« ある日突然、叔父さんになった若者 | トップページ | この世の中に無い物を作る。 »

2006年8月30日 (水)

自転車通勤

結婚して今の居所に住み始めてかれこれ7年になろうとしております。
独身の頃は、実家から会社へは結構距離があったため、マイカー通勤だったのですが、結婚して居所を会社の近くに定めてからは、自転車で通勤しています。
赤いマウンテンバイク風の自転車です。
本格的なマウンテンバイクだと、10万~20万(もっと高いか?)くらいしますが、私のヤツは1万円そこそこの百貨店で購入した、マウンテンバイクっぽい自転車です。
いちおうサスペンションなんかもあったりしますが、なんだか、ウェイトバランスが悪い。リアの方が重い気がする。
もうそのバランスでなれちゃったんで、いいんですが。

公共交通機関での通勤がものすごくおっくうな私は、雨が降らない限りは自転車通勤しております。
家から会社までの所要時間はだいたい15分くらいでしょうか。
しかし、会社から家までの所要時間は30分くらいかかってしまいます。
呉や尾道は坂の町ですからね~。行きは「楽勝下り坂」、帰りは「地獄の上り坂」というわけですよ。

で、今朝、「さあ今から会社へ!」と自転車にまたがった瞬間、ひたいに当たる水滴。
さっきまで、晴れていたじゃないか!なぜ私が自転車をこぎだそうとした時にふり始めるのだ!
と、嘆いていても雨がやむわけではないので、諦めてバスに乗りました。
会社付近のバス停に付く頃には、雨は見事にやんでおりました。

じゃあ、ふるなよ!

少しくらいの小雨なら、度胸イッパツ、自転車で行ってしまえとは思うのですが、
かつてそれをやって途中で土砂降りの雨になり、引き返すわけにもいかず会社に行き、ぼたぼたと水をしたたらせながら、
「いやあ、来る途中、川で子犬が溺れていてですねぇ・・・」
などと言い訳したトラウマを持つ身としては、なかなか勇気が出ない。
(結局その日、完全にスーツが乾いたのは昼すぎだった)

坂道を7年間自転車通勤していて、気づいたことがあります。
自転車の傷みが早い。
歩道→車道→歩道と、ちょっとした段差を自転車でガタガタとくだっていると、2年に1度ほど、車軸が折れます。
これが、微妙に修理代高くて、折れるたびに
「買い替えか?修理か?」
で少し悩みます。
車軸が折れるのは慣れっこだったのですが、今年のゴールデンウィーク前ごろ、リムが縦に割れたのにはびっくりしました。

リム・・・説明しづらいなあ・・・

あ、今「リム」でイメ検してみたら、結構出ますね。興味のある方はご参考ください。
自転車乗りの人や、ライダーの人はわかりますよね。

あと、ブレーキがすぐ効かなくなりますね。
つい修理に出すのを忘れていると、下り坂止まらない止まらない。
ハンドル握りつぶすか!というくらいブレーキ握っても、まったく止まる気配を見せない時がたまにあり、心臓が凍りつく経験をすることがあります。
究極は電柱にぶつけたり、壁になるべく垂直にぶつかって止まるんですけどね。
良い子はゼッタイ真似しないでください。ブレーキの効きが悪いな?と思ったら、すぐ、自転車屋に持っていってください。

早瀬五郎からのお願いです。

|

« ある日突然、叔父さんになった若者 | トップページ | この世の中に無い物を作る。 »

雑記2006」カテゴリの記事

コメント

ミッションのバイクに乗り始めて長ーいですが
たまーに自転車にのると
エンブレが聞かないので無茶苦茶怖いです。

頼みの綱のブレーキがこれまた

「貧弱貧弱ゥッ!」

若い時には自転車三昧でしたが
さすがに車軸が折れたりリムが割れたり・・・
そんな経験はないです。

投稿: Moonface | 2006年8月30日 (水) 21時53分

電車が嫌いなので街に出ることがめったにありません。
自転車で行動できる範囲で生活しています。
坂道をブレーキかけずに駆け下りてキュッとブレーキをかける瞬間が大好きです。
おかげでブレーキはすぐいかれます。
たまには修理出さないとね…
電車以上に傘が嫌いで、少々の雨でも傘は持って出ません。
私の「少々」はちょっと常識から外れているらしく、「社会人としてそれはマナー違反だ」と叱られたことがあります。
子犬を助けるエピソード、心が温まりましたw

投稿: puriri | 2006年8月30日 (水) 23時59分

Moonfaceさん今晩は。
バイクにさんざん乗ったあと、自転車に乗ると、「ボディ自体が貧弱!!!」と感じますね。
あと、ホールド感が無くて、やたら焦燥感にとらわれますし。

ちなみに自転車は、
車軸が折れると、こいでもこいでも進まない感じです。
リムが割れると、かってにブレーキがかかる感じです。

どちらにしても、あまり良い経験ではないですね(苦笑)。

投稿: 早瀬五郎 | 2006年8月31日 (木) 20時00分

puririさん今晩は。
puririさんのコメント読んでて思い出しました。
ブレーキの効きが悪いのに慣れた状態で、ブレーキ修理後の自転車に乗っていて、下り坂で、思いっきりブレーキ握り締めた時、

自転車に乗ったまま、前転しそうになりました♪(←何故うれしそうなの?)
サラリーマンが街中でジャックナイフ!!!

修理は早めが良いですね。

子犬エピソードも、何度も使っていると、
「そんなに溺れてないだろう?」
と周りから言われそうですので、次の手として、
「産卵後、方角を間違えた海ガメを沖まで誘導してました」
といったエピソードⅡを考え中です。

投稿: 早瀬五郎 | 2006年8月31日 (木) 20時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自転車通勤:

« ある日突然、叔父さんになった若者 | トップページ | この世の中に無い物を作る。 »