« FREE | トップページ | 2006年滑り込みセーフ »

2006年12月30日 (土)

サソリとカメレオン

お仕事が休みに入るや否や連日夜更かしだなんて、体に悪い事は控えていきたいですね。
1行目からちょっとウソツキですね。
でも、この記事アップしたら、もう寝ます。
Zm1230_01
少しずつ作っていた坊っちゃまですが、とうとう完成前に、TV本編で帰らぬ人となってしまいました。
仮面ライダーカブトの東映公式HPを見ても、

・坊っちゃま
・じいや
・乃木さん(変身前の方が強い)

オールアップだそうです。
坊っちゃまとじいやの活躍がもう見られないのは残念ですが、それよりも、乃木さんあれで終わりでいいの?
ツルギ君がシリアスになってしまったアオリをくったか、ちょっと最後マヌケキャラだったような・・・

あとは以外と長生きしている(失礼)地獄兄弟の行く末をそっと見守りたい所です。

話を造形の方に戻します。
今年のライダーの特徴の体表にビッシリ入ったラインの事はハナから諦めているのですが、ヒザパット、ヒジパットとアーマーをつなぐ繋ぎ手のようなヤツをどうしようか悩み中です。

オマケのように仮面ライダーベルデ。
Zm1230_02
まだまだですねぇ。
サッパリした顔に見えるんですが、意外と複雑な面構成になっております。
もっとドンドン削り倒していかないといけません。
体のグルグル渦巻きも、3年悩んでいるわりには、結論出ず。

やはり、真ちゅう線か?
工エエェェ(´д`)ェェエエ工工
Zm1230_03

|

« FREE | トップページ | 2006年滑り込みセーフ »

造形班-ボトルキャップ改造」カテゴリの記事

コメント

坊ちゃんやっぱりというか何というかお亡くなりになっちゃいましたねぇ。やさぐれブラザーズもかなり死兆星が見えてるような。もう次の電王はいっそ全面コメディにしてくれないかしら。桃鉄ライダーでシリアスは辛いですよ。

投稿: misodrill | 2006年12月30日 (土) 23時27分

…最後まで「ぼっちゃま」であれた事とと
じいやさんの元で逝けた事が救いでしたね。

子供番組で死を扱う事はけっしてイケナイとは思いませんが、今回はその裏をかいて欲しかったです。

投稿: カモタロー | 2006年12月31日 (日) 00時38分

これ、かっこいいですね~!
私もここまで作れる能力があれば
メーテルを作りたいです!
もちろん裸です。(笑)
下品ですいません。(笑)

今年は交流していただきまして
ありがとうございました♪
早瀬さんの答え
とても面白かったです♪
来年も
よろしくお願い致します!
では、良いお年を♪

投稿: マトバルスキー | 2006年12月31日 (日) 11時20分

misodrillさん今晩は。
間違いないです。ヤサグレ兄弟は死兆星見えてます(笑)。
先週アニキが「もういちど光を・・・」なんて口走っちゃった時点で確定ですよね。
電王は、現時点の情報では非常に微妙・・・。
ウルトラマンタロウがそうであったように、「子供向け(けして軽く見た意味ではなく)の超娯楽作」になって欲しいです。
ロボコンくらいまで行ってしまってもアリじゃないでしょうか。

投稿: 早瀬五郎 | 2006年12月31日 (日) 20時20分

カモタローさん今晩は。
正直、あれだけ初登場時から死亡フラグが立ちまくってた彼ですから、もしかしてガンギブソンやドライヤージゲンのように、無理やり生き残るウルトラCもあるか?
と思ってたんですが、そこはキッチリ辻褄合わされちゃいましたねぇ・・・。

綺麗に逝きすぎて、ちょっと残念でした。

投稿: 早瀬五郎 | 2006年12月31日 (日) 20時26分

マトバルスキーさん今晩は。
稚拙な造形お褒めいただき、
m(_ _)m<ありがとうございます。
「メーテルを裸体で」
いやいや、下品ではありませんよ。
松本さんとこのヒロインは、だいたいナターシャもスターシャもネグリジェみたいなのしか着てなかったですからね。お祈りポーズは基本的に裸体だったし・・・。
健全でいいじゃないですか(^^)。
一度試しに作って見られてはどうですか?

私のほうこそ、突然押しかけて、回答に飛び入り参加にも係わらず、優しく接してくださいまして、ありがとうございます。
一人ひとりのコメントへのお返事が、非常に心がこもっていて、いつも驚いております。
また来年も、良いお題の提供、お願い致します。
良いお年を(^^)ノシ

投稿: 早瀬五郎 | 2006年12月31日 (日) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138294/4725138

この記事へのトラックバック一覧です: サソリとカメレオン:

« FREE | トップページ | 2006年滑り込みセーフ »