーアクセス解析で障害が発生しておりました
http://info.cocolog-nifty.com/info/2007/01/121_2019.html

1/22 ゲストライターからのモブログ投稿で障害が発生しています
http://info.cocolog-nifty.com/info/2007/01/122_fcba.html

1/22 ココログフリー緊急メンテナンスのお知らせ
http://info.cocolog-nifty.com/info/2007/01/122_c3b0.html

1/23 ココログフリー緊急メンテナンスのお知らせ
http://info.cocolog-nifty.com/info/2007/01/123_0ef2.html

1/23 ココログフリーの新規登録/登録解除で障害が発生しておりました
http://info.cocolog-nifty.com/info/2007/01/123_262f.html

1/23 ココログフリーアクセス解析で障害が発生しております
http://info.cocolog-nifty.com/info/2007/01/123_fac2.html


・・・そんなに障害ばかり起こさなくたっていいじゃないですか。
頑張ってくださいよ。

この「メンテナンスの度に、ヒドイ事になっていく」以外の部分は好きなんですから、ココログ。
今日もドキドキしながら投稿。

続きを読む "ココログの旅"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月22日 (月)

ココログフリープラン崩壊

ココログさん、どうしちゃったんでしょうか?
先週くらいから、コメント投稿はエラーばかりだし(皆さんにはご迷惑おかけしております)、管理画面にもなかなか繋がらず。
今日に至っては、管理画面にほとんど入れない。ほんとうに、どうしちゃったんでしょうか?
メンテナンスと称して、内部から崩壊しているのでしょうか?
不思議・・・

この投稿を皆さんが見ることが出来たとすれば、繋がるか繋がらないかのスキをついての投稿が成功したようです。
いったいいつになったら復旧するのかなぁ?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

7人の魔法使い

突然ですが、私は年季の入ったドラえもんマニアなのです。
基本的にはドライでブラックな漫画版のファンですが、アニメ版のドラえもんも嫌いではありません。
声優さんが変わってからも、それなりに悪くないと思ってます。
多分、贔屓補正が入っているのだろうと思います。

風のウワサでは今年の劇場版ドラえもんはなんと、
「のび太の新魔界大冒険 7人の魔法使い」
※注:リンク先は音声が出ます。

だそうです。
昨年の「のび太の恐竜」に続き、再度、リメイクで来ましたか。

しかも魔界大冒険。

いいですよ~。魔界大冒険。
序盤で張られた「2体の石像」という伏線や、本編の
「ジャイアンは歌がヘタ」
「ジャイアンは草野球チームのピッチャー」
といった要素すらも伏線化し、終盤に向けて畳んでいく様は驚嘆に他ならない。

劇場版ドラえもんは、竜の騎士以降見てませんので、偏ってますし主観バリバリですが、
ランクをつけていくと、
1位「のび太の宇宙小戦争 1985年」
2位「のび太の大魔境 1982年」
3位「のび太の魔界大冒険 1984年」

と、魔界大冒険は私の中で劇場版ベスト3に入ってます!
4位5位くらいに竜の騎士、鉄人兵団あたりが。以降が混戦。
「のび太の恐竜」は私の中では無評価。特に何も・・・といった感じ。

魔界大冒険の主題歌が小泉今日子さんの風のマジカルのままビデオやDVDで販売されていたら、2位と3位は入れ替わります。
著作権問題に付き、現在は差し替え。デリケートな話。
それでも1位「のび太の宇宙小戦争」は不動なんですけどね。へへへ。
私はあの「のび太の宇宙小戦争」という映画でどれだけ涙腺破壊されたか。
 

今年の劇場版ドラえもんは、念願の坊っちゃん映画館デビューにちょうど良いかもしれない。
そんなわけで予習も兼ねて、ゲーマーで、3Dアニメーターで、切り絵師で、三国志マニアで、ドラマニアの夏侯さんに魔界大冒険のDVD(ついでに宇宙小戦争も)を借りました。
夏侯さんありがとう。じっくり観ます。
今見ても、褪せない感動があります。エンディングが風のマジカルじゃないのはかなりガッカリなんですが・・・。
やはり一度劇場に行かねばなりませんね。新魔界大冒険として、21世紀にどのようにリメイクされるのか、この目で確かめて来ましょう。
来年の劇場版が「リメイク宇宙小戦争」だったらどうしよう!と余計な期待を重ねる早瀬五郎であった。

