2019年6月28日 (金)

仕事の山場はすべて去った

あとは8月の終わりに向けてフルスロットル。

Zm190628

| | コメント (0)

2019年6月10日 (月)

最後の大会

坊っちゃんの部活の県大会が日曜にありました。

Zm190609_1
これまでの坊っちゃんの戦績。
1年生:朗読部門で県大会予選敗退
2年生:アナウンス部門で県大会決勝敗退

で、今年3年生なんで、この県大会敗退の時点で坊っちゃんの引退が決定します。

そこで坊っちゃんは朗読部門・県大会4位(決戦の地、東京に進めるのは6位まで)。

まさかの引退回避!

なおこれまで坊っちゃんの部のステキ女子(常勝、春の高校野球開会式司会、とにかくエース)と毎年「こっちがアナウンス部門ならあっちは朗読部門」と部門がかぶらなかったんですが、3年生にしてついに朗読部門どうし。
朗読は
①『芙蓉の人』新田 次郎
②『食べごしらえ おままごと』石牟礼道子
③『羊と鋼の森』宮下 奈都
④『デーミアン』ヘッセ/酒寄 進一 訳
⑤『方丈記』鴨長明

と、いくつか選べるんですが、揃って「芙蓉の人」。正面対決です。

なおステキ女子は1位通過。ぐうの音も出ねエ。さすがすぎる。

Zm190609_05

坊っちゃん、7月まで間がありますが、頑張ってください。ここまで来たら、行けるとこまで行ってほしい。

Zm190609_02

| | コメント (0)

2019年6月 7日 (金)

I Wanna See You

会社を休んで坊っちゃんの高校の体育祭を見学に行きました。

坊っちゃんは高3なんで、多分これが彼にとって最後の運動会。なので平日ですが高校生になってはじめて体育祭を見学に行きました。

はじまってすぐ、女子+地元の幼稚園生の玉入れがあったんですが、競技後とつぜんマイクを持ったうちの坊っちゃんが出てきました。さすが放送部。

坊「さあ、今日はゲストに○○幼稚園の生徒さんが来られてます。感想を聞いてみましょう。どうだった?楽しかった?」

五郎「(イケボなのはいいが声でけえよ)」

幼稚園生「楽しかったです」

坊「そう、よかったねえ。隣の君は?」

五郎「(子供たちにもっとマイクを向けろや!)」

幼稚園生「大変だった」

坊「え?変だった?そうですか。君は?」

幼稚園生「・・・」

坊「ありがとうございました。以上です」

観客「\ドッ/  \ワハハハ/」

 

さて競技も午後に入り、午後イチの競技は3年生全員によるフォークダンス。3年生の伝統の出し物らしく、見ものの一つとのこと。坊っちゃんからも前夜しきりに

「フォークダンスは見て来てね。それ以外はほどほどでいいよ」

といわれる。そんなもんかなと当該出し物をいざ見ると、なるほど3年生全員が正装(といっても制服にへんなガラの棒タイや蝶タイをつけてるだけですが)で出てきて、なつかしのマイムマイムとかオクラホマミキサー的な音楽で踊ってます。

牧歌的な気持ちで眺めてると、3曲目で突然、阿部さんの I Wanna See Youになりました。

まあまあミドルテンポじゃないですか。いやアップテンポなのかな。

それを3年生全員、男女ペアで激しく踊り倒すんですよ。顔は全員笑顔ですが、必死のダンスですよ。3年生担当の先生方も列に加わってて、もう老若男女必死のダンスですよ。楽しそうですけどね。

さあ終ったかなってときに、控えてる1年生、2年生から

1年「\アーンコール!/」

2年「\アーン!コオォールゥ!!!/」

えーうそでしょ、と思ってたら、ふたたびI Wanna See Youが流れ始め、やけっぱち気味のダンスが始まります。全員笑顔なんですけどね。

結局トータル20分近くのダンスは圧巻でした。

後で坊っちゃんに聞いたんですが、

「フォークダンスはねえ、1年生はポカーン。2年生は『来年はオレたちが』とウズウズ、3年生は『この出番を待ったぜ』とばかりに興奮で踊り狂う。アンコールも既定路線なんだよね1年生2年生の俺たちもいつか主役にっていう嬌声がね」

