« 「三匹のヒゲ」あるいは「野良令嬢」 | トップページ | 予期せぬチームワーク »

2006年9月21日 (木)

FF日記・7の巻「巨人の石」

「はじめてじゃないお使い」は楽しくない。

FF日記でございます。地道に進めております。GBAの利点として、どこでも出来るというのは良いですね。PSやキューブだと、テレビのある部屋に限定されますからね。

さて、、、
腐った町に朝が来た。(オオ!詩的書き出し)
「特急クダリ腹親父バンパイア」を倒して、洞窟の先に進めそうではあったのですが、一番奥の通路は袋小路になっており、先にすすめない。
いわくありげな石版は置いてあるが、動きそうも無い。
バンパイアを倒しても、大地は腐り続けていく。
そんなわけで、先に進む方法を確認するため、もう一度町内で聞き込み調査。
老人「南の端の洞窟に、サーダという者が住んでおる。あやつはとても物知りだよ」
ウワ、こんな事言う老人がイタンダ!今まで無視っててゴメンネ。
ええ、行きますよ南の端の洞窟まで。と思ったら、山があって通れませんよ、南方面。
どうやら山をくりぬいたトンネルを通らなきゃならんようで、予想通り、トンネル内の隘路には巨人が立ちはだかっています。
あーこいつが石を喰う巨人ですか。おもむろに話しかけてみましょう。

巨人「そ、それは『スタールビー』・・・!?
お前ら、それを(以下略)
巨人「モグモグ・・・んーうめぇ」

ルビーをモグモグっていう擬音で喰ったよ、この人。お前にとってルビーの硬度はにぎり飯レベルか!
で、こちらを返り見もせず去っていきました。
まあ居座られて、よもやま話を始められてもこちらも営業トークとかできないんで、良いんですが。
「巨人族の女はよう、情が深いんだぜ」
「は、はぁ・・・そうスか・・・よく聞きますよね(知らんがな)」

巨人の洞窟を抜けそこから、さらに南下。目の前にまた洞窟が。
これが、阪神の洞窟サーダなる人物がいる洞窟。
このへん非常に単調な子供のおつかい作業ですな。

サーダ「バンパイアを倒したのはそなた達か。しかしヤツとてしもべに過ぎぬ・・・
土のクリスタルを封じている魔物はさらに地下深くに潜んでいる・・・!
さあ、この杖を(後略)」

なぜ、あの「肛門がユルい親父バンパイア」を倒したのが我々だとわかったんですか?オレオレ詐欺かもしれないじゃないですか!
関係ないですが広島ではワシワシ詐欺なんですよ。緊迫感が無さ過ぎます。
日本全国巡っていけば、ワテワテ詐欺とか、オイドンオイドン詐欺とかオラオラ詐欺とかあるんだろうか?強そうだぞオラオラ詐欺

通りすがりの我々にすごいネタバレをしたあげく、大事そうな杖までタダでくれて。本当に良い人だ。詐欺の名称で夢想にふけっててごめんなさい。

昔、週間少年ジャンプの漫画は皆、こんな感じだった。強いやつを倒したら、
「内山田はワシの子分だ。この土井垣と戦え」
「土井垣はボクの教え子だ。この手島 核太郎と戦え」
「手島 核太郎はミーの運転手ネ。このオズマ・バラズシとタタカイナサーイ」
ま、面白かったんだから、そこに文句は言いません。整合性とか考えていると、長く続けることはできませんね。
とにかく土の杖入手。何にせよ、体力に限界を感じるので(またかよ)、このままアースの洞窟に行くような無謀はせず、一度メルモンドに戻る。
町に帰ったついでに何か良い、掘り出し物が無いか、船旅で比較的行きやすいクレセントレイクの町まで出張。
防具関係で良い物(というより装備可能な物)は何一つ無いが、サンガー(電撃魔法)が高額で売られていたので購入。
この町にはあの予言者ルカーンをはじめとする12人の賢者がいるが、話が長いし、同じような事ばかり言ってるし、爺さん12人で防虫剤くさいし(偏見)、とにかくめんどくさいので、今は無視してメルモンドへ帰港。
あーお使いだけでおわってしまった。次回こそは土のカオス貧相なリッチを倒しに行きます。貧相なリッチっていうのも、面白い言葉。

次回、8の巻「アースふたたび」をお楽しみに。ジュブナイルじゃないよ!

|

« 「三匹のヒゲ」あるいは「野良令嬢」 | トップページ | 予期せぬチームワーク »

ゲーム班-(FF1日記)」カテゴリの記事

コメント

この記事を読んだ人間の一体何人がネタの全てに気が付くのかが
ひじょ~に知りたいと思うのは、ワシだけしゃないよな?

毎回ネタがてんこ盛りw

投稿: KKMD | 2006年9月21日 (木) 19時23分

KKMDさん今晩は。いつもすみませんねー。
基本的にネタは出し惜しみしません。
今日見てくれた人が次回も見てくれるかどうかわかりませんし。
特に、今回のような中ボスとのバトルなし、
「Aに行ってBに行って話聞いて終わりました」
みたいな記事の時は、盛り上がりに欠けるんで、出し惜しみしません。

100人のうち、1人くらいが「んふ♪」と笑ってくれればそれで十分です。

投稿: 早瀬五郎 | 2006年9月21日 (木) 22時37分

ふと思うところあり、試しにFireFoXから書き込みテスト。

・・・特に問題はない様子。

投稿: 早瀬五郎 | 2006年9月21日 (木) 22時54分

腐った大地・・腐葉土のことだろうか・・・
作物が良く育ちそうです
緑溢れる腐った町。

投稿: 夏侯 | 2006年9月22日 (金) 12時55分

夏侯さん今晩は。
さすがですね。私もそこまでは気づきませんでした。
緑溢れる腐った町。希望があるのか無いのか良くわかりませんね。

しかし、腐るスピードが早すぎて、作物も、出来るや否や、アズスーンアズ、腐葉土になって行くのではないでしょうか。
過ぎたるはナントカというヤツですね。

投稿: 早瀬五郎 | 2006年9月22日 (金) 18時19分

FF日記楽しく拝見しております
うちのお嬢のGBAはDSに追いやられ殿堂入りしているみたいなので払い下げしてもらってやってみようかな。

投稿: ハンチョリーナ | 2006年9月23日 (土) 08時24分

ハンチョリーナさん今晩は。

>FF日記楽しく拝見しております

エエ!そうなんですか♪
だいたい、いつもFF日記をUPした次の日、ガックリアクセスが落ちるので、「嫌われコンテンツ」なのではないかと密かに悩んでおりました。
続ける気力になります。ありがとうございます。
これから先、本当に黒魔法4人で4匹のカオスに勝てるのか?
復活する4カオスをぶち抜いてラスボスに勝てるのか?
ゼヒご期待ください。ガンバリマス。

投稿: 早瀬五郎 | 2006年9月23日 (土) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138294/3526688

この記事へのトラックバック一覧です: FF日記・7の巻「巨人の石」:

« 「三匹のヒゲ」あるいは「野良令嬢」 | トップページ | 予期せぬチームワーク »