続きを読む "7人の魔法使い"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年1月20日 (土)

ドレイク軍

仮面ライダー サソードが「ー・ソード(ツルギ卿)」なら、
仮面ライダー ドレイクは、「ドレスアップ&メイク

そんな、ウソ情報はともかく。
ボトルキャップ仮面ライダークウガ改造の仮面ライダーサソードがやっと完成しました。
Zm0120_01
途中、かなりキョーダインに引っ張られておろそかにしておりましたが、これ以上放置していると、お蔵入りの危険も出てきますので、完成させました。
Zm0120_02
仮面ライダーカブト最終回に間に合ったので、トータルで良しという事にしたいです(何が良しなんだか)。

Zm0120_03
チョンマゲがやっとピンボケせずに写った!しかし、他場所の粗さも目立つ!

サテみなさん、恒例の挨拶の時間がやってまいりました。
オヤスミナサイ。もう寝ます。

今日(正確には昨日)は、本当は11時ごろ寝るはずだったんだけどなあ・・・


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月19日 (金)

スクラム、鉄の腕と腕

Zm0119_01
グランゼルパワーアップVerです。
握り手はソフビオックスオルフェノクから。
もちろん着脱可能です。

Zm0119_02
ガオ~~~。
ある意味、正しい鉄人です。

Zm0119_03
車への変形途中シーン。
TV本編では良くこの状態で柔らかそうな地面へダイブしていた記憶が。

Zm0119_04
「いくぞ!」
「オウ」


Zm0119_05
「ブチかませ、兄弟!」

「任せとけ!兄貴!」
※空を飛んでいるとイメージしてください。

兄は重武装、弟は肉弾一筋。
そんなイメージです。

オマケ。
Zm0119_06
なんとかスカイミサイルに見えないだろうか実験。

いやーやり切りました。
久々に達成感のある造形でした。

装着変身は、ポーズが着けられるのでプリミティブな面白さがありますね。
次は何を作ろうかなぁ・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月18日 (木)

兄弟宇宙船(きょうだいぶね)

ああ、
やっと仕事から開放され、帰ってまいりました。
実は今週は忙しいのです。
いつも言ってる気がしますが、昨日と今日は特に忙しく、不老不死のバンパイアですら過労死しそうな勢いです。
明日になれば少しは楽になるかなぁ・・・

本当に今日中にきちんとした記事更新が出来るかどうかわかりませんが、また後ほどお会いしましょう。

Zm0118
それまで、スカイゼル兄さんのつなぎでお待ちください。
飛べーーー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月17日 (水)

鉄の兄弟

Zm0117_01
先日から随分時間を食っておりますが、どうにかスカイゼルさん、完成しました。
というより、ムリヤリ終わらせちゃいました。

Zm0117_02
フロント
ん~、やはり、先日の状態と、あまり変わりありませんねえ。

Zm0117_03
バック
空を飛ぶ機械の記号をすべてぶち込みましたという感じです。
プロペラをつけなかった分、まだ私の中にも理性があったのかもしれません。


Zm0117_04
皆さん期待しておられたかもしれませんが、ジェット形態には換装しません。
このうつ伏せ寝が精一杯です。
ギリギリまで悩んだのは確かなんですが・・・


Zm0117_05
いろんな角度から顔
子供の頃に見たミサイル時のマペットがたまらなくスキだったので、それだけは何としてでも盛り込みたかったんです。
途中まで見えてこなかったのですが、ある日、
「あ、この状態からならマペット顔できる」
そういう瞬間がありました。
イキアタリバッタリ造形とはいえ嬉しかったです。

