« アポイントを取らない客  | トップページ | 飲むという行為がメインなのか? »

2006年8月11日 (金)

FF日記・1の巻「夢の都コーネリア」

随分、上の方から物を言うんですね王様。あ、王様だから当たり前か。

ゲーム開始して、いきなり野原に放り出されているわけです。
4人それぞれ1個ずつ、輝きの消えたクリスタルを持って。

これ、初めてのプレイ時かなり面食らいます。長い旅の末、最後の敵から聞かされる話により、
「あー、だから、ココに放り出されているわけですか。そらクリスタルの輝きも消えますわ。」
と、思うんですが「ファイナルファンタジーて何?」という人も読んでいるかもしれませんので、以降、あまり謎解きやストーリーの詳述はせず、淡々と書いていきます。
ただ、ネタバレは発生すると思いますので、古典ゲームとはいえ、「そんなこと勝手にバラされちゃ困るよ」という人は、あまり熟読しないでください。

目の前にはコーネリアの町とコーネリア城が見えております。
RPGの王道として、まず王様に会いに行きます。

王様から得られる情報
「この世が闇に覆われる時、『クリスタルを持った4人の光の戦士』が現れると予言者ルカーンが、言っていた」
「姫がガーランドという騎士にさらわれている」
「ガーランドはここから北にあるカオス神殿に逃げた」
「ガーランドはかつて、国一番の騎士だった」
「あんた方が『光の戦士』なら姫を助け出して来て欲しい」
「北の大陸への移動手段である橋は壊れているので、姫を助ける事を条件として、橋を修復しよう」

・・・随分、上の方から物を言うんですね王様。あ、王様だから当たり前か。
あまり王様から、
「いつもお世話になっております。王様でございます。掲題の件、宜しくお願い致します」
などと言われるのも、いやだなあ。

城にはもう用がないので、町で買い物。
高額なヨロイや剣を今後も買う必要がないので、お金には余裕があります。
炎の攻撃魔法「ファイア」と電撃魔法「サンダラ」だけ各人分買っておしまい。
睡眠誘発魔法「スリプラ」他を買うのは、もっと後で良し。
魔法を買って覚えるというのも冷静に考えると凄いシステムだなぁ。

町周辺の野原や森をウロウロしていると、当然怪物に襲われるのですが、
この辺りの雑魚怪物達は、魔法に対して抵抗が無いので、かなり良いダメージを与えられます。
ただこちらも誰一人武装してない「木の杖・布の服軍団」なので、良いダメージももらいます。
バスケで言えば、「ランアンドガン」です。
いや、ちょっとチガウような・・・。とにかく、あまり守る事を考えておりません。
HP(体力)どんどん無くなっていきます。
少し闘って宿代くらい稼いだら、すぐ宿屋直行です。
物語後半のなが~いダンジョン攻略が、今から楽しみで仕方ありません。くっくっくっ。

敵との戦闘により経験値もたまり、小一時間のプレイで、はや現在レベル6。
HPも、国一番の騎士ガーランドに1回くらい斬りつけられてもこらえられるくらいにはなったかな?
そろそろ姫を取り返しに行きましょう。

次回、2の巻「ガーランドはそっとつぶやく」をお楽しみに。

|

« アポイントを取らない客  | トップページ | 飲むという行為がメインなのか? »

ゲーム班-(FF1日記)」カテゴリの記事

コメント

わたくしのHNが、その昔RPGをやる際に使っていた主人公の名前だと言うことは確か・・・お伝えしたかと思いますが・・・

RPGも円熟期になってきますと・・・モンスターもえらいマイナーなものまで出てくるようになるんですよねぇ・・・

FF6でしたでしょうか・・・ついに出てしまいました・・・モンスターの側にハンババ(フンババ)が!・・・そらそうだ・・・もともとモンスターの名前ですから(笑)
しかし・・・このときの戦闘ときたら・・・自分(主人公)がダメージ食らってるのか与えてるのかさっぱり判らなかった(笑)

っと・・・FFってトコロしか繋がりの無いコメントですいませんm(_ _)m

投稿: humbaba | 2006年8月12日 (土) 21時13分

今晩はhumbabaさん。コメントありがとうございます。
そうなんですよ。humbabaさんのHN最初に見た時、まっさきにFF6のあの緑色のモンスター思い出したんです。
出典は幻獣か神獣かそんな系統ですよね?

紛らわしい戦闘、すごく良くわかります。私も「ディープダンジョン3」の主人公を「どくくも」と命名したとき、どくくもとどくぐもの戦闘は紛らわしかった!
ちなみにその時の残りの3人は「じんにく」「にくまつり」「おでん」だったんですが・・・
命名は大事だと反省しました(^^;。

投稿: 早瀬五郎 | 2006年8月12日 (土) 22時01分

懐かしいなぁFF1
FFは3が一番好きなんですが、1はその次くらいに好きです。
オープニングタイトルの出るタイミングが絶妙でしたね。
天野さんのキャラ設定も好きでしたね。

GBAのは昔の比べゲームバランンスはどうですか?

投稿: カモタロー | 2006年8月13日 (日) 14時29分

カモタローさん続けてこんにちは。ありがとうございます。
FFの3もいいですね。最終的には忍者2人、賢者2人にしないとキツイのが、少し惜しい。空手家4人とかじゃクリアできないですもんね。

GBAのFF1は、ゲームバランスかなり改善されています。
全体的にやりやすくなっていて、実はそこが不満なドMの早瀬でございます。
今のお子さん達に、エンディングまでやってもらおうと思ったら、ファミコン当時のシステムではとっつきが悪いのは確かでしょうね。

投稿: 早瀬五郎 | 2006年8月13日 (日) 17時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138294/3023247

この記事へのトラックバック一覧です: FF日記・1の巻「夢の都コーネリア」:

« アポイントを取らない客  | トップページ | 飲むという行為がメインなのか? »