だそうです。青春だったなあ。いい思い出だと思います。楽しかったです。お疲れ様でした。

| | コメント (2)

2019年5月25日 (土)

今回は主に新橋周辺

巨大な隕石が2個ほど去った。

今年の会計監査は監査役が東京を離れられず、私から上京。

Zm190524_01

とりあえずあとは株主総会が終れば、受験にむけてフルスロットル。

| | コメント (2)

2019年4月24日 (水)

直接が良い

今月2度目の東京出張のついでに社労士会館に立ち寄り、受験申込書をじかに届けてまいりました。

Zm190423

いつもは郵送なんですよねー。

申し込み締め切りが5月終わりごろで、だいたい毎年4月下旬には郵送してるんですが、受験票が届くのがいつも8月頭で、それまでずーーーっと、

「あの申込書、届いたかなあ・・・」

「送った書類に不備があったんじゃないかなあ・・・」

と8月頭まで地味にもやもやするんですが、やはり直はイイ。その場で添付書類を見ていただき、

「確かに受付ました!」

と受領証までもらえる。受験票が届くのが同じ8月頭だとしても、この安心感はデカイ。今度からこうしよう(いや今年で終わりにしたい)

| | コメント (0)

2019年4月17日 (水)

怪作登場

快作でもなく傑作でもなく「怪作」です。
テレ朝のアガサクリスティ、予告殺人を観ました。

 

※今日の私、若干荒れてますが、好きがゆえのことと、広い心でお許しください。

 

内容は、原作を忠実に再現しつつも古いイギリスの田舎の話を現代日本に置き換えて作る、いつものテレ朝アガサ作品です。作りも丁寧、出演者も豪華なんですが・・・

 

もーーーーーーーーーーーーーー、強烈な作品ですよ。

 
登場人物が皆、いい年した大人なんですが、それぞれ名前をもじったアダ名で呼び合ってる村。
アガサの原作を現代日本でやるにあたり原作の名前を尊重し【日本人名前→カタカナアダ名】ということにしてるんでしょうけど、もう一回言いますが、いい年した大人が「ドラ」とか「バンチ」とか「チェリー」とかアダ名で呼び合ってるのがわりと真剣に寒い。

 

そりゃアダ名で呼び合うのが謎解きの一部になってるので仕方ないと言ゃあ仕方ないのですが、日本人名前だってできたでしょう。
美紀・真紀姉妹とか、貞子・正子姉妹とか。

 

あと2時間で解決しなきゃならないので仕方ないと前置いたうえで、そして誰もいなくなったの頃から小さく思ってたんですが、説明しすぎなんですよね。もっと匂わせでもいいんですが、ページをさかのぼって読み返せない小説とテレビの差が悪い方向で出てますね。

俳優女優陣が豪華なのがもったいない。
山海の珍味を取り寄せて猫マンマを作った感じ。

小説読んでたとき無意識にヒンチクリフとマーガトロイドは農家のオバチャン2人と思ってたんですが、テレビだと若い女の子2人になっててびっくり。小説のオバチャン2人て私が勝手に思ってただけで、もしかして若い女性2名だったんだろうか・・・

面白さで言うと、去年の勝呂さんの黒井戸殺しの方が数段良かったです。ほんと。
なんだかテレ朝マープル、フジでポアロとすみ分けてる気がしますが、来年テレ朝でやるならポアロの方ですが「5匹の子豚」をやってほしい。内容的にフジよりテレ朝側に向いてます。日本人名は普通にしてください。桃畑鳩児(ももはたはとじ)とかいいんで。

なお、テレ朝特撮マニアには、仮面ライダースペクター、仮面ライダーゼロスペクター、仮面ライダークイズ、ディケイド版シャドームーン、響鬼の姫、2代目ギャバンとこちらも豪華な配役!!