弟グランゼルと併せて初めての装着変身改造は、とにかく楽しかったです。
クセになりそう。

「そういえば、弟と一緒には撮らないの?」

と疑問のみなさん。

弟君はただ今バージョンアップ中です。
それが済んだら、
「宇宙鉄人キョーダイン」
として、画像を用意致します。
もうしばらくお待ちください。なんだか本当にすみません。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年1月16日 (火)

FF日記・24の巻「過去からの挑戦」

久々に今度こそFF攻略日記です。
といっても残るはほとんどラスボス攻略のみなのですが・・・

Zm0116_01
黒魔術士4人目「バスケ」@チーム最速のスピードで、回復アイテムを使いまくる。回復役。

ケアルガという最強の回復用白魔法があります

さて、前々回立てた作戦にて、4匹のカオスを1匹ずつ血祭りに上げていきます。
ラストダンジョン3rdチャレンジです。

リッチ
サマンサのファイガが毎ターン280~300ずつ削っていく。
およそ10ターンで撃破。

マリリス
カブのブリザガで毎ターン200ずつ削る。
約14~15ターンで撃破。

クラーケン
楽勝かと思われたが、めったに出ない直接攻撃をサマンサが2回連続でくらい、昇天。
やりなおし・・・クラーケンが「実は殴ればスゴイんです」と言うことを思い知らされました。

クラーケンさん、もう少し、スミ出そうよ・・・

作戦少し変えます。
攻撃と回復を1:3でやってきましたが、クラーケンからは2:2にシフトします。
なおかつ1レベル上げますよ。
レベル68で、ラストダンジョン4thチャレンジ。(いつまでやってんだ私は)

ここまでやると、さすがに4匹のカオスも楽勝です。内容はカット。
(しつこいようですが、時間は物凄くかかります。回復役は手がちぎれるまで、いやしグッズをぶん回し続けます)

問題はラスボスですよ・・・

ティアマットが居た位置から、ラスボスのいる玉座まではそう、遠くありません。それはゲーム開発者のやさしさなのかもしれない。
とにかく4回目のチャレンジで、ようやくたどりつきましたよラスボスの所まで。

部屋中央の玉座に座る、見覚えのある男にはなしかけましょう。

「覚えているか・・・?
コーネリア国一のナイトと呼ばれたこの私を・・・
今から2000年後の未来でお前達に倒された、ガーランドだ・・・!
確かにあの時私は倒された。
だがあの時、4つの力が私を救ったのだ。タイムトリップしたのだよ!
ここに来た私は
4匹のカオスを未来へと送り込んだ。そしてまた、4つの力を使いお前達に殺される未来の私をここに呼び戻すのだ・・・
2000年の後、私の記憶は失われている。
だがまた私はここに戻るのだ!
お前達はここで永久に死に、
私は永久にいき続ける。
この私の作った・・・
無限の流れの中で・・・!」

作戦はティアマット戦と同じ「攻2:防2」で行きます。
知性派のカブとくろいをオフェンスに回し、サマンサとバスケはいやしグッズ担当。

カブとくろいのブリザガはラスボスに対し199~203ダメージ。
基本的にラスボスは全体攻撃で押してくるので、ジリジリと全員のHPが削られていきます。

作戦変更。途中から、「攻1:防3」の編成に。

全体攻撃の中でも、170前後HPを削っていく、「つなみ」という攻撃がイタイ。

何ターン同じことを繰り返しただろうか?
こいつ無限にHPがあるんじゃないかと思い始めたころ、

ラスボスの魔法・・・

「ケアルガ」

ラスボスのHP9999回
多分メーターが振り切れて9999表示になっているだけで、1万以上回復しているはず。

そのショックを処理しきれぬまま、次のターン、ラスボスの直接攻撃!

バスケに772ダメージ!!!!
自身の最大HPを上回るダメージをくらってバスケ死亡。
さらば、最速の回復役!

