« キレンジャーのことをたまにキイレンジャーって言う人がいます。 | トップページ | 早瀬五郎滅亡まで、あと68日。 »

2006年9月11日 (月)

命名の義

月初めは忙しい。今日中に帰宅できなくて、もしや携帯から更新しなければならないか?と思いましたが、なんとか帰ってまいりました。
しかし何かで聞いたのですが、「忙しい、ああ忙しい」と口に出して言っている人間はまだ余裕があるらしいので、私もまだまだダイジョウブということらしいです。

チラと夜のニュースを見ましたが、紀子さまの赤ちゃん、明日が命名の義だそうでございます。
おや、突然かたくるしい文体になってしまったのでございます。
なにかと失礼があってはなりませぬ。
極力ていねいな言葉使いに気をつけたいものでございますわね。
へんですわいのう。
もう限界でございますわいなあ。

ああつかれた。

ひとりよがりの記事ばかり書かず、なにか時事の話題も入れねばならないと思ったものの、長くは続きません。

命名といえば、紀子さまに限らず子供が出来たとき、両親にとって楽しみな行為の一つであります。
ひとつ考えるたびに、念のため画数なんかも調べてみたり。

「はりきって『独眼鉄』などという名前をつけたのに、いざ大人になってみたら美少年キャラだった」
とかいうのも、なんだかさみしい。
英語にムリヤリ漢字を当てたような名前を見ると、いろんなことを考える。「親の自由だ」と言われてしまえば返す言葉はもちろんありません。
でも、ありふれた名前、誰もが一度は聞いたことがあるような名前が一番良いと思うのですけどね。

苗字とのバランスも考えるわけですよ。
三木という苗字の人は、自分の娘に美紀ってつけないと思うし、あこがれのクラスメイトが美樹ちゃんだったら、ハゲルほど悩むでしょう。
「かあちゃん。おれ養子に行くよ」
「あほかい、このガキャ」

話がそれました。私の苗字はもちろん早瀬などという斜に構えたものでは無く、かなり平凡な苗字です。
ただ、前述の三木さんのように、私の平凡な苗字でも、つけられない名前というのはあります。

まず筆頭が「ショウ」
子供はグレるだろうな・・・なんか、やる気もなくすよ。翔とかカッコいいんだけどな。

次に「シン」
いや、こっちの方がグレるな。聞いた瞬間笑われるよ。

「ジョウ」とかも少し笑える。「ブン」なんて、あまりリアルで聞いたこと無いけど、やはり苗字と一緒にすると変だ。

「五郎」だと、別に変な名前ではないが、、、、変か、やっぱり。

と、色々悩んだあげく、手元にあったザテレビジョンをパッとめくったページにいた俳優の下の名前を頂きました。
奇跡的に画数も今までの候補の中で一番よかった。
将来、坊ちゃんに名前の由来を聞かれたら、
「すばらしい才能で、誰かを助けるひと」という意味だと言うことにします。
※「さの助」なんていう名前ではないですよ。だいたいそんな名前の俳優ザ・テレビジョンに乗ってるとも思えないし。
結構平凡な名前です。

坊ちゃんの名前は私が付けたので、お嬢ちゃんの名前は、嫁さんがつけました。
いろいろと画数の本を読みふけり検討していたようですが、
外人さんにも通用する、良い名前を付けてくれました。
※「ジョージ」じゃないですよ。女の子だし。やはり平凡な名前です。
名前の由来を聞かれたら、
「知識は大河の流れるがごとく次から次へ」という意味だと言うことにします。

冒頭の方で「ひとりよがりの記事ばかり書かず」等と言った割には、私の本名をご存知ない方にはまったく興味の無い、ひとりよがりの記事を書いてしまったことを反省しております。

|

« キレンジャーのことをたまにキイレンジャーって言う人がいます。 | トップページ | 早瀬五郎滅亡まで、あと68日。 »

ふたり」カテゴリの記事

コメント

独眼鉄なんてつけた日にゃあなた!
小太りでヨーヨーに飛び乗って両目潰されて背骨折れてって
散々な目に合いかねませんぞw
まあ、普通に名前をつければいいのではないかと…
ソンナワシはRPGのマイキャラの名前を考え出すと…
軽く1時間はかかりますがねw

投稿: KKMD | 2006年9月12日 (火) 00時29分

KKMDさん今晩は。
独眼鉄でそこまで、ネタ出しができるあなたを尊敬します。
殺伐とした独眼鉄の紹介の中「小太り」ていうのがいきなり現実的で笑いました。

RPGのマイキャラ命名は私も基本的に悩むので、あるときより
ヒーローは
「どくぐも」or「どくくも」
ヒロインは
「おでん」
ですべてのRPGを通しました。

後から気づいたのですが、だいたいどのRPGでも
「どくぐもVSどくぐも」
の戦闘があり、まぎらわしかったです。

投稿: 早瀬五郎 | 2006年9月12日 (火) 01時53分

名前はねー
考えますよねー

ほんとに最近はカタカナっぽい名前を無理やり漢字にしたような
ユリアとかレイアとか良く聞きます。

うちは最初、嫁が好きな漢字があって
それ+「太」(たちまちゴン太にしときます)
が字画もいいし
嫁の中では決まってたようなのですが

「ゴン太」はあんまりにもかっこ悪くないかい?ということでいろいろ検討してたのです。

最後の文字が「太」とおなじ画数の「介」なら
「ゴン介」となって かっこいいじゃん
しかも時代劇に出てきそうな感じでいいよね
ということで決めました。

しかも、偶然にも
地元のあの演歌歌手とそっくりな名前になってしまいました。

ゴン太にならなくて良かったねゴン介!

投稿: Moonface | 2006年9月12日 (火) 21時58分

Moonfaceさん今晩は。
ゴン介君の名前にそんな秘密があったとは!
でもゴン太でも結構カッコいいんじゃない?
「ゴン」の部分がかなりかっこいいんだから。

全然関係ないんですが、「島」という苗字の人が息子に「次郎」ってつけたら、

「しまじろう」

になっちゃうんですよねえ。
イジメられるか、ヒーローか?どっちなんですかねえ。

投稿: 早瀬五郎 | 2006年9月13日 (水) 18時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138294/3407476

この記事へのトラックバック一覧です: 命名の義:

« キレンジャーのことをたまにキイレンジャーって言う人がいます。 | トップページ | 早瀬五郎滅亡まで、あと68日。 »