| | コメント (0)

2019年4月13日 (土)

生き馬の目を抜く人の目から鼻に抜けるくらいの速度感

弾丸で東京から帰ってきました。4月はもう何度か上京予定。

Zm190411_1

3月から7月くらいまでは(例年そうですが)まあまあの忙しさ。

しかし出張はその移動の間、昼間っから勉強し放題なので嬉しい。

| | コメント (0)

2019年3月22日 (金)

ブログってもしかして時代遅れですか

各種ブログサービスが終了とか一部機能停止とか最近多くて、タイトルのようなことを思ってた矢先に、我らがココログもなんかスケールダウンの仕様変更がありました。
トラックバックがなくなるとか、ガラケーから閲覧できなくなるとか。
あと記事の投稿画面とかシステム画面がガラッと変わって、慣れるまで大変ですな。
この記事がちゃんと投稿されるかどうかが今のところの最大関心事。

| | コメント (0)

2019年3月14日 (木)

テレアサ春のアガサまつり

Zm190314

あれですか。テレビ朝日は3月になると和製アガサをやる決まりになってるんですか。

いいぞ、どんどんヤレ!
ただ、去年の「鏡は横に~」の次年度にこの「予告殺人」はチョイス間違ってませんか。
あまり大きな声で言えませんが、骨格が似すぎだと思うんですよ、この2作。
 
あらすじ【鏡は横にひび割れて】
1)屋敷でイベントの最中、女主人の命が狙われました
2)身代わりで死んだ人、とばっちりですね
3)なんか二人の兄妹が素性を変えて紛れ込んでるそうです
4)兄妹二人は奇想天外な経緯で別人に成ってます
5)実は兄妹二人は女主人を狙ってませんよ
 
あらすじ【予告殺人】
1)屋敷でイベントの最中、女主人の命が狙われました
2)身代わりで死んだ人、とばっちりですね
3)なんか二人の兄妹が素性を変えて紛れ込んでるそうです
4)兄妹二人は奇想天外な経緯で別人に成ってます
5)実は兄妹二人は女主人を狙ってませんよ
 
似てるとは言いましたが、動機とか全然違うんで別物といえば別物です。
 
いや良いことです。アガサ新作が毎年見られるなんて、喜ばしいことで。
なんだったら半年に1回くらいの割合でも良いですよ。
 
なにはともあれ、放送日がいつなのか、はやく教えてください、テレビ朝日さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 5日 (火)

バリドリ伝説

↑ゴレンジャーなのか鉄工所勤務なのか
 
通勤の自転車(似非マウンテンバイク)に乗っててですね、何か違和感があったんですよ。
なんというか、あいつとララバイ的な、バリバリ伝説的なポジショニングというか。
「この自転車、こんなライディングポジションだったっけ?」
と思いつつ、じっくり愛車を見てみると、ハンドルがですね。
ハンドルってだいたいゆるやかなU字じゃないですか。逆への字というか。
あのハンドルを中央で固定している部分がどうもゆるんできてるらしく、
 
\_/
だったハンドルが、ぐるっとまわって
 
/―\
 
になってるんですよ。
そりゃあいつとララバイっちゃいますよ。
で、乗りにくいけどまあいいかと運用していたら、ついに中央の固定部分が完全にバカになってハンドル自体がグルングルン回るようになりました。ブレーキワイヤなどがあるので1回転はしないですが、自転車こぐごとに半回転⇔逆半回転して、なんだかサスケのサーモンラダーみたいな感じ。
そんなだから、チャップリン映画みたいな走り方になって、危険すぎてハードラックとダンスっちまいそうなので、買い換えました。
新車も似非マウンテンバイク以上にシティサイクルに近づいた感じで、タイヤが細くてスピード出るんですが、太いタイヤのチャリと比べると安定性は低いですね。それでもサーモンラダーよりは断然良いのですが。
細いタイヤつまり車体が軽くなったので、上り坂が楽になりました。
 
それ自体はヨカッタ!
安全運転で行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2月6日がスタート地点