この時点で全員の残りMPもほぼゼロ。次ターン以降、為すすべなく一人づつ殺されていき、全滅。
戦闘開始から全滅までの所要時間、約15分。死闘です。

もう2レベルくらい上げよう。
ずいぶん長くなりましたので、続きは次回で。

次回、25の巻「オルタナティブ・ゼロ」をお楽しみに。次回も死闘。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月15日 (月)

時間一杯

Zm0115_01
んー。今日中に完成を!と思ったのですが、間に合いませんでした。
「寒気がする」
とうっかり口をすべらせて、嫁さんから、12時消灯を言い渡されてしまいましたので、これを貼って寝ます。
明日には完成させたいなあ・・・
Zm0115_02
スプリングパイプなんて、久々に使ってみました。

フクラハギのバーニア等と併せて、ちょっとガンプラ傾向。
Zm0115_03
それでは皆さんまた明日ー。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月14日 (日)

忍び寄るあいつ

Zm0114
なぜだろう、寒気がする。
ノドがイガイガして、体もだるい。

しかし私は健康体のはずである。
まちがっても“カ○”なんかでは無い。

“○ゼ”かな?と思った瞬間、ヤツは、
「お呼びですか?」
と玄関からどうどうとやって来る。
「いいえ、あなたを呼んだつもりはありませんよ」
と言ってお引取り願わねばならない。

まあとにかく私は健康体なのです。

でも、この事とは特に関係有りませんが、今日は暖かくして、早く寝ようと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月13日 (土)

完成は遠く

装着変身改造のスカイゼルさん、残るは塗装だけなので、ササッと出来るかと思ったのですが、いや~全然出来ませんでした。
一応配色は原作に従う形で塗っていきましょう。
Zm0113_01
色のバランスを見たいので、細部を仕上げず全体的に塗り広げていきます。
あと、弟とのバランスも少しは気にかけておきたい。

いや、それにしてもまだまだ完成は先ですね。
明日も(いや今日だぞ)引き続き悪戦苦闘してみます。
Zm0113_02_1
「頑張るぞ!」「オウ」

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年1月12日 (金)

あまり参考になりません。

作業途中ですが、あやうく今日の更新を忘れてしまいそうでしたので、ひとまず途中経過。

スカイゼル、私的にはほぼ完成です。
Zm0112_01_1
いざ彩色!

ソード卿も一足お先に彩色始めてたんですが、色を塗ってみてはじめて左肩が少し薄いことに気づき、チョット盛りなおし。
Zm0112_02
チョンマゲまたピンボケになっちゃった!

乱暴な発言ですが、私はあまり表面処理にこだわりません。

いや、そこは絶対こだわるべき所です。

良い子はマネしないでください。

ただ実際、表面処理は止め時の無い無限地獄だと思います。
なので私は早々に塗装を始めてしまいます。
塗ってみたら隠れるキズもありますし。
乱暴な工作ですが、いつも私は塗りながら、表面の荒れている所だけ修正しております。

調子がよければ深夜の更新があるかもしれませんが、約束出来ませんので、良い子の皆さんは寝てくださいねー!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月11日 (木)

愚痴日記と見せかけて・・・

つい2日ほど前、私は膨大な量の仕事を抱え、右往左往しておりました。
いつも言っている気がしますが、月初は忙しいんです。
馬車ウマの様に働くとよく言いますが、私はその馬車ウマから
「なんならボク、手伝いましょうか?」
と言われそうなほど、仕事に追われておりました。
そんな切羽詰っているさ中に、マナーモードにしている携帯に電話が。

仕事時間中に内線や外線からではなく、携帯に直接かかってくるなんて、だいたいロクなことはない。
電話の向こうの仕事相手に適当に生返事しながら、パソコン操作。

ひとつ資料を仕上げて、仕事先へ出向く。
移動の車中、客先、帰社後、引っ切り無しに携帯は「ブルル・・・ブルル・・」と振動し続ける。
毎回、違う相手。
ついに、電話口の相手に

「それ、そちらで解決してもらえないかな!」

そこで目が覚めました。
なんてイヤな夢なんだ、貴重な夢の世界が灰色じゃないか。
そう心の中で毒づいて、モウ一眠りしようかなと思っていると、

「ブルル・・・ブルル・・・」

え?寝室に携帯は持ち込んでないはずだが・・・

続きを読む "愚痴日記と見せかけて・・・"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年1月10日 (水)

FF日記・23の巻「時の輪」

久しぶりですか?そして新年1発目のFF日記です。
意外な方から、「あれ、面白いよ」と言われると、涙が出るほどウレシイFF日記です。
あと、3回くらいで完結しそうな気が。

卵が先なのか、鶏が先なのか。

私はいつも攻略記事自体に特に脚色や状況説明をクドクド付けず、淡々と結果だけを書く事を心がけておりますが、ラスボス「カオス」に関してこのまま記事を書くと、その人物の存在についてかなり混乱を招くおそれはあります。
それほどカオスというラスボスは深い業を背負った混沌とした存在なわけです。

どのように書こうか、数日悩んでみましたが、やはりラスボスの攻略記事を書く前にその存在に対する説明は付けなければならないと思い、1個記事を挟む事にしました。
しかしストーリー的な事よりもデータ的に攻略記事を読んでいる方、ミステリーとして楽しみたい方もおられるでしょう。
そんな方は今回の記事を飛ばして、次回予定のラスボス攻略記事を読んでから再びこの記事を読みに来る方が良いかもしれません。
今回の記事は若干、蛇足気味です。

次回、24の巻「過去からの挑戦」をお楽しみに。次回、本当にラスボス攻略!

ラスボスの正体に関する考察は↓のリンク「続きを読む」以降に記します。

続きを読む "FF日記・23の巻「時の輪」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 9日 (火)

目の前に悪魔が、その時貴方は?

昨日、朝食にきなこ餅を食べました。
きなこ餅好きなんです。「希奈子・望月」ではありません。

きなこ餅ウマ~イ。

きなこ餅ウマ~イ。

きなこ餅ウマ~イ。

は、イカン!我を忘れる所でした。
さてどれくらい私がきなこ餅好きかというと、

3日間砂漠をさまよった後、目の前に悪魔が現れ、
Aの箱には成人男子が1週間活動可能なカロリー分のきなこ餅
Bの箱にはコップ1杯のミネラルウォーター

どちらを選ぶか?と悪魔に聞かれ、
迷うことなくきなこ餅を選ぶことが出来る人間です。

・・・ウソです。ミネラルウォーターにします。
悪魔に対する精神的な敗北です。

チクショウ!悪魔め。

いや、そんなどうでもいい話は置いておいて、朝食後NTTクレドホールで開催している広島テレビさん主催の

『それいけ!アンパンマンワールド☆』

に行ってきました。

会場はNTTクレドホール11階、この間、仕事で行ったばかりじゃないですか!

会場はアンパンマン一色でした。画像はバイキンマンですが。
Zm0109_01

記念撮影し放題です。
嫁さんがデジカメで撮っているところを横から携帯で。
坊っちゃんのマヌケな立ち姿が個人的にツボ。
Zm0109_02

内容的にはキャラがアンパンマンで統一された小遊技場といった感じです。
アンパンマン列車あり、ボール投げコーナーあり、アスレチックのような物もあり。
さらに日に3回、決まった時間に気ぐるみアンパンマンがやって来てはショーを行うようですが、まあそれは見なくていいでしょう。

とにかく子供ふたりは大喜びでした。
様々なアトラクションコーナーで、あまりにも全力で遊びすぎて、ふたりとも夜7時に寝てしまう始末です。
(子ふたりは普段、夜更かし将軍なんです。)
私は夜、布団に入ってまぶたを閉じるとアンパンマンの歌が鳴り響いてうなされそうでした。

そんな超平凡な1日でした。
記事タイトルを見て仰天した人、ごめんなさい。

Zm0109_03
バタコさんといえば、元サンデーズ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年1月 8日 (月)

2時村億康

いつもの如く気が付けば2時でした。
例によってオヤスミ前更新、別名「造形記事・貼り逃げ」というやつです。
深夜のスカスカ脳で書いてますので、万が一失礼な発言などありましたらお許しください。

・・・だいたい数日後読み返してみて、ひどい文章に愕然となるのですが。

さて、物凄く地味にしか進んでませんがボトルキャップ改造のツルギ卿@サソードはようやくゴールが見えて来ました。
Zm0108_01
最終工程だった眉毛(?)をパテ盛りし、全部削り落とさないように用心深く成形していきます。

もうじき完成かな?

チョンマゲ(辮髪?)は苦労したんです・・・ピンボケですが。
Zm0108_02

お次、装着変身改造、スカイゼルさん。
Zm0108_03
頭部を横から見ると、米軍機のペイントの様になっています。
本当にペイントにしようかと思ったのですが、筆さばきに自信が無いので、モールドを掘り込みました。
Zm0108_04
ピトー管もつけました。何を計測するでもありませんが。
ベルトあたりもようやくジャンクパーツ等でそれらしく飾り付け。
Zm0108_05
もうじき完成かな?

ちょっと自信のない早瀬五郎でした。
オヤスミナサイ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月 7日 (日)

動画一覧

最新動画をアップ(といいながら昔の作品です)

ビーストウォーズから頭文字Dにトランスフォーム

仮面ライダーの休日

※2007年7月15日更新

当ブログトップページに戻る

踊る仮面ライダーその1

踊る仮面ライダーその2

仮面ライダーフィッシング

合体!スカイセイバーその1

合体!スカイセイバーその2

合体!スカイセイバーその3

合体!スカイセイバーその4

合体!スカイセイバーその5

完成!ペガサスセイバー

インフェルノ、メタルス化

メタルスコンボイ殴る

メタルスコンボイ蹴る

%%%記事内容は、折に触れて更新していく事にします。%%%

これまで、「雑兵とマジョリティ出張所」という私のもう一つの放置ブログを利用して、そちらでアップした動画のリンクを本家当ブログに時々貼っていたのですが、私自身どの記事にどんな動画を貼ったか覚えてませんので、一つにまとめた記事を書くことにしました。

以降、何か新しい動画を向こうでアップする度に、この記事も更新していくことにします。
日々の記事なので、すぐにトップから消えてしまいますが、目次ボタンの様にバナーに動画一覧ボタンを作って記事にリンクしておけば、いつでも閲覧可能だという事に、ある日突然気づきました。
ココログでもムービーを貼る機能は最近付加されたようなのですが、容量を他で確保出来るならそれに越したことは無いので、分家システムのままで行きます。
出張所の容量が満杯になったら次の手を考えましょう。

新たに動画をアップしたら、その日の記事内でお知らせする事に致します。
がしかし、CGに関してはかなりマッタリ趣味なので、新着動画にあまり過度な期待は持てないかもしれません。気長~にお待ちください。

ブログを徐々にホームページ化しつつあります。
そのうちココログさんに注意されたりして・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 6日 (土)

3時の私

造形作業の手を止めふと時計を見れば、午前3時をとっくに過ぎてました。
明日(いや今日でした)夕方以降、沈没してそうな気がしますので、毎日更新の保険をかねて、これを貼って寝ます。
Zm0106_01
仮面ライダーサソードです。あとモウ一息という所です。
今ごろ気づいたんですが、サソードってサソリと言うよりも、
「ツルギ卿」「サー・ソード」
ていう意味ですか?
だとしたらカッコイイー。
ライダーとしてのデザインは、あまり好きではないんですが・・・

仮面ライダーベルデ社長。まだまだです。
Zm0106_02
・・・放射線状の目のスリット、入れなきゃマズイですよねぇ・・・

そんなわけでおやすみなさい。
「おやすみなさい」というのを3回タイプミスしてますんで、もう寝たほうがいいハズです!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月 5日 (金)

3度目に三国志

本当は、本日
「新年1発目のFF日記しかもついにラスボス攻略!」
という記事を考えていたのですが、
いざ書いてみると物凄く長文です。
しかもリズムが悪いグダグダ文章だったので、ちょっとアップするのを辞めました。
もう一度、推敲することにします。
2記事に分けるしかないかなぁ・・・

とにかく最近、文章を構成する能力が極端に落ちてきた気がします。
目次を整理していて昔の記事を何気なく読んだら、最近の記事より遥かに高度な事をやってます。
(全体的にレベルが低いのは置いといて)
最近の記事は無駄に長い時もあれば、まとめ切れていないのに終わっていたり。
こんなことではイカン。1ブロガーとして、(1面的な意味ではなく)美しい文章を書く事にコダワリたい。
そんなわけで、自分の修行のためだけに長文矯正シリーズ第3弾をやってみます。
前回までの「桃太郎」「ブレーメンの音楽隊」のような短編ではなく、今回は長編に挑みます。

三国志
桃園で同時没の誓いを立てた義兄弟3人は、奸将、海将と1つの大陸を3すくみでにらみ合ったが、やがて時の流れとともにグダグダになる。
海将は、赤壁で全力を出し切り、まさかの逆転勝ちを決めるが、次の試合以降欠場メンバー続出で、以後沈黙。
義兄弟・長兄が雇った軍師は死体となってなお、奸将の意志を継いだか継がぬかわからぬラスボスを一度は敗走させるが、目の届かない今となっては自軍のユルユル感はどうすることもできず、結局ラスボスが美味しいところを持っていきました。
武装ポーカーのような読後感ではあるも、危機一髪崖を飛んだり、フトモモに肉がついたと嘆いたり、泣きながら部下を切ったり、営業を3回かけたり等々、
後の企業戦士に多くの教えを残した。
おわり

三国志を選んだ時点で負け確定のような気が!
いや、私は三国志好きですよ。
けして悪意を持って書いてはおりません。
仲達をラスボスとするのは、色々と問題がありそうですが、まあラスト付近を締めたということで・・・

三国志に関しては数多の小説、漫画をツマミ喰いばかりで、きちんと見たのは吉川英治さんの本と、NHK人形劇三国志くらいなので、カタヨリはあります。
史実を調べたわけでもないし・・・
そもそもがムチャクチャ長い話なので、こんな分量で収まるはずはないです。
それでもあきらめずに、一度はやってみましょうという主旨でこのシリーズは続けて行きたいです。
やってみることで、その物語のあらたな側面がみえて来るかもしれませんし。

先にも触れましたが、
今まで短編の昔話ばかりを短縮していたので、ダメもとで思いっきり長編の短縮というのをやってみたかったんです。
かなり悩んで作れたので、それだけでも結構満足。

ピノキオとか、西遊記とかも、面白いかなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月 4日 (木)

カテゴリー一巡

年も改まったことですし、各カテゴリーで一通り記事を書いて行きましょう。
というわけで、久々に簿記カテゴリです。
明日くらいはFF日記に行きたい。

日本商工会議所の検定試験サイトに、昨年11月の日商簿記2級の出題の意図が乗っていました。

出題の意図<2級>

[第1問]
 今回も、第1問では、2級の出題範囲の中から基本的な仕訳問題を出題しました。
問題文をよく読んで丁寧に取引の内容(とくに前後に行われた取引との関係など)
を吟味すれば、自ずと解答にたどり着くはずです。
しかし、結果的に
正答率が低かったことから察するに、
問題文をよく読まないで過去に出題された(似て非なる)問題の
解答をパターン通りに当てはめることばかり考えて解答
すると、
正解を導き出すことは
むしろ困難であったと思われます。
出題者は、問題の作成に当たって必ずしも過去の問題を
参照しているわけではありません。 

ふ~~~ん。そうですか。
ふ~~~ん。そうですか。

orz

第2問目以降の意図を読む気が失せました。
ようするに、基本からコツコツやりなさいと言いたいんでしょう。
それは正論です。
それは反論出来ません。

今年も試験は受け続けて行きたいので、元日から、1日10分でも20分でもいいからテキストを開く習慣をつけることにしました。
継続は力になるだろうか?

で、昨年末に買ってきた最新のテキストを読んでいると、

「金融商品会計基準の導入により、手形の裏書・割引の会計処理が変わってきます」

とのこと。

え~~~。また別な事覚えなきゃならないのー。

一瞬、周りの景色が灰色に見えたお正月でした。
うひー。身が締まったー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 3日 (水)

元日より暴走

久しぶりに装着変身改造の記事を書きます。
キョーダインの弟グランゼルの方はサクッと作ったわりに、兄キの方は随分タップリ時間を使って、さては飽きて放置してるんじゃないか?
と思われがちな当のスカイゼルさんですが、ようやく私自身に全体像が見えて来ました。
(今までボンヤリしたイメージで作ってたんです)

背中にブースターのようなモノをつけてみました。
Zm0103_01
素材に関しては、この間フリマで手に入れたゾイドのウオデックから取りました。

後の塗装の事も考えて、一応簡易に背中の取り付け基部を作り、差込式にしました。
Zm0103_02
羽は小さい飛行機プラモから。

自分で作っておいて何ですが、随分な暴れっぷりですね。
あの理知的なスカイゼル兄さんの面影無いですよ。
Zm0103_04
あとは細部を調整して、塗装に行きたいです。

飛行機に変形は致しません。これはホント。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年1月 2日 (火)

ザビーゼクターの秘密

1月1日は実は結構アグレッシブに色んなところに行ったのですが、家族4人のマッタリ買い物旅なのであまり記事にする程の出来事はありませんでした。
何も無いおだやかな1日が一番ですね。平和万歳。
夜半、少し造形作業を致しましたが、それはまた後ほど記事にします。
で、今日1月2日は、大和ミュージアムの横にあるデパートで「ボウケンジャーショー」が開催されるとの事なので、性懲りもなく行ってまいりました。
Zm0102_01
背景が泣かせます。
昨年とあわせて、ボウケンジャーショーに行くのは4回目です。しかしショーのストーリーは前回見に行ったモノと同じでした。
4回行ったわりには、ストーリーは2種類しか体験しておりません。
今回3度目の経験となる「人格とボディが次々入れ替わっていくストーリー」以外で私が見たストーリーは、「呪いの刀にイエローが乗っ取られる」というやつです。こちらは結構王道。
・・・いやでもレッドと怪人、レッド(中の人、怪人)とイエローの人格が入れ替わっていくストーリーもTV本編で夏頃放映しても違和感ないかも・・・

結構早い段階で場所取りしておきましたので、最前列・センターというポールポジションで観劇出来ました。
たまにヒーロー、怪人共にステージから飛び降りて客前でチャンバラやったりしますので、なかなかの迫力です。
Zm0102_02
私あやうくレッドのなぎ払ったサバイブレードで切られそうになりました。
普段ローテンションキャラの坊っちゃんもようやくショー慣れしてきて、目の前で倒れたレッドに向かって物凄いテンションで、
「ボウケンジャーガンバレー」
と声援を送っておりました。
そこは明石ガンバレだろう、坊っちゃん。明石さんもウチと同じココログなんだからさぁ。

お嬢の方は、私のヒザの上で終始楽しそうに見ておりました。
怪人が「ウガー」って迫ってきた時くらいは、ちょっと空気を読んで、泣いてみたりしようよ。
強い女になりそうだなあ、キミは。

ちなみに明日1月3日はカブトショーだそうです。
さすがに去年5月頃に見た、カブト(天道)+ザビー(加賀美)コンビのストーリーと同じじゃないでしょう?
明日は別な予定がありますので、見に行けませんが、
ザビーがザビーゼクターを見て
「いけねぇバイトの時間だ、ててて天道、あとはよろしくな」
はもう一度見てみたい気もします。

ザビーゼクターに腕時計機能がある事を、その時知りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

あけましておめでとうございます。

新年、明けましておめでとうございます。
昨年はブログを通じて様々な人とお友達になれました。
ありがたいことでございます。

今年も昨年に引続き、大きな目標を立てず、ゆるゆるとやって参りたいと思います。
変わらぬご愛顧、お願い申し上げます。



ああー、特に何のオメデタイ画像も用意してなかった・・・

| | コメント (